The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

08 | 2017/03 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014. 09. 30

新キッチン その4

キッチン出来たよ。
窓枠とかがまだ古い家の雰囲気を醸し出してて、ちょっとミスマッチなんだけどとりあえずキッチンのカウンターとか棚とか引き出しは新しくなったよ。

キッチンのそばにデッカイ窓があるので、選べるデザインがほとんどなかったのよね。 なのでキッチンの形自体はもともとのキッチンと同じ形で、中身だけを新しくした、って感じでっす。

しかも、窓が有るがためにあんまり棚とかが作れないんだよね。 頭の上に棚をつくるって事が出来ないので、下側のみにしか扉や引き出しが作れなかったの。 それでも新しいキッチンは良いよー。 まぁ料理は相変わらずあんまりしないけどさ笑



IMG_1594.jpg



あのねー、キッチンのリフォームは結構楽しかったんだけど、一番大変だったのはハンドル探しだったのよ。 ハンドルってね、引き出しとかについてる取っ手のことね。 あのね、軽く考えてたんだけど、取っ手てさ、めっちゃデザイン上大事じゃない? 

これ、間違えられないわーー。 
どんな扉にするかとか、ベンチトップはどのデザインにするか、とかは案外すんなりときまったんだけど、ハンドルだけは全然好みのものが見つからなくて。 取っ手くらいね、どうだって、って思ったりもしたけど、、、これが、いまいちシックリ来るものが全然なかったのー。

取っ手を決めるの、めっちゃ時間かかりました。
もうね、黒い取っ手が欲しかったの。 黒が欲しいっていうのみはなにも決まってなくて、色々とウェブサイトを見たりハンドル専門店に行ったりしてめっちゃ見たの。 決まるまで大変だったー もうハンドル見るのいやーーーーーっっっ ってなった笑 

デザインもそうだし、長さも、スタンダードな128mmにするか、それとも96mmにするか、もっと大きなものにするか、とか、取っ手にするか、ポチっっていう丸いのにするか、とか、もーーーー 取っ手ーーーーー。  

で、結局、スタンダードな128mmよりも1サイズ大きい165mmにしました。 3個ほど、横幅90cmのデッカイ引き出しをつけたので、その部分のハンドルは320mmのデッカイハンドルをつけました。

うーん、でも迷ったかいが、あったかな、と思ってます。


でもね、なんかあたしの趣味は、私の周りのオーストラリア人からはあんまり支持されてませんで。。。 なんか会社の人たちは、シンプルなモダンなキッチンが好きって人が多いのよね。  シンプルでクリーンでモダンなデザインが最近の主流なのかしら。 とも思ったんだけど、やっぱり、今のところはこの家に住んでいるのは私とカズちゃんなので、私たちの好きなデザインにしよう、って思って、私たちの好きなものを選ぶことにしたよ。

…っていってもさ、色々と好きなものを選ぶとお金がかかるのよね。 なので適度に妥協しながら…汗

IMG_1597.jpg


あ、このさ、コンロの後ろ側にタイル張ってあるじゃん、これ、私とカズチャンで貼ったんだよー。 
ってか、もともと有ったタイルは本当はキープしたかったんだけど、古くさ過ぎてどう頑張っても新しいキッチンに合いませんっした! だめっでした先輩っ。

まさか自分たちでタイルを貼ったりするようになるなんてー♪ 今回このキッチンを作る時もカズちゃんは大工さんと一緒に組み立てとか解体とか全部やってくれたの。 だから費用はかなり抑えられたっていうのも有るんだけどね。 
私たちの周りにいるオージーはなんかすごく器用な人が多い気がする。 特に男性ね。 なので結構自分で色々やっちゃう人たちがいるんだけど、そんな人たちに私たちも影響を受けて、じゃぁ、私たちもやってみようかーって事になって。 実際やったら結構大変だったけど、すっごい面白かったよ。 
周りの器用なオージーの人たちに色々教えてもらいながら、なんとか、なんとか、なったかな。

IMG_1571.jpg


掛った費用です。
なるべくお金を安く抑えようと頑張った結果です。 
あ、でもハンドルは結構バブリー価格です。 安いのだと1個3ドルとかで買えたりするんだけどね。

Bunningsのキャビネットとベンチトップ: $4,800
Bunningsで買った小物いろいろ: $30
スプラッシュバックのタイル他: $315
90cmガスコンロ: $690
60cmガスオーブン: $850
シングルシンク: $200
ディッシュウォッシャー: $600
換気扇(キャノピー): $480
ハンドル (大3個、中9個): $103
水道自体: $185
大工さん: $1200
電気技師: $820
配管工: $680
その他小物: $20.00

結構さ、お金掛りました。
でも、それでもBunningsは安いよー。 キッチンリフォーム専門店の半額以下で全部出来ましたもん。 (あ、でも物自体は同じ工場でつくられている、とかいない、とか…?)

安い、とはいっても一般庶民には高額出費よーー。 もうお金ありましぇーん。 しばらくは地味に過ごすよ笑

楽しかった♪




スポンサーサイト

2014. 07. 14

新キッチン その3

ってなわけで古いキッチンの解体は完了しまして、新しいキッチンの組み立てをはじめました。

ってか、フラットパックなの!

フラットパックって、、、組み立て、あたし、できないよ。 Ikeaとかのフラットパックを組み立ててもいつもネジが多く余ったり、足りなかったりするし。 どっかにネジをつけ忘れてたり、意味わからんところにネジつけたりしてるんだと思う。 ってことで、絶対一人じゃくみたてられないー っておもって、大工さん/キャビネットメーカーさんに組み立てを依頼しました。

これ正解だったよ。 

なんか、色々と規制があったりして、そのまま組み立てちゃだめ、とか、ここにスペースを空けなきゃダメ、とか後から色々でてくるぜーーー。 やっぱり頼んでよかった。 大工さんってすごいねー、私と同じ年位の大工さんなんだけど、アイディアがめっちゃ出てくる。 なんか予期せぬ問題が発生する度に色々とアイディアが出てくる。 やっぱりプロだなー。

アデレード近郊で大工さんを探している方、私たちがお世話になった大工さん、めっちゃお勧めよー♪

大工さんのおかげで現在ここら辺まで進みました。

IMG_0255_201407141237596f3.jpg


まだまだ先は長いけど。
床のビニール?製のマット? も替えたいと思ってます。 タイルにしたいなーって。 

とりあえずタイルはお金と相談しながらチョイチョイ進めます。


大工さんのほかにも、配管工とか電気技師の人にも連絡を取る必要があったりして手間がかかるわ。 配管工も電気技師も2回来なくちゃいけないんだけど、配管工の方はすでに1回来てくれました。


IMG_0256_201407141238015f4.jpg

これは、ガスオーブンとガスコンロの準備をしてくれた痕跡。
結構、荒い仕事するのねー。。。っておもったけど、こんなもん? 家の作りも結構雑なのねー。あたしの家。 ジップロックの後ろ側はすでに外壁のレンガが見えてますけど。 こんなもん? 荒いなー。




IMG_0257_20140714123802cfd.jpg

んで、これがシンクの準備。
上の2個の部分がそれぞれお湯と水の管につながるところで、したのマルの部分が下水管につながる予定。 こういう風に丸く切り抜いたりしなくちゃならなくて、自分ひとりじゃ出来なかったっ こんな風に丸く切れる道具持ってないし。 


とりあえず、配管関係(水とガス)の準備は完了。 
もうすぐ電気技師の人が下準備しに来てくれる予定。 (オーブンと、換気扇とディシュウォッシャーの準備)。

ってなわけで、我が家は現在キッチンが有りません。 コンロもシンクも何も使えないので、キャンプ時に使うような簡易コンロを出してきて毎晩鍋料理してます。 コンロ囲んでの鍋料理、お勧めよー♪ 最近オーストラリアは寒いしねん。

早くキッチンが使えるようになりたいよー。
鍋料理と、サンドイッチと、サラダでいきのびてるよーー。 っていってもまだキッチンなし生活3日目なので楽しい時期だけど♪ 


色々自分で出来たらお金セーブも出来るし、楽しいんだと思うんだけどなぁ…
先は長そうです。


2014. 07. 12

新キッチン その2

そんなわけでキッチンのリフォームをすることにはしたものの、どんなキッチンが欲しいのか、いくらまでお金をかけるつもりなのか、とか、具体的にどんな機能がほしいのか、とか、全く決まってなかったのよねー。 

ちょうど、和ちゃんは和ちゃんで別のプロジェクトに取り組んでいる時期だったので (これについては別途)キッチンのリフォームプロジェクトは私が主導で行うことに。 (もともとなってたんだけど、和ちゃんが90%の作業してる…。ありがとう)

一応さ、イメージとしては、おフランスの田舎 (やばーー 言うたびに恥ずかしい) を目指したいワタクシなので、そんな感じのイメージで探してみたんだけど、 これもさーー、 各社のキッチン担当者に言うのがめっちゃ恥ずかしいんだよね。 

え? あんた日本人でしょ、 フランス?の、田舎?な イメージのキッチン? フンっ (←鼻で笑ってる)

って、思われてそうで。
てか、もちろんプロな彼らはそんなこと微塵も見せず、
「ほぉ、なるほど」
っていうだけなんだけどさ笑  

イメージ的には、こんな↓感じの、

french-kitchen-3.jpg

うーん、 良いじゃない。

French-Country-Style-Kitchens-with-rustic-design.jpg

あれ、写真がおかしーぜ。 ま、いっか。


なんか、こんな感じの、ヨーロッパの田舎 (やばい、言い方変えても恥ずかしさは変わらない) が理想なんだけど。  

なんていうか、うちのキッチンこんなに大きくないし、っていうか、家もこんなに大きくないし、こんな豪邸な感じでも高価そうな感じでもないし、一般庶民の住宅だし。 それに、なんていうの、こういうキッチンって、天井からカゴとか、チーズとか、サラミとかが吊下がっていて、でっかいフランスパンと、おばあちゃんが手作りした木イチゴのジャムとかが有るからおしゃれなわけで。

我が家が万が一、このキッチンを作ったとしても、せいぜい、アジの干物と、干し柿を天井からつるして、デッカイお茶碗の山盛りご飯と、妻がノーメークで手作りした納豆がキッチンに並ぶわけで。 いかんせんオシャレからは程遠い。 

てか、まず、お金そんなにないし。


ってことで、身の丈を考えたうえで見積もりをとりました。  
誰も知りたくないと思われるけど、でも、詳細を書いちゃう♪

見積もりの対象は、
キッチン自体。 U字型で、3.3メートル x 2.6メートル位の大きさ
ベースキャビネット
  (床に設置するベンチトップより下のキャビネットのみ、頭上キャビネットなし)
キャビネットには、ドアが5個、引き出しが7個
コンロは90cmのコンロで、コンロとオーブンはガス (プラス電気のグリル)
電子レンジは組み込み式じゃなく単体で置くだけ
ディシュウォッシャー
換気扇(キャノピー型)
シンクと水道
ベンチトップは、ラミネート材
 (石が良かったけど、たっけーーー無理無理無理)

んで、見積もりを取った5社のうち(6社目は見積もり不可…)、最終的に残ったのが Wallspan と、Bunnings。 

さすがにWallspanは良いっす。 ここはキッチンをメインビジネスの一つとしてやっているところで、ちょうど20%オフキャンペーンをしていて、キッチンの電気製品(コンロ、オーブン、ディッシュウォッシャーとか)も含めて20%オフにしてくれるし、今あるキッチンの解体、解体時に出た屑の撤去、組み立て(電気技師と配管工の費用は別)もやってくれて、解体してから2日後にはキッチンが使える状態にしまっせ。っていうのが売りらしい。 あ、注文から物が届くまでは約2週間ね。

完璧やん。 でも、換気扇代金と、ディッシュウォッシャー代金は含まず、また電気技師と配管工の費用は含まないで、こちら、約200万円相当。


んでもって、庶民の味方Bunnings。
こちらは、全部フラットパックでBunningsのお店に送られてくるので、注文後1カ月位したら、取りに行く。 解体とか電気配線の手配とか、配管工の手配とか、解体後のゴミの処理とか、組み立てとか、全部自分でやらなきゃならん。 電気製品(コンロとか)も自分で全部別途買う必要があって、Bunningsで買えるのはキャビネットとベンチトップのみ。 
なので、その2個のみで約45万円相当。 

庶民なんで、Bunnings選択しました。

ちなみに、キャビネット自体の品質は結構良いみたいです。 
いまね、ちょうど実は大工さんに組み立てをしてもらっているところなんっだけど、大工さん、へぇーBunningsって安かろう、悪かろう的なところもあるのかなーって思ってたけど、感心したわ、って言ってた。 彼曰く、なんかパネルの厚みも厚いししっかりしているし、組み立て指示書もしっかりしてるんだって。 よかったー。

でもね、結構オーダーミスがあったり、要らないものが届いたり、必要なものがなかったりで、3回位Bunningsに行かなきゃならなくて、若干面倒くさかったよ。 でも、安いからなー。 



やばい、また長い。。  まだまだキッチン設置が終わっていないので、必要経費が全額分からないんだけどある程度めどが付いたら書きまっす。

次に続きます。。 

2014. 07. 12

新キッチン その1

ええ。 
・・・っと。




生きてます。




我が家は1982年? 1983年?に建てられた三十路を越えた良い大人でして、
やっぱりねー 

30歳超えるとそれなりに色々とガタがくるのよね。 
気付かないところにシワが出来たり、目じりのシワとか困るし、ゴリシワとかも

・・・・ あ。 それ、あたしね。


ええと、家もね。
なんか、30年前にはやったらしい、ビビッドオレンジのベンチトップに、クリーム色のドアパネル、キャビネットの中には、デパートの包み紙みたいな柄っていう、

なんていうか、 すっげー古い。

あまりに古すぎて、良く言えばレトロ。 普通にいえば、、、、古い。

あのね、キッチンのコンロの後ろ側にタイルがはってあるんだけど、


IMG_0253.jpg

こんなん。
でもね、レトロすぎて、古すぎて、これはないだろー、 いかんだろー 
だめだろー だめだろー、 だめだろーー、

で、一周まわって

いや? 良いかも? 

って思い始めて、このタイルはキープすることにしました。 
レトロ過ぎてむしろ良いかな、って。



っていうか、もう、見て。 写真見てもらった方が早いはず。 みてこの古いキッチン。
kitchen 1

このね、高い天井とデッカイ窓が気に入ったんだけど、でも古くてさぁ。


なので、このキッチンを解体しまして、マルっと新しいキッチンにすることにしましたー。

このキッチンのキャビネットやベンチトップは捨てれば良いんだけど、なんか、噂によると良い木が使われているらしいし、木材として欲しい人もいるでしょ、ってことでどうせなのでただであげるので誰か貰ってー♪ って広告を出したところ、マイケルさんって人がもらってくれることに。 なんか物置の棚につかうんだってー。 ありがとーマイコー。
最高だぜ マイコー  ノってるかい トーキョーーー。

捨てる手間が省けたぜ。

IMG_0254.jpg


ってことで、新しいキッチンを買うべく、色々とキッチンハンティングを始めたんだけどね、結構ね、キッチン会社っていろいろあって、しかもどんなキッチンにしたいかも決まってなくて。

ホーム&キッチンショーみたいなところに行ったりしながら、なんとなくどんなデザインにするかの案を考えたの。  まぁ、といっても、でっかい窓があるので、もう出来るデザインって結構限られてるんだよね。 なんていうか、

U字型キッチンしか選択肢はねぇっ。 


しかも、我が家、田舎チックにしたいので

(ええと、フランスの田舎チック・・・に、したいの、よ、ね?
良いじゃない、おフランス目指したって、いいじゃないのよっ!!!!)
 

白っぽいキッチンにすることに決めましたの。

白っぽいキッチン、ってところまで決まったので、その後は各社のキッチン担当の人に家に来てもらって色々と提案してもらう、っていう日が続いたのよー。 6社に来てもらって見積もり取ったよ。そのうち5社は、キッチンを1から作る会社、残りの1社は、現在のキッチンを維持したままパネルとベンチトップだけ替えて見た目を改善する、っていう会社。。。でもこの会社からは、お宅のキッチン古すぎて1から変えなきゃダメダメーーって言われて終了…。

その5社の中から選ぶことにいたしました。


やばい、長くなってきたので
・・・次に続く。 
(次、がいつなのかは・・・・ 不明なり)

2013. 12. 23

今年ももう終わりなんてっ

今年の初めに、アデレードに来て初めて務めた会社を辞め、新しい会社に勤め始めて11カ月が経ったよ。
時間が経つのは早いね、もうすぐ今年も終わりだよ。


大人になって時間が経つのがどんどん速くなるのは、人生で初めて、っていうことがどんどん減っていって、感動することが少ないし、時間の感覚が薄いまま過ごしちゃうから、って聞いたことがある。 

たとえば、初めての家族旅行は、どこどこに行って、1日目は何をして、2日目はこんなことがあって、とか、初めてテストで100点を取った日、とか、初めての彼氏、初めてのキス、とか初めての部活の試合での優勝、とか、そういう初めて、が少なくなっちゃうから、感動が少ない、って。

でも、私の1年は、初めてがいっぱいだったな。

いっぱい感動したし、いっぱいの初めてがあったし、
「わたし、就職してから、本気で笑わなくなったなぁー」
なんて、なんとなく思っていたけれど、今年は涙が出るまで笑ったことが何度あったか。 緊張して手が震えたり、焦って冷や汗が止まらなかったりもいっぱいあった。 もうこれ以上、私の今の能力じゃどうしようもない!!ってギブアップかもーーーって時もいっぱいあった。 

多分、今年は、私が大人になってから、一番充実していた年じゃなかったかな、って思う。 

子供の時の、純粋に初めて、とか計算なしでのドキドキ、とかそういうのとは違う、計算高いズルイところもありつつの、めっちゃ、ドキドキする年だった!

めっちゃ幸せな年でした。


みんな、新しい仕事のおかげです。 
就職して初めて、日曜日の夜が憂鬱じゃない、月曜日の朝、早く会社に行きたくて、わくわくして起きちゃう状態。 仕事嫌いだったあたしに、まさかまさかこんな日が来るなんて。

いままで、「仕事は生きるためのみにやる、仕事が楽しいなんてこと、あるわけないだろうから、それだったら給料が良いことだけを求めて仕事する」って夫に豪語してたのに、今の私は、給料のまぁまぁよかった前の会社を辞めて、もうアルバイトですか? みたいな給料の、不安定な立場の職についていて、人生で一番幸せ感じてる、なんて。

びっくり、こんな日がくるなんてーーー。


本当、幸せなことです。

こうやって、お給料は少なくても良いから、好きなことが仕事に出来る、っていうのは、夫が協力的で、お金も稼いでくれて、家事も手伝ってくれて(っていうか、むしろあたしよりやってくれてる…)いるからなわけで、もう、彼には頭が上がりません。 本当良い夫だわーーー。 もーーー  だいすきーーーー★



でもね、まぁ、こんなに大好きな社会人生活11年目にしてやっと見つかったのに、うちの会社ホールデン関係なので、2017年までには閉鎖かしら…。 ま、でも翻訳は閉鎖までに、資格さえ取れれば(って、それが難しいんだけど)やり続けられる可能性はあるんじゃないかな、って思うの。

やっと見つかったやりたいこと、ホールデンの閉鎖で途切れちゃうのは残念すぎるので何とか出来ることは今からやっていこうと思うのです。 本当、仕事が変わったらここまで人生が変わって、ここまで幸せ度合いが変わるなんて、思ってもいなかった! その事実がわかっただけでも、すっごい幸せなことだと思う。


本当に私は幸せ者です。

いつもそばで支えてくれている夫、ベラコマには本当最大限の感謝をしてます。感謝してもしてもしきれないくらいだよ。

2013年はすごく素敵な幸せな年でした。



今年も残りわずか。

ブログもだいぶ放ったらかしにしてしまっていますが、もしどなたか読んでいらっしゃったら、ありがとうございます。年はとっても中身は未熟な私、文章も考えも、いろいろと読み辛いところなどなど満載だとは思いますが、温かく見守っていただいて感謝しています。

皆様、日本は寒くなってきたことと思います。オーストラリアは暑い日もチラホラ、体調を崩されませんようお元気に忘年会シーズン、クリスマス、お正月をお過ごしください。
今年もお世話になりました。ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

来年は今年以上に幸せな年にしなくちゃっ。 それって贅沢すぎる望みかしら。





 | ホーム |  »

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。