The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007. 08. 15

はじめまして -バックグラウンド紹介-

夫と私とベラ(フレンチブルドック)の3人は今日から1年2ヵ月後に日本を出発しオーストラリアのアデレードへ永住を目指して出発予定。

ここへ至るまでの経緯としては…。
2006年5月に生後2ヶ月のベラが家族になる。
2006年9月3日 私と夫が結婚

 もともと夫も私もアメリカの大学へ進学していて海外生活経験有り。
 日本へ帰ってきてからはお互い就職、一人暮らし、結婚と忙しく日々を過ごしていますがやはり海外での生活が恋しく成る事も多い毎日で、それなら行ってみようか!住んでみようか!!永住権も取ってみようか!!!ということで結婚した頃から真剣に海外移住を考え始めた。

20070815124128.jpg



そう考えると海外の良い所ばかりが沢山見えてきた。

 ・今は仕事の時間が長く夫やベラとの時間が充分ではない。
   (一部の)海外は家族第一なので、必然的にもっと家族への時間が
  取れるように成るだろう。
 ・今の仕事環境、仕事時間では子供を持ったら仕事を少なくても2年程度は
  休ま無くてはならない。 
  その後の仕事もこの残業時間と責任の重さを背負っての育児は
  相当スーパーウーマンで無いと難しい。 私にそこまで出来るか?
  海外なら仕事時間が短くなり、家族との時間も取れるのでは?
 ・今は日本では職もお金も生活レベルも何の問題もない。何でも出来る。 
  → 刺激が無い。 
    このまま年を取ってなんとなく何でも出来るまま終わるのか?
    海外では日々発見、日々刺激があるだろう。
    手に入るお金が多少減っても、心の豊かさと平和は手に入るのでは?



…一部非常に正しく、一部はとても間違っているのだと思うが
 当初は海外行きを良い物としてのみ捉えていた様に思う。
 今でも海外に行くのは楽しみで、何が起こっても夫と二人であれば乗り越えられるだけの能力も有るし、どうにかなると思っている。
でも真剣に考え始めると同時に色々な問題が見えてきた。

住むなら、どこだろうか? 
環境、気候、物価、治安はどの国のどの街が良いだろうか?
ビザは取れるだろうか?
仕事の環境は? Working Hoursは? Benefitは? 給料は?
私たちの学歴がどこまで通用するか?
英語のレベルは足りるのか?
子供が出来た場合も考え教育レベルが低すぎては駄目だ…。
 
 …考え始めたら沢山課題がある事に気づいた。
このブログは私たちが持ったこのような疑問と探した回答を1つずつ書き記して行く日記です。
 (その他日々の小さな出来事も)


20070815124211.jpg



また私たちの家族、友達などに私たちの決断についてより知ってもらうこと、理解を深めてもらう事などを目的としている。
海外に行くと言う事は、私と夫にとっては刺激的な大きな挑戦だけど、残された親や兄弟にとってはある意味では複雑であることは間違い無いとおもう。 
これまでずっと仲良くしてきた友達と、今後も友達でいることは間違いないけど、確実に会える機会は減ってしまう。
会社帰りに急に電話して「今から○○集合!」なんて事も出来なくなる。  
分かっているつもりの挑戦への代償だけど、実際は今考えるより海外へ行った後にしみじみ分かってくる物なんだろう






現在は山あり谷ありだった永住ビザ申請も終わり無事にビザもとれ家も買い新しい子供(ボクサーの女の子)も増えて新しい生活を謳歌し始めた…はず。が、なにげに結構どたばただったり!



スポンサーサイト

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。