The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012. 05. 29

過去の事…、だけど ― Form1100

本日オーストラリア移民局(Department of Immigration and Citizenship)からメールが届きました。

内容は

あなたは過去にサウスオーストラリア州のスポンサーを受けGSMビザを申請していますが、まだフォーム1100が提出されていません。 もしまだオーストラリアに移住を希望しているのであれば6月25日までに提出してください、さもなければあなたの申請は無効とさせていただきます。


というもの。



私たちは日本に居る時に日本国内の大手の移住エージェントを使って技術移民の申請をしていたのだけど、いつまで経っても結果の連絡が来ないのでエージェントに何度問い合わせをしても、「いま審査待ち、まだケースオフィサーさえ決まっていない、何度も急かすのは心象が悪くなるから出来ない」って言われ続けていたの。

結局、待ちきれなくてワーキングホリデービザでオーストラリアに来て、そのまま企業スポンサーで永住権を取ったのでこの技術移民の申請はもう必要ない昔のものなんだけど…

このフォーム1100を提出しない限り、どれだけ待っても審査が進むわけが無かったのよ。


それを私たちはオーストラリアに来てから知ったの。
日本で、この事に気づかずずっと待ち続けていたら、って思ったらぞっとするよね。 

申請後、オーストラリアに来る前、当時の私たちはそれを知らず、ただひたすらビザが下りるのを待っていたの。 ただ、ベラの輸送が難しくなりそうな予感が有ったので、そのうちビザが下りるだろうからとりあえずオーストラリアに上陸しちゃえ、って強行手段に出ただけなんだよね。

今思うとかなりカケだったわ。



きっとさ、私たちと同じ時期に同じような技術移民のビザを申請していてまだビザが下りてない人達って他にもいっぱい居るんじゃないかな、って。 私たちが使ったのは日本の大手企業だからお客さんもそれなりにいただろうし…

ってか、いくら待ってもビザなんて下りるわけ無かったのよ、だって書類を出してないんだから。 でもさ、申請するには安くないお金がかかるのよ、たしか10万以上だったような。 それを全部無駄にしたようなものだよね。


移住のエージェントを使うって事は、書類の出し忘れが無いようにするためだったり、一個人では得辛い移民局の情報を持ってるかもしれないっていう事を期待してだったり、書類内容を確認してもらう為だったりするんだろうけれど、結局、エージェントからはビザの審査の情報も得られず(私たちがネットで先に気づき、それをもとにエージェントに確認すると、あぁ、そうみたいですね、っていう返事だった事がなんども)、書類も出し忘れていたわけだし、なんか、何のためにこの会社に70万以上も払ったんだろう?って思うよ。

ここは、成功報酬でビザが下りた後にさらに20万位払う、っていう方式だったので、その最後の20万は払わずに済むけれど、、、っていうか、むしろ払った70万位も全部返してほしい位だわ。 2009年の9月23日まではForm1100を受け取った後10日以内にケースオフィサーをつける、っていう目安だったらしいのです。 あぁ、なんだかなぁ。

勿論、私たちはたまたまオーストラリアにフライングで渡る事を決め、移民局の変更によってRSMSビザを取得する事になるという、いい方向に転がるきっかけにはなったのですけれど、やっぱり複雑な気分は残ります。 あぁ70万…。



しかし、私たちのビザの成功はベラのおかげ以外なんでもないな。
ベラが居たから、早くオーストラリアに来ようと思った、移民局で変更が有った後も、ベラが居たから日本には帰れない、なんとか永住権を取らないとって気合いも入ったし。 

ベラのおかげでビザが有るといって良い過ぎじゃないよね。 流石我が家の天才犬だわ。ベラが居なかったらうちらの人生どう変わってた事か。ありがたや。

photo_20120529160926.jpg





技術ビザを申請中で、Form1100をエージェントが出してくれたかどうかがわからない方はどうぞエージェントに確認してみてください。 なお、オンラインでも確認できます。 SA州のオンライン Clinet Tracking System http://www.immigration.sa.gov.au/applyonline/track/skilled_index.php でこのリファレンス番号と苗字を入れるとForm1100が既に提出されているかどうかが確認できます。



スポンサーサイト

2009. 10. 04

家庭菜園と、ビザの愚痴と、鍾乳洞らしいメレンゲパイ

最初に業務連絡です、ネットつながりました~!! これからメール等々返信します。 途中で力尽きたらすみません。


もう10月です、早いものです。 こちらに私が来てからもう4か月も経ちました。そして働き始めてからも同じくらい経つので後2か月半位で今の事務所をやめなければなりません。 これから3年はビザが下りないので後1年半は半年ごとに新しい仕事を探さないといけない事になるのでちょっと落ち着かないけれど、でも色々な仕事を経験できるし、上手くいけばキャリアもつめたら良いなと思ってます。 半年ごとに辞めなきゃいけないから、と言って今後のキャリアにならない様な仕事はなるべくしないようにしたいと思っています。 とはいってもうまくいくかが…なんとも???? ですけど。 お金が必要になったら贅沢言わないで何でもやらなきゃならないだろうけど。

とりあえずビザの件はまだ現在のエージェントとやり取りをしている途中で、色々条件がつくかも、と言われているのですが条件が私たちに合えばワーホリからSRSオンショアビザを1から申請することになるかなと思っています。 今までの…2年位の時間と100万円はバイバイでございます。 はぁ、ほんとに。 
でも働き続けられるしブリッジビザも出ればオーストラリアから出なきゃいけないって事もないし精神的には安定して居られそうです。 あぁこの100万があればDodgeのナイトロでも買ったのに。いや、買えないか。こっち中古でも40K位するしなぁ。

とはいえ、SRSオンショアも駄目になる可能性がありそうなので、最悪セカンドワーホリのFarm Workに行く可能性もあるので、うーんと、ちょっと調べてみたのですが興味のある仕事はありませんでした! あはは笑
野菜や果物の収穫、動物の世話、動物の解体、植林、魚釣り、鉱山での仕事、道路工事、等がオプションなのですが。 うーん、なにしよ。 動物か野菜/果物の収穫かな。これは私の人生ではあんまり出来なそうな経験になりそうです。 自分から進んで絶対魚釣りなんてしないだろうし動物の解体も、道路工事もしないだろうしな。 でもそう言えば、私と夫は“引退したら田舎で半自給自足でペンションでもやろうかー”と冗談半分本気半分で話していた事もあるので、いい準備になるでしょうか笑 
面倒くさいな~という気もするけど、ちょっと興味もあるのです。


DSCN1423.jpg

今週末は3連休です。
日本のお休みに慣れている私にはオーストラリアは本当にホリデーが少ないです(泣 前回のホリデーは確か6月位でした。 日本はシルバーウィークなんてものがあったのに!! 久しぶりのホリデー。もう後1日しかないんですが。でも月曜日が休みなのは嬉しい。(どうでもいいのですが、今このブログを書いてる隣で、夫がロッキーのテーマを聞いています、超大音量。 さっきから猪木の顔が浮かんできて困る)

そんな訳で、今週は庭の雑草取りをして庭に野菜を植えてみました。 ちょっと粘土土なので上手くいくか分からないし、私と夫で育てた植物は大抵枯れたので今回もちょっと心配なのですが、楽しみです。
トマトとカボチャとズッキーニと万能ネギを庭に植えました。 キッチンでは上の写真のタイムとバジルを栽培中。 雑草抜きから土を耕してウネを作って肥料を撒いて、、とやっていたら1日かかりました。 って、全部夫がやったんですけど。
DSCN1419.jpg

DSCN1417.jpg

私は犬と遊びつつトランポリンの上で(うちに特大トランポリンあります笑)日向ぼっこしたりしてました。 ちゃんと育ってくれるかな。 種と苗を買って来てから、育て方をネットで調べたりと、どう考えても順番が逆なのですが思い立ったのですぐにやってみました。(正しくは、やってもらいました、夫に笑) 
庭があるって素敵―。 後はフロントヤードの雑草を抜いたり木を切ったりしたいなと思ってるところです。


                 

週末っていいですよね、出来れば家にずっと籠って居たいくらい。畑を庭に作って手がカサカサになったところで、こんな物まで。
ええと、オーストラリアの鍾乳洞に行ってきました、じゃなくて、レモンメレンゲタルトを作ってみました。ほんと下手。 

IMG_2186.jpg

でも写真を載せてしまう図々しさはございます。ほんと、お菓子って作れないんですよ、ケーキとか膨らんだことないんですよ。ええ。 開き直ったら見た目悪いタルトでも普通に写真のせられちゃいますから。ええ。

そのうち私たち夫婦、原型を留めないほど太るんじゃないかって、結構本気で最近不安です。
これ、一般的にはやけ食いと呼ばれております。

2009. 09. 30

結構ピンチですって

ええと、ご無沙汰しております。
今月の中旬に新しい家に引っ越しをしたのですが未だにまだ家のインターネットがつながらず、仕事場では日本語が打てずブログもアップ出来ずメール返信もままならない状態が続いております。 ええと、このブログは家のPCでWordに打ち込んでそれをUSBに保存して会社でそれをブログにアップデートするという何とも手の込んでやり方で更新してみました。
(ええ、ここで家族の皆様と友達各位への業務連絡ですが、家のネットは一体いつになったらつながるのやら全く分かりませんのでこれからもメールの返信も遅いままです。ご了承方。)

新しい家に引っ越して以来、色々と面白い出来事がいっぱい有って何を書こうか迷ってしまうのです。  例えば… 
ええ、風の強かった夜玄関のかぎをかけて寝たのですが朝起きたら玄関のかぎが風で壊れてしまい玄関のドアがワイドオープン笑。 とか、卵を床に置くと1方向に転がって行くのです、とか、なぜか虫が家の中に大量発生してます、とか、ええと、ドア枠を青くペイントしてみました、とか。
あとは、カズの焼いたココナッツ&ドライフルーツの食パンがマーケットのパン屋さんDoughよりも数倍美味しかった、とか、お引越し祝いにご近所の日本人の方々から秋刀魚を4尾とタイ焼きとうどんを頂きました、とか、お庭の芝刈りがチョー大変です、とか、、、いろいろいろいろあってそれぞれでブログ1日分かけそうなのですが、とりあえず、ここ最近の一番のバッドニューズを。 

たまにオーストラリアの移民局のホームページをチェックしているのですが、どうやら私たちのビザは2012年まではでなそうです。ええと、75%はでないでしょ、って移民局のページに書いてありました。 結構厳しい…っていうか予想以上に相当厳しい。 今までの変更って、変更を発表した日以降の申請者を対象、っていう感じでしたが今回はその日以前に申請をしていた人達も含めて全員が対象、とのこと。
さぁ。結構ピンチですってば。

私たちはきっと今年中にビザ出るでしょ、っていう望みの下(2008年10月4日申請だから)ワーキングホリデービザで今オーストラリアに居るのです。2012年までSRSビザが出ないってことは…セカンドワーホリビザを申請したとしても1年半のビザが足りない…。 でもベラがこっちにいるので私たちはオーストラリアを去れないのです。 さぁどうしよ。
私たちのビザはオフショアで申請しているのでブリッジビザも不可能だし今のままではどうしようもない状態になっちゃいます。 不法滞在か!? ってことになりえるので、とりあえず無理は承知ですが、ビザエージェントに(あ、仲直りいたしました。私たちさんざん文句を言わせて貰いましたが、とりあえず仲直りしていました)、現在のオフショアのビザをオンショア扱いに変えてブリッジビザでオーストラリアに滞在する可能性がないかどうか、その他、別のビザを申請する事も含めてSRSビザの下りるまでオーストラリアに居られる方法を相談しています。

もしビザエージェントに何も案のなくて現在のビザをオンショアに変えられない場合、とりあえず私は今年末に現在の仕事をやめなければならないので来年早々からセカンドワーホリの為のファームワークを開始しとりあえず2011年5月までのビザを確保しようと思います。 その後1年半のビザについては… 分からないなぁ。 最悪、観光ビザで滞在するか(仕事ができないので貯金で暮らすことになる)、一人がアデレードに残り一人が日本に帰ってバイトするなりして出稼ぎするか(でも1年半離れていたら家族としてちょっとマズイだろう)、学生ビザを取ってちょっとでも働けるようにして過ごすか(学費を払わないといけないからこっちも結局、貯金を崩して生活になるよな)、あとは思いきって今のオフショアの申請を取り消してオンショアの申請をまた1からやり直す(でも今までやっていた事が全部無駄になって、さらにオフショア申請時に払ったお金‐100万円位‐は戻ってこない)、とか… 思いつくところはその辺の案なんですが、どれもあまりヤリタクナイのが正直なところ。
あとは現在の職場にスポンサーになってもらってビジネスビザを申請する…っていうのも有りですが…大した仕事をしているわけでもないので可能性は薄いんじゃないかと正直思います(でも無くすものも無いわけなので一応頼んでみようと思います)。

さぁどうしたもんかな。
3年間の凍結って正直参ってます。ここまで厳しい発表をするならせめて申請料を返還してやり直すとか、もうちょっと真摯な対応をして貰えたら良かったけど何の妥協案もなく一方的に凍結、という決定に見えます。 3年って… 申請者の人生結構変わってくるよなぁ。 私たちの人生はどう変わってくるのでしょうか。 あと3年は気持ちが落ち着かない日々が続きそうです。。 はぁ、ここが頑張りどころかなぁ…。 とはいえちょっとガッカリでございます。

2009. 08. 31

世間のニュース& 我が家のニュース

いやぁ、なんか選挙凄い事になりました。
異様に見えるほどの結果だったと思います。マスコミの力って凄いなと怖い位。
これから私や妹の様な子供の居ない働き世代の負担が大きくなりそうだし、これでどうやって経済活性化になるんでしょうか。 結局いい話の裏には増税やら働く世代や企業への負担が増えるというオチ付きなんだと思うので個人的には心配な事なのですが詳しく知らない事をこれ以上言うのはやめときます。

今日オフィスに行って選挙の話をしていた時にボスが興味深い発言を。
「やっぱり日本人は小泉がベストなのか?」と。

何でそう思うのか凄く興味があったのでいろいろ突っ込んで聞いてみた所思ってもみない率直な感想が聞けました。 彼曰く

日本人はメディア受けの良い首相や政党を選ぶよね、と。 小泉はメディアの活用が上手だったので日本人から支持された。 あれだけの支持だったんだからきっとサチも小泉に投票したんだろ、そして今回は民主党に投票だったんだろ、ということ。 
海外から見ると麻生総理は何ら失敗をしたようには映らないしむしろタフネゴシエーターのイメージがあると。 日本語のミスやちょっとした言い間違え、言葉の選び間違えは一時的にイメージダウンになる事が有ったとしても、退却させられる程の事はないと思うのに、こうやって実際にイメージ勝負で負けてるんだよ。 これで海外にタフだった麻生総理が退却することで海外からすると日本という国はもっと扱いやすい国になるね。 
メディアを使って有権者の意識をコントロールするのはどこの国でもやる方法だけど日本人には特に有効的だね。

と。
思ってもみないところからとても率直なお世辞のない言葉を聞けた様に思います(笑。海外に住んでいる外国人でもきちんと見ているものね。

麻生さんとか自民党って(って、間違いなく民主党の人たちもだけど)きっと途轍もなく頭のいい人たちの集まりなのに、それでも今回みたいに国民にアピールする方法を誤ったりして大多数の有権者の支持をえられないんですもんね。ほんと政治って何がどう影響してくるか分からなくて怖いものだと思います。 そんなハイIQの人達同士が自国の利益の為にあの手この手で他国と交渉する。 想像しただけでも怖い世界だわ。 

でも私は頭がいい人たちだからこそ、その頭のよさを違う方向に向けようと思う人や政党がでてきたときが本当に怖いと思うのです。


IMG_0120.jpg

ってなわけで(どんなわけよ)なんとなく政治の話題はブログに書くよりも夫や母と話す方が良い気がする内容なので世間のニュースはこれくらいにして…


ベラ家のニュースでございますが、どうやらまだ我が家にはSRSビザのケースオフィサーは付いていないようです。 今ビザのエージェント契約をしている会社(日系)があまりにも動いてくれなくて、「私たちとしても移民局の回答を待ってるしかできないのでそう何度も進捗を聞かれても困ります。 これ以上文句言うなら面倒なのでエージェント契約解約して自分たちでやったらどうですか」 (意訳。彼らも大人なので実際には10枚位のオブラートに包んだ言い方をしています)とか言うので、なんか頭にきて先日「自分たちでできるビザ申請作業にわざわざお金を払ってエージェントを雇ってるのは貴方たちのの移民局とのコネクションを期待したからでしょ。 御社としても待ってるだけならあなたたちエージェントとしての存在価値ないし、私たちがお金を払う意味ないでしょ、解約させてもらいます」(意訳。 私たちも大人なのでこれだけのことを言うのにかなりの長文を要しました) という丁寧な言葉の中に激しい憤りを感じさせる文章を送ったところ、先方あせりましたようで、直接移民局に電話確認をしたようです。
移民局に対してはエージェントとして電話も出来ないし連絡取る事も、移民局から回答をもらう事も不可能に近いのです、と主張していた彼らでもやる気になったら簡単にできちゃうようなのです、可愛いんだからもう。

というわけで、9-10月中にケースオフィサーが付かない場合は年内のSRSビザ発給は難しそうです。 

まぁその時はその時で、晴れて夫と二人ヒッピー生活が始まるかな。 楽しいヒッピー生活のため、今からフォルクスワーゲンバスとマリファナの葉っぱと虹色のロングスカートとフォークギターを用意しておこうと思います。 (なんというステレオタイプ。)

なんか今回の文章を読み返すと何とも微妙な気分になるエントリーなのですが(楽しい内容では無いなぁ)夫が今日も夕飯を作ってくれているようでそろそろいいにおいがしてきましたので、細かい事は気にせず、匂いにつられて釣られてキッチンへ行ってこようと思います。 一日で一番好きな夕飯の時間です。
では!

2009. 08. 06

ビザ進捗

とうとう明日、夫が到着することになりました。
日本にまだ一緒に住んでいた頃は2か月半離れるなんて絶対無理だって思っていたけど過ぎて見れば結構あっというまだったかも。(なんでも過ぎちゃえばあっという間だけど)何も分からない状態だった事もあって毎日何とか過ごしているうちに2か月半が過ぎたんだろうな。でも何とか乗り切れたのも永住の先輩方の優しいサポートや職場で良い人たちに巡り合えたこと、そして日本からの母と妹、友達、そして何より夫の優しい気遣いを頂いたからに他ならないと思います。ありがとうございます。

夫が到着した後も1か月半は現在のシェア住まいが続くのですぐに二人だけの生活というわけにはいきませんが、張り詰めていた気持ちが既に緩んでホッとしています。(ってまだ到着してないけど) 夫が居るって本当に良いものだってつくづく思います。運命共同体というか、自分と同じだけ真剣に物事を受け止めてくれる相手がいるという事だけで安心です。本当にありがたい存在です。やっとこれから本番です。どんな生活になるのか楽しみです。 不安は全然ないな、どうやら楽しみだけしかないみたい。

不安はない。

けど、気になってる事、は、ビザの事。
去年の10月4日にSRSを申請してから何の音沙汰もない。6月上旬から今の職場で働いているので12月上旬までSRSビザが下りなければ辞めなくてはいけないのでちょっと焦って来ています。ネットを通じてPost Lodgment Enquiryを送ってみたり職場の上司に移民局に手紙を書いてもらったりしていますが、Authorized agentではないので回答できない、という連絡が来たのみ(私は本人なのに回答はもらえないみたい)。エージェントには過去にPost Lodgment Enquiryを送ってほしいと頼んで冷たい回答を貰い喧嘩した経緯があるのですが、また再度しつこく依頼をしています。今回も返事が来ない。こりゃまた喧嘩かな。 日本のビザエージェントなのですが対応には本当に不満があります。 でも今回は本当、せっかく雇ってもらえたし、今の職場は気に入っているのでやめなければいけない事になってしまったらとても残念。喧嘩してもしつこくエージェントにお願いし続けようと思います(苦笑

まさか今のワーキングホリデービザが切れるまで来年の5月までSRSが下りないなんてことはないと思うけど…。はぁ、遅すぎ。何もできず待っているのは本当、皆さん通る道なのだと分かっているけれど何ともモドカシイです。

 | ホーム |  »

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。