The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012. 12. 23

のんびり連休がはじまりましたー。

P1030130.jpg

当方、夏真っ盛りでございます。

ひまわりなんて植えたのは小学生以来な気がする。 ひまわりの種を買ってきて植えてみたの。そうしたらちゃんと咲きました。 ひまわりの双葉を見たのなんてすっごい久しぶり。 小学生の時に観察日記とかつけたなーって思いだしたりして、なんか懐かしい気分になったわー。 

なんか、年取ったかな??? 笑

あ、来年は朝顔も植えたいなー。朝顔とひまわりって、小学生の時の夏休み、って感じだよね。 来年は植えよ―♪


なんか、最近、実家の庭を思い出すわ。

母が育てて居たトマトには到底及ばないけれど、我が家のポットトマト達も実をつけ始めたし

P1030135.jpg



実家の庭に私が子供のころから有る梅の木になる梅の実を母が梅干しにしてたなーとか、2階のベランダに土用の日の頃、干していたなーとか、その実をベランダで昼寝をしながら、こっそり食べたなーと思いだしたりしていたので、今年収穫した梅は、梅干しにする事に決めました。

まだまだうちの梅の木は小さいので収穫できた梅はコレだけ。 量ったら890gでした。 二人で梅干しを作る分には十分かな。 失敗しないといいなー。

とはいっても、梅干しって作った事無いのだ。
母に教えて貰ったやり方で作ってみようと思います。 さーて、どうなるかな。


P1030164.jpg










まだクリスマス休みが始まって2日目。
でも18日連休が始まる、と思うと2日目にしてなんか脳みそパーになるわー。 緊張感ゼロの生活。 良いなー♪ 庭の水やりをしたり、やりたい時にやりたいようにゆっくり掃除をしたり、クリスマスとお正月のご飯の予定を立てたり、平和な生活だわ。


P1030158.jpg


ベラコマともずっと一緒に居られるしね。










スポンサーサイト

2012. 12. 11

オーストラリアラジオ局のなり済まし電話

ここ最近オーストラリアを騒がせているニュース
イギリスのケ―ト妃が妊娠初期のひどい悪阻の為に入院していた病院にオーストラリア、シドニーのラジオステーション 2Day FMがエリザベス女王とチャールズ皇太子になり済ましてケイト妃の容体を聞きだし、その会話をラジオ番組内で放送したという事件。 
その電話中に、ラジオ局の電話をケイト妃の入院している病棟に取り次いだベテラン看護婦さんが、後日自殺を図ったと思われる状況で死亡した事件。

イギリスから非難が相次ぎ、担当した二人のラジオDJは現在、一切ラジオへの出演を控え、男性DJに関しては復帰の可能性は考えたくもないと話しているという。 またラジオ局の上部に対して処分が行われる予定。 この二人のDJはラジオ局内でイギリスに電話しケイト妃の容体を聞きだすという企画を会社の命令通り行っただけ、と話し、オーストラリア訛りの英語で話す私たちの電話がまさか取り次がれるとは思わなかった、ともコメントしている。

この事件に対して、私やカズの周りのオーストラリア人から聞かれるのは

「ラジオ番組はジョークで、誰もがわかる、わかりやすいジョークだった。 ラジオ番組のDJには何の非もない」

とする声や

「自分で自分の命を絶つ人は、その人自身の責任で命を絶つべきで誰かに自分の下した自殺という決断の責任を負わせるなんてフェアじゃない」

とか

なんとなくオーストラリアのラジオ局を擁護するようなコメントが多いように思うの。



だけどね、私としては、このラジオ番組の企画はとても許せたものじゃないのよね。 もーーー何を考えてるんだ、アホじゃないの? なんて下品な企画なんだろう、ほんと。 失礼にも程が有るし、人間としての品格も何も有ったもんじゃない。って思うの。 私は頭に来て仕方ないんですが、どうやらそう思っている人は私の周りでは(オージーは特に)少数みたい。 

そんな状況にもびっくりしているのですけれど。


だってさ、仮にも王室だよ。
オーストラリアの国家最高権力だっててイギリスの王室なんだから、もっと敬意を払っても良いと思うのよね。 イギリスの王室の一人の入院先に電話をかけて、まともに名乗ってもおらず、偽名を使って王室メンバーの健康状態について聞きだしてそれをラジオで流すって、どう考えてもギャグじゃないし面白くもないでしょう。

もっと王室って崇高なものだと思うの。 軽い考えでコメントをしちゃいけないような、軽く扱ってはいけないような、そんな存在だって思うのよ。  まぁイギリスだと、エリザベス女王が一般市民の結婚式にお忍びでいきなりサプライズ参加した、とかってジョークをかましたりするみたいなので、日本の皇室みたいな、触れない高貴な存在、って感覚ではないのかもしれないけれど、それでもさ、王室メンバーの体調だよ、それを公共電波で、、、

もう、頭にくるわーーーーー

たとえばさ、どっか外国が、日本の皇室に嫁いだ妃の入院している病院に電話をかけてきて、(まぁ日本では万全セキュリティの問題とかで、電話がつながるなんて事もないとおもうけど(っていうか、コレもびっくりなんだけど、イギリスは一般人がそんな簡単に王室の入院先に電話出来ちゃうのかい!!!) でもさ、万が一、万が一、電話がつながれたとして、妃の体調なんかを天皇とか皇后だと名乗る人から直接聞かれて、その看護婦の回答がそのどっか外国のラジオ番組で放送されたとしたら、、、

もーーーさーーー、私的には戦争にはならなくても、国交凍結、とか、外交問題に発展するようなめっちゃ深刻な問題になると思うの。 日本国民だったら、万が一、そんな事されたら、めっちゃ怒るんじゃないかなーって。

まぁイギリス人もめっちゃ怒っているんだけど。


ラジオのDJ達には同情をせざるを得ない部分もあるとはおもうんだけど(上司命令、とか、企画は別のところで通されていて自分達はその実行者だっただけ、とかさ) それでも、企画者とか、DJとか、誰かがどこかで、「この企画はやり過ぎだ、コレは許されないと思う」って何故言わなかったのか、って思うのよね。 それを考えるとこのDJ達だって、不運では有ったけど同罪だと思うのよね。

信じられない。

そしてこの後に及んで、ラジオ局などを擁護しているオージーの感覚も私にはまったく理解できないわ。


もともと電話を取り次いだベテラン看護婦さんの自殺に関しても、私は理解できなくもないって思うの。 自殺なんて過剰反応だ、彼女は何も悪い事をしていないんだから、自殺する必要なんてなかったし、彼女の自殺はオーストラリアのラジオ局の責任ではないんじゃない、って言う声が、これまた、多い気がするんだけどさ、私は、自殺したくなる気持ちって何となく日本人にはもっとわかるんじゃないかな、って思うの。

戦争の時とか、国の為に、天皇の為になら死ねるって言って亡くなっっていった先人を持つ日本人には、仮にも何の悪気のない間違えだったとしても、天皇家の情報を自分のミスによって公共の電波に乗せてしまった、って思ったら、きっと戦時中の日本人だったら、申し訳なくて命を絶つって言う人は少なくないような気もするの、現代の日本人にも似たような感覚は残っているんじゃないかなとも思うの。

それを考えるとさ、イギリス人で文化が違うとはいえ、歴史ある高貴な王室を持つイギリス、この看護婦さんが王室を敬う方で有った場合、なんて事をしてしまったのだろう、って思って罪の意識から命を絶つ、って言う事は考えられない事ではない、って思うのだけど、そう思うのは私が日本人で、そして保守的だからでしょうか。

どうして、企画時にその可能性が考えられないのか、コレが文化の違いなのか。 私の周りのオージーの感覚がいつも以上にわからなくなっている私です。 

でも、もしかしたらここでは私の方が異端なのですかね。


しかしケイト妃も可愛そうな。 悪阻に苦しまれているという事はまだ妊娠初期でしょう、これから半年以上も世界中のマスコミなどなどから追い回されるのでしょうか。 本当マスコミはせめて妊婦さんの間だけでももっとケイト妃を尊重してあげればいいのに。 






2012. 12. 02

007 Skyfall見てきました―。

みてきましたー

skyfall.jpg


以下、ボンドSkyfallの感想でございます。 あんまりネタばれは無いと思うんだけど、まだSkyfallを見ていない方は、読まない方が良いかもしれないでーす。






いやー、評判の良かった今回の007シリーズ。
見てきました。 やっぱりなんていうか、007シリーズって、水戸黄門シリーズと同じような妙な安心感があるんですわ。 絶対ボンドは死なない、っていう安心感は、最終的には水戸黄門が印籠を示して悪い奴がみんな降参する、と同じくらい、絶対的なもの。

今回も、ボンドは死にそうになりながらも、絶対に死なず、また、ボンドガールはまたしても絶世の美女で、ボンドと濡れ場を世界中のボンドファンの期待どうり演じてくれた。 なんというか、安心して見られる楽しい映画でした。

画像も綺麗だったなー。 ロンドンだったり、上海だったり、スコットランドだったり、悪役の居る島だったり、色々な処に舞台が移るんだけど、どこも綺麗な画像でした。 スコットランドってあんな感じなのかなー 凄く綺麗だわーーー。



skyfall M




今回のストーリーは(いつもかなりスケールがデカイけど)、かなりスケールの大きい話でMI6もかつてない位の危機に晒されることになるのです。 IT技術の怖さとかも織り込みながらの展開で、猟奇殺人者というか今回の悪役の狂い具合なんかも良い感じで、緊張感のなかにちょこちょこと和む、笑える場面が有ったりしながら、全体的に良い出来だったなーと思います。

なんか、ロンドンの忙しいメインストリートを完全に封鎖したり、地下鉄を封鎖したりして映画を取ったらしくて、ロンドンでそんな事をする許可を貰える映画はジェームスボンドだけだ。 って。 いろいろと凄くスケールが大きかったわ。


ってかさ、ボンドね、絶対いまの、死んだだろ? てか、死んでないわけないじゃん?っていう場面が何度か有ったんだけど、生きてるんだよね。 まぁ、ボンドは絶対死なないんだけど、わかってるんだけど、何度か、今のあれは、どうなのよ、って部分も有った様な。 実際、あんな風に人体が扱われたら、、どんなに屈強の男でも…死ぬだろう?? ま、そこを生き抜くのがボンドって事よねw  



imagesCAOJUXAS.jpg


あとね、今回のボンドガールさん、凄く好きです。
いつも、いつも、いつも、みんな絶世の美女だけど、今回の悪役の精神異常具合と、今回のボンドガールの危うげな雰囲気が良い感じにマッチしていて、なんか、あの女優さんの選択は凄くセンスが良いなーと。 彼女の演技も好きでした。

でも、なんか、他のボンドガールに比べて登場時間が短かったような。 美しいだけにもっと見て居たかったわー。


bondgirl.png









オーストラリアに来てからあんまり映画館で映画を見無くなっちゃったのですけれど、久しぶりにこの映画は見たい!って思って平日なのに見に行っちゃいました。 あぁ、そうだ、平日に見に行ったの。に、映画館は満員でした。 大人気ねーボンド。







次は、Les Miserablesを見たいな。
ミュージカル映画、好きなんだ♪

les miserables





2012. 12. 01

もう12月だ! 

もう12月だよ、早いなー。 もう1年の最後の月になっちゃった。 うーん。 なんか焦る。 アタシは今年は何をしたんだろうか…。 

仕事は私もカズも忙しくなってきて、責任も増えて、、あ、給料が上がった。 夫も担当部署うが変わって昇進もした。 車も小さいマーチから4輪駆動に変えた。 

庭の手入れもすっごいノロノロと、だけど、一応進んでは、、居る。様な気もする笑 裏庭のバカでかい木を切っても良いという承認が市役所?から下りたので来年はもっと裏庭に手を入れられるかな?

あ、英語は…相変わらず上達していないような気がするなぁ。 でもTafe(職業専門学校、、で、いいのかな)に行って短期間だけの勉強は…した。 12月中旬に英語のテストをもう一度受けて、今年の英語は終わり、かな。 前回同じテストを受けた時はまさかの、、まさかの、、4…40点(泣 だったので、今度はもうちょっとは良い点数を取りたい。 これは来年にも継続の課題だなー。 後半月、頑張って英語の勉強しないと!

他には、、うーんと、あ、フラメンコも始めたし、人生初の気球にも乗った。 

カズもベラコマも元気だし幸せな1年だった。 私とカズの血液検査もバリバリ健康OKって事で結果が出たし、ベラコマも健康体です!って獣医さんにお墨付きを貰った。

大きな変化は無いけれど、それなりに色々有った楽しい1年だったかな。

あ、体重は減らなかった…。



…けど、なんか物足りない様な気もする今日この頃。 英語はもっときちんと学校に通わないとダメかなぁ?? 来年は夫と一緒に通えるような(あ、いや、一人でも良いんだけどね笑)英語のクラスを探してみようかしら。

それに! 今年は旅行をしていないのだーーー だからなんか欲求不満なのねーあたしーーー。 どこかに行きたいよぉぉぉ。  

私たちが住んでいる南オーストラリア州の中でも行った事が無いところが一杯有るんだよなー。 先月から、1か月に1か所、どこか南オーストラリア州の観光地とかここはみておかなくちゃ!っていうところに行こうね、とカズと決めたので、これから1か月に1度はどこかにプチ旅行する事になるんだけどさ。


あ、そして、まぁ来年早々、ちょこっと週末旅行するんだけど。
 
そして、日本にも帰る予定なんだけど(甥に会うのさーー ムフフフフー)。

来年は大きな旅行を2回年の初めに予定しているのです。 ニュージーランドと日本。 ニュージーランドは初めてだし、日本では甥に会える。 両方とも初めてだらけで、楽しいだろうな。刺激的な年明けになりそうです。


今年もあと1カ月。 今年の年明けにたてた年初の目標は以下の通り。 残りあと1カ月だけど気を抜かずに行くよ――♪

英語上達。
ダイエット。
ベラといっぱい時間を過ごす。
庭改善。
転職の可能性を探す
1週間に2回位、顔のパックをするようにする
野菜たっぷりの料理を作る
季節感の分かる料理とか日本の伝統料理みたいなのを勉強してその季節ごとに作る。






2012. 11. 29

オバサンになりました。

もう言っても良いよねー♪ 
良いよねー♪

パンパカパーん♪

私たちに甥が出来ました。 12月8日に生まれたイケメンベイビー。11月中旬~下旬だった出産予定日よりちょっと遅れて、帝王切開で誕生。 お母さん、本当にお疲れ様です★

スケールの大きな男らしいカッコいい名前でお父さん、お母さん、めっちゃ良いセンス★ 

産まれてまだ3週間なのに、産まれた時とは打って変わって既に顔がしっかりして来ている感じです。 もー、、毎日でも写真おくってーー♪って感じなのですけれど、流石に忙しいお母さん&お父さんにそこまで要求出来るほど図々しくなりきれません、33歳です。 

(…あ、でも、このブログみてたら、写真いっぱいおくってーーー笑 …と、言えるほどには図々しくなれます、微妙な年齢です、はい、33歳です。)


なんかね、もうね、簡単に叔母バカになれる気満々よ。
 
夫の兄夫婦の長男なので、私には血がつながっていないけれど家族が増えるのってもーー、すっごい嬉しい物なのねぇ。 お義姉さんが妊娠していた事も、赤ちゃんの出産予定日もみんなわかっていたのに、実際に赤ちゃんの写真を見ると全然違うものなのね、変な言い方だけど、あぁ本当に赤ちゃんが生まれたんだ、って実感する、というか。なんかヒシヒシと感動が押し寄せてくる感じで。

既に、私とカズちゃんで親(兄夫婦)の意思も関係なく、

「中学生か高校生になったら1年位うちで預かってオーストラリアの高校に行かせよう、英語はしゃべれないと」
とか、

「野球をやるかな? カズと一緒の野球チームで野球してもらおうっ」
とか

きっと、あの夫婦の赤ちゃんだから運動真剣抜群だよ。将来は何の選手になるんだろう?」

とか、いろいろ妄想をしております。




実際会うのが楽しみだなーーー★

オーストラリアに住んでいて楽しいし、良いのだけれど、兄夫婦の子供の成長、もしくは妹夫婦の将来の子供の成長が見えにくい事がさみしいわぁ。 きっと日本に帰るのは数年に1度位だし(飛行機代高いのよ…)子供の2年って、もーーーすっごい大きな2年だもんなぁ。
私を見るたびに「大きくなったのねー」って言っていた私の親戚のおばさんおじさんの言葉、きっと私も会うたびに使っちゃうんだろうなぁ笑



新しい人間を一人この世に送り出しちゃうなんて、本当凄い事だわ。 なんか恐ろしい事にさえ思えちゃう位、なんというか、神聖な事だなーって。

いやーほんと凄い事だーー。 

だって、この子、もしかしたら、将来日本を背負う、トヨタにも変わる大企業を作って日本の雇用を支える人になるかも知れないし、警察官になって、誰かの命を救うかもしれないし、一流スポーツ選手になって子供たちにも大人にも夢を与えるかもしれないし、総理大臣になるかも知れないし、もーーーまだ生後3週間、今後あと80年―90年もしかしたら100年の未来が有る! なんだって可能だもん!  

そして一人の人の一生を(私たちが死ぬまでだけど)最初の最初から見る事が出来るって素晴らしい事だなーって。



赤ちゃんが大事だっていうの、こうやって子供が生まれると、めちゃめちゃ納得するねぇ。 親にとっては勿論だけど社会にとっても赤ちゃんって凄い大事だわー。

たとえ、大企業の社長にならなくても、総理大臣にならなくても、将来に80年前後の可能性を秘めた存在が居るって言うだけですっごい社会にとって素晴らしい事だと思う。 

みんなの希望になるよね。

産まれた子が日本を支えて将来誰かと結婚して誰かを幸せにして、その人とまた子供を作る、それだけでもすっごい事だなぁと思う。 
しかも自分や、自分の親のDNAが未来に残っていく、、ってなんか壮大だー スケールがデカイ。もう凄いとしか言いようもない。





なんかこうやって、自分の周りの人達の環境が変わっていくと、それによって色々感じる事があって考える事があって、なんか日々成長だなー。 

今までニュースなんかを見たりした時に考えた事は有っても当事者としては考えた事が無かったような、例えば、赤ちゃんポストの存在意義だったり、若年妊娠だったり、妊娠中絶だったり、そういう事が、どういう事なのかこうやって赤ちゃんが生まれる事で、それらに対する見方が変わったりする。 自分に直接関係なかった時には大して興味の無かった事が、自分の状況が変わる事で、興味を持って、意見が変わったりもする。 なんか面白いな、と思うわ。

本当、赤ちゃんって、居るだけですっごいパワーがあって存在価値がめちゃめちゃ有りまくりのスーパー凄い存在だわ。 凄い事だなー。

これから、そんな未来の可能性の塊を育てていく兄夫婦、素敵です。

本当、おめでとうございます。 


あーーうれしいなーーーーー★








 | ホーム |  »

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。