FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2008. 12. 25

短鼻犬の輸送について

お問い合わせを頂いたので短鼻犬の輸送について今の時点で調べられてる事を
纏めてみました~。

フレンチブルやパグ、ブルドックなど鼻の短い子達は飛行機の気圧や気温の寒暖によって
最悪の場合死亡してしまう事故が起きていた為、各航空会社とも輸送については厳しく規制
してます…。
問い合わせで「フレンチブルドックを…」 って言った瞬間に、
「あ~、駄目ですね」 っていう冷たい返答を何度も貰いながら、気合で調べまくってます。
今のところ、輸送についての各社の立場はこんな感じです。

1、JAL
  フレンチブル、短鼻犬は輸送一切取り扱わない
2、キャセイパシフィック  
  フレンチブル、短鼻犬は輸送一切取り扱わない
3、シンガポール航空
  フレンチブル、短鼻犬は輸送一切取り扱わない
  貨物置き場が空調効いていないのでペットは一切輸送できない
5、ニューギニア航空
  フレンチブル、短鼻犬は輸送一切取り扱わない
6、カンタス航空
  オーストラリア向けの輸送は貨物扱いになるので貨物会社に問い合わせて欲しい。
  といわれましたが、カンタス自体はフレンチブル、短鼻犬の輸送は一切NG
7、ニュージーランド航空
  フレンチブル、短鼻犬はOKだがオーストラリア向けのペットは取り扱わない。
  (ニュージーランドまでならOK… だけどコレじゃ意味無いわぁ)
9、チャイナエアライン
  フレンチブル、短鼻犬取り扱いOK
  ただし、台北でトランジットなのでそれが検疫的に問題が無い事が条件。
  ⇒問題なし! 台北は狂犬病の発生地域ではないので。
10、大韓航空
  フレンチブル、短鼻犬取り扱いOK
  ただし、インチョンでトランジットなのでそれが検疫的に問題が無い事が条件。
  ⇒問題! 韓国は狂犬病の発生地域に指定されてます。
11、ガルーダインドネシア航空
  フレンチブル、短鼻犬取り扱いOK
  ただし、インドネシアでトランジットなのでそれが検疫的に問題が無い事が条件。
  ⇒問題! インドネシアは狂犬病の発生地域に指定されてます。

12、アシアナ航空
  フレンチブル、短鼻犬取り扱いOK
  ただし、インチョンでトランジットなのでそれが検疫的に問題が無い事が条件。
  ⇒問題! 韓国は狂犬病の発生地域に指定されてます。



あと、貨物会社にも問いあわせしてみましたが、

13、日通貨物
  フレンチブルの輸送については直行便なし、トランジットでも使用できる航空会社を知らないので
  不可能ですとの事

14、西濃運輸
  西濃としてもやっているみたいですが余りやりたくないみたいで別会社を紹介受けました。
  それが、15番。

15、World care Pet transport
  非常に難しいので不可能かも知れませんとのこと。
  でもChina Airlineの事などを話したところ、China Airlineなら可能性アリかも。
  ただ、メルボルン行きではなくシドニーにするべきでしょうとの事でした。
  (China Airlineはシドニー行きのみの就航)



と、こんな感じです。
非常に厳しい状態ではあって、本当に連れて行けるのか凄く心配をしています。
ベラ無しの生活なんて考えられないよ~!! 
絶対に連れて行くからねーベラチン!!

今のところ、難しいながらも唯一China Airlineに可能性がありそうです。
あとは書類を見た感じですと台湾のトランジットは問題なさそうですが、再確認が必要な事、
China Airlineでメルボルン行きが無い場合は係留所をメルボルンからシドニーの
検疫所に移してスペースの確保依頼をする事が必要になります。

15番のWorld Care Pet Transportさんのお話ですとシドニーの検疫所は比較的直前でも
スペースの確保が出来る様。(ウェブでは混み混みです!って表示されてるけど)
なので来年3月頃にChina Airlineで本当にメルボルン就航便がない事を確認してからでも
変更は遅くないのでは、との事でした。

まずはWorld…さんから見積り含めて連絡を貰う事になりました!
金は払う! だから何とか無事に連れて行きたい…
この思いだけです!!

                         Written by Sachi
スポンサーサイト



2008. 12. 22

風邪注意!

なんか悪質な風邪がはやってますねっ
新型インフルエンザっていう言葉もちらほら聞くし…。
皆様どうぞ風邪にはお気をつけ下さいませ!!

ベラ風邪引き


ゲホッ
ゲホゲホホホホっっ (byベラ)
  …あ、いや、いたって元気ですが。
    ベラ君。 夫に遊ばれちゃいました。

2008. 12. 19

輸入許可書届いたー

オーストラリアのQuarantine and inspection serviceからベラの輸入許可書が
届きました!!  ザ・15枚。

Permit to import


Importerの住所はオーストラリアの住所が書かれて居ないとNGで一回メールで問い合わせを
受けていたので一時滞在予定のYHAの住所を
いいのかな~ しらない~ いいでしょぅ きっと~♪
っていってシラっと記入したらそのままOKでInporterの住所と認められてました。

… ところで犬種のDescriptionがブルドックになってますが… いいのかな?
フレンチブルもブルちゃんだけど。 ま、いっか。 
 (だからテキトーって言われるんだな。 うーんー。  なんかのついでに聞いてミマッス)
あと日本オーストラリア大使館からは有効期限が発行後6ヶ月って聞いていたけど
9ヶ月ありました。 ヨカッタ

因みにオーストラリアの検疫で滞在期間は30日。
Exotic diseaseが有ったらチョッと伸びるかも。と。



とりあえずは許可書も下りたところで、これから本格的に活動開始です!

今週末にでも
1、動物検疫所に連絡して動物検疫所支所に連絡し血液検査のスケジュールを貰う
2、メルボルンの検疫所のスペースを予約する

をやります。
来年早々からでも動ける様にねっっ


            Written by Sachi

2008. 12. 09

スポッツウッド検疫所

そういえば2007年にメルボルンから電車で20分位(だったかな?)の
スポッツウッドまで検疫所の下見に行ってきた事がありました。
その時の写真を見つけましたのでUpしておきまーす。

スポッツウッド駅

ここがスポッツウッド駅。
メルボルンからチョッとの距離だったけど小さな田舎の駅でした。
メルボルンからスポッツウッド行きの下り電車に乗ったので行きはガラガラでしたが
朝だったから帰りはプチ満員電車を経験しました。

この駅を下りて歩く事5分くらい。
ワンワン凄い声が聞こえてきます。
メッチャ吼えてたのよ。 検疫中の犬達が。
この中にベラが1ヶ月入ったらメチャメチャストレス溜まっちゃうんじゃないかなって
心配になったのを覚えてるよー。
そうするとこんな道の
スポッツウッド検疫所

この右奥の木の塀に囲まれてる所が検疫所。
ココからワンワンワンワンワンワン

スポッツウッド検疫所2

ココを通りすぎると、入り口です。
入り口
チョッと画像が暗くて見づらいけど…
なかで従業員が忙しそうにしてたのを覚えてます。

AQIS看板

注意事項

こんな感じ。
広い場所だったけどとにかく犬の鳴き声が凄い。
周りには結構民家ばっかりだったのでうるさいだろうなーと思うよー。
あとは、ベラ。
この子全く吼えないし鳴かない。 普段も我が家は比較的静かだし
いつも1人かもしくは私達と一緒にいるのに慣れてて他の犬と一緒っていうのに
慣れていないベラがあのワンワンワンワンの中に入ると…って考えると心配。
やっぱりなるべく一杯面会に行ってあげるようにしよーっと


2008. 12. 09

ベラ輸入(ウェブ申請できたんだー)

ベラの輸出に関して
輸入許可証の発行依頼についてなんか書類ダウンロードしたり色々面倒ーって思ってたけど
実は簡単にこのウェブサイトから出来ました~ 
http://www.daff.gov.au/aqis/cat-dogs/application

今までダウンロードしたり手書き記入したり、オーストラリア大使館に問い合わせたりしたけど
これでできるじゃーん なーんだー って成りました。
まぁ記入する内容は同じなんだけど…
情報さえ揃ってればポチっ カチカチ ポチっ で5分くらいで申請完了!
んで、郵便で(またはファックスかEmailで… 選べるよ)輸入許可書が届くみたい。
しかもウェブ申請だと通常330ドルのところが275ドルでOK
楽チンだし安いし。 こっちの方がいいじゃーん!

でも、輸入許可証の有効期限が発行後6ヶ月…
でも今、検疫機関が混んでるから大体申請から受け入れまで5~6ヶ月??
え、おかしくない?? 
有効期限が切れそうになったら更にプラス130ドルで更新も可。
え、でもさー なんか違うー おかしいー。

輸入許可証の有効期限が切れる前に連絡する事が必要で、更新については
ケースバイケースで対応します。って書いてあった。
ケースバイケース?? キミ達の都合で遅れて更新が必要な場合は!?
きっと対応してくれるよね。 してくれるはずぅぅ。






花束


花束2

夫から花束貰いました。
バラ30本! Sweetメッセージ付き。
良い子にしてればサンタさんはいつでも来ます。
ウッピー♪


2008. 12. 07

セツヤクしなきゃね…

もー!! (怒

もー!! (激

・・・
最近、ちょっとしたセツヤクを色々な場面でしているのですが、
(だって夏頃に豪ドルに換えちゃったからいま80万位の赤字なのです泣)
そのセツヤクの1個がネイルサロンには行かない、と言うもの。
昔はスカルプチャー付けたりジェルネイル付けたりと色々楽しんでましたが
つめが薄くなっちゃうこととお金の節約で自分でやる事にしました。
しかし
そういえば
わたしって
むかしから
不器用…

中学校とか高校とかの家庭科が5段階2とか…
サボってないの。 テストも良い点だったの。 だけど2。

んで
もちろん不器用だとマニキュアも上手くぬれないのよ。
いまずっとやってたんだけど… 

変。

んで、乾かす時間も待てないセッカチな私はいつも乾く前にぶつけちゃって
マニキュアがふにゃふにゃになる。
はぁ…。

画像でお見せしたいくらいだけど(自虐)
でも無理。 むかついて仕方ないから冷静に写真なんて取れない


後、もう一個のセツヤクは洋服を買う場所をUsed shopにしたこと。
絶対Usedなんて着れないって思ってたけどどーにかなっちゃいましたー。
っていうか安いの。
普通に新品で値札付きの服とか(でもUsed扱い)元値が20,000円でも売値が2,000円とか。
なんか最近良くお邪魔しているくんちゃんのブログ
くんちゃんのブログへのリンクはコチラをクリックー
にも洋服が高いし可愛いーっていうブランドが少ないって書いてあったので
今のうちに買おう!って自分に言い訳して買ってる(汗
でも確かに去年に視察でアデレード行ったときも高いなーって思ったのよね。
日本で一杯服を買ってアデレードに持っていこうって思ってます。
でも毛皮とか持っていけない物結構あるのね…。
どうしよー。 
でもなんかオーストラリア大使館のウェブサイトとか見ると検疫を受ければもっていける
可能性もある??見たいに見えたので今のところ毛皮も持っていこうーって思ってます。
だめかなー?? しらべてみよーっと。

毛皮って…
そっか ベラは全身毛皮だからそりゃ検疫うるさいわ…。




べら。
そう
ヤツは最近ほんと怠惰で。
野生の本能とかまるで無い。
電気ストーブの前を陣取ってオヤジすわり。
ちょっとホント花の20台とは思えない。 (確か犬の2歳半は26歳だかそれくらいだったような??)


2008. 12. 02

ベラ輸出準備開始!(1)

昨日、夫も私も会社から有給を貰いました。
折角の平日のお休みだから休日は出来ないことをしよう!って思ったんだけど
最近お金使いすぎ…だったので家にコモってました。
そこでベラの輸出について色々調べてみたのでとりあえず現状分かった事だけ
まとめようーっと。


まず。

1、オーストラリア大使館のHPから輸入申請書をダウンロード
  (Bringing Cats and Dogs and other pets to Australia
  コレに必要事項を記入しAQIS (Aust. Quarantine & Inspection Service
  ( オーストラリア政府検疫検査局)に送ると10日前後で輸入許可書が届く。
  ⇒マイクロチップを埋め込みが必要。
   このマイクロチップはAvid(R), Trovan(R), Destron(R)またはISO規格のマイクロチップで
   あることが必要。
  ⇒輸入者の住所はオーストラリアの住所である事が必要。
    友達の家、親族の家、会社、などでもOK。
    私達の場合、住所を借りられるような知り合いがオーストラリアには居ないので
    困ってしまいました。 とりあえず泊まる予定のYHAの住所を入れちゃいました(汗
  ⇒小切手、またはクレジットカードでAUD330支払が必要。
  ⇒(Rabies Vaccination and Rabies Neutralising Antiboby Titre Test Declaration
    - 狂犬病予防接種および抗体価チェック)に関しては、
    日本は狂犬病の発生がない地域に指定されているので記入不要。


2、 この輸入申請書を送り10日後位に申請書の ”exporter” の覧に書かれた住所に許可証が
  送られてくるのでオーストラリアの検疫所(シドニー、パース、メルボルンの何れか)に連絡し
  輸入時の受け入れスペースを確保。
  いまは大分まだ検疫機関が混んでいるみたいで通常最短で30日隔離されるんだけど
  いまだと40~日以上掛かるって。 
  それでも1日単位で費用が掛かるんだっもんな・・・。
  到着日とかも連絡する必要があるけど、最終の微調整は可能みたいだからとりあえず
  おおよその日で確保しておいた方がいいみたい。
  いま検疫の受け入れまで6ヶ月から8ヶ月待ちらしい。

3、あと、2と同時にすることは許可証が届き次第出国する空港の動物検疫所に連絡する事。
  そしたら血液検査(犬のみ必要)のスケジュールや予防注射などに関する
  オーストラリアの輸入条件を教えてくれる、と。

動物検疫所、成田支所  Tel: 0476-32-6655
動物検疫所、関西空港支所 Tel: 0724-55-1956
動物検疫所、横浜本所 Tel: 045 751 5921
  
  犬はブルセラ症、エールリッヒア病、レプトスピラ症の検査を公的検査機関に依頼しなきゃ
  いけなくて犬を送られる場合、輸入許可書が届いたら獣医師から成田空港などの
  動物検疫所支所に連絡し血液検査のスケジュールを貰う。 
  で、動物検疫所支所から血液検査のスケジュールが飼い主に送られてくるので、
  獣医師の採取した血清にこのスケジュール表を添付して動物検疫所本所に送ると。

  最終的には罹りつけの動物病院の獣医師に動物証明書A (Veterinary Certificates A)
  なるものの記入をしてもらい、動物検疫所の職員が、許可書のエンドースをしてくれるみたい。
  検疫官が動物証明書A (Veterinary Certificate A)の裏書きをしたら
  動物証明書B (Veterinary Certificates B)なるものの完成と。

  色々と予防接種を受けるのに大体2ヶ月くらいは見ておいた方がいいみたい。
  因みに犬の予防接種で(混合ワクチン)レプトスピラというのが混ざってる事があるんだけど
  (うちの子が受けてる注射には混ざってた)これの試験もあって、輸出前半年くらいは
  予防接種をすると陽性反応が出る事があるみたいなので混ぜないようにした方がいいって。

3、犬・猫の輸送は貨物扱いらしい。
  ペットを入れるキャリアケースはIATA (国際航空輸送協会)認定の物を使用しなきゃ
  ならないと…。 でも成田空港でも借りられるとか??

到着後は

空港にはAQISのスタッフが迎えに行き、検疫所に連れて行くんだって。
空港では飼い主は一切会えないみたい。
で、輸送中に使用された毛布やおもちゃは到着後は処分され
調理済の食事、毛布、おもちゃなど持ち込む事も出来るけど、その場合は
オーストラリア国内で購入された物に限り事前に検疫所に連絡しなきゃならない。

事前の予約が必要なんだけど面会時間は

イースターン・クリーク検疫所(シドニー郊外)― 市内から西に40km
火曜日と木曜日 午後1時30分から3時30分まで

スポットウッド検疫所 (メルボルン郊外)― 市内から西に12km
月曜日~金曜日 午前10時30分から正午12時までと午後1時から4時まで

ベイフォード検疫所 (西オーストラリア州、パース郊外)
月曜日~金曜日 午後2時から4時まで
 

だって。


私達はまだ1の書類作成の途中なのでそれ以降のプロセスについての詳細は
プロセスが進みだしたら随時UPしていこうと思います。
6月中の渡豪が目標の場合そろそろ本当にベラの輸出準備しなきゃ。
また報告しまーす。

ベラ散歩

                      Written by Sachi  

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク