FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2009. 03. 30

ビザ進捗 & ベラ血液採取

日曜日にSRSビザエージェントのところへ行ってきました。
SRSビザの進捗状況確認と、犬を引き取る関係上先にワーキングホリデービザで
渡豪したいことなどを説明し問題が無いかを確認してきました。

まずSRSビザの進捗ですがまだケースオフィサーが振り当てられて居ない状態との事で
2月の移民局のポリシー改定で移民の受入を減らしている事が原因との事でした。
私たちより前(2008年9月や8月に申請した方達)についてもまだCOは振り当てられておらず
最近は2008年3月頃に申請した方への追加書類の依頼が来た、との事…。
とすると、予定より大分遅れています。
単純計算すると私たちにCOが振り当てされるのは今年の10月… そこから処理に2-3ヶ月とすると
今年中にビザが下りるかどうか、という計算になります。
うーんー(苦笑)
まぁどちらにしても犬はもう4/21に輸出することで進めていますので5/22頃に私がWHビザで
オーストラリア入りしてそのままシェアハウス/キャラバンパーク等で暫く生活しようと考えています。
そしてSRSビザが下りるのを働きながら待つ、と。
いきなり仕事を探すことになるよりもWHで暫く過ごしてアデレードに慣れ、英語での仕事に慣れる
時間が取れることになるので良いかな、と前向きに考えています。
こうやってオーストラリアのゆっくりペースに慣れていくのでしょーう(笑

土曜日はベラの採血に行きました。
犬も人間と同じように腕から血液を取るんですね。
子犬の頃初めて注射したときは顔に似合わず鳴いたけど今回はブーブーと鼻を鳴らすのみ。
大人になりました。
とは言っても見ているのは痛々しかったな、
まず右手(右足)から採血しようとしたのですが待てど待てど一向に血が取れない。
そこで急遽左手に変えて採血したところ何とか完了しました。
血漿を2ml取らないといけない様で、実際に採取した血液は6ml位。
それを遠心分離機(?)で分離して透明な血漿のみを磯子の分析センターに送って貰いました。
今日には届くはず。
混合ワクチンはレプトスピラの試験に陽性反応が出てしまう可能性があるので日本では打たずに
現地で期限の切れる7月までに接種させる予定です。
狂犬病予防接種は4月に切れてしまうのでこれは日本での接種が必要かな?? 確認してみなきゃ。

今週末はオーストラリアで使う為の生活用品を一部だけ揃えました。
丁度セールをしていたのでバスタオル、布団、ベッドカバー、シーツなどなど購入しました。
オーストラリアで購入できるものかな?とも思ったのですが丁度セールをしていた事と
オーストラリアで買えるものの品質が分からなかったので買ってしまいました。
なんか事前準備って楽しい!!
バスタオル選ぶだけで30分位以上かかってしまい夫を呆れさせていましたが本当に楽しいっ!!
男性にはこの楽しさはわからないのかしら!? 
スポンサーサイト



2009. 03. 25

動きだしましたー。

動き出しました、って
前にも書いた気がする。。

けどホント。 動きだしたのです、ベラの検疫。
色々あったベラの件。 これ以上色々有ると嫌なので(そしてなによりベラと一緒に
渡豪できなくなっちゃうのが一番嫌なので)もう決定に向けて動きだしました。
4/21成田発で22着。 チャイナエアラインで西濃さんで。
西濃からの見積りはまだ来ていないのですが日通と同じ位、と考えるとたぶん10万円位かな?

出発まで1ヶ月を切ったので出発に向けて日本側でしておく事を始めました。
出発30日以内に血液検査や予防接種他。 
リーシュマニアなどの血液採取は今週土曜日(3/28)AMにいつもお世話になっている
獣医さんにお願いしています。
その日の夕方には固まらないように処置された血液が冷蔵便で磯子にある血液検査センターに
配送されます。
磯子のテスト日は毎週火曜日のようなので月曜日には着いてないといけないみたい。
これで基準値をクリアすれば、あとは出発4日前にノミの処理、あとは虫下しの処理などをします。
そして出発。

いけないのかもしれないけど日本からノミ駆除薬(フロントライン)とかフィラリア薬を
多めに貰って行きたいなと思って獣医さんに相談しているところです。

チャイナエアの方は、西濃のご担当者様が抜かりなく手配を進めてくださっています。
本当に誠実な方のようです。 よかった。
飛行機の輸送についてかかりつけの獣医さんに相談をしていますが、ベラはまだ若いし(3歳)
通常のフレンチブルドックに比べて細いので(そうかなー結構、凄い肩幅だけどなぁ笑)
飛行機の気圧については耐えられるでしょう。 ってコメントを貰いました。
暑さについては、やはり問題なので注意が必要。 
飛行機に乗る前にベラをぬらしておく、とか水を多めに準備しておく、ひんやりシートを引いておく
などを考えています。
台北でトランジットの際にチャイナエアの担当者がベラに会って様子を確認してきてくれる、
と言うことが出来るかを交渉中。 
日本のチャイナエアの担当者は現地の係員が対応できるかどうかかなり自信がなさそうですが
Noとは言われていないので何とか粘る!!

あとはベラの頑張りに期待するのみです。
この子なら乗り切ってくれると信じて全く持って疑っていませんが大変な思いをさせちゃう事は
しつこい位考えてます。 でも仕方ないね。 頑張ってもらわなきゃな。
乗り切ったら肉食べまくってもいい。 この際ママがおごってあげる。

そして。
一番の頭痛の種だった検疫後のベラの事。
やっぱりビザがいつ下りるかと言うことを含めて確定の無い中で(去年9月に申請の人に
ケースオフィサーがつき始めているみたいなので去年の10/4申請の私達も
そろそろだと思うのですが・・・)
ただ最悪何ヶ月もケネルに滞在してもらう事になっちゃったら、と考えると心配なので
かなり無茶プランなのですが、ベラの検疫が終わる5月22日頃までにSRSビザが下りて
居なかった場合は夫婦のうち1人がWHビザで渡豪して検疫が終わったらすぐベラを引き取って、
キャラバンパークでベラと住もうかな。と思ってます。
無茶なの承知。だけど私達の豆サイズ脳で一生懸命考えたところ出てきたベスト回答。
WHなら働けるからネックだった費用面でもかなり救いになるし。
その間に家も探せるかな、と。
色々な先輩方の意見をお伺いするうちに、きっと1ヶ月や2ヶ月では見つからないのかな??
って心配になってきてもいます。 だから一人がWHで先に入って家を探すのはいいプランかなと。

SRSビザが下りたら一旦日本に帰らないといけないのでその時はどうしてもケネルに成っちゃうけど。
でも数週間だろうからな。

家が見つかるかな、とか職があるかな? バイトあるかな? とかベラは、、、飛行機は、、、って
色々心配事は耐えないけど、何が一番心配かって、私が夫と離れて数ヶ月耐えられるか。
これ一番問題。 あぁヤダ。

でもベラの為。 そして夫の為。 そしてなにより。 はい。 自分のため。
よっしー。 がんばるぞー。

面白くなってきたなぁ
無茶だけど、無茶はワタシ、昔からだし。 
なんか色々方向性が決ってくると凄く面白そうでやる気出てきた!!
もう最近、仕事が手につかない。
 (あ、それは前からか??) 

2009. 03. 15

はぁ… カンタスNGでした

この前ベラから、いや、本当は夫から花束も頂きました。 
でもなぜかベラが興味深々で飾った花瓶からいつまで経っても離れず
ずっと匂いをかいでました。 ベラ、百合好きなの???

花




みなさんに色々とお教え頂いたりご協力頂いたりしてたベラの輸送の件、
あんなに喜んだのにー… タイトルの通り、カンタスでの輸送はNGでした。

西濃運輸経由でフレンチブルの輸送の見積りを頼んだ所、カンタスでいけますよ、っていう
回答でしたので、疑って、「カンタスはフレンチNGだと思いますが…」と何度も聞いて
西濃運輸からカンタスの貨物担当者まで確認してもらったりしていたのですが、実際は
カンタスとしては去年秋からフレンチブルの輸送は一切NGが決っていたそうです。
ただ、これは本社での決定だったので日本の貨物担当にまではフレンチNGの件が伝わって
居なかったようで、日本のカンタス貨物担当は西濃担当者にOKと返答していた、との事。

カンタスはフレンチの取り扱いは難しいと思っていたのですが、思わぬ回答にとても嬉しかったの
ですが… あぁ やっぱりかぁ~…。 だからアレだけしつこく確認したのに…
という感じです。 正直すっごく残念。
経由便で行くより動物の管理もしっかりされていて且つ、直行便のカンタスが使えたら
凄くベラの負担は軽減できるはずなので。
カンタスには、
オーストラリアの検疫所の手配も進んでいる、フレンチブルドックで輸入許可書も貰っている、
普通の犬と同じ扱いで構わないし、万が一の事があっても文句は言わない、ブログにも書かない
(笑)、もし余計な経費が掛かるならそれも払うから、、、何とか乗せてくれないか、と相当
粘りに粘った交渉してみたのですが、びくともせず。 
やっぱりダメです、との事。 

ただ直行便が使えなくなったけれどもベラと一緒に渡豪が出来ないわけではないので
やっぱり振り出しに戻ってチャイナエアで輸送手配をしてもらう事にします。
チャイナエアは日通に委託しているみたいですがフレンチブルの扱いに詳しい西濃の
貨物担当の方に是非お願いしたいので西濃にも併せて見積もり可能かどうかを
確認しています。

台北経由が必須となってしまったのでトランシップ時の台北での気温の問題もあり
5月の輸送は危険かな??と思っています。
4月にするか5月にするかここの所毎日夫と家族会議ですが、ビザが下りる時期が
エージェントに聞いてもはっきりとした回答も無い(分からなくて仕方ないのだとおもうけど…)
のでもし予定していた次期にビザが下りなかった事を考えると早く送ってしまうのは不安でも
有ります…。

あとは正直お金の問題。
色々なパターンをシュミレーションしてみてるのですがビザがもし夏前に下りなかったら
60万~130万くらいのエクストラ金が掛かる計算になります…
(検疫所代、ケネル代、私達の滞在費、渡豪費等々)これは予定していなかった金額なので
イタイ(泣  
でもお金をケチってビザが下りるまで待って結局夏を越してしまってベラを運んでくれる
飛行機会社がなくなってしまったら…と思うのでやっぱりもうここまで来たらお金は払ってやる!! 
渡豪後のお金は厳しくなるけど、いざとなったらどんな仕事でもしてお金を稼ぎながら頑張ろう、
と思ってます。 
乱暴な考えかもしれないけど、行っちゃえば何とか成るし何とかしなきゃいけなくなるだろうから
もうベラの健康さえ維持できればあとは何とか成る! と思って深く考えすぎないように
してマス!!



話は変わり。
先日のホワイトデーに夫がメガ級のケーキを買ってきてくれました。
スッゴイ美味しかった♪んですが、食べた時間は11時。
そしていや、コレホントにメガ級。 でっかいんです。 本当は二人で1個にしようと思ったんだけど
って夫が言ってたくらい大きい。 ですがなぜか1人1個のケーキを買ってご帰宅された夫。
そしてそのままお一人様1個のケーキをたいらげ、直後に寝ました。
これヤバイ。  コレ、ヤバイよ。

イチゴケーキ

チョコレートケーキ

2009. 03. 07

カンタスにてベラ輸送

皆様に色々とお教え頂いたり助けてもらっていましたベラの輸送の件、
なんとかかたがつきそうです。
今週はずっとベラの輸送の件で各社に電話したりしてバタバタしていたのですが
今日でベラ輸送がOKがほぼ確定しました。 よかったよー。

発端は、チャイナエアは貨物にフレンチブルドックを乗せられない。っていう連絡を
いきなり貰った事から。 私達の過去ブログの通りフレンチブルドックを乗せてくれる
エアラインはチャイナエアだけ、と思っていたので思いっきりパニックになりました。
実は私達はチャイナエアのカスタマーサービスにずっとTELしておりフレンチOKの旨を
連絡もらっていたのですが、旅客機に犬を乗せて輸入する事をオーストラリアが禁止
させているため、カーゴ便(人間を運ばない飛行機)にのせて輸出しなければいけなかったの
でした。 私はずっとキャビンの方には連れてきていけないけど旅客機のスーツケースと
同じ扱いで運ぶならOK,と勘違いしていたのでした。
日通、西濃、その他数社にチャイナエアラインでのペット輸送の見積り依頼をしたところ
チャイナはカーゴでのフレンチ輸送を禁止しているとの事…

実はチャイナエアは今までの経緯を説明し、特別にカーゴで運んでもらえる事になったのですが
台北でのトランジットがあり、また貨物と同じスペースにベラも置かれる事になっていました。
温度は10度前後に保てるエアバス機を使用してもらい台北で夜トランジットをする、と言うことを
考えていたのですが、
が、
が、

西濃から「カンタスの直行便でフレンチブルドック運べますよ」とのメール連絡があり
絶対嘘だ!! だってカンタスのカスタマーサービスNGって言ってたし… そうやって私達を混乱させようとしてぇ もうぅ

と思っていたので何度も西濃に電話&メールしてフレンチブルドックですよ、フレンチですよ
としつこく確認したのですがやっぱりOKみたい。

カンタスで直行便でいけるとなると時間も短縮されるしベラのストレスも最低限で済むので
本当に嬉しい!!  電話で話した西濃貨物(成田)のご担当者も本当に親切に対応してくださって
短鼻犬についても非常に詳しい方でした。
また極めつけの一言
「いろいろとフレンチブルドックについては書面上、心配をさせるような事ばっかり書かれていますが
ボクは10年この仕事をしていてフレンチブルドックもたくさん運んでいます、いままで10年間
1匹も死亡していませんよ」 
と!!

フレンチにも非常に詳しそうでしたので、このまま西濃で輸送をお願いしようと思っています。
以下、西濃からフレンチの輸送についていただいたメールです。

ー-ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
**様のシドニー向けフレンチブルドッグの件

料金見積り
 航空運賃 (@¥2700/kg)   ¥72,900
 燃油サーチャージ(@¥56/kg)   ¥1,512
 取り扱い                ¥20,000
 税関手続き               ¥4,200
 書類作成料               ¥1,000
 保税倉庫代      ¥1,200 
 AWB代        ¥200
 値引き(*)                -¥72 
 消費税      ¥1,060                  
 合計    ¥102,000

*動物検疫所にて精算するので、細かいおつりを持っていけませんから端数切捨てしています。
 料金の精算は現金(日本円)のみです。

フライト情報
 カンタス航空 022便 20:00 → 07:35(翌朝)
 出発日は月曜日~木曜日(祝祭日除く)しか動物の取り扱いしてませんのでご注意ください。 

 成田では、下記の流れでお客様より犬と書類を預かって作業を進めますので、ご了承下さい。
   午後     お客様自身で検疫手続きしていただきます。
   15時までに 検疫手続き終了
   16時までに 税関手続き完了
   17時までに 航空会社へ搬入
   20時に    出発
 シドニー到着後は、カンタス航空により検疫機関に運ばれ30日の係留となります。
 係留期間完了後、引取りとなります。
 到着後についてはご本人で手配してらっしゃるので心配ないと思います。

輸送環境について
 **さまよりご質問頂いた件、下記の通りご返答致します。

  動物輸送するときは、後方貨物室を仕切り動物のみ輸送する部屋をつくります。 
  後方貨物室では空調機器を使用することで16~30℃の範囲で温度を保つことができます。
  航空機への搭載・取卸時に駐機場の反射熱の影響を受け、
  外気温に比べてかなり高温となることもございます。
  また到着時には急に外気にさらされるため、温度・湿度の変化がかなり
  大きくなる場合がございます。

  貨物室には湿度20%以下の空気が供給され、巡航中は後方貨物室では1~4回
  空気が入れ替わります。
  貨物室内の気圧は機体構造上の制約から、巡航中で約0.8気圧程度になり、
  地上より低く設定されています。
  上昇中、下降中の気圧の変化で耳の機能などに悪い影響がある場合がございます。
  貨物室内は、飛行中は照明が消え、暗室となります。
  飛行中、また離発着時の機器操作音、更に客室と同様に風切り音(地上では聞かない音)が
  聞こえます。
  
  ペット輸送時の環境保全につきましては、常に万全を期しております。
  しかし、飼い主様と離れることによってもストレスを感じたり、上記の点でペットに対して
  ストレス・悪影響を与える恐れがございます。
  予めご理解いただきますようお願いいたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日通や他の数社はフレンチブルドックはどの航空会社も運んでいません、という
回答が来ています。 西濃に何度も確認してもカンタスの直行便でフレンチOKで間違いない
との事なので、きっと西濃が一番、フレンチブルドックの輸送に詳しいのだろうとおもい
(電話でお話した成田の貨物ご担当者も非常に詳しいです)迷わず西濃を選びました。
それでもやっぱり輸送はリスクがあるし心配ですがチャイナエアとカンタスであれば
直行便のカンタス! 

あとはベラに一人になることに慣れてもらえるよう、心をオニにして夜寝るときは
輸送時につかうケージの中で、私達とは違う部屋で寝させています。
これからは真っ暗に慣れてもらったり、ケージの中で長時間過ごすことに慣れてもらったり
していかないと、と思ってます。 

あとは出発30日前からベラの血液採取やらを行えばとりあえず輸送の部分はOKと思います。
シドニーの検疫が終了するタイミングと、私達の渡豪のタイミング、あとは住む家のところが
クリアになればOKです!!

とりあえず問題1個解決。
他の問題もこの調子で解決できるといいなッ。


皆様にはこの件について色々とご心配を頂いたり、ご親切を頂きました。
まだ完全解決ではありませんが、ある程度の目処も立ちました。
とりあえずはひと段落です、ここまで色々とありがとうございました。

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク