FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2009. 08. 31

世間のニュース& 我が家のニュース

いやぁ、なんか選挙凄い事になりました。
異様に見えるほどの結果だったと思います。マスコミの力って凄いなと怖い位。
これから私や妹の様な子供の居ない働き世代の負担が大きくなりそうだし、これでどうやって経済活性化になるんでしょうか。 結局いい話の裏には増税やら働く世代や企業への負担が増えるというオチ付きなんだと思うので個人的には心配な事なのですが詳しく知らない事をこれ以上言うのはやめときます。

今日オフィスに行って選挙の話をしていた時にボスが興味深い発言を。
「やっぱり日本人は小泉がベストなのか?」と。

何でそう思うのか凄く興味があったのでいろいろ突っ込んで聞いてみた所思ってもみない率直な感想が聞けました。 彼曰く

日本人はメディア受けの良い首相や政党を選ぶよね、と。 小泉はメディアの活用が上手だったので日本人から支持された。 あれだけの支持だったんだからきっとサチも小泉に投票したんだろ、そして今回は民主党に投票だったんだろ、ということ。 
海外から見ると麻生総理は何ら失敗をしたようには映らないしむしろタフネゴシエーターのイメージがあると。 日本語のミスやちょっとした言い間違え、言葉の選び間違えは一時的にイメージダウンになる事が有ったとしても、退却させられる程の事はないと思うのに、こうやって実際にイメージ勝負で負けてるんだよ。 これで海外にタフだった麻生総理が退却することで海外からすると日本という国はもっと扱いやすい国になるね。 
メディアを使って有権者の意識をコントロールするのはどこの国でもやる方法だけど日本人には特に有効的だね。

と。
思ってもみないところからとても率直なお世辞のない言葉を聞けた様に思います(笑。海外に住んでいる外国人でもきちんと見ているものね。

麻生さんとか自民党って(って、間違いなく民主党の人たちもだけど)きっと途轍もなく頭のいい人たちの集まりなのに、それでも今回みたいに国民にアピールする方法を誤ったりして大多数の有権者の支持をえられないんですもんね。ほんと政治って何がどう影響してくるか分からなくて怖いものだと思います。 そんなハイIQの人達同士が自国の利益の為にあの手この手で他国と交渉する。 想像しただけでも怖い世界だわ。 

でも私は頭がいい人たちだからこそ、その頭のよさを違う方向に向けようと思う人や政党がでてきたときが本当に怖いと思うのです。


IMG_0120.jpg

ってなわけで(どんなわけよ)なんとなく政治の話題はブログに書くよりも夫や母と話す方が良い気がする内容なので世間のニュースはこれくらいにして…


ベラ家のニュースでございますが、どうやらまだ我が家にはSRSビザのケースオフィサーは付いていないようです。 今ビザのエージェント契約をしている会社(日系)があまりにも動いてくれなくて、「私たちとしても移民局の回答を待ってるしかできないのでそう何度も進捗を聞かれても困ります。 これ以上文句言うなら面倒なのでエージェント契約解約して自分たちでやったらどうですか」 (意訳。彼らも大人なので実際には10枚位のオブラートに包んだ言い方をしています)とか言うので、なんか頭にきて先日「自分たちでできるビザ申請作業にわざわざお金を払ってエージェントを雇ってるのは貴方たちのの移民局とのコネクションを期待したからでしょ。 御社としても待ってるだけならあなたたちエージェントとしての存在価値ないし、私たちがお金を払う意味ないでしょ、解約させてもらいます」(意訳。 私たちも大人なのでこれだけのことを言うのにかなりの長文を要しました) という丁寧な言葉の中に激しい憤りを感じさせる文章を送ったところ、先方あせりましたようで、直接移民局に電話確認をしたようです。
移民局に対してはエージェントとして電話も出来ないし連絡取る事も、移民局から回答をもらう事も不可能に近いのです、と主張していた彼らでもやる気になったら簡単にできちゃうようなのです、可愛いんだからもう。

というわけで、9-10月中にケースオフィサーが付かない場合は年内のSRSビザ発給は難しそうです。 

まぁその時はその時で、晴れて夫と二人ヒッピー生活が始まるかな。 楽しいヒッピー生活のため、今からフォルクスワーゲンバスとマリファナの葉っぱと虹色のロングスカートとフォークギターを用意しておこうと思います。 (なんというステレオタイプ。)

なんか今回の文章を読み返すと何とも微妙な気分になるエントリーなのですが(楽しい内容では無いなぁ)夫が今日も夕飯を作ってくれているようでそろそろいいにおいがしてきましたので、細かい事は気にせず、匂いにつられて釣られてキッチンへ行ってこようと思います。 一日で一番好きな夕飯の時間です。
では!
スポンサーサイト



2009. 08. 29

オーストラリアの職場について

相変わらず平和な日々が続いております。 気づいたら毎日夫と同じだけの食糧を食べていて、最近ちょっと体系がおかしなことになりつつあるけど…。 
食べ過ぎだ。 幸せ太りとか言っていられないレベルに達しそうなので自らを厳しく律して…。 って一応言葉だけでも。
ベラの散歩行ってるし良いか。(って大半は夫が行ってるんだけど…)

DSCN1305.jpg


今のところ何もかも(ビザ以外)は順調に進んでおります。
仕事も問題ないかな。でも現在WHビザなので12月頭までにビザが下りないと今の仕事は辞めないといけない。そうしたらまた1から職探しになります。これが心配だった時もあったけど今は結構開き直って、もし年末までにビザがおりなくて仕事をやめなくちゃいけなくなったら、夫と一緒に仕事を辞めて数か月ベラと一緒にオーストラリアを旅行したりぶらぶらしたり学生以来のプータロー生活を満喫して見るのもありかもね、なんて話しています。 その時点でお金があるかどうかと、プータロー生活が暇すぎて働きたいって思うんじゃないだろうか、という懸念はあるけど、考えてみたら(当たり前なのかもだけど)22歳で就職して以来夏休みと冬休み以外(ってことは最長でも7日間とか)の時間を夫と二人で過ごしたことが無いので、1―2か月ずっと一緒にいるというのも面白そう♪  さぁどうなるんだろ。

           

  

仕事場の雰囲気にも慣れ、同僚も私の英語にもだいぶ慣れてきたので過ごしやすくなってきています。現在はウェブマーケティングを担当しており、既に設定済みのキャンペーンのウェブ広告が表示される回数やクリック数、実際の見積もり獲得数などを向上させる為の統計取りを行っています。 また同時に新たなマーケティング案を考えて設定の準備をしたりと私が責任を持つエリアも徐々に増えてきています。
まだまだ英語で困る事だらけですが慣れとはすばらしい笑


現在の職場は今まで私が働いたことのあるどの会社とも雰囲気が異なります。オーストラリアの会社では働いたことがないので当たり前といえば当たり前なのかもしれないけど、アメリカ資本の会社で働いていた頃と何となく同じような雰囲気なのかなと想像していました。でも実際はアメリカよりも日本の会社(それも結構昔の)に近いのでは?と思っています。 現在の職場はPresidentが居て、弁護士は数人いるけど(親族ではない)、会計はPresidentの奥さんがやっていたり、雑務をPresidentの娘がやっていたりと本当に小さい家族経営の法律事務所なので、そのせいもあるのだろうと思っていますが、結構びっくりする事があります。

まず、朝Presidentと奥さんが出勤してきたら(通常8時半から開始なのですが娘さんも含めて彼ら家族は9時過ぎに出社してきます)2人に紅茶をいれて持っていきます。 以前の会社だと女性の権利を訴える人たちが必要以上なんじゃない?と思うくらい多くてもちろん上司にお茶なんて淹れないわ、むしろ上司が部下にお茶を入れてください、という人たちばかり(笑  私は他人にお茶を容れてあげることに抵抗はないし、今も昔も同僚で疲れていそうな人がいたら「あたしお茶飲みたいんだけど、一緒に淹れてこようか?」て聞く様にしているけど、現在の上司と奥さんはそれを当たり前と思っている節がちょっとあるので、正直ちょっとそこが気になる事も多いです。 前の会社は、お茶を女性に淹れさせるなんて(後が怖いし)悪いよ~、ていう上司が多かったのでギャップに驚いている、というのが正直なところかな。

他にも、私やジュニアとして働いている子がボスに呼ばれて行ってみると、靴の修理をしているから今から取って来てだの、奥さんの為のアロマキャンドル買ってきてだの日本では考えられなかった(でも日本ではいわゆる大企業でしか働いたことないからかな。ファミリー企業はこんな感じなのかしら)出来事が満載で興味深いです。
私は特にこういう事を頼まれるのは特別嫌いな方でもないし、外出できる事も嬉しいのであまり文句は言わないのですが、最初のころ何度か同僚にはオーストラリアではこういう事は珍しくはないものなの? 私には凄く不思議な習慣なんだけど、って聞いたりしていました。

でも、こんなゆったりした雰囲気も、みんな12時になると友達がオフィスまで迎えにきて一緒にランチに行って1時半くらいに帰って来ても誰も文句を言わない所も、ボスが速いと3時半くらいに家族を引き連れて帰宅する事も、誰かの誕生日には全員でお昼ピザを食べる事も、全部日本では経験しなかった事で興味深いし楽しい習慣だと思う。こっちの人ってちょっとした事の楽しみ方が上手いなと思います。 日本みたいにきちんとしていないからこそいろんな発想があるのだろうな。 いろんな面白い事をきちんと見つけられるように毎日目をきちんと開いて生活していこうと思います。
  
             

夫も最近少しずつ就職活動を始めつつあります。 日本では忙しくしていた人なのでもう少しゆっくりしたら、と毎日言い続けていますが本人は何かを始めたいみたい。大好きなゴルフも、フットサルや野球などの運動もしていない状態なので暇なのかな。 私としては仕事を終えて家に帰ってくると御飯ができていて洗濯物も綺麗に畳んである状態、結構好きだったんだけどなぁ笑 夫も働き始めたら私もまた家事しなきゃなぁ笑


こちらも9月1日から春です。アデレードはまだまだ寒い日が続いているけど昼間は春の気配を感じる事もたまに有ってワクワクします。毎日が新しい事の連続で、どんなことでも出来る白紙の状態だから楽しいです。暖かくなるの楽しみだな♪

2009. 08. 22

最近の食生活

デブへの最短距離を全速力で走っております、さちです。こんにちは。
ここ1週間ほど夫と二人で暇さえあれば料理してます。 暇さえあれば、というか暇ばかりなので常に料理してる状態で。


常日頃お邪魔しているブログの皆さんに影響されてうどんを作りたくなって(でも大変そうなので夫に作ってもらいました)そのままキムチ鍋にしてみたり焼きうどんにしてみたり。すっごい手作りのうどんがおいしくてびっくりしました。 すごくコシが有ってお鍋に入れて茹でてもトロトロになりません。またぜひ食べたいので夫の機嫌を見ながらお願いしてみます。力仕事なのでやっぱり自分でするには…と思ってしまう怠け者でございますとも。

うどん

キムチ鍋





後はレバーを買ってきてパテにしてみたり

朝ごはん



マフィンを作ってみたり
マフィン

(写真はカボチャマフィン。そのほかにもイチゴマフィンやバナナマフィンを作りました)。 もともと凄く小麦粉製品が好きなわたし。 やはり小麦粉が好きみたい。 美味しいし楽しい。マフィンって本当即できるし簡単だしレシピ通りに作ればお菓子作りが相当苦手な私でも失敗ないし材料は安いし、といいことだらけ。しばらくマフィン作りの日々は続きそうです。

体重計には乗っていません。
日本に居た時はデカイと言われることは有っても小さいと言われたことは皆無の私とカズ。こちらでは小さい、細いを通り越してこの前Tinyと言われました。まだまだ太れる余地がありそう。
このまま太ったら日本には帰国いたしません。 このままドロンしてこちらで生活し現地に馴染みますのでよろしく。。。



2009. 08. 15

夫のアデレード1週間目

夫が来てから家に帰って来てPCを開くのもメールを見るのも面倒だと思ってしまう怠惰な日々が続いています。 夫もついて1週間経ち落ち着いてきました。まだ1週間なのに色々な事を纏めてやったので何から書いていいのやら…。 すでにまとまりのない文章になる予感がします。


FC.jpg

最初の週末、月曜日に有給を貰い3連休にして以前Trancosoさんにお勧めいただいた観光ルートで1日観光をしてきました。 
Strathalbyn経由でGoolwa Beachでベラの散歩をして、近くのビーチでクジラを見ました。(遠くてよく分からなかったけどあれは確実にクジラ。サーフィンをしてた人たちが一斉に止まって動かなくなったと思ったら沖合にクジラが来ていました) そして昼ころにPort Eliotに行きFish & Chipsのお店を探しましたが見つけられず、そのまま雑貨屋さんを巡りチキンパイを買ってクランベリー入りのホワイトチョコを買って(食べ物ばっかり)Victor Harbourにむかいました。 Victor HarbourでFish & Chipsを食べました。 夫が来てからなんか食べる量が激増。この1週間で確実に太りました(泣
こっちは会う人達が温かくて時間がゆっくり過ぎてとても平和だと思います。楽観的な考え方やコメントをする人が多いしちょっとした観光でも日本だと人が多かったりセカセカしてる感がちょっとあったりするけどこちらではゆっくりと気の向くままにやりたい放題の観光をしている感じで楽しかったです。

Goolwa Beachでは人もほとんど居ない果てしないビーチだったのでベラのリードを放して自由に散歩をしたのですが、はしゃぐはしゃぐ笑 本当に楽しそうでした。海の水の中に入っちゃったりもうドロドロでしたがあんなにはしゃいだベラは久しぶりに見ました。カズと追いかけっこをしたり猛烈ダッシュをしたり。微笑ましい光景でした。
goolwa beach


その日の帰り、まっすぐ帰るのもちょっと寂しくてGlenelgによって夕飯を食べました。 ちょっとお洒落なレストランでお腹いっぱいになりました。 夫の退職祝とオーストラリア生活の始まりの記念ディナーと勝手に言い訳を考えてちょっと奮発して。海の近くのレストランでゆったりとした時間でした。  Glenelgも素敵な場所でした。
duck.jpg

fish.jpg
       ん?お魚だけ小さい??


pudding.jpg






その次の火曜日。今務めている会社のウェブのリニューアルも担当しているのですが職員全員の写真撮影をしました。 職員が全員写真の中に入るので夫に職場に来てもらい写真を撮ってもらいました。 正味2時間強。 かなり長丁場の写真撮影になりましたが(全体写真、弁護士のみの写真、弁護士個人写真などを撮影)とても綺麗に取れました。ウェブが完成するまでにはまだまだ時間がかかりそうだけど私も写真に写りましたので出来上がりが楽しみ。会社のウェブに社員一人一人が名前とメールアドレス等々と一緒に載るのは日本では珍しいのでは。 こちらでは普通のようです。いい経験です。ボスは本当にいいのかなとこっちが不安になるくらい私に好きなように動かせてくれるのでウェブも私のイメージ通りにできそうで楽しみです。(って、でもそういえば色のセンスたまにとっても悪いんだよね私…汗) 
IMG_7774.jpg


そんなこんなでもう1週間が終わり、纏まりのない文章になりました。やっぱり日々アップデートしないとだめだな笑  いろんな写真のオンパレードなだけだな笑 

セントラルマーケットにも何度か夫と足を運び今日はちょっと奮発してお父さんの得意メニューだったマグロ丼を作りました。 お腹いっぱいだぁ。 眠い…。
食っちゃ寝の生活はしばらく続きそうです。 まずいなー 確実に太っちゃうなぁ…。
IMG_1962.jpg

2009. 08. 06

ビザ進捗

とうとう明日、夫が到着することになりました。
日本にまだ一緒に住んでいた頃は2か月半離れるなんて絶対無理だって思っていたけど過ぎて見れば結構あっというまだったかも。(なんでも過ぎちゃえばあっという間だけど)何も分からない状態だった事もあって毎日何とか過ごしているうちに2か月半が過ぎたんだろうな。でも何とか乗り切れたのも永住の先輩方の優しいサポートや職場で良い人たちに巡り合えたこと、そして日本からの母と妹、友達、そして何より夫の優しい気遣いを頂いたからに他ならないと思います。ありがとうございます。

夫が到着した後も1か月半は現在のシェア住まいが続くのですぐに二人だけの生活というわけにはいきませんが、張り詰めていた気持ちが既に緩んでホッとしています。(ってまだ到着してないけど) 夫が居るって本当に良いものだってつくづく思います。運命共同体というか、自分と同じだけ真剣に物事を受け止めてくれる相手がいるという事だけで安心です。本当にありがたい存在です。やっとこれから本番です。どんな生活になるのか楽しみです。 不安は全然ないな、どうやら楽しみだけしかないみたい。

不安はない。

けど、気になってる事、は、ビザの事。
去年の10月4日にSRSを申請してから何の音沙汰もない。6月上旬から今の職場で働いているので12月上旬までSRSビザが下りなければ辞めなくてはいけないのでちょっと焦って来ています。ネットを通じてPost Lodgment Enquiryを送ってみたり職場の上司に移民局に手紙を書いてもらったりしていますが、Authorized agentではないので回答できない、という連絡が来たのみ(私は本人なのに回答はもらえないみたい)。エージェントには過去にPost Lodgment Enquiryを送ってほしいと頼んで冷たい回答を貰い喧嘩した経緯があるのですが、また再度しつこく依頼をしています。今回も返事が来ない。こりゃまた喧嘩かな。 日本のビザエージェントなのですが対応には本当に不満があります。 でも今回は本当、せっかく雇ってもらえたし、今の職場は気に入っているのでやめなければいけない事になってしまったらとても残念。喧嘩してもしつこくエージェントにお願いし続けようと思います(苦笑

まさか今のワーキングホリデービザが切れるまで来年の5月までSRSが下りないなんてことはないと思うけど…。はぁ、遅すぎ。何もできず待っているのは本当、皆さん通る道なのだと分かっているけれど何ともモドカシイです。

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク