FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2011. 05. 26

日本が(恐らく)ハーグ条約に加盟

いま、菅首相がG8サミットの為にフランスに行っていますけど



あ、フランスともG8とも全く関係ないんですけど、菅首相↓



5080485_m.jpg


最近見たのですけど、日本ではこういう感じなんですか? こんなん流行ってるんですか?
かなりニヤけたのですけれども、あたし。

え、なに? ブリティッシュ英語? みたいな。 

イエス ウィー カン

って!
でもさ、なんかアメリカの影がチラついてちょっと、日本の首相のT-シャツとしてはどうなのよ、って思うのは考えすぎでしょうか。ま、面白ければいいのか。 どちらにしても私は着ない。 うん。 自分のお腹に菅首相の顔写真を貼るほどまでは崇拝してないw




って、初っ端から話がずれましたけど、


菅首相がフランスに行った際に核の話のほかにハーグ条約も締結する方向で話を進めてくる予定です、ってあのNHKの夜7時のお兄さんが言っていました。 (っていうかあのお兄さん、顔はイマイチだけど本当に良い声ですよね。って、まぁアタシも顔についてはどうこう人の事言えるアレでもないんですけどね、まぁ自分の顔は自分では見えないっていうか、ねぇ)日本議会でもハーグ条約に加盟する事が可決していて次の国会で決定される予定だそうで。


ハーグ条約では子供誘拐を防ぐ為の国際条約で国際結婚した夫婦が離婚した際に片親だけの判断で勝手に子供を連れてその国を出る事は出来ない(もしくは第三者が親権保持者に無断で子供を連れ出す事はできない)と規程されている。万が一勝手に子供を連れて出国した際は誘拐犯として国際手配されて、ハーグ加盟国に入国した際に、強制逆送還(元々住んでいた国に)される。

日本はまだハーグ条約に加盟していないので、ハーグ条約に加盟している国出身の外国人と結婚し外国で暮らしていた妻が離婚して日本に子供を連れてこっそり帰ってきた場合でも、日本の裁判所と法律に基づいて離婚が出来るし親権についても日本で決定される事になる。 日本がハーグ条約に加盟していないが為に、外国にいる外国人親は日本人の元妻/夫に勝手に子供を連れて日本に戻られちゃった場合にも日本に居る妻と子供は日本の法律に守られて居て連れ戻せず泣き寝入りになっちゃう場合が多い、と。


でも逆に、日本で外国籍の人と結婚し生活している人にとっては、離婚後も相手に勝手に子供を連れて出国されない、(されてもつれ戻せる)という保証になるので締結は利益だとは思うのだけど。

元夫/妻が離婚後にある日いきなり子供を連れて消えてしまわない、って意味で、すっごい意味のある条約だと思うのだけど、、、 だけどさ、なんとなくシックリこないのです。 どうなんでしょ、これって。





確かにハーグ条約が有る事で、子供が両親と一緒に居たい、今まで育った国(日本以外)に居たい、という希望の場合は、日本人親に、たとえば、彼女/彼一人で日本以外で生活していくのが難しいからという理由などで日本に連れて帰られちゃうっていう事は防げるわけだし、子供の利益には沿っているって思う。 いくらなんでもそれって子供の人権も意見も無視だし親が勝手すぎる、って思う。(まぁでも生きていくため、とか子供に良い生活をさせてあげたいから、とかって言う理由も分かるのだけど)


でもさ、(子供を連れて帰っちゃうのは母親側が圧倒的に多くて全体の68%、父親側が子供を連れて国外に出ちゃうのは29%だそう)なので女性側の行動を規制する色の強い条約って事を考えて言うなら、例えばさ、日本人女性が結婚したハーグ加盟国出身の男性が、DVをする男性の場合、とか、娘に性的暴行をする父親、とかだった場合にもハーグ条約が適応されて、子供は父親の許可なく国を出たらいけない事になっちゃう。


ウィキによると

「子を肉体的精神的な危害にさらす」または「子を耐え難い状況に置く」重大な危険がある(本条約13条b)
子が返還に反対の意思を示し、子の意見を聞くだけの年齢に達している(本条約13条2項)

場合は適応されない場合もあるみたいだけど、

「子を耐え難い状況に置く」という特例は幅広い解釈が可能であるが、「子の利益に反する」より限定された極端な場合にしか適用することはできない。
子の意思に関して、何歳から子の意見を聞くべきかについては、条約起草段階でも議論されたが結論が出ず、個別の事案について判断することとされた。 ただし、アメリカでは、「子の意見を聞くことは、子の心に負担をかける。親のうち一方を選び他方を捨てる判断を子にさせるべきではない。」との意見から、子は自分の意見を返還裁判で言うことすら許されない運用をされる場合がある

って事は相当極端な例にしか適応されなくて、16歳までは子供の所在は親が決める事が出来るってことだと思うのだけど、(普通の、問題の無い家庭ならそれもありかもしれないけれど。)でもさ例えば暴力等の問題のある家庭でも相当極端な例以外は16歳までの子供は両親の許可が無いと何処にも行けないわけで。 

暴力父親/母親を恐れながら暮らすよりも、いっそ違う国(父親/母親の出身国)に行って暮したほうが何の心配も無く安全に暮らせるという事もあるかもしれないのに。だってこれだと気弱で何も言えない子供とか父親/母親を恐れていて話しだせない子供を保護出来ない可能性が有るってことでしょ?? 勿論、社会福祉とか周りの大人とかが気付いてあげられて保護してもらえる事も多いとも思うけど。

「子の意見を聞くことは、子の心に負担をかける。親のうち一方を選び他方を捨てる判断を子にさせるべきではない。」のなら、両方の近くに居ると言う選択肢を、片親だけと居るという選択と共に提示して子供に希望位はせめて聞いたらどうなの?って思うのだけど。 

例えばオーストラリアでは離婚した後は、相当特別な理由が無い限り、というか、私が知る限り全て、子供は両親と時間を過ごすことになる気がするけど子供の意見は聞いて居るのかしら。例えば月曜、水曜、金曜は父親、火曜、木曜、土曜は母親、第一と第三日曜は父親、第二と第四日曜は母親と過ごす、とか(もしくは奇数月の第一と二週目は父親、第三と第四週目は母親)とか、色々と決め方はあるけれど両親と過ごす時間を取るようになるケースが多いみたい。


「ハーグ条約って子供の利益は考慮に入れない」、とされている事ってすっごい問題だと思うのです。
「子の利益は曖昧な概念で法的判断に適さないこと」および、「連れ去られた先の裁判所が子の利益を判断すると、その国の文化的、社会的価値観を反映した子の利益になり、連れ去られた元の国の価値観と会わない」ってことが理由の様なんですけど(ウィキより)、、、でも考慮しないって、怖いよなぁ。 元の国の価値観に合わせて判断する、って事なんだけどさ、子供に親を選ぶ権利を与えない場合、母親が知らないうちに娘が父親から性的暴行を受けていた、とかいう場合、子供を父親から守る事が凄く難しくなるっておもう。 確かに居住地の法律が自分の国籍を置く国の法律より優先する、という考えは理解できるんですけど、、、でもさこの場合、子供の意見位はせめて聞いてみてもどうなのよ。自分の生活の事、自分の親の事について16歳以下の子供には発言の権利さえないって、、どうなのよ。



そこまで極端な例でないとしてもハーグに加盟する事で子供の権利をだいぶ制限する可能性がでてくる。 例えば15歳で子供が母親が育った国を見てみたいから留学をしたい、って希望したとしても、父親が反対すればパスポートさえ取れないわけで。 旅行さえもできないかもしれないわけで。

日本では転居の自由は保証されているけど、ハーグ条約に加盟したら自分の意志だけでは転居できなくなったり裁判所にパスポートを差し押さえられたりする場合もあるらしいし、引っ越しをする際に国家の許可(裁判所とか)を取らなくちゃいけなくなったらもう子供が居る状態で離婚したら転居の自由は無くなるってことだよな。 そんな法律ってどうなんだろ。

それに、例えばオーストラリアでDe Factoビザ(オーストラリア国籍や永住権保持者と1年以上交際し住居をともにし、経済面で相互依存が有る場合(銀行口座が1つで二人の名義の場合など)は、オーストラリア人と同等の権利(裁判権は無い)が与えられて交際が続く限りオーストラリアに滞在することが出来る)を取得し、滞在中に子供が生まれた場合。 その後その二人が別れた場合、De Factoビザが失効しオーストラリア国籍ではない元De Factoビザ保持者はビザが無くなり出国が余儀なくされる。 って、これ、どうなのよ。 事実上オーストラリア人優先の法律じゃないの??? オーストラリア国籍ではない人の人権は? 子供の人権は??




うちの事務所にもよく

「子供に世界を見せてあげたいので海外旅行に連れて行きたいが元妻が許可しない」

とか

「子供と旅行に行きたいのに元夫に子供のパスポートを取り上げられた。」とか

国内旅行さえも元夫/妻が許可しないといけない、とかっていう相談が来る。 オーストラリアでは(というかきっとハーグ加盟国では)子供がいる夫婦は離婚しても一生深くかかわって生きていかなくちゃいけないってことだよね。 もし相手が凄く自分を憎んでいたら、とか凄い性格が悪かったら、とかした場合、意地悪をしようと思えばどれだけでも出来ちゃうわけで。(っていうか意地悪のレベルじゃなくて人権問題に近い気もするけど)

外国人と結婚しても、自分の国籍のある国で暮らしている限りは守られているって言う事だと思うけれど、外国人と結婚して、その人の国に行って暮す場合には不利になる法律だと思うのです。難しいな、確かに居住地の法律が優先されるのは分かるけど、居住地に国籍を置く人に優先的な条約で、外国人には不利な感じで個人的にはちょっと平等ではない恐ろし条約だな、と思うのです。

オーストラリアで暮らしている外国人の私。 結婚している夫も日本人なのでハーグ条約自体は私達には関係ないけれどなんかこういう条約とかってなんか私達のような外国人を不利にしている感じがしてなんとなく怖いのです。







スポンサーサイト



2011. 05. 22

Pirates of Caribbean - On Stranger Tides

そういえば、カリブの海賊、、、ええと、なんだっけ、あ、パイレーツ オブ カリビアンの最新作見てきましった。 


Pirates_of_the_Caribbean_On_Stranger_Tides-535x401.jpg




無料でーーー♪


カズの会社の労働組合、相当しっかりしていて、色々と組合員へのサービスも豊富でして。アデレード動物園の無料入場券とか、映画の無料チケットとか(しかも一般公開前に)とか相当お世話になってまっす。 なにかイベントが企画されるとネットに予告されると同時に各社員の家にイベント予告の手紙が届きます。 で、ネットから予約可能。 今回は色々と映画の種類も選べて、どこの映画館で見たいか、何時から見たいか、なども選べて嬉しーー。 こういうのが有ると、やっぱり大きい会社って良いなぁーって思います。

お給料とか福利厚生とかその他労働条件とかきっちり第三者オンブズマン機関にチェックされているし、会社自体も社員のために無料のマッサージ施設を会社内に作ったりトレーニングを定期的に行ったり、勿論社員のアルコール&ドラッグテストもあったりと本当にきっちり管理されている感じ。

自分でもネットでお給料やスーパー(年金みたいなもの)も見られるし次の昇給予定日と予定金額も見えたりする。 やっぱり良いわーー。


私の勤めている事務所は、個人経営の小さな法律事務所で、オーナー弁護士のある意味やりたい放題。 給料や昇給含めてオーナー弁護士の気分次第だし、お互いに納得した金額だとしても「お金が今は無い」っていう理由で昇給時期が普通に1カ月遅れたりする。 でもオーナー弁護士の奥さんは会社の口座から色々と出費しちゃったり。 なんか特にお金関係に納得がいかない事が多いのです。 

弁護士事務所でこれなんだもんなーーーー。 小さいファミリー企業こわっっ。 (いや、勿論ファミリー企業でもきちんとしているところはいっぱいあると思うのですけどさっ。)

カズが今の会社に勤め始めてからいたるところで差が見えて来たよ。 やっぱりお給料とか福利厚生部門で理不尽さは無い会社がいい…。 まぁ私の英語力や能力などを考えますとあまり贅沢も言えないっちゃー言えないんだけどさ(不貞腐れ



まぁ愚痴満載になるので、また今度。





それにしても、これもまた面白かったー♪
なんとなくさ、1作目が面白い映画って2作目以降がもう飽きたよ、っていう状態だったり、どうも・・・なんか・・・っていう作品が多いきがするんだけどこの映画は4作目もまた面白かったですー。 映画自体が面白いのもさることながら、アメリカのときもそうだったけど海外の映画館で映画を見る際に面白いのは、お客さんの反応。

めっちゃ大声で笑うし、びっくりするシーンではポップコーンばら蒔くし、びっくりして前の人の椅子にぶつかっちゃったり。 (オーストラリアの映画館のほうがアメリカの私が居た場所の映画館よりはおとなしい、、というか上品、、な気もするけど笑) 


実は私とカズ、まだこの映画の3話目を見てないの。 なのでちょっと2話目からつながらない部分もあるんですけど急きょ映画を観る前に同僚に3話目の内容を大まかに聞いて知っておいてから見た。 

それでも一部は3話目見てないから分からなかったけどーーー、、なにより、エリザベスとウィルターナーはいずこへ???? って状態だったよー。 さっそく3話借りてきて見なくちゃっっ。

ディズニーの映画ってグロい事がほとんど無いし、(全く無いのかな?)映像も凄く綺麗。 個人的にはディズニーアニメ関係の映画はあまり好きでは無いので見ないのだけどパイレーツオブカリビアンは面白い♪ この映画も例にもれず誰かが死ぬシーンは音だけだったりしてグロくなく、宮廷のなかの映像や海の映像、森の映像とかもうメッチャ綺麗。音楽も良かったし、至る所にちりばめられたギャグも良い感じですっごく楽しめました♪♪



あ、ちなみにオーストラリアの映画館って入場料、うちの近くのシネマは一人18ドル。
そしてポップコーンとジュースが高いのさ。 でっかいけど。 二人で20ドル超え・・・。 日本だとレイトショーとかで安くなったりしていたんだけどなぁ。 アメリカで学生料金だと5ドルとかだったような。 日本も普通に買ったらこれくらいの値段なのかな? 私達ほとんどレイトショーで安く見ていたから普通の値段を覚えていない笑


それにしても久しぶりに映画をみました。
いやぁ面白かったっっ。 笑ったわーーー。





2011. 05. 21

小町と縄。

最近、家庭内ストーカー被害が続出していて困ってます。

きっかけは少し前の日本帰国の際にペットホテルに預けて行ったベラと小町のために買っておいた縄。よくベラと小町がお互いに同じ縄を咥えてひっぱりあって遊んでいるんですけど、この縄がどうやら妙に小町の気に入ってしまいまして。


朝起きてまだボンヤリ寝ボケ状態で、急に起きると立ちくらみを起こすのでとりあえずベッドの端に座って立ち上がる準備、、をしている私の前で尻尾をブンブン振りながら縄を加えてキラキラした目して立ってる小町。 で、私の前にポトッと縄を落とすわけでして。 

さすがにちょっと縄を投げてあげる気力は、朝イチ、しかも起きたての私には無いわけでして。



で、無視してトイレに行ったりバスルームに行ったりするんですけど、トイレから出た瞬間に、トイレのドアの真ん前で待っている小町、尻尾をブンブンふって咥えていた縄をポトッって落として目をキラキラさせてお座り。お手の要求とかしていないのに、たまに自らエアお手、してみたり。


…で、またしても私は無視して、バスルームに入っていくと、トイレ前に落とした縄を再度咥えてバスルームまでついてきて、尻尾をブンブン振って咥えていた縄をポトッって私の真ん前にキラキラ目で落とす。。。 無視すると、その場で再度縄を咥え直して、あら、見えてなかったのかしら、みたいな感じで私の足に落ちるようにナワを落とす。




ってあなた、どんだけ投げてほしいんですか。





今日は一日中ダラダラしていたし、しかも昼寝もしたので元気だったにも関わらず4時起きで仕事に行ったカズと一緒に10時前に消灯。。。したら、12時前に目が覚めて眠れなくなったので起き上ってブログを書き始めた私、


に、何故か起きて縄を咥えてついてきた小町。
とりあえず起きている間は全力で縄と遊ぶ事をモットーとしているようでして、彼女ったら。


で、既に3度ほど縄を足に落とされました。
いやいやいやいや。

どんだけ好きなんですか。
そして私ったらどれだけ縄を咥えた犬に追いかけられている生活なんですか。



んで、無視し続けたら、私の足元で縄を加えながらいびきかいて寝始めてますけど小町さん。





私もここまで夢中になれるもの、ほしいでっす。













2011. 05. 17

日豪女性の平均体系

ええと、

注意)当内容はすべて筆者の独断と偏見に満ち溢れた観察に基づいたものであり、一切の根拠もデータにも何に基づいておりません(苦笑

いや、ね、オーストラリア人女性の平均体重とかウエストサイズとかについての私の周りにいるオーストラリア人女性のみに限ったメッチャ狭い範囲での観察結果でして、真偽はもとよりなんか話題が話題だけに女性にとっては若干センシティブな話題になりえる可能性もあって・・・。 人の体重とかウエストサイズとかを話題にするなんて悪趣味な、、、という方、今回はここにて失礼いたしまっす。




いや、ね。いわゆる“平均的な体系”の女性の体重とかウエストサイズとかの話なんですけどね、なんか個人的には、文化とか人種の違いが面白くて話題にしてみたのです。






私の知り合いのオーストラリア人の女性。
なんというか体系的な意味で私と社会的位置が一緒くらいなのかも、と思う事が結構あるのさ。ええと、小さいころから今日まで、「メッチャ太ってるよね」と言われた事はないけれど、痩せているね、っていうタイプでもないし、スタイルがめちゃめちゃ良くも無い、いや、っていうかむしろどちらかと言うとガッチリしたゴツイ体系というか。 (あぁ書いていて既に泣きそうになってきた)。 勿論、年頃の女子にたいして「ゴツイよね」っていうような不届きものはあまりいないので、私が私自身にたいして思う事であります、あ、きっとそのオーストラリア人の子は自分がゴツイとは思っていないと思うけれど。あくまでも日本人の感覚でみると、というか。
 

いや、ね、私達だって時として心やさしい大英(豪?)帝国紳士や、大日本帝国紳士に「やせてるよね」とお世辞ばればれであっても言ってもらった経験はあっても、女子はだれも、間違っても「あなたみたいな体系になりたい」とは言ってくれない、みたいな。

要するに、若干ガッチリ、っていうか、ぽっちゃり、っていうか、まぁそういう体系ですよ、えぇ(若干半ギレ)。 あ、ちなみに、身長もどちらかというと高いけど私よりも背が高い人はいるし、という位置。 






・・・って、ここまで書いて、なんか私、いまから自分が書こうとしている事は実はすっごい失礼なことなのかも??? って改めて心配になって来た。  いや、要するに、社会的に同じような体系として見られている私とその子なんだけど、日本とオーストラリア、、、というよりは、もしかしたらアジア人と白人、の違いかもしれないけど、数値に大きな隔たりがあるんだ、ってことなんだけど。


あれですよ、何度もいうとなんかだんだん嘘っぽくなっちゃうんですけど、決して私が細いとか軽いとか言ってるわけじゃなくて、、、いや、間違っても、私、慎に残念極まりないながらも軽くも細くも無いわけなんです実際のところ。 どちらかというと私達二人とも物心ついて以来ずっと万年ダイエットしているタイプなんですよ。杖に身体のどこかが気になって、もっとここを痩せたいよね、って思ってるタイプというか。

でもお互い甘いものが大好きで、毎日いろいろ食べちゃっては「あーーーまたやっちゃったよーーっ」って頭抱えているタイプっていうところまで似ていて。



それでも私もその子も美容とかダイエットとかに興味があるので結構そういう話をするのだけど、そういう話の際に結構お互いの体重やらウエストサイズやらをあけっぴろげに言ったりするのよ。 で、そのサイズ差におどろく、というか。




たとえばね、


身長:
  私 165cm、 その子 173cm
体重:
  私 52kgs、 その子 70kgs



っていう時点でびっくりしたのよ。
いや、なんかさ、アジア人の感覚だと70kgsっていうと、男性の体重、って言う感覚しかなかったのよ。 なんか私が持っていたアジア人の女性の体重って、私の身長で40kgs台だとスタイル良い、50kgs台だと仲間、60kgs台だとちょっとぽっちゃりね。っていう感覚だったのよ。 

この数値を聞いた時、その場には他のオージー女性もいたんだけど、その子も、あぁ、思いっきり平均ね、あなた、見たいなコメントをしていて。

あぁ、これがオーストラリア人女性の平均なんだなーって(もしくは白人女性の平均?)思った瞬間で。 もしかしたらオーストラリア来て以来、イチニを争うカルチャーショックだったかも。すっごい興味深かった瞬間。ほんと、目からうろこっていうか。



いままでオーストラリア人に、サチは細いわよ、って言われても「あぁ、はいはい、お世辞ありがとう」としか思わなかったけど、こうやって数値で言われると、あ、そうか、この国で私がダイエットしなきゃって言ったら、変な眼で見られるんだ、もしくは嫌味にさえもなりえるんだ。ってようやく納得した、というか。




ちなみにね、

ウエスト: 
  私 64cm、 その子 86cm



な、わけですよ。
いや、何度も言うけどその子、全然太っていないのよ、本当に本当に平均、って感じなの。 勿論お腹が出ている、って言う感じでもないし、この数値聞くまで、正直私とその子って体重とかウエストサイズとかにこんなに差が有るなんて思わなかったの。 見た目じゃ二人とも同じくらいに見えると思うんだけど。二人とも平均サイズ。


私も日本にいるときに健康診断とかでも、すべて平均です、って言われるタイプで。 でもね数値でみると東西洋の違いってでっかいよ!! びっくりした。



あぁ、ちなみに足のサイズ
  私 23.5cm、 その子27cm


道理で私サイズの靴があまり無いはずだわ。。 一番売れているサイズではなくて、もともとあまり製造されないサイズ、、なのかも。。




というわけで、この体重とウエストサイズの差を通しまして、
海外では日本の常識は通用しない、って分かっていても、自分がまだまだ日本の感覚に縛られていることを実感したわけなのでした。はい。





でもさ、数値が大きくても白人さんも黒人さんも、あ、中東系の人も、胸、ウエスト、お尻のサイズ差が有って形が凄くきれいなの。 羨ましい、って思うわー。 たまにビルに写っている自分の姿を見て私の体ってすっごい平坦だなぁって思ったりする。 

凹凸ほしい。。

カモーン凹凸。。


そういえば大学の心理学の授業で、男性は本能的に女性のスリーサイズのサイズ差に惹かれる。 実際の数値はさほど関係なく胸とお尻と、ウエストの差が有る女性に惹かれるように脳がプログラミングされている。って習ったけど、凄い納得。 むしろ女の私から見ても綺麗だなー羨ましい、って毎日思うわーー。



まぁ、この骨格に生まれてしまったからには、この骨格で一生生きていくんですけどさ、せめてもうちょい私も運動して寸胴を抜け出したい・・・  




っていうか、ウエストを減らす意外、胸、お尻と、ウエストの差を広げる方法がない・・・ 胸、もう31歳になっちゃったし、これ以上成長しないかと思われるので。あぁ(泣  せめて胸が大きければウェストもうちょっと大きくなってもバランス良いはずなのにぃぃぃ。




でもきっと明日も、予想外の色々を食べちゃったりして、その子と一緒に「あぁ、アタシったらまたマフィンを・・・」とか言っているんだろうなぁ。 

2011. 05. 14

夫誕生日、フルコースなり。

盛りだくさんの一日でございやした。
本日かずさんの誕生日。コーディネーター役の妻、久しぶりに頑張りました。





どれくらい頑張ったかって、

これ。



P1010516.jpg


あっは、タッパーに入ったままですけど、これ、誕生日イブケーキ。 1日前からケーキを買っちゃうくらいの頑張りぶりで。 
(てか、あたしが食べたかった)


いや、しかーし、ここのケーキ美味しいです。なんかオーストラリアとかアメリカとか海外のケーキって重くて甘くて大味で…と思いきや、ここのケーキ上品で美味しいです。 って、まぁ正直なところ私の舌では対して違いなんて分かるものでもないのだけどさ。 それでもそれでも!!しかし、美味しいよー 可愛いし♪ あ、しかも売り子のお姉さん美人だし。(でも愛想は悪い。でも美人はそれでよし。)








誕生日の当日も、ちゃんと早く起きてーーーカズのリクエストどうりフレンチトーストとチーズオムレツとサラダの朝ごはん作ったしー、日本で共働きでバブってた時よりもすっごいプレゼントも買ったしー (いや、あ、うん、いまも共働きだけどさ、バブってないww)


ね。


P1010578.jpg


で、これで今使っているPCは私の物ーー。ムフフ。


いや、本当はiPadを…って思っていたのだけど昔、これの1個前バージョンのマックブックを持っていた夫。なんか、懐かしい…(涙 とか言って見てるからつい。甘やかしてしまったのだ。 

(でも私の誕生日は夫よりも後。 ってことも当然考慮に入ったうえでの行動である)


勉強やら色々で私も自分のPCが有ったら良いし、夫も最近写真が趣味になっているのでマックブックが有れば色々と便利の様。ってことでお互いの利益が一致してみました。こういう私もおこぼれ利益が貰えるプレゼントなら若干高くてもOK--♪






んでもってーーー


さらにーーー



私の同僚おすすめの、Visible Changes に事前予告なくいきなり夫を送り込み、60分のマッサージ。夫は何が起こっているのか分からないうちに、私は受付にいた愛想の良いお姉さんに、誕生日なんでよろしくねー と言い残して去ってみた。 近頃体力勝負が多い夫。若干疲れてたようなんで、そこは、妻として、優しさを持って、とか言いつつ、ここ、良いお店か試してもらって、良かったらアタシも行く。 って思ってた事は内緒である。

いや、さ、うちの弁護士事務所に、マッサージを受けて以来体がおかしい、とかいうクライアントが結構来たりするのでオーストラリアでマッサージって怖いっ と思ってたけど、夫曰く、




ここサイコーーー。

皆にお勧め出来るー いやマジでヤバイ。






だ、そうです。
そういえば日本に居る時は期末が終わるたびに夫と二人でマッサージ行ってたなぁ。オーストラリアに来てからは行った事無かった事をふと思い出し。 ここは値段もそんなに高くないし(日本と同じくらいかそれよりちょっと安い位の値段)で、しかも上手なら。。。そして実験台で良い結果が出たので妻も行ってみようかと笑



でもね、1個ちょっと気になる事が。


マッサージされるときパンツ1枚だそうで。「よかったー いけてるパンツはいててーーーww」って何度もいってましたけど、カズ。 あんた・・・ 毎日いけてるパンツ履いてください、頼むから。


タオルとかも掛けてくれずパンツ一丁、みたいな感じでマッサージって。。まさか女性にはタオル位掛けてくれたり・・・するよね? それだけが気になってますけど。

同僚に聞いてみよっと。 まさかパンツ一丁マッサージはちょっと受けられそうにないかも、まだ、アタシ。オージーくらいおっぱい有ればそれもそれでアリかもしれないけど・・・ いや、頼む、あたしだけにはせめてタオルを・・もしくはプッシュアップブラを笑 

あ、いや、いいや。なんでもない。











んでもってーーー

さらにさらにーー





夕飯はインターコンチネンタルの日本食:四季行ってみましたけど。 

オーストラリアに来て以来かなり地味にすごしていたので、この辺から、若干「あ。バブりすぎ? もしかして? やりすぎてるでしょ?」て弱気になりつつある31歳妻。 

いや、アメニモマケズ、カゼニモマケズ、散財にも食べ過ぎにも負けず、これくらいお金を使える夫婦に私達はなりたい。 

まぁ、アタシも美味しいご飯食べられるし♪ってことで強行突破。






あ、ええと、四季ね、四季。

入口は
P1010540.jpg

こんな感じで、偽囲炉裏があったり、石畳?になっていたり日本っぽい造りになってまして、中に入ると


P1010524.jpg

中央に鉄板があって、そこで料理人たちが鉄板焼き。 お肉を焼いたり色々焼いたり、お酒を掛けてファイヤーしてたり、パフォーマンス兼料理、みたいな。 

意外だったのは来ている人達が結構きちんとした格好をしていた事。 カズなんてTシャツですけど?? でも私がちょっと綺麗な格好していたので自らそれでOKとしてみた。 

ちょっと薄暗めの店内でろうそくが灯っていたり、アデレードを流れる川やその向こうにライトアップされた教会が見える良い位置の窓際の席でした。 店内も綺麗で、雰囲気もいい、


っとくれば、お料理価格は結構高めで軽ーく行ける感じではありませんでしたけど1年に1回位はねっこれくらい散財できちゃうような

そういう夫婦にワタシタチハナリタイ






あ、何が凄いって、

P1010519.jpg

びっくり、おしぼりがでてきたのーー。

しかも、手を拭いた直後に回収ww  回収めっちゃ速い。手を拭いてる間、あんた、私の後ろに立って待ってたでしょ? 位の速さで回収(笑



と、思ったら別のおしぼりを出してくれた。 メッチャ温かいし、変なにおいはしないしww。 オーストラリアでおしぼりを見るとは。感動。


まぁ、2回目のおしぼりの回収も比較的早くて(笑 カズなんて2個目のおしぼり使わないうちに回収されてたけどね(笑





で、おしぼりを使った後は食事なわけで、私とカズはコース料理を選んでみました。 ええと、なんだっけな、「日の出」っていうメデタイ感じのコース。 若干暗いので写真が悪めだけど



まず、カツオの煮物

・・・は、写真が暗すぎてなんか真黒な塊が有るだけにしか見えないからww写真割愛(笑





で、次。

P1010527.jpg

カニサラダ。 
なんかこういう日本でも有りそうなレタスベースのサラダと、和風ドレッシング、みたいな味なつかしーー 美味しかった♪


で、

P1010528.jpg

エビのてんぷら。
うん、メニューを見たときに想像した海老の天ぷらとは違ったけど、これも美味しかった。っていうか、コース料理すべてが美味しかった。 てんぷらもやけどするか? 吐き出すかも? くらい熱い状態で出てきたし幸せ♪


で、

P1010530.jpg

どこかアデレード近海で取れた白身魚とホタテ。


でしょーー 

んで、

P1010533.jpg

和牛ステーキとグリル野菜
和牛うまーーー。

ちゃんと焼き加減も事前に聞いてくれてその通りに(って、当たり前か?)で、お肉のタレも出てきて、野菜には野菜用のごまだれも出てきて。




んで、

お味噌汁が出てきて(あ、これ、なんか地味だから写真割愛(笑


で、

P1010537.jpg

3種類のデザート(なんだろー、抹茶風味のとろとろチーズケーキ?みたいなのと、あんこがのっているクリームのデザート←なんだったんだろーすっごい美味しかったけど、とクレームブリュレ)

と、


P1010538.jpg


カプチーノ。


で、コースが終わり♪




・・・と思いきや、




P1010539.jpg

カズチャンの誕生日ってことで粋な計らいをしてくれたお店からのプレゼントケーキ。 これも美味しかったさ。






だーーーーー
それにしてもお腹一杯になった。 確実に食べまくったし飲みまくった。 でもコース料理だと順番良くでてきて色々食べられるし、私達は何も気にせずしゃべっていれば良いし、いやー至福の3時間半でした。 





いやぁ、食べ過ぎた。そろそろ顎と首が一体化する予感がする。どうして顔にはお肉がつくのに胸にはつかないのか、永遠の謎である。

最近の私達、基本的に食っちゃ寝してる気がする。 これヤバイ。ちょっと食生活を見直さねば。うん。 とか言いつつ、なぜかなぜか、妻を差し置いて最近ちょこっと痩せて妙に筋肉質になったカズさん。

ボディービルダーのポーズをとりつつパンツ一丁で歩いてきて、どうどうどうどう?????って私に聞くのだけはやめてほしいのですけど、、、まぁ誕生日ってことで温かく見守ってあげました。



いやー、もう31歳かーーー。
はやいはやいはやい。 良く言うけど、本当中身は何も変わってないのに年齢だけどんどん上がってしまう、って感じがしてきたっっ 中身が伴う大人になれるようにがんばるぞー。

あ、カズチャンもがんばろーーー。
おめでとうっっ♪♪





 



2011. 05. 12

驚愕: 食事日記

ええと、渡豪して以来、既に約2年改めて気付いた事がございます。  
髪の毛は朝梳かすだけではなく、ブローすると手触りが全然違います。 

・・・ええ、思い返せば過去2年ほど、きちんとブローした事ってなかったです、はい。 アタシ、ちょっとヤバイ、って思いました。ブローしてない、2年もしてない、アタシったら。

なんか、オーストラリアに来て以来、水のせいか、紫外線のせいか、もしくはシャンプーのせいか、髪の毛が妙に引っ掛かるし切れるし、絡まるし。って思っていたけど、アレだった、ブローしてないからだった。 そういえば朝起きてチャチャチャッと髪の毛を梳かして、以上。何もつけずそのまんま。東。 だった。

やっぱ整髪剤をつけてブローしたら違いました。 ブローなんて言葉、忘れかけてたよ。 ってことでオーストラリアに居る皆さま、最近髪の毛の調子が悪いわー って思ったら、ブローしてみたら良いかも。 って、皆してるか!!??




そんなわけで、すっかりオージー化している私ですが。
いや、オージー、、少なくてもうちの会社のオージー、髪の毛3日に1回とかしか洗わない、て言ってたので、とりあえず毎日洗髪の私はまだ一応そのへんは日本人。 今日も会社のお昼休みに髪の毛を切りに言っていた女の子、「髪の毛を切ったのでこれで髪の毛は4日に1回位洗えばいいかなー♪」って・・・ 反応が出来ない。













・・・そして私の本日の食事も日本人。
 (強引につなげた)






P1010514.jpg


オーストラリアでも美味しいお寿司がたべられまっす。
金曜日まで待てず本日外食・・・というかテイクアウト。 お寿司テイクアウトしたー♪ 美味しいっ美味しいっ♪ いやぁ、やっぱり日本人には、生魚、すし飯、ワサビ、海苔の組み合わせが最高でっす。




おいしかったよーーー。
お腹一杯で動けない。 から、食っちゃ寝してみるか??


 

ってことをしているので体系はオージー化しつつあります。 







そのうち、アタシのお腹はこんな感じにまんまるく・・・













ってっ!!












P1010510.jpg



いやーやってみたかっただけ!!
たまに。。。っていうか、毎日遊びに行っているブログのターニャンがベイビーのために作ったキャラ弁(いや、弁当ではないか??)をみて、メッチャお可愛いっっ って思って、作ってみる31歳。


いや、うちにはベイビーはいないけど。 

二人とも30歳以上ですけれども。 





しかもターニャンの料理は可愛いクマのはずが、、、なんていうか、私が作ったら、なんつーか、化け物? ネズミ? 犬? 中間? みたいな生物の出来上がり。 んでもって、クマ? のハンバーグの部分、煮込みハンバーグなんですけど、トマトソースが、、なんていうか、


あ?内臓、見えちゃってる? 


見たいな感じに見えるのはどうなんだろうか。 マッシュルームが良い感じになんか、内臓感を出してるというか。 



そういえば、家庭科は昔から2、良くて3。 まじめにやってるのに、テストの点数良いのに、なぜか3。 って、どんだけぶきよーーーー??? そうだったよ、アタシ、不器用で、かつテキトーな性格だったんだ。













・・・夫用のハンバーグに至っては













P1010513.jpg




嫌がらせ?



みたいな出来に。

うん、嫌がらせじゃない。 ないよ。
妻の本気、本気だしてもこんなもんだから。 愛情こもってっから。 いちおーね。 こもってっから。 ただ見た目に反映されてないだけでっ ええ。 なにか問題でも? (でた、負けそうになると自ら切れるたちの悪い逆切れ)






それにしても自分達のためだけに、意味不明な生物に似せたハンバーグを作っている、そして海苔を切っている30歳夫婦。 どうなんだ? 作っている途中でだいぶ飽きてきて、まぁ、もういっか、どうでも。 って言う感じになっちゃったのがバレバレ。 


はい。 もうやりません、ごめんなさい。


















ってなわけでハンバーグはハンバーグとして、普通に食べます。
そういえば、ちゃんと野菜も食べます。 お肉だけ、お肉とご飯だけ、なんてwww 中学生男子か!? ごめんなさい。 ちゃんと野菜も食べます。 果物もたべまっす。 はい。




って。
そういえば今日もお寿司だけだった! 

どんだけ手抜き!? 
そしてどんだけ不健康!?


でもおいしかったよーーーー。
なんで不健康なものって美味しいのか? ずるいよね。
あ。いやお寿司はオーストラリアではヘルシーフードに入るのだった。 ってか、普通にヘルシーか。





うーんー。
でも今日はお寿司も食べたわけだし。明日は金曜日だし、文句言わずに頑張っていきますか、後1日。


今週はボスが海外出張で居なかったので結構らくちん。。。かと思いきやふつーにいそがしーでやんのーーーーー。

明日こそはチョコレートもクッキーも食べずに1日のりきるぞーーーい。明日こそ健康な食生活をっっっっ がんばるぞー 90歳までは生きなくちゃー♪








2011. 05. 10

言動注意。

ええと反応が遅れたけれどMark Zuckerbergが7百万ドルの家を買った事を昨日知りました。 → http://www.businessinsider.com/mark-zuckerbergs-house-2011-5 

ええと、日本円で、、、564,000,000円。 5億6千4百万円。 最年少のビリオネア、、だったのに、何気に、思ったより地味なのね。 だって、今までは賃貸だったみたいだし、アタシの上司の家は2億円位って言ってたし。

・・・とは言っても、気づいてしまった悲しい事実。
たとえば月収40万円で、65歳定年まで働いたとしても生涯稼げるお金は2億円ちょっと。 うーん 5億円の家は買えぬ。生涯年収5億円ってことは月収100万円は必要。 ほーーーーーー。 ほーーーーーー。


ガンバろっと。うん。





と、言いながら本日は久ーしぶりの休暇をいただきまして。
上司が今日から今週いっぱいまで海外出張。今日は飛行機での移動日なので特に私がいなくてもいいっしょ。ってことで昨日、お休みもらっていい?って言ったら、速攻でNOって言われましたけど。。 

きっとこのNOはギャグで言ったNOだと勝手に決め付けて、一笑に付して「あははーそんな事いわないでー。じゃぁ明日はお互いオフィスに居ないわねー」とかぬかして本日休暇を貰いましたが、今になってあれはまさか本当にNOだったのか?とちょっと気になっております。

やすんじゃったよ?
アタシやすんじゃったけど??





いやぁ最近さ、上司関係でもしやアタシ結構イケてないのでは、と思う事が多発。 というかどれも自業自得な感じではあるのですけれど。



たとえばさ、

会社の事務の子がお休みの日。ちょっと銀行に行かなければいけない用事が出来たので、たまたまその時に手が空いていた私が、「じゃぁ私行ってこようかー?」と名乗り出てみた。 ちょうど上司も社外で打ち合わせだったので暇だったの。

で、会社の近くの銀行に行ったら窓口のお姉さんが知り合いのお姉さんで。
「あらー最近どうなの? 会社はどう??」っていうから、今週はまぁまぁよー。来週は上司が海外出張で居ないからかなり良い感じ♪ とか言っていたら、そのお姉さん、「確かに会社に上司が居るのと居ないのでは違うよねー、特に上司がGrumpy Old Manだとねー。若くてイケ面ならまだしもお爺さんじゃやる気出ないよねー」 とか言うから、あっは、ホントだよねー とか話を合わせていたら。




遠くのATMで上司がお金をおろしてましたけどなにかーーーーーー。 
遠くのATMで私のGrumpy Old Bossがお金おろしてましたけどなにかーーーーーーーー。


だぁ。
発言には気をつけます。 障子に耳あり、銀行にボス有り。 一応、上司は私のほうは振り向かずそのまま銀行を出て行きました。 気づいていない、聞こえていない、と信じて。。。 

でもまぁ聞こえてるんだろうな。









とか。
ほかにも。


新規でオフィスにやってきたクライアントが、普段オフィスにやってくるような結構深刻な問題を抱えたクライアントではなくて、、


なんていうか、、、、
若干ふざけたクライアントというか、深刻っちゃー深刻なんだけど、なんかふざけたクライアントというか。

ええと、公の場で服を脱ぐ事3回、公道でオシッコ4回、警察の指示に従わずけんか腰2回、警察を振り切って徒歩で逃走するも途中で転びお縄になる、とかそんな感じの罪状で罰金刑のクライアント。


なんかね、オフィスにやってきた時も、え?いまって君、服着てるの?みたいな状態だったわけで。
いつでもセキュリティーを呼べるような状態にしての対応、みたいな感じでね。


で、その人が去った後に他のオフィスの女の子達と、あれは無いよねー、原始人かよ、とか盛り上がっていたら








彼、どうやら、上司の遠い遠い親戚。






って、どうなのよ。頼むよ。そのオチは無い。無いよ、ありえん。






とかさ。
上司が雪だるまの絵がついた赤い靴下をはいていたら、え? クリスマス? てかスノーマン? でっかいスノーマンと小さいスノーマンが靴下についてるけど?

って、突っ込みたくなるのが人情じゃないの??? オフィスでにやにやしながら思わず突っ込んだら上司の反応がすっごく薄くて。 困ったように笑ってそのまま立ち去っちゃったんだけどもしやアタシやっちまいましたか?もしかしてアタシ、すっごいKY(もう古い?)??みたいな状態に。なったり。

えーーー なんで60歳のボスが赤い雪だるまの靴下を履いていても(しかもその靴下で靴もはかずにオフィス内を歩き回っているのに)、誰も何も言わないの? あり? それってあり? 



とりあえず、でもアタシももう大人だし、、、言動には気をつけなければ。と強く思った今日この頃なのです。







2011. 05. 09

ランチ

最近のオーストラリアはかなり寒くなってきているのです。 朝の気温が10度を切る事も多くなってきて日に日にさむくなってきてるーー。 本当朝起きるのが辛いのです。 あの朝のヌクヌクの布団から出る事がどんだけつらいかーーーー どんだけつらいか、あんたーーーーー。 しかもどうやら犬も寒いみたいで犬ベッドから出てこないww で、犬がまだ寝ている中、一人で起きてヒーターつけて化粧をし始める辛さ。 で、ヒーターで部屋が結構暖かくなってきたころに起きてくるあの、犬達2匹。。。 

でもね、そんな冬にも一応良い事は有って。 個人的にはその良い事、の1個はカフェでスープが出始める事だと思うのです。 オーストラリアに住んでいる皆さま アグリー??? アグリー???

P1010496.jpg



オーストラリアってカフェのスープがメッチャ美味しいって思うのです。うん。
最近のお昼ご飯、しつこいくらい毎日スープ食べてます。 私のオフィスの周りのカフェには大体スープが売っていて、牛丼どんぶりくらいの大きさのでっかいボールに一杯のスープが入っていて、必ずパンが付いてきます。 かなりおなかいっぱいになる♪ 6ドル~7ドルくらいかな。 私結構な割合でカボチャスープ食べております今日この頃。 しあわせー♪♪


うちのオフィスの人達は結構お弁当を持ってくるのですけど(お弁当といっても、サランラップでくるんだサンドイッチとか、タッパーに入れたパスタとか、バナナとか)私はお昼はオフィスから外に出たいのでお昼はお弁当ではなくて外食をしています。

うちのオフィスの周りには結構カフェがあるのだけど、売っているものは結構限られていて(といってもそれぞれに結構バラエティがあるけど)、サンドイッチ、フライドポテト、サラダ、中華料理(マレーシア料理とかも含むーー個人的には同じカテゴリーにしちゃってるww)、ベトナム料理(サラダとかベトナムロールとか)、ラザニア、キッシュ、お寿司(巻き寿司)、マフィンとかがオフィスから徒歩1分以内のカフェから買えるかな。 ちょっと足を延ばせば(5分位歩くかな)、インド料理とかファストフード、メキシコ料理、ケーキ、なども含めて色々な種類の料理が買えるカフェが有るのです。


P1010499.jpg

P1010497.jpg



同じものを食べてもお店によって味が少しずつ違ったりもするし、お昼の時間はかなり楽しい時間なのですww 最近はしつこくスープばっかり食べているけど、たまに違うものが食べたいと思ったら、サンドイッチを食べたりサラダを食べたりもできるのです。


P1010505.jpg




私、こっちの昼ご飯結構好き♪
でもたまに日本のときみたいに焼き魚定食、とかお寿司定食とか、肉じゃが定食、とか食べたいなーと思うのです。 日本の定食さいこーーー。 あぁ、居酒屋のランチ食べたいなぁww


P1010509.jpg





2011. 05. 03

なんだろーこの違和感

P1010504.jpg


今朝の一面のニュース。

これしかないだろう、位の勢いでどうやらすべての州のニュース一面がこの記事だったよう。新聞各社によって言葉遣いが違うものの今日見た新聞の数社がKilledとかその他、非常に直接的な強い口調の言葉遣いをしていたのが彼の死を歓迎している様で印象的でした。今朝のテレビのニュースもこの話題がメインで、オーストラリアのギラード首相も彼の死はWelcomeだ、とアナウンスしたし今朝のニュース番組でも同様の事を言っていました。

アメリカが長年追い求めてきたテロリストを排除した記念すべき、歓迎すべき日だったと思うのですけど、なんかこのニュースに喜ぶアメリカ人の映像を見てから、ずっと後味の悪さが私の中に残っているのです。


実際、私の周りにはアメリカがオサマ・ビンラディンを殺した事を支持しない人達も多くいて。 特に私の知り合いのアメリカ人は身柄確保で良いじゃないか、殺さなくても、と言っている人が多くて少し驚いています。 その人たちは「勿論9.11を起した犯人グループで何人も犠牲になっているのだけれど・・・」と言いつつも、どんなに悪い人でも殺してはいけない、人が死ぬ事を喜ぶというのは理解できない、と。

彼らのほとんどが敬虔なキリスト教徒だったりする事もあって、どんなに悪い人でもチャンスを与えれば更生するしそのチャンスを与える事が良い人間がすべき事だ、殺しちゃったらその機会が無くなるでしょう、とか、人が人を殺す権利は無い、人が死んでWelcomeという事なんて一切無いという考え。


うーん、確かに私もアメリカ人がオサマ・ビンラディンの死を喜んでUSA,USAと叫んでいたりする映像には違和感を覚えたけれど、それって何となく「人が死んだ事を喜んでいるアメリカ人」に複雑な感情を持ったというよりも(それもあるけれど)、どちらかと言うと、彼一人の死にここまで喜ぶなんて・・・今までアメリカはどれだけの犠牲を出してきたのよ、それを考えると10年もかかって一人を殺しただけなのに、ここって喜ぶところなの?っていう若干皮肉な気持ちから来ていたような。 私は彼がアメリカに殺された事への反感は全くというくらい感じなかったな。

そこが分からないところなのだけど。 私は(たぶん)本気で、彼はアメリカに殺されても仕方ない人だ、と思っていたし、そのうち殺されるんだろうな、とも昔から思っていたと思う。 だからそういう意味では、グラウンドゼロで喜んでいたアメリカ人と類似の考えを持っている、って思う。

それでも、なんかあんなふうに手放しに喜んでいる映像を見ると反感に近い気持ちになるのはなんでだろう。別に死刑に反対なわけでもないのです、アタシ。





むしろ、「人が死んでWelcomeって言う事なんて一切無い」、「悪い事をした人にももう一度チャンスを与えるべき」、って本気で思っている人達って凄いな、って思うのです。 いや、嫌味じゃなくて、心から、凄い人達だな、って思う。


いや、さ、もうどう考えてもビンラディンには死刑以外無いだろう、って思うし殺害された、と聞いても、私は、おぉ、そうなんだ、良かった。としか思えなかったし。 

きっとビンラディン殺害に反対な人と私の間ではきっと死刑制度に反対か、賛成か、というところで意見が分かれているんだと思うのです。死刑制度に反対の人は、誰が何をしようと人を殺すという判断は間違っている、と考えるだろうし、オサマ・ビンラディンもそこは殺害じゃなくて身柄確保でしょ、っていうことになるのだと思うけれど、私は彼は思いっきり死刑に値する、いやー値するっていうか、もうそれ以外無いでしょ、って思うし、こういう形で殺されても、まぁそれはそれでしょうがないんじゃない?って考える。

人が法の下、他の人を殺す権利なんて無い、人の生死にかかわって良いのは神様だけ、生きて償ってこそ意味が有る、殺人者を裁くためにまた新たな殺人をするなんて無意味、殺人は(たとえ法の下であっても)新たな憎しみを生むだけで良い事なんて何もない・・・って言う意見も分かる、分かるけれど、それでもやっぱり死刑以外あり得ない人っていると思うんだよなぁ。 

悪い事をした人でももう一度チャンスを。死刑にしてしまったらダメだろう、っていう人たちが凄いなと思うのは、いや、こんな事書くだけでも不吉な感じだけど、まぁ私は不吉とか運とか信じないので良いけど たとえばさ、私の家族が、とかカズが誰かに酷い殺され方をして、さらに情状酌量の余地も無いレベルだとしたら、私は、その人にもう一度チャンスを、なんて死んでも言えないし、許すなんて絶対無理、何が有っても死刑、それが無理なら私が自分でその人を殺す、ってそれくらい思うと思うのよ。 でも、そこで、私みたいな短絡的に感情的にならない彼らの思考は尊敬する。(尊敬するけど同調はたぶんこれからもできないわ)

何か取り返しのつかない犯罪をやってしまったら、後からどんなに反省しても更生の余地が有るとされたとしてももう遅いと思うんだよな。その犯罪の残虐性とか凶悪性とかによっては後からどんなに反省しても死刑に値する、って思う。 そんな人達が刑務所の中で生活するためのお金を私が一生懸命働いておさめた税金で賄うなんてもっての外だし、絶対嫌だ。それだったら死刑にして終身刑でかかるお金を浮かせて、もっと別の有意義な事に使ってくれ、って思う。



そんなわけで、私はビンラディンの死に疑問も感じてはいないし、死刑で良いって思う。


思うんだけど、さ、なんなんでしょうー、あのアメリカ人がオサマ・ビンラディンの死を喜んでいる映像を見た後の後味の悪さ。 理屈では私は、死刑賛成、ビンラディン死亡しても仕方ない、って思うのだけど、なんか、あのアメリカの映像だけは、凄く後味が悪いのです。

でもこの後味の悪さがなんなのか、考えても分からなくて、あの映像を見てからずっとモヤモヤしているのです。 ブログを書く事でもしかしたら頭の中が整理されてこの後味の悪さの原因がなんだかわかるかなぁと思ったのですけど、やっぱり分かりません。 

一応、今の時点では、死に値する人物が死ぬ、という事は受け入れられても、誰かが殺された事を喜ぶ、という事が理解できず受け入れられないから後味が悪い反感の様な感情を持ったっていうことなのかな、と思っているのですけど・・・。 なんなんだろな。

















2011. 05. 02

オサマ・ビンラディンの死亡ニュース

やっと。
今日の仕事中にオサマ・ビンラディンが死亡したニュースを聞いたのです。
パキスタンの首都イスラマバードから約100キロ北部にある邸宅で家族と一緒だったビンラディン容疑者をアメリカ軍が頭を撃ち殺害したという。
アメリカは秘密裏にこの作戦を結構しており、オバマ大統領はビンラディン攻撃を許可するサインをしたのち、パキスタン等の他国に知らせず、情報が漏れないようにゴルフをするなどして緊張感を出さないようにした、と。 なんか頭脳ゲーム見たいで映画っぽいなぁなんてのんきな事を考えちゃった。

私がまだアメリカで大学生だった時に9.11が起きたのだからもうかれこれ10年位。アメリカが戦争を始めるきっかけになった出来事の首謀者がやっと排除された事で、やっとアメリカにも戦争から撤退する大義名分ができたのでは、というのがまず最初の感想です。 実際はなかなか直ぐに撤退は難しいのだろうけれど。

それにしても長くかかったよなぁ。ここまで来るのにアメリカ人、その他色々な国の人がが何人なくなったのだろ。一人の人を殺すまでに。 オサマ・ビンラディンは一人の人であっても大きな存在ではあるけれど、若者何人の命と引き換えにやっと一人を殺したんだ、だいぶ苦しんでやっと得た結果なんだ、と思うとアメリカ人がグラウンドゼロで手放しで喜ぶ、という映像はなんか見ていて複雑でした。 それにリーダーを殺したからと言ってもアルカイダが消滅したわけではないしまだまだ先の長い話なんだろう。

先の長い話、ではあるけれどアメリカはもう10年も戦争している。 いい加減長すぎるしアメリカの負担も犠牲者の数もどんどん増えてきていて、なんか傍から見ていたらアメリカ人大変だし、可愛そう、っていう気さえしてくるような。 

軍事予算に663.8 Billion Dollarsって、どれくらいの額なのかもイマイチ分からない位の金額、アメリカのGDPの5%弱を軍事予算に費やして、世界中の他の国の戦争に首を突っ込むのならアメリカ人の国民保険とかを先に何とかしてあげれば良いのにー。と思ったり。 アメリカ人はもどかしく思ったりしないのかなぁ。それだけのお金が有るなら、他の国を救うまえに自国の国民を、私達を救ってよ、って思ったりしないのかしら。 それとも、アメリカは世界のリーダーだ、っていうプライドと自負と、世界を救うんだ、っていう正義感で過半数が戦争を認めているのかしら。 

アメリカは強くなければいけない、弱気な事は言えない、どれだけ時間がかかっても、どんな事が有っても
妥協しない、あきらめない、とことん悪い人達を追い詰める、という態度を貫かなければいけないようで、あの国も大変だよな。 動けない日本と比べたら、そして該当の国の苦しんでいる国民からしたら有りがたいのかもしれない、とも思うけれど。 

アメリカが戦争に参加する理由は表向きから裏向きまで色々あるのだとしても、ここまでアメリカ人の税金を使って、税金以上に人命まで掛けて居る事は事実なのに、そしてそれによって一応はアメリカ人や世界に有る程度の説明がつく結果を出しているのにもかかわらず、世界からアメリカは傲慢だ、と言われたり、今回のように結果を出す事によって世界中に反米勢力が沢山出てきたりもする。 こうやって世界からテロリストを一人減らすことに間違いなく貢献したにもかかわらず、アメリカ外にいるアメリカ人は反米暴力の危険性が高まっているから注意しなくては、という状況になったり。

なんか、アメリカは報われているのかしら。と思っちゃうよ。



私がアメリカ人だったら(ってこの設定自体無駄だけどw)誇りに思う気持ち半分、10年は長すぎる、アメリカも犠牲を出しすぎたしもうそろそろ撤退しようよ、っていう気持ち半分なんじゃないか、って想像する。

でも同時に誰がなんて言おうと、傲慢だと言われようと、きっとアメリカがここまでやらなければ紛争が起こっている地域の人たちは人権も与えられず食べ物さえままならない状態に(アフガニスタンの酷い男尊女卑だったり)日の目が当らず改善の余地さえも生まれなかったはずなので、アメリカが世界をリードしてくれる事は頼もしく有りがたい事なのだと思うけれど。


それでもオバマ大統領の落ち着いた声のアナウンスの中で彼が言った“Justice has been done”が印象に残りました。



でも、やっぱりいつもこの質問に戻ってきてしまうのだけど、アメリカが(もしくは主に先進国が)正しいと思っている事に基づいて他の国の状態に口出ししても良いのか。 アメリカが正しいと思っている事でも他の国の人からしたら正しくない可能性も有るしね、私達の物差しで全部図るのはおかしいだろう。

って、思う。 

でも、でもやっぱり無差別テロは間違っているし、アフガニスタンで行われていた究極の男尊女卑も間違っているし、オサマ・ビンラディンを殺した事は正しい事だ、としか思えないけれど。





何はともあれ、世界からテロリストが一人消えた事は歓迎すべき事だと思う。







 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク