FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2012. 05. 31

お隣さんのお孫さん

我が家の隣人のお孫さんたち、もーー もーー もーーー めっちゃ可愛いのです。

我が家の隣人はめっちゃ、正しい事をして生きている人たち、って感じのオジサンとオバサンで、もうお二人とももうお孫さんのいるおじいちゃんとおばあちゃんなんだけど、って言っても、まだまだ若いの。 きっと私とかカズのお母さんたちと同じくらいの年だろうな。

オジサンは、現役のころは軍隊で勤めていた人で、規律を重んじる、でも他人には出来る限り優しく自分に厳しく、自分が出来る事であれば何でも助けちゃうことを喜びにしている様な人、オバサンも同じような感じ。 二人ともめっちゃ明るくていつも笑顔で、胡散臭いくらいすっごい良い人なのだ。(あ、いや、優しくされると胡散臭いと思ってしまうのは私の性格が歪んでいるからであって、彼らは間違いなく良い人なのです)


我が家の前庭のジャングルをうちらがちょこっとずつ処理している時も、木の処理を手伝ってくれたり、庭の切り株を取り除けなくて、困っていた時は、自らのプラド(車ね)を使って切り株をひっこ抜こうとしてくれたり(プロを雇わなくても済んでお金的にもめっちゃ助かった!)うちらがCouncilから犬がうるさいって苦情がきています、って言われて「え??」って言ってた時も、Councilに手紙を書いてくれて、「私たちは隣に住んでいますけど、まったくうるさくないですよ」って言ってくれたり、木を切るプロを探していた時は、ここに見積もりをきっと安いよ―って言ってくれたり。

そういえば、お隣さんなのに、クリスマスカードも貰ったし、クッキーも貰ったし、庭の枝切りハサミも借りてるし(っていうか、そろそろ返さなくちゃ!)


もう、まだ隣に住んで半年なのに、相当お世話になっている。ここまで他人に見返りも求めず親切にしてあげられるような人に私もなりたい。 マジで。



こういう人が隣に住んでいるっていうのは、本当有りがたいわー。 おうちは選べてもご近所さんは選べないから。 本当、私たちは人生の重要な場面では絶対的に運がいいんだ(小さい事は結構損もしたり運が悪かったり、宝くじなんて絶対当たらないけど←っていうか買わないから)。 


逆側のお隣さんもすっごい良い人達だし、もーーー 私たちは恵まれてるわ。 こういう人たちが居てくれるから私たちのオーストラリア生活が無事に幸せに過ごせているんだよな、有りがたい、嬉しい。



んでね、その、素敵なオジサンと素敵なオバサンのお孫さんがね、もー、こういう子供が欲しい! 自分の子供がこういう子にそだってくれたら、もう、感無量っす! みたいな良い子なの。

上の男の子は5-6歳かな、下の女の子は恐らく4-5歳とかって感じ。
二人とも可愛くてねー、めっちゃ笑い上戸で、おしゃべり好きで、明るくて、純粋な感じでね。 

私もカズも良く庭仕事をしているんだけど(雑草がすっごいから! やらざるを得ない)そうすると、一人でもトコトコあるいてきて、

「こんにちはー」

ニコニコ。 って

もー かわいー。



その時に、男の子は自分のコレクションのミニカーを持ってきて自慢そうに説明してくれたり、女の子は、今日お母さんにこのイアリング買ってもらったのー 大きなお姉さんみたいでしょ?って言ってきたり、そのまま、私たちの庭に居座って、ぺちゃくちゃ喋って、ニコニコしながら私たちを見てるの。

そして、これまた、いいタイミングで、

「じゃぁ、私おばあちゃんのところに戻るわね―、そういえばあなたのお庭、凄く素敵よ」

って言うの。

コレが言える4歳児が、どれくらいいるか。


少なくても私は絶対言えなかった。


しつこくなく、長く話しかけてくるわけでもなく、会うたびに笑顔で手を振っていて、ちょっと近寄ってきて話して、パっと帰る。 特に何かを欲しがるわけでもなく、もーね、単純に私たちと話に来てるの。 そして最後に、相手をサラっと褒めて去っていく。

美しすぎるだろっ!

あーいう、素敵なおじいさんとおばあちゃんに触れて育てられていると、こんな素敵な子が育つのかぁ。なんて思っちゃうわ。 




だってね客観的に見ても、実際のところさ、私もカズも英語は結構怪しいし、その子たちが言っている事がわからない事が結構有ったり、その子も私たちが言った英語がわからない事も結構あるの。 見た目も白人とは違うしね。 私とカズでは日本語を話しているのも知っているし。 

子供からしたらさ、自分とはまったく違う生き物なわけじゃん、うちらって。 それでも全く物おじせず、ニコニコしてこっちに寄って来る子が、私たちからして可愛いと思わないわけがない!

出来た子だなー

私が5歳の時に、お隣に違う国出身の見た目が全然自分と違う言葉の通じないオジサンとオバサンが居たら、きっと怖くて話しかけられなかったと思う。


やっぱり多民族国家のオーストラリアなんだな。 きっと慣れてるんだよね、実際その子たちが通っている学校にもイタリア人とか中国人とかの子供さんたちもいっぱい通ってるって言ってたし、既に学校でフランス語と中国語?だったかな?を習ってる、って言ってたしな。

慣れてるんだな―。


そういう人たちに囲まれて育ったらきっとうちらの子供も人見知りとかあんまりせず、見た目が違う人でも受け入れられて、初めての人でも他人にも物おじせず話せるような人間になるのかな。

と、思ってみたり。






てか、何よりも!

私も、誰にでも笑顔で話しかけられて、相手に優しくて、相手に惜しまず親切をどんどんあげられるけど、引き際も分かっているっていう、あんな5歳児みたいになりたいな、と思うのです。

32歳、まだまだ5歳の子からでも学ぶことが沢山あります。がんばるぞ。




スポンサーサイト



2012. 05. 29

過去の事…、だけど ― Form1100

本日オーストラリア移民局(Department of Immigration and Citizenship)からメールが届きました。

内容は

あなたは過去にサウスオーストラリア州のスポンサーを受けGSMビザを申請していますが、まだフォーム1100が提出されていません。 もしまだオーストラリアに移住を希望しているのであれば6月25日までに提出してください、さもなければあなたの申請は無効とさせていただきます。


というもの。



私たちは日本に居る時に日本国内の大手の移住エージェントを使って技術移民の申請をしていたのだけど、いつまで経っても結果の連絡が来ないのでエージェントに何度問い合わせをしても、「いま審査待ち、まだケースオフィサーさえ決まっていない、何度も急かすのは心象が悪くなるから出来ない」って言われ続けていたの。

結局、待ちきれなくてワーキングホリデービザでオーストラリアに来て、そのまま企業スポンサーで永住権を取ったのでこの技術移民の申請はもう必要ない昔のものなんだけど…

このフォーム1100を提出しない限り、どれだけ待っても審査が進むわけが無かったのよ。


それを私たちはオーストラリアに来てから知ったの。
日本で、この事に気づかずずっと待ち続けていたら、って思ったらぞっとするよね。 

申請後、オーストラリアに来る前、当時の私たちはそれを知らず、ただひたすらビザが下りるのを待っていたの。 ただ、ベラの輸送が難しくなりそうな予感が有ったので、そのうちビザが下りるだろうからとりあえずオーストラリアに上陸しちゃえ、って強行手段に出ただけなんだよね。

今思うとかなりカケだったわ。



きっとさ、私たちと同じ時期に同じような技術移民のビザを申請していてまだビザが下りてない人達って他にもいっぱい居るんじゃないかな、って。 私たちが使ったのは日本の大手企業だからお客さんもそれなりにいただろうし…

ってか、いくら待ってもビザなんて下りるわけ無かったのよ、だって書類を出してないんだから。 でもさ、申請するには安くないお金がかかるのよ、たしか10万以上だったような。 それを全部無駄にしたようなものだよね。


移住のエージェントを使うって事は、書類の出し忘れが無いようにするためだったり、一個人では得辛い移民局の情報を持ってるかもしれないっていう事を期待してだったり、書類内容を確認してもらう為だったりするんだろうけれど、結局、エージェントからはビザの審査の情報も得られず(私たちがネットで先に気づき、それをもとにエージェントに確認すると、あぁ、そうみたいですね、っていう返事だった事がなんども)、書類も出し忘れていたわけだし、なんか、何のためにこの会社に70万以上も払ったんだろう?って思うよ。

ここは、成功報酬でビザが下りた後にさらに20万位払う、っていう方式だったので、その最後の20万は払わずに済むけれど、、、っていうか、むしろ払った70万位も全部返してほしい位だわ。 2009年の9月23日まではForm1100を受け取った後10日以内にケースオフィサーをつける、っていう目安だったらしいのです。 あぁ、なんだかなぁ。

勿論、私たちはたまたまオーストラリアにフライングで渡る事を決め、移民局の変更によってRSMSビザを取得する事になるという、いい方向に転がるきっかけにはなったのですけれど、やっぱり複雑な気分は残ります。 あぁ70万…。



しかし、私たちのビザの成功はベラのおかげ以外なんでもないな。
ベラが居たから、早くオーストラリアに来ようと思った、移民局で変更が有った後も、ベラが居たから日本には帰れない、なんとか永住権を取らないとって気合いも入ったし。 

ベラのおかげでビザが有るといって良い過ぎじゃないよね。 流石我が家の天才犬だわ。ベラが居なかったらうちらの人生どう変わってた事か。ありがたや。

photo_20120529160926.jpg





技術ビザを申請中で、Form1100をエージェントが出してくれたかどうかがわからない方はどうぞエージェントに確認してみてください。 なお、オンラインでも確認できます。 SA州のオンライン Clinet Tracking System http://www.immigration.sa.gov.au/applyonline/track/skilled_index.php でこのリファレンス番号と苗字を入れるとForm1100が既に提出されているかどうかが確認できます。



2012. 05. 28

幸せだなぁ

私は雑草を抜くためにオーストラリアに移住したわけじゃない。

本日の心の叫び。





だってさ、ワタクシ達、毎週末、雑草抜いています。 


1_20120527153813.jpg
もう飽きたわよ。



 


でもね、雑草ぬくことも、スローライフも幸せだなぁって思うのさ。 

なんかうちら、オーストラリアに移住してそれなりに色々楽しんで過ごせてるなーなんて思ったのさ。 

いや、とか言っても他の移住先輩たちや移住者の方々からみれば、もっと色々面白い事あるし、もっとやれることもいっぱいあるのにもったいないっ っていう生き方をしているのかもしれないけど、でも、なんか今日はカズも私もなんか、「私たちってなんかすごく幸せだね―、ありがたいねー」、ってお互いに何回か口にしたの。



・・・お腹が満たされてたからかもしれないけど(笑

えっとね、
午後からはひたすら雑草抜いたけど、午前中は裏庭に設置されているバーベキューコンロを発始動してみたんだ。

ちゃんとバーベキュー出来たよー。 

かぼちゃ、玉ねぎ、さつまいも、ズッキーニとかを焼いたり、マリネしておいた豚肉を焼いてみたり、生ソーセージを焼いてみたり、ミートボール(トマトソース)をバーベキューの上に鍋ごと置いてぐつぐつしているところを食べてみたり。


幸せだったわー (って結局、美味しいもの食べている時が一番、幸せを感じるのかしらねぇ)

・・・ま、裏庭にテーブルも椅子も無いので、立ち食いなんですけどね。 母が聞いたらお行儀悪いです、って言われそうですが、ま、いかんともしがたかったのです、立ち食いで。 

2_20120527153824.jpg






こんな風に思い立ったら手元にある材料を切って庭でバーベキューをいきなりやれる環境も幸せだし、夫と一緒に庭仕事をしたり雑草を抜く事も幸せだなぁって。

なんか日本に居たら知らなかったな、とかやらなかったな、とか忘れてたな、って事を日々色々体験しているんです。



ええと、たとえば、

カタバミは1週間放っておくとめっちゃモリモリになってる、とか、花が咲いたころに抜いたり除草剤をまいたらいい、とか花の植え替えは冬の間、とか、来年に花を咲かせたければ冬の間に枝を切って置いた方がいい花/木が有る、とか、カタツムリのウンコは凄い。 とかw

色々な草の花の咲く時期とか芽が出てくる時期とかを知ったり、花をたくさん咲かせるように努力してみたり、硬い粘土つちを柔らかくするやり方を知ったり、コンポストを作ってみたり、そんな事を四季うちの表&裏庭で雑草を抜いたり、庭を整備したりしながら知る日々。 


そして、そんな風に庭仕事をしている時に、隣の家の人が出てきて、笑顔でお互い手を振ったり、ちょっとこっちまできて一緒に世間話してみたりするのさ。



なんか全部含めてこういう生活って良いなーって。



そう、あたしたちは雑草を抜くために移住したわけじゃない、、けど、雑草抜くっていうのも、(ダルーいけど)、良い事なんだよなー なんて夫と話しながら雑草を抜くのさ。


っていうか、近所の人たち、間違いなく「あの、アジア人夫婦毎週末雑草ぬいてるぜ?」って思ってるはず。 でも同時に近所の人たちに、あぁあたしたちも雑草抜かなくちゃ、って思わせるようなプレッシャーも与えているはず。 地域の美化、雑草フリー化に貢献しております。うむ。



4_20120527153844.jpg



幸せだなぁ。

そろそろ自分たちの事だけじゃなくて、自分の周りの人たちにも幸せを与えられたり、返せたりするような人たちになっていかないといけないよな。




2012. 05. 27

メルボルン旅行の写真

5月病にかかっている間にメルボルンに行ってきましたー。
朝6時50分アデレード発の飛行機で出発して、夜8時50分メルボルン発の飛行機で戻ってくるというめっちゃ強行プラン(苦笑

カズちゃんの誕生日プレゼントだったのです。 
サプライズね。

あさ、4時半位に起きて5時に家を出るまで、カズはどこに行くのかわからず。 4時半にいきなり私に起こされて訳がわからないまま運転させられて、、空港到着(笑



飛行機から朝日が見えて綺麗♪

DSC06147.jpg






メルボルンについてからまずは朝ご飯。
この、倉庫みたいなところでw

この倉庫みたいな所、中に入ると、これまた倉庫みたいなレストラン。 っていうか、普通に倉庫をそのままレストランにしましたよね? うん、間違いない。

DSC06152.jpg




朝ご飯も、あさからガッツリ食べたよ―♪

1_20120526130647.jpg

手前が私の、マッシュルーム、チェリートマト、パインナッツとロケットのオムレツ、後ろがカズちゃんの、、、なんだっけ??? ファラフェル的なもの♪ それともお肉だったかな!? とりあえずすっごい美味しいって言ってた。 私のオムレツは大きすぎて全部食べきれなかった、、、きっと卵4-5個は使ってるぜ。









いっぱい食べちゃったので、その後はメルボルンの中を歩き回って写真を撮ったり本屋さんでカズちゃんの参考書を買ったりお店に入ったり。

人がいっぱい居たなー。
アデレードになれちゃったからか都会に来たわっって感じがしちゃう(苦笑 

DSC06168.jpg


DSC06171.jpg



DSC06172.jpg



DSC06149.jpg




DSC06156.jpg



DSC06159.jpg



DSC06160.jpg



2_20120526131209.jpg





お昼ごはんも抜きで大分歩きまわって足が痛くなってきて疲れてきたところで、カズちゃんをマッサージに送りこみまして。  
ここ→Crown Spa


1時間のリラクゼーションマッサージなんだけどカズちゃん曰く今までの人生の中で最高なマッサージだった、って! こりゃ次にメルボルンに行くときは私も行くっきゃないw (決して旦那を実験台にしたわけじゃ…まさか、ねぇ… まさか。汗)









ってなわけで、満喫したメルボルン。
本当は夕飯を予約していたんだけど(ウニが食べたかったのー)、やっぱり時間がギリギリになっちゃうね、って事で(City中心から空港までシャトルで30分位かかるの)キャンセルさせていただいちゃいました。

食べたかったな。
残念。



夕飯をキャンセルしてギリギリまでメルボルンCityを満喫して空港に戻った後にファストフードで夕飯w 楽しかった! 


次の日は歩きすぎてふくらはぎの後ろが痛かったわ…。





2012. 05. 26

生きてます。

うーん。


海外にいるにもかかわらず、部署移動をしたわけでも無いのに、なぜか4月の中旬から人より早めの五月病にかかりまして、予想以上に症状が重くそして長引きまして、医者にも、

「あーこれは私の30年のキャリアの中でも稀にみる重度の無気力症候群ですねー」

って言われ、自分でもなるべく早めの回復を目指して、やる気玉を丸飲みしたり、アドレナリン100%のジュースを飲んだり、マーケットでやる気を買ってきたりしたのですけれど、5月に入ってからも回復するどころかますます悪化の一途を辿りまして、やっと5月も下旬になったところで若干のやる気が戻ってきましたワタクシでございますが、


ところで皆様は如何お過ごしでしたでしょうか。



なんて言って、ブログを書かない無気力期間にもそれなりに色々出来事が有りまして、これは是非ブログに書かなくては、って思ったりしていたのですけど、いざ家に帰ってくると面倒臭くなっちゃったりして。 なんだろねー 定期的に来るんです、この超無気力期間。 あたしの場合1年に1度(もしくはそれ以上)の割合で。



ってなわけで、意味なくなってくる無気力期間をなんとかやっと乗り切りましたので、まさか、サチ死んだんじゃない?って思ってた方々、生きてますから。 





そんなこんなんで、オーストラリアは冬になりました。
かなり雨が降り続いて、私が出社する朝7時ころはまだ日の出前でございます。 うすら明るくなってきているけどね。 我が家は築30年以上なので(て、うちの実家と同じ年位だ)これまた寒いのです。備え付けのガスヒーターもあるのですけれど、


あるのですけど、、



まぁ、見てやってよ。




P1020560.jpg

って、どこの昭和ヒータよ。





あ、見た目だけじゃないのよ、古いのは。

勿論ガスヒーターをつけるスイッチが壊れていて、気合いで10分位つけようと気合いを入れてスイッチをつけて、消して、またつけて、を繰り返すと、カチカチカチカチ…って言い始めて、そのうち火がつくのだ。 付いた後は、それなりにあったかくなるのだけど、消す時がまたこれ大変で、今度は10分どころではなく20分は(マジで)格闘しなくちゃならん。

なので、これ、取り換えたいのです。







新しいものに取り換えて、んで、こんな風に暖炉を作りたいな―って↓
え、いいじゃん、夢見るのは自由でしょー。




2_20120526111923.jpg


4_20120526111956.jpg


3_20120526111947.jpg


1_20120526111911.jpg



我が家は古めで、天井が高い作りで天井に木の梁が見えている様な家なので、暖炉も古めのレンガとか石とかのデザインのものが良いなーっって。 あとは、ダイニングテーブルも木なので全体的に古いおばあちゃん宅っていうイメージにしたいのだ。

といっても。

お金どれくらいかかるんだろー?? まだ見積もりさえ取っていません笑  早めにやりたいなって思っては居るんだけど。 キッチンもリフォームしたいし、裏庭も手を入れたい、、屋根も塗り替えたいな。 あぁお金たりません。

お金欲しー。
そういえば、日本人30代の平均貯金は596万だそうです。


あの・・・・・・・・すみません。







この前、カズと1億円を今日もらって、1年後に1億円を返さなくちゃいけない、って事になったらどうする?って話で盛り上がったのですけど…。 カズの答え。 貯金する。  っておい。 でも、ま、オーストラリアの利率なら利息は1年で370万円くらいにはなって、しかもリスクフリーだけど。。 なんかつまらない答えだわ笑

ま、所詮、かく言う私も、、、、、投資家5人に1000万ずつ渡してコレを1年以内に2000万にして返してくれ、それ以上儲けた場合は全部、持ってけドロボー、っていう契約をする。 これで1000万は確保。 いぇーい、利益5000万! みたいな事を言ってたような…。 

なんか、私とカズにはお金を生み出す才能があるのか??? いや、あんまり無いだろうなー二人とも何事においてもギャンブルせず、賭けに出ない性格なのでw

てなわけで、宝くじさえも買わないので、暖炉のお金も、キッチンリフォームのお金もその他、家の修復費用も、、地道に稼ぎますとも。



あー 宝くじ当たらないかなぁ。
(買ってないけど)




 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク