FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2012. 07. 22

裏庭進捗 中間報告

ちょこっとだけスタート

P1020611.jpg

裏庭の小道作り。

これ、むずかしーのよー。 なんていうか根が適当だからねー あたしもカズも。 カズちゃんは「さっちゃん適当すぎるー」っていうんですけど、ま、カズも同じくらい適当ですからね。ちょこっと位曲がってても、デコボコしてても、思いっきり踏んで修正。 そんなんでやるもんですから、出来もそれなりの出来だけど。

とりあえずまだまだ始めたばっかりなのでこれから色々作っていく予定でございます。


今の季節、雨上がりとか犬が外に出て、ワッハーイ、ワッショーイして帰ってくると泥だらけなのよねぇ。 そのままシャワー直行で足を洗う x 1日5回とか、も―面倒臭いのよで、一刻も早く犬の足を赤ちゃんのおしり拭きで拭くだけで汚れが落ちる程度の汚れしかつかない裏庭にしたいと切実に願う飼い主たち、結構がんばってるんだけどねーしかしやってみるとかなり大変なのよねぇ。 こりゃ大分時間がかかりそうです。

あぁそれまでは、犬シャワーか…。 はぁ。


スポンサーサイト



2012. 07. 15

仕事について独り言

あれ?
週末有りましたっけ? もう日曜日の7時過ぎって、おかしな話だ。平日は長いのになぁ。先週の平日は

月 月 火 火 水 木 金 

だったと思います。 月曜日と火曜日が2日ずつ有ったと思う。 すごーーーい 長い平日だったわぁ。 今週はもうちょっと早いと良いなぁ。 でも、仕事のやる気がちょこっと出てきたのです、あたくし。 と、言うのも新しい年度になって(オーストラリアは7月から新年度)お給料が上がりましたので。 

って、めっちゃゲンキンだ、あたし。 有る程度のお給料さえ貰ってれば、たいていの事には文句を言わず仕事をします笑 夫は仕事にやりがいとか自分を成長させる事、とか何かしらの意義を求める傾向にあるのだけど、私はお給料さえよければ、後は、命の危険がある、とか、睡眠時間が毎日最高でも3時間、とかじゃない限りあんまり文句は無いのだ笑 

ってなわけで、暫く転職活動も控えめにしてもうちょっとこの仕事を続けてみようかなぁと思っていまして。2009年の6月から働いてほぼ3年経って初めての給料値上げです。

日本みたいに毎年少しずつ上がる、とかではなくて、うちの事務所の場合は、自分はこれだけ仕事をやっているって上司にアピールして給料交渉をして、お互いの妥協点で給料が落ち着くのだ。 なので、誰かがやめてその人の仕事が全部自分に降りかかってきて仕事量が2倍になった時、とか、オフィスマネージャーになった時、とか、新しい学位を取った時、とかに自ら上司のところに給料交渉に行くことになるのだけど、私は入社して3カ月目に給料交渉して、1週間100ドル(だったかな?)をあげて貰って以来、一度も交渉していませんでした。

だってさー、上司のお金の出入りが見えちゃうのさ。 個人の銀行口座の残高、とか、会社の借金額、とかがわかってしまう立場で、しかも銀行から、「あなたの口座にお金が無いので、クレジットカードの支払いができていませんよ」って連絡が来て対応するのも私、、、って事で、今会社に居る人たちの給料を払うのにも結構辛そう…っていう状況を知っているとなかなか、交渉しづらくてさ…。

と、思っていたら、ある日上司が、「来年度になったらお給料あげてあげるねん」って言うじゃないっすか。 あぁ、奇跡っておきる物なんだなぁって思っていたんだけど、それを言われたのは6月の初めで、来年度=7月になる頃には、上司はそんな事を言った事さえ忘れちゃってるんだろうなぁ、って思ってあんまり本気で期待していなかったんだけど。

それが、本当に上がりました。
すごーいよ、年収220万円相当くらい上がりました。 


どんだけーーーーーー



上司が破産するんじゃないかと思ってマジで心配です。 でも、なんか急に俄然やる気が出てきたよ。本当ゲンキンなあたしだが、お金の為だけに働く女としては、嬉しい限りです。 やりがいとか、この際、まぁ、良いっす。

これで、今すぐ転職しなくても良いかな―って思っているけれど、でもやっぱり将来的には、仕事にやりがい、って感じてみたいなぁ。

って、… どうなんだろ、もうすぐ社会人になって10年、もう仕事が楽しくて楽しくて仕方ない、どれだけ仕事してもかまわない、お金なんていくらでも構わない、コレをやりたい、って思えるような仕事、一度くらいやってみたいなぁ、なんて思ったり。 甘すぎるかしら。 甘すぎるよなぁ。 きっとみんなやりたくない仕事でも一生懸命やってお給料を貰って、上司とか同僚とかに褒められたり部下にプレッシャー掛けられたりしながら、だんだんプロになってきて、プライドを持ってきて、気が付いたらきっと仕事が有る程度以上に好きになっていて、、って感じなんだろうなぁ。


でも、カズって仕事が楽しくて仕方無い、に近い感じなんだよね。 基本的には仕事と日々の生活はきっちり分けているけど、仕事が大好きでこうすればもっと効率が良くなるのに、とかもっと良い結果が出せるのに、とか、家に居ても結構考えているし話している。 長い期間、仕事をすればするほど仕事が好きになって行っている感じ。 

私もそんな風に思ってみたいなぁ。 と、思ったり。 もーー社会人10年目、何を甘ったれた事を言ってるのか。既に自分の専門分野というか、プロフェッションを見つけて居なくちゃいけない頃なんだと思うんだけどなぁ。情けないわ。


ま、でも、なんか最近はちょこっと割り切っていて、お金さえ満足していたらやりがいも、お金も、両方なんてそんな贅沢な事わ言わないわ、と思ったりもするんだけどね。。 

1日のほとんどの時間を仕事をしながら過ごしているし、きっと一生の中で大部分を仕事についやる事になるとしたら、お金の為だけ、っていうのもどうなんだろうなーなんて思ったりも、する、んだよなぁ。 うーん。






2012. 07. 08

レンガに始まり石に終わる日曜日

いやー 腰が痛い。 もー、今のあたし、箸より重い物もてませんからっ! 
(ベラ=約12kgsは持ち上げられます)


今日は朝8時頃から市場行って―(あ、N子ちゃん、すまーん、声かけるの忘れてた。マーケットついてから思い出したし…)買ったものをいったん家に置いてから、ご近所でレンガを分けてくれる(無料)って人の家に行ってレンガを貰ってきました。 ただだよー 買ったら1個70セントとかするものを400個位(うっピー$280くらい得したわっ)貰っちゃったの。 ただ、これ、私たちの車に乗せるのが大変だったのよー トランクに4段重ねにして詰めて、家に帰ってきて下ろして、また取りに行って、それを5往復…。


で、そのまま、別の人の家にいって、今度は石を買いまして(50ドル)そちらは往復するには遠い場所だったので半分だけもって、半分は残してきて来週取りに行きます。 


P1020591.jpg




これでね、裏庭に道を作りたいんだ。

今うちの裏庭は土だけで、ほとんど何も植えられていないし(端っこに木がちょこっと有るくらい)なので私とカズもあんまり土のところは入らなかったり、犬が走り回って帰ってくると足の裏がドロドロになっていたりするのだ。 なのでちょこっと小道(と、芝生も、かなぁ)が有ると諸々楽ちんなのだ。



まだ、具体的な道のデザインをカズちゃんと考えているんだけど、 こんな感じにしようかな―なんておもってて↓




あ、、、こんな感じに、とか言いながら、、庭の大きさが全然違いますけどね笑 うちの庭はこんな庭園みたいにでっかくありませんが…。 


1_20120708164551.jpg

2_20120708164600.jpg

3_20120708164614.jpg

4_20120708164628.jpg

5_20120708164638.jpg


石と石の間にセメントを入れてぴったりくっつけちゃうか、それとも下に砂をひいたりした上に石を置くかは迷い中…。 私はセメント無しで行きたいな―って思っているんだけどカズはぴったりセメント派らしく。 雑草が生えてこないのは良いんだけどなぁ。 とりあえず実際にレンガと石を敷き始めるのは来週からなので、来週まで色々調べてみまーす。


それにしても、つかれたぞーー。


2012. 07. 06

前置きの長い自慢(?)話

あのね、上司がのんびり屋さんな訳ですよ。
オーストラリア人は往々にしてのんびり屋さんだけど、私の上司はかなりの重症ののんびり屋さんでしてね。 仕事でも、何かしらの依頼が来たり何かやらなくちゃいけない事が有ってもすぐに絶対にやらないのさ。 で、やらなくちゃね―とは言うんだけど、いつまでたっても着手せず、そのうち忘れちゃう、っていう事の繰り返しなわけで、結構色々な人から怒られているのよね。 困ったもんで。

ってなわけで、何を返事しなくちゃいけないかをわかっている場合は、のんびり出来ない私がどんどん代筆しちゃうのです。 って偉そうに言ったけど、私は弁護士じゃないので適当に私が書き散らした文章がなんの役にも立たなかったり、全然必要な事を言っていなかったりする事も結構あるんだけどね。

でも代筆した下書きの手紙があるだけで私から上司に、もう下書きまで出来ているのよ、あなたがチェックしてくれれば仕事が進むのよ、え、なに、まだチェックしてないわけ? そろそろお願いしますよ―、そろそろ見ました? オッケーですか? 清書しちゃっていいですか? え、まだ見てないの? みたいに日々上司にプレッシャーをかけられるので仕事がちょこっと早く進むのです。


仕事にいつまでたっても着手しない割には、一度手紙や文書を書き始めると、私にはもう違いがわからないような小さな英語のニュアンスにめちゃめちゃこだわって何度も書き直しをしたりする完璧主義の所もあったりしてね。私からしたら、I am going to...と、I will...って同じ事を意味しているって思っていたんだけど、上司の中では何かが違うみたいで使い分けていたり、I plan to do xxxxと、I anticipate to do xxxとか、もー同じだべ? って私が思っちゃうような言い方を使い分けたり、まー、弁護士って言うのは文章のプロであるべきだからか、なんか細かいのよ。 で、いつまでたっても仕事は進まないんだけどね。

色々規則はあるみたいで、同じクライアントに宛てた書類の中で(別の時期に送られていたとしても)同じ意味を指す場合は必ず同じ単語を使わないといけなかったり、同じ単語でも大文字と小文字を使い分けていたら、違う事を意味したりするらしいんだよね。 

例えば、 書類内で、House, Property, Residential Property, Premisesって違う言葉を使って“家”を表現した場合、それぞれはすべて違う“家”の事を意味しているわけで。 あと、これは常識範囲内なのかもしれないけど、Contractって言ったら何かしらの対象となる契約書をいみするんだけどcontractって言ったら一般的な契約書を意味する、とか同じ書類内のMembersと、membersは別のメンバーを指していたりとか。 文章を書くにもそれなりに気を使う必要が有るのです。

でも、カズ曰く、新聞や雑誌なんかのメディア向け文書は同じ意味でも別の単語にしたり別の言い方を使ったりして書く事が有るらしいので業界によって色々ルールはあるんだろうな。








・・・でね、こんな長い前置きを書いて、何が言いたいかというとね、まぁ、要するに自慢したい事があるんです、えぇ。



ってなわけで、自慢させてください、行きまーす。



あのね、ヨーロッパのビジネスパートナーに現状報告をしなくちゃいけなかったんだけど、上司が例のごとくいつまでたっても返信の手紙を書かないので、私が代筆したのです。

WORDドキュメントで3ページ半(ええ、Times New Romanフォント、サイズ11.5ですので、かなりの長文ですよ、えぇ。)書いたわけです。 

そして上司に下書きを見せた所、すぐにチェックしてくれたのですが、WORDドキュメントで3ページ半、Times New Romanフォント、サイズ11.5で3ページ半の長文(大事な部分なので2回言いました、ここテストに出ます)にも関わらず、1か所の訂正だけでOKが出ました。 この1か所も、複数形にすべき単語にSをつけ忘れたというだけの単純ミスでした(このミスが無ければ100点だったのに! くやしー)。 あ、単純ミスとかいいながら、私いつもこの単語にSをつけ忘れるのよね。 Detailって文字なんだけど私、何故かいつも単数形でしか使わなくて、上司にいつもDetailsって直されるのさ。 で、今日も例のごとくしつこく間違えて「だから複数形だって、Details!」って言われながら直された。



いやー でもね、なんていうか、うれしーねー。

今までも何度か私が下書きをした文章で一発OKは有ったのですけど、そういう文書って大体1ページとか半ページとかの短い文章でして。 しかも書いていた事も、大したことじゃない内容だったりしたのですけどね、今回の、これはマジですから。 何を書いてくれ、とかも言われていない状態で「サチがわかっている範囲だけでいいから、適当にかいてくれ、必要な事が有れば俺が後から足すから」って言われただけで私が何を書くかを決めて、書く順番をきめて、文章の構成も決めて書いた文章なの。


しかもね、私の前に上司と話していた弁護士(オーストラリア人)が書いた手紙を上司は、床に投げ捨てて、「なんだこの英語は。お前は大学出てるんだろう。すべて消して1から書き直してこい」って怒っていた直後だったので、あぁ、タイミング見誤った…っておもいながら、「あ、あたしオーストラリア人じゃないし、英語母国語じゃないから笑」とか言いながら恐る恐る提出した文章だったんだけどね。



いや、ね、日本に居て、日本語で文章を書いてそれが上司から一発OKをもらったからって何も嬉しくもないと思うけどやっぱり日々言いたい事が100%完璧に言える事はほとんど無く、1日に何度も単語が出てこない、っていう状態過ごしていて、いつまでたっても英語は上達しないなーアタシ、って思っていたりすると、こういうちょっとの事でも凄く嬉しくなるわ。

って言っても、なんかやっぱり、理想とする英語力には到底到達していないんだけどねぇ。 いつか到達したいなーって思うんだけどなー。 オーストラリア人が気を使って「…サチは英語がうまいよ?」って言ってくれているうちは、私の英語はまだまだ何だろうなと気付きました、最近。 どんなにアクセントが有っても本当に英語がうまくてペラペラ人にはオーストラリア人は英語がうまいね、とは言わないもんな。  同僚のマレーシア出身の弁護士(英語ペラペラ、でもアクセント有り)は誰からも英語力についてコメントをされた事は無い、って言っていました。 そりゃそうだ、オーストラリア人から見ても同等、もしくはオーストラリア人以上の英語の実力を持っているんだもんなぁ。

私も、「君の英語は上手だよ」ってオーストラリア人から言われない位、英語が上手になりたいものだわ。



2012. 07. 04

すかしっ屁の河童

なんだかんだいっている間に、もう7月です。 日本の7月がもう想像できなくなりつつあるオーストラリア3年目でございます。 
こっちは冬本番って感じで

…っていっても、日本の冬と比べればアデレードの冬なんてkappa.jpg なんていうか、まるで屁の河童なんだけど、プリっ。




と、思ってたんだけど、やられました。


なんか面白いほど冬になるとみんな風邪をひくんだよねー。 うちのオフィスだけの兆候かと思いきや、この前の月曜日に、ちょっと死ぬかも?って思って(って、はい、大げさです、はい、余裕で死にません←日本語が酷い。日本人としてどうなのか、この文法は) 町のお医者さんに電話してみて貰おうと思ったら、予約でいっぱいで、木曜日までちょこっとの空きもありませーん。って言われまして。 どうやらこの辺にお住まいの方、みなさんどうやら体調が悪いらしいです。 

てか、月曜日に死にそうで電話して(いや、だから死にそうじゃなかったけど)、木曜日まで空きがないって、もう、木曜日の時点では、既に風邪は完治してるか、死んでるかどっちかだよ!って思わず言ってみたけど、ま、「はぁ(ため息)ソーリー(←投げやりなソーリーね)」って言われて終わりでしたわ。






今年の冬の寒さはどうやら屁の河童 kappa.jpg ではありませんでした。 とかいって、たぶん平年並みの普通の冬なんだけどね。



…ごめん、この河童の禿げ具合がウケル。 
趣味悪くてすみません。 いや、ってかさ、体調悪いなか、白ワイン飲んでのブログ更新ですので、こういう事も起こりえるでしょ!? でしょ!?(逆切れ)


なんていうか、この麗しの32歳乙女の (“32歳”と、“乙女”という言葉達が矛盾するような気がするのは、気のせいです) この私の声が、なんていうか、控え目に言っても新宿四丁目、単刀直入に言うと、“トラクターに踏みつぶされた瞬間の牛ガエル”みたいになってまして。 電話とか取っても、相手の戸惑いが手に取るようにわかって心が痛くなる瞬間多々。 え? 男? 女? てか、え? 風邪? それとも声裏返っちゃっただけ? みたいな。 ええ、すみません、常に裏返ってますから。

とりあえず、回復してきていますが、オーストラリア人のマシンガントークに併せて自分もマシンガントークが出来るようになるまで復活するには、来週までかかりそうでございます。 ま、私、治ったところでマシンガントークあんまりしないけど(笑


しかーし、なぜ、カズちゃんはまったくもって風邪をひかないかね。 体力は私の方が有るはずなのに。 と、思ってたのに。




でも、うちのオフィスの良いところは、風邪をひいた人が居ると、頼むから会社に来ないでくれ、っていうモードになる事なのだ。 日本で私が勤めていた会社だと、風邪をひこうが熱が有ろうが、咳が止まらなかろうが、とりあえず会社に来い、とりあえず仕事をしろ、他人に自分の仕事をやらせるな、とかそんな雰囲気が満載だったのだけど、今の会社では、会社に来ないで、うつるからっ 休んでくれ、頼む―ってなる。 間違って、日本的な感覚であんまり休めないし、、、っておもって会社に行くと、帰ってくださいって言われて、自分が帰った後に風邪菌を殺すルームスプレーとかを撒かれて、電話とか自分が触ったものとかを殺菌剤を使って拭かれる… おもいっきりばい菌マン扱い。 

はい、帰りますよ、バイバイ菌baikinman.jpg ← コレが言いたかった。


だから、休む時はちゃんと休めて嬉しー。 やっぱり良いわーオーストラリアで働くのって♪って思う瞬間。 年間の有給は4週間(20日)あるけど、それの他に病欠休暇が2週間(10日)貰えるようになっているので通常の風邪であればこれで十分。 でも旅行とかに病欠を使う事はたぶん出来ない…けどうちのオフィスは緩いから、頼めばやってくれそうだなぁ。


てなわけで、今週は1日半も休んじゃいました。 (2日目は会社に行ったんだけど、ばい菌マン扱いで強制帰宅でしたー) 楽ちんな週だわ―♪ きちんと休んだおかげで大分復活。 家に居ると良いね― 1日中パジャマで犬と一緒に居られて。

最近犬と一緒に過ごしていても、犬と話すって事が少なかったし(って、まぁ、あたしが一方的に話しかけたり、犬の歌を歌ったりしてるだけだけど―ベラチンの歌、とかコマちゃんの歌、とか、ベラコマの歌、とかベラコマカズちゃんの歌、とか色々あるのだ。 て、32歳、こんな感じで良いのか、日々自問中) 犬と一緒に過ごすのって幸せ―。


うちの犬たち、大分仲良くなりました。 
小町が最初にうちに来た時はベラは喧嘩はしないまでも、ひたすら小町の事をウザそうにしていたり、無視したりしていたけど今は仲良しで

2_20120704193935.jpg


こんな感じでいつもくっついてる。
コレを書いてるいまも、二人でくっついて寝てるんだな。 もう、ベラもだけど、とりあえず小町がベラの事が大好きでちょこっとでもベラが見えないとクークークークークークークー って、ウッサイワ アンタっ。 小町は最初からベラの事大好きだったけどね(笑  とりあえずベラがちょっとずつ小町と仲良くなってきて、今じゃ大分仲良しになったのでうれしい限りです。 


1_20120704193944.jpg

こんな感じでねてるんだよー もー もー もー 飼い主がニヤニヤしながら写真撮っちゃうじゃないですかぁ。 







 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク