The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007. 11. 12

犬輸出

ベラ(ペット、フレンチブルドック)を連れてオーストラリアに行く事が凄く不安な事のひとつで、もしかしたら今、渡豪に関して一番不安な事かも知れません。
もともとベラが性格的に人見知りで寂しがりやな事もあり、少しでも私や夫が留守にしていると、食事をしない、熱を出す、吐き気が止まらなくなる…など本当に手の掛かる犬なのです。
でもやはり家族ですのでこの子無しでの渡豪は考えられない。
飛行機自体にも暑さに非常に弱いので乗れるかどうか、乗っても無事オーストラリアにつけるか分からない、という非常に不安な種類でもある。
(2007年から短頭犬種は暑さに弱く死亡する例が多い事からJAL、ANAは輸送禁止としている。 外資系航空会社は本日現在ではOK??)

以下が犬をオーストラリアへ輸入する時に取る必要のあるプロセスになります。
 
- 輸入許可書申請用紙
- クレジットカードによる申請料金の支払い (1匹280ドル)
- 民間獣医師による診察治療時の同意書 
 をオーストラリア大使館農務部/鉱業・エネルギー部に送付。

輸入許可証が届いたら、出国する空港の動物検疫所に連絡を入れ、
血液検査(犬のみ必要)のスケジュールや予防注射など輸出条件を教えてもらいます。
血液検査は横浜の動物検疫所本所でしますがスケジュールをもらってからでないと出来ません。
現時点では輸入に関しての規制が追加された事もありかなり輸入手続きが滞っている模様。
検疫所はシドニー郊外、メルボルン郊外、パース郊外の3ヶ所しかない事もあり申請してから実際ペットを送り出すまで現時点では5ヶ月以上かかるようです。
オーストラリア到着後は最低1ヶ月検疫所で繋留されます。 (成田でひこうきに乗せてから、現地の検疫所での面会までは会えない)
メルボルンの検疫所を2007年夏のオーストラリア視察時に見てきましたが、犬が常に吠えていてベラは相当ストレスが溜まりそうだなという印象でした。メルボルンから電車で10分程度の場所で田舎でしたが不便な場所ではありません。
検疫所ではベッドや食事のほかグルーミング、クリーニング、風呂、クリニックなどの設備も整っている?との事で検疫期間中は専門のスタッフが世話をするようですが…あの外見からはあんまり良い設備は創造できません…。
ちなみに輸送中に使用された毛布やおもちゃは到着後は処分されます。 調理済の食事、毛布、おもちゃなど持ち込む事も出来ますが、その場合はオーストラリア国内で購入された物に限り、事前に検疫所に連絡が必要です。
オーストラリア検疫検査局専属の獣医師は特別な診療や治療はしなく、(週2日程度の回診しかしないようです。)また病気になった場合の費用は飼い主負担となります。

また検疫期間は最低1ヶ月は掛かりますが、期間の預かり費用が$17.55 /日 掛かりますので最低期間での検疫が完了したとしても526ドル。 決して安い金額ではないですよね。
ほんとチャキチャキ働いて欲しい!!

オーストラリア検疫所にしてみればただの仕事なのかも知れませんが、各犬はその飼い主にとっては犬のストレス、飛行機輸送の危険、費用など色々なデメリットが有る中ででも一緒に連れて行きたい家族なのでそこを理解して犬と飼い主のストレスが最低限ですむように対応してもらいたいと切に思います。
また、私は何があってもどんなリスクがあったとしてもやっぱりベラを日本に残しての渡豪は考えられないのですが、夫は、ベラの命の危険が有る飛行機輸送に非常にネガティブで、私達が来て欲しいから命を懸けて一緒に来てくれとベラに言うのは自分勝手なのでは、とも言っていました。

凄く分かる。

共働きの私達がベラに1日24時間中20時間はケージの中で生活をする事を強いる事だけで充分人間の自分勝手だと思う。
ましてやオーストラリアに行くって勝手に決められて勝手に命を懸けさせられて、飼い主と1ヶ月以上も離れて知らない土地で生活を強いられて、そんなの本当に私たちのわがままだと思う。
本当にベラには申し訳ない。
でも、犬を飼うと決めた時点で、家族としてどんな事も一緒に経験して生きていくって決めたのだからベラにもとことん付き合ってもらう。
私たちにはベラにとって何が本当に一番良いのか分からないのだから、私たちが考えるベラにとって一番良い事をベラのために選択してあげようと思う。




スポンサーサイト

COMMENT▼

そっか・・・。犬を連れていくのってそんなに大変だったんだね。一緒に飛行機にも乗れると思っていたし、ベラにとっても全然負担にならないものだと思っていたよ。
1か月は長いね。そしてオーストラリアはべらにとって過ごしやすい気候なの?

はじめまして!

はじめまして、突然な書き込み失礼します。

このページを拝見させていただきぜひとも相談したいと思い、
書き込みさせていただきます。


と、ゆうのは僕もオーストラリアパースに犬を連れていこうと考えています。

実は今年の初めまではパースに住んでいて、日本に住むことになったので
今年パースから愛犬ビーグルを連れて日本にきました。
が、来年にまたパースに連れて一緒に行こうと考えているのです。。

そこで、どのように輸出したのかを、知りたく思いメールさせていただきました。

LIME44さん

はじめまして。
コメントありがとうございます。

私達が犬を連れてきたときのあれこれはブログ内の「ベラ検疫関係」というカテゴリの中に書いてありますのでご参考いただければ、と思います。 
ただ2009年時点の情報なので、変更がないか日本のオーストラリア大使館にお問い合わせいただいたほうがよいかもしれません。私も何度かネット&電話で相談させて貰いましたが、丁寧に色々教えてくれました。
 
あとは、ビーグル犬に特別な配慮が必要かどうかを獣医さんにお問い合わせ頂いたほうがよいかもしれないです。(私の場合はフレンチブルドックでしたので温度管理の必要性等々がありました) あまり暑い時期や時間の輸送は避けられたほうがよいかもしれないですが、ビーグルであれば乗せてくれる飛行機会社も多いと思いますので飛行機内の温度管理や、トランジットの際の温度管理他については飛行機会社に問い合わせてみてください。私の輸出時にはオーストラリア向けの犬の輸送は全て貨物扱いで行う事になっていました。

あとは、輸出前までにシドニー、メルボルン、パースのいずれかの検疫所にワンちゃんのスペースを予約しておく必要があると思います。輸出書類などは獣医さんにお願いして作って貰ったり、輸出直前には予防接種が必要だったりもします。

無事にオーストラリアに着ける様、お祈りしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 犬をオーストラリアに連れていきたい

カギコメでコメントを頂きました方、コメントありがとうございます。
ただ、私が犬を連れて渡豪しましたのは5-6年前になりますので色々とその後変更が有ったかと思います。 間違った事をお教えしてしまうわけにもいきませんし、オーストラリア検疫所のウェブサイト等をご参考になさった方が適切な回答が得られるかと思います。
http://www.daff.gov.au/biosecurity/cat-dogs
色々とご心配な事が有るかとは思いますが犬の健康面など含め獣医さんとも相談なさってください。お役に立てず申し訳ございませんがどうぞご了承くださいね。 みなさん安全に渡豪出来ますように。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/11-3a86c75a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。