FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2009. 06. 15

仕事探し6月15日現在

今日初めてCold Canvassing なる物をしてきました。
履歴書を持って飛び込みで自分を売り込むという物で、レストランやショップ等では
よく使われる手段だと聞いていましたが、どうやらこれは通常のオフィスワークや
技術職などでも有効だと知りましたので早速試してみました。

まずはインターネットや経験者からCold Canvassingについて調べて以下の手順を踏みました。
Cold Canvassingは電話でも直接訪問でも良い様ですが私は英語力の問題も有るし、可能性が
上がる気がして(根拠なしですが笑)直接会う事を選択しました。

やり方としては特別な事は特に有りませんでしたが
1、 企業を訪問し、受付があれば受付に自分の名前を名乗りHRマネージャーに履歴書を見てもらいたい旨を告げる
2、 HRマネージャー、若しくは担当を呼んで貰い名前とキャリアヒストリーを簡単に告げ、近くインタビューの予定は無いか、若しくは後日改めて時間を貰いインタビューをして貰えないかと頼む。 その場でインタビューしてもらえればベスト。
3、 履歴書を置いてくる。

私の参考にしたネットにはCold Canvassingはアポイント無しでの突撃になるので
相手の時間を取り過ぎないように、しかし出来る限り自分のキャリアを説明し、
どのポジションを狙っているのかなどを告げられるように練習しておくべき
と書いてありました。
また現時点でNOの回答で有っても履歴書は必ず置いてくること、また将来的に募集が
掛るときは連絡して欲しいと言う事。(その為にはどこまで短時間でアピール出来るかがキー)
との事でした。

まずは初めてのトライなので場数を踏むためにも、今日はLegal Secretaryのポジションに絞り
アデレードCBDの法律事務所をリストアップしました。
アデレードの中心部だけでも相当沢山の事務所があることに驚きました。
取りあえずリストの上から50個強のオフィスの住所、電話番号、専門エリアを昨日に
調べて置いたのでそれを元に朝から突撃。

私は弁護士秘書の経験は正直、とても浅くキャリアとして数えられる程でもないのですし
そんなわけで、履歴書上のキャリアやアチーブメントも非常に弱いので、これで
仕事が見つかる可能性は低いのではないかなと思いますが本命の企業へいきなりアプローチを始めるよりは、
まずは練習として弁護士事務所から始めることにしました。

履歴書はLegal Secretary用にアレンジした物を、専用のCover Letterと共に1社ずつ
ファイリングができるような簡単なクリアファイルに入れて各社に渡しました。

実際55社程の法律事務所をリストアップしたのですが朝10時から16時頃までCBDを
歩き回っても実際履歴書を渡せたのは20社でした。
リスト内の住所に事務所が存在しない場合や、パートタイムの職しか雇っていないという
事務所、また余りにも汚い事務所などは省きました。

受付に行きHRマネージャーに会いたい旨を伝えましたが実際にHRマネージャーに
会えた事務所は訪問した20所強の事務所の中でゼロ、
HR関係者に会えた事務所は1所
現在Hiringをしている、と答えた事務所は1所、
履歴書さえ受け取ってくれなかった事務所は2所、
残りは、現在はどこのポジションも募集をしていないが履歴書は預かる、というスタンスでした。

履歴書とカバーレターをクリアファイルに入れた状態で置いてくるわけですので、
HR担当が最初に目にすることになるカバーレターの内容がとても大事だと感じました。
8割増の内容で履歴書&カバーレターを書いたつもりでしたが、途中でコーヒー休憩を
取りながら自分の履歴書を見直した際にもっともっと誇張した内容でも良かった
のかなと思ったのと思いました。 また履歴書に「I~」の表現が多い事も気になりました。
気づくのが遅くて今さら…なのですが、本命のオフィスワークへのアプローチをする際は
そう言った所に気をつけてカバーレター他を作ろうと思います。

まだまだ先は長いな¬ーという感じですがインターネットだけでなく実際に事務所に飛び込んで履歴書を置いてくることで、私が最初の面接のときに失敗を繰り返す事なく、
周りの治安や環境、オフィスの雰囲気などを実際見て判断し、その上で仕事にアプライすることが出来るので
ウェブアプライや新聞のみでのアプライよりプラスだと思います。
また、今日履歴書を渡した20所のうち1所のみですが、General Administratorの
ポジションなら空いてるかも、そちらの部署にもコピーを渡して見るねと言ってくれた
事務所がありました。 その際に、この履歴書は送られてきたものではなくて
実際に持ってきてもらったものだってことも伝えておくわ、という一言が有ったので
やはり持ち込みという手段がやる気の面でのアピールにもなるのかなと思います。

所で。Cold Canvassingは本当にこんなものなんでしょうか?
事務所に入って、受付と話して、履歴書を渡して… どの事務所も正味2-3分で
事が足りる位、呆気ないものでした。
移民の先輩方、Cold CanvassingについてコツやTipsがあればお教えください。

とりあえず今日もこれからウェブアプライがんばるぞー!!
スポンサーサイト



COMMENT▼

レベル高っ!!

すごーい!!読んでて鳥肌たってもーた、汗
オフィスワーク系でも飛込みって有効なんだぁね。
20社まわっただけでもとっても大変なことだと思う。
お疲れさまでした。と、きっとこうしている間もネットでどんどんApplyしてるのかしら?
ホント、サチさんの計画性と行動力、尊敬しますっっ。
こんなに真剣に職探ししてるんだもん、絶対に満足いく会社見つかるよ。うん絶対!!
自分なんてレストランのバイトだけでも3日間ぐらい悩んでお店の前を行ったり来たり何往復するんじゃい、この不審者が!!っていうくらいなのに・・・。ホント反省いたしやした。
うーん、良い刺激になった。ありがとう!!!!見習ってガンバろうっと!!

え、Meggiちゃん今軽くハードルあげたでしょ。

あらま、これこそ本当の褒め殺し… まさか殺したあと焼いて食べようとかたくらんでないよね笑??
いや、なんか私どうやら熱しやすく冷めやすいんだよね笑 熱してる間にやらないと永遠にやらない自分の性格を知ってるもんで…汗。 あとは日々減っていくお金の計算をしたら焦りまして。(いやぁ現実的だなぁ)

なんか歩き回った甲斐があって実はあした面接に呼ばれてるんだけど今まで、自分の言う予定のセリフをビデオカメラの前で練習したのを録画して見てたんだけど、かなりゲンナリしてきた…
挙動不審丸出しだ!! 目は泳いでるし半笑いだし頭は揺れてるし…。 あたしならとらないよこんな怪しい子。 我ながら自分自身が不憫に思えてきたよ…。 はぁ。

あぁこれ以上自信がなくなったらヤバいのでもうカメラの前で練習するのは止めよう・・・泣
とりあえずイメトレしながら寝よう。 

仕事探しですか

ああ、いつのまにかもう豪州だったんですねぇ。

豪州で最初の仕事探しのときは、本当にうからなくて100社以上応募した記憶があります。
飛び込みは、同じところでも繰り返しローテ組んで、しつこくならない程度に行ったほうがいいですよ。タイミング良ければ面接までいけます。
後は、時間がある間に、ボランティアワークを見つけて、この国の社会に慣れるのもいいかもしれません。

通常のアプライ、例えばネットなどを経由しての応募の場合には、書類が通れば、たいがい次は電話でインタビュー、だいたい15分から30分くらいですから、想定される質問は考えたほうがいいです。日本と違ってそう意地悪な質問は出ないので、リラックスしたほうがいいですよ。

Kennyさん、

Kenny さん

ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます、

早いものでもうアデレードにきて2週間ちょっとが経ちました。
仕事も探し始めて2回目の面接に今日行ってきましたが、おっしゃる通り基本的な質問をされただけでした。
こちらの人は履歴書でもうだいたいとるかとらないかを決めちゃうのですかね?
本当に大した質問をされないまま終わりました。

英語での面接は本当に緊張しますね。
思うように思った事を伝えられないしオーストラリア英語も聞き取りにくくて何度も聞き返してしまいました。

とりあえず決まったのでほっとしていますが、あまりにも立派な履歴書を書いてしまったのでこれからが怖いです…。

はじめまして

最近あちらこちらと、いろんなブログを徘徊してて、豪就活に関する内容に飛びつき、お邪魔しております。
まさしく私もMeggiさんタイプなので、サチさんの爪の垢 ブリスベンに送ってください!
どこか他力本願・がんがんいけないタイプでAUSに来てから、ダメだめな私。ほとんど Seek等のネット申請しかやってなくて、あっとういうまに就活始めて2ヶ月経ってます。さすがに旦那にあきれられて、"Cold Canvassing"らしきものをするべきだって強く押されていたのですが、実際どうやって、職場を見つけて行くのかすら、分からず戸惑い、目を背けて来ました。
普通のオジーですら、こわがってやらない友達の話を聞いていたので1、ここで、こんなに詳しく"Cold Canvassing"のやり方が書かれていて、ちょっとやってみようかなという気になりました。そして、面接までいけたら、がんがん自分をアピールできるよう、準備していきたいと思います。あきらめず、希望職種ねらって行きたいです。
ちなみにサチさんは、ローカルじゃなくても、海外就職経験ありですか?
後ですね、サチさんの場合ないのかもしれないですが、書類審査の段階で落ちで、「残念ながら・・・」のメールが来るとか、ま、面接の後日でも どこが物足りないとかのフィードバックを企業側に問い合わせた事ありますか?してもいいんでしょうかね。
いつも、寝る前は明日はやるぞ!って思うんですけどね。
また、ブログ遊びに来まーす。

SatomiTigerさん

SatomiTigerさん
申し訳ありません、頂いていましたコメントを見過ごしてしまっていた為、返信が大変遅くなってしまいまして失礼いたしました。
その後の経過などはブログをアップしていたのでご存じだと思いますが頂戴しておりました質問についてお答させて頂きます。

私はオーストラリアローカルも、日本以外の海外就職経験はありません。
アメリカの大学に在学中にキャンパス内のケータリングの仕事をしたことはあるのですが、流石に履歴書に書けるものではないだろうなと思ったので省きました。しかし後から聞いたところ、日本以外の(特に英語圏で)仕事をさせてもらえるだけの英語レベルがあるというアピールになるので何かある場合はバイトであっても書いた方がいいと聞きました。

また履歴書については私もウェブ、Cold Canvassingと結構な数の履歴書を送りましたが、ウェブ上から(Seek.comから)履歴書を送った際に残念ながら…の返信がきた会社はゼロ(たぶん100件位送ったと思います)、Cold Canvassingの場合は20社まわって 6社でした。 
企業への問い合わせは、私は2社の面接しかしておらず2社とも幸いながらその場で採用ということになったため経験していないのですが、Seek.comの面接Tipsのページに詳しく記載がありましたのでよかったら参考にされてください。そこには回答するといわれていた日までに連絡がこない場合は問い合わせる、またNGの回答をもらった場合は何が不満だったのかを問い合わせても構わないとありました。
正直にこたえてくれない場合が多い、とも書かれていましたが問い合わせること自体は問題ないようです。

就職活動について偉そうに言えるほど知識がないので恐縮いたしますが、私の感想としてはウェブ上からのアプライよりもNGの場合でも回答率が高かったことや「直接持ってきてくれたことをメモで付けてHR担当に渡すわね」と言ってくれたりとColdCanvassingの方がチャンスは高いのかなと感じました。
受付担当も飛び込みには慣れている様で、だいたいは書類があれば預かるわよとあしらわれてしまってHR担当には会えず2-3分で終わりました。ウェブで送るより時間も労力もかかってしまいますので働かれたい会社が同じエリアに固まっていれば良いですが違う場合はちょっと大変ですよね。

と、こんなところで回答になっておりますでしょうか?
SatomiTigerさんの就職活動がうまく行きますように。
私はまだこちらに来たばかりであまり上手にお答できることがないかも知れませんが、また何かありましたらお問い合わせください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/115-a8ce1a30

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク