FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2009. 09. 08

弁護士と言う職業

私は普段、法律事務所という職場上、どうしても皆様のプライベートをのぞき見してしまう事が多いのですがどうしても聞いていて辛い事例を良く見てしまいます。 みんなどうせなら弁護士とは一生関わらずに生きていきたいのだろうけど、どうしても弁護士が必要になるとき、というのは人生の中でもかなり辛い時なのだと思いますので冷静に居てほしいと思うのは難しい注文なのは重々承知した上で業務にあたっております。 
普段から事務所の電話を取る事が多い私なのですが、新規のクライアントだと大よその内容を聞いた上で弁護士に回すことになっていますので大よその内容を把握することになります。 どうしても案件によってはやはり感情的になりますし電話口で泣いている方やヒステリックになっている方も居て、なるべくこちらは冷静にプロフェッショナルに対応を、と思っていますが、これがとても難しい所。 
いかんせん、なによりもまず英語が聞き取れない事が結構あるのがまずいのです。
こういう方に「すみませんがもう一回行ってくれますか」とか「もう一回ゆっくり繰り返してください」とか言うのはとても勇気がいるのです…。 普段の会話なら何の躊躇いもなくもう口癖みたいに繰り返してますけどね、こういう電話をかけてきた方にはせめて電話の受け答え位は感じよくストレスフリーで対応してあげたいのです。 
まだまだ修行が必要でございます。


普段の業務でよく見る証拠書類として提出される手紙なども「I hate everything about you」(あなたのすべてが嫌い)、とか「I hope you die and go to hell」(あぁ…ブログにもこんなこと書くべきじゃないですね、迷ったんですけど)とか書いてある手紙が添付されていたりすることが多々あって、ただのアドミンの私でもチラッと見てしまうだけで若干の精神ダメージあります。 
それぞれに対応する弁護士という職業はやはり途轍もなく大変な職業なのだと思います。人の人生に深くかかわる仕事というのは中途半端じゃできないですし覚悟がいる事ですよね。やはり弁護士と話すと学ぶことが多いです、仕事への姿勢とか。やっぱり彼らは頭イイだけじゃないです。



所で、私個人の仕事内容としてはこういう普段のクライアントのフォロー、裁判所への提出書類の準備(原稿は弁護士が書くけどその書類のコピーや製本など)、弁護士のスケジュール管理等々の秘書業務の他に弁護士事務所自体の認知度を上げたりクライアント数を増やすためのマーケティング業務をしています。
現在はウェブマーケティングを始めた所で、アデレードで誰かがインターネット上で特定のキーワードを打ち込むと勤め先の弁護士事務所の広告が表示される様に設定したのですが、ここでもかなりの数のニーズがある様です。私たちの競合が同じく広告を出しているので特定のキーワードを誰かが打ち込んでも私たちの広告が競合に負けてしまって、ネット上に表示されない事もあるのですが、それでも週に20,000回位は私たちの広告が表示されているので、アデレードのみでも少なくてもその何倍かの回数を誰かが法律上の助けを求めてネットを検索している事になります。 そのうちの10%位の人が実際に私たちのウェブサイトに来て、またその中の10%程度が実際に私たちに助けを依頼してきます。 (そうなんです、ちょっとあまりこの広告効率が良くなくて今四苦八苦しています。 もっと多くの人にサイトに来てもらってもっと多くの人に依頼を貰いたいのですが…)

アデレードの人口は110か120万人のはずなのでそのうちの10,000人前後が(一人が1週間に2回検索したとして、だけど)1週間に法律上の助けを求めている、って凄い数字だと思う。  うーん、どうだろうもっと人数は少ないかな、1週間に一人4回としても5,000人/週。 だって私の勤め先なんて本当に小さな小さな法律事務所でしかないのにです。 



そんなうちの事務所に来る引き合いのなかで断トツ一番多い内容はやはり離婚に関する物です。オーストラリアも離婚率は少し前(30年位前)よりもだいぶ改善してきたものの今でも3組に1組位の割合で離婚しているので引き合いが多いのは当たり前なのかも知れないですが。 (1970年代に法律改正が有って離婚率が上がった様です)
当人同士の他には分からない理由もあっての離婚のはずですし、それ自体が悪いこととは私自身は全く思いませんが、離婚率だけみるとアメリカほどでないにしても高めなんじゃないかな。 移住目的の偽装結婚なども結構あるようなことを弁護士から聞きましたのでそういう人たちの離婚もあり離婚率が高いのかも知れませんがオーストラリアは永住権や市民権があると国からの補助が非常に手厚い事もあるので、離婚した後の生活の不安が少ない事も理由の一つになるのでしょうか。弱い立場の人を皆で力を合わせて助けるというのは国の政策として必要なことだと思いますが、ただ怠けていてそれを利用する人が居たり悪用しようとする人が居るのも事実ですよね、どんなに良い法律でも政策でも穴はある物だと思います。
16歳でアメリカに居た時に同い年の子が妊娠して結婚し出産したのちすぐに離婚していましたが、働くなり今後の事を真面目に考えるべき、というソーシャルワーカーの人にその子は「国から手当てが出るから働かない」し働きたくもない、と言い切っていました。 その子の場合は子供も政府からの援助の為に利用していた節もあって見ていてかなり複雑でしたが、オーストラリアでも同じように、すべては悪用しようと思えば出来てしまう、そして一般市民だったり納税者だったり、若しくはもっと近くの家族や友達なんかに負担をさせることになるというシステムが予想以上に多く罷り通っている事に、特にこの離婚関係は普段の事務をしていても不満と怒りを感じる事が多々あります。


そういう法律や政策などの微妙な部分の為に弁護士が居るんですよね。
私の仕事はただの、あんまり使えない秘書ですし雑務&ちょっとのマーケティングに過ぎませんがそれでも弁護士の仕事の重要性を考えると、元々は第一希望からは外していた弁護士秘書の仕事にもいつの間にか少しの誇りをと責任を持って毎日過ごしている事にびっくりしつつ嬉しくも感じています。 弁護士のように直接誰かを助けるという立場ではないけれど、少しでも弁護士がうまく立ち回れるようにフォローしたり準備をしたり。 どちらかというと私は自分が外に出て誰かにフォローをして貰いたいタイプだと思っていたのですが、この秘書というフォロー側の仕事もやりがいを感じています。 自分が弁護士程、他人の人生に責任を持つ自信がないからこそ弁護士という職業を凄いと思うのです。

しかしなんとも、もうちょっと英語力どうにかしなきゃなぁ。 私の英語力ではアシスタントもまだまだこなせていないのです。 
のクリック↓をお願いします。





スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/138-f7fb1f4a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク