FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2009. 10. 27

RSMS挑戦してみます。

ええと、ビザの件、方向性が見えてきました。

私たちの申請しているSRSビザ(オフショア)のままでは2010年の6月以降に今の私のWHビザが切れること、セカンドWHを取ったとしても2011年6月まで。それ以降少なくても1年半はビザ無しになる可能性があるけどベラがオーストラリアに居る私達にはここを去るという選択肢は無し。よって今までSRSオフショア用で払ったすべての金額を捨てる事になるけど(涙の100万円。さようなら)新しいビザを申請することで考えていました。

オプションとしては

1、 SRSのオンショアを申請して2012年以降の審査までブリッジビザで滞在、2012年以降にSRSビザを取得してから更に2-3年をアデレードで過ごしその後永住権を申請。

2、 RSMSビザを申請‐現在の雇用主にスポンサーして貰う事が必要だけど申請からビザ取得まで、恐らく長くて数か月、即永住権。

の2個がありました。 私もカズも時間がかかりいつまた規定が変わり振り回される可能性がある1の選択肢よりも即永住権の2の選択肢で行きたいと思っていました。

ただこれには雇用主の協力が必要であり、雇用主側はビザ申請者が現地人にはない能力を持っている事を証明し(同等の能力を持つ求職者をオーストラリア人からも探していたが見つからず当ビザ申請者を雇う事にした事の証明などが必要)、会社自体のファイナンス状態やコンプライアンスの規定などの審査を通る事が必要で、更にビザ申請者に少なくても2年の就業を保証する必要があるのです。
  (ただ、勿論そのビザ申請者が非常にすぐれた能力の持ち主だけどビザの制限の為に継続雇用をしたいのに出来ない雇用主にとっては、ビザを上げる代わりに2年間はその人材の雇用を確保できるのです。 ってか、本来はこっち。ビザ申請者からお願いするなんてちょっと違う っていうビザなんですけど汗)


なにはともあれ、私たちには(っていうか私には)


いや…  む… むりだろ。



って思ってました。 結構自信満々で100%無理だろうなって正直思ってました。



ただ、どうせダメならとりあえず当たってみても良いでしょ、って事で今朝ほんとうにダメもとで上司に現状を話してみました。


私: 今年中に降りると思っていたSRSビザの発給が2012年まで凍結されて、このままだと現在のビザの制限で今年の12月には会社を辞めなくてはならなくなります。

まで、言った時に、上司が


上司: で、オプションはないの?


と聞くものですから、調子にのって
オプションは貴方から、というかこの会社からスポンサーして貰う事で永住権が取れるので仕事を継続する事ができます。

と言ってみると


上司: で、サチはそれをやりたいの?

私: うん。


上司: じゃ、やってみよー。


って感じで2-3分で決まりました。



まじ? そんなかんじ?



って思わず聞き返しましたけど、


上司: うん、そんな感じでしょ。


って。
 (でもこのあと、2年間ポジションを保証してもらう必要がある、とか云々カンヌン説明しました)



こんな感じで、私とカズのビザはRSMSで行くことに決まりました。 でも現時点では勿論、会社がスポンサーしてくれる事が決まっただけなのでここから会社自体、そして私自身が移民局の審査を通る事で初めてビザが発給される事になります。 

ただ、いまもし移民局の変更が無くoffshoreのビザが下りていたとしたら永住権までさらにこれから3年近く掛っていたはずの所、上手くいけば、ですが来年の初めには永住権が下りているかも知れない状況になりました。(ほんとう、上手くいけば、なのですけど。 でももしRSMSがうまくいかなくてもSRS Onshoreの手もあるのでその場合は会社を辞めないといけないし、更にSRSまで3年近くかかるけど、どちらにしてもビザは何とかなりそうなのです)

そして更に、RSMSがもし取得できたら、3年後に永住権を申請していた事を考えると金銭的にも、すっごくすっごく余計にかかっちゃったって事でもないように思います。 本当にどこで何がどう転ぶか分からないです。 移民局の変更時はそれなりに落ち込んでパニクったけど、あの変更がなかったらこんな飛び級の可能性もなかったはず。

今回の事は、ただ私が良いボスに出会えてラッキーだった、という一言に尽きると思います。 どんなに自分に甘く見てもどう考えても私のやっている仕事自体も私の能力も現地のオーストラリア人で賄える仕事なはず。というかむしろオーストラリア人を雇った方が確実に私を雇うよりも英語の面で効率がいいのは間違いないはず。 ボスが人助けのつもりで、約束をしてくれたのは間違いないと思われます。
本当、彼にはただただ感謝です。

なんか、日本では私仕事はお金の為にしかしようと思ったことが無かったんだな。やりがいよりも人間関係よりも仕事内容よりも何よりもお金が良い会社を選んで転職してる感じもありました。生活するために仕方なく働くけど、ただ、欲しいものもいっぱいあるからお金はいっぱい欲しいからなるべくお給料が上がりやすいように、効率よく、自分が良く見えるように働く、という感じでした。

でした、というかでもやっぱり今でもお金が一番大事だなぁきっと。 お金貰えなかったら仕事する意味ないって思う。 でもなんかオーストラリアにきてちょっと、もっと仕事って楽しんでも良いんじゃないかなと思うようになったし、今日、ちょっとだけこの会社をもっと良くしたいっていう風に思う人(あたしの夫がよく日本に居る時、「今の会社をもっと良くしたいんだ」って言ってた)の気持ちがわかった気がしました。 進歩だなこりゃ。

まだビザの審査も始まっても居ないし、審査を通るかも分からないけど何よりも私の上司が私をスポンサーすること、私に向こう2年間の仕事を保証する事に全く躊躇する様子もなく 即答で「良いよ」、と言ってくれたことがすっごい嬉しくて、なんかしばらく仕事にならなかったです。

ビザの件、振り回されっぱなしだけどこんな風に転ぶこともあるんだ。
どうか私のいい運を使いきってませんように。ここからも上手くいくといいなぁ。


所で、夫が体力勝負の仕事を始めました。
毎日鏡の前でマッチョポーズして、凄い変わりましたよね、って言ってますけど
変わってない場合でも「変わったね、すごいね~」と言ってあげる私は
比較的良い妻だとおもうのです、のクリックをお願いします↓



スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

おお!よかったね。たしか、Immigration SAで雇用オファーの審査があるんだよね。サイトにRSMSのスポンサー用のチェックリストがあったんで、それに沿って行くような感じになるのかな。その人である必要性については上司が協力してくれるなら何とかなるんじゃないかと思います。SA政府の審査さえ通れば移民局の方で覆したりする事は制度の主旨から考えにくいですしね。

どんな職種でもよかったSAのSRSもついに最近職種リストが導入されてかなり限定されてしまったようなのでちょっと心配してたのですが、RSMSのスポンサーを確保出来て本当によかったですね。その調子で頑張ってSA定住してください(笑

Trancosoさん

ありがとうございます。
なんか私達までオージーペースでゆっくり事を進めてしまっているのでまだ何とも進捗のない状態なのですが(ってあんまり時間ないんですけどね汗)、SAのなんとかBodyと言うところで先ずは審査されます。そのあと移民局の方に行くのです。 おっしゃる通りSAの審査がKeyなんじゃないかなと言う印象を受けています。 RSMSのチェックリストで必須とされている条件にいくつか満たない所があったりして書類集めにちょっと手間取っている状態なのですが11月中にはSAへの書類を提出しないと!! と思っています。 
RSMSでうまくいくかはまだ未知数な感覚なのですがとりあえずは上司の協力は貰えることになったので何とかできるように頑張らねばと思ってます。
なんか最近家を買いたいとおもったり、(ってお金ないけど…)この調子だとSA定住はあり得るかも…。毎年ビール飲みにお邪魔する事になるかも! へへへ

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Bonzeさん

ありがとうございます。
Bonzeさん、COアサインされたってことはここから長くても2-3か月ですよね!
流石すっごい早い展開ですね、おめでとうございます。 ホットされたんじゃないですか、
よかったよかった。
問題なく進むことを遠くから願っております。 早くいい報告聞きたいですね。

うーん、
私達の方は一応方向性は決まったものの、いまいちまだ不安定な状態なのです。
上司は協力してくれる事はきまったけど、RSMSのビザの規定に私達が足りてるのかと言うところと、会社自体がQualifyするのかと言うところが未定なので、ちょっとうまくいくか不安です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/146-5c65a03b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク