FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2010. 01. 13

Emergency Department

今日、緊急病院の初体験してきました。
って、その日にブログ書いてるくらいなので、勿論大したことありませーん。ので、特にアタシのお母さん、ご心配なく。 こんなもんです↓ (って写真を載せてる私もどうなのかと、自分でも思う。)

DSCN1996.jpg





ええと、オフィスの棚の上の方からファイルのいっぱい入った箱を下ろそうと思ってたら、バランスを崩して落ちそうになり棚をつかんだらミスって金属部分で手を切りまして。 
それが結構深めの傷だったもんで、(なんか紫色っぽい何かがお肉の中に見えまして、、あれってなんだろう??  …ってごめんなさいグロくて)ちょっとこれは対処しないと傷になるな、と思ったので会社から直接タクシーで緊急病院に行きました。
(タクシーの運転手さんが凄く良い人で、あたし一人でタクシーに乗ったら、「なんでオフィスから誰も来ないんだ、一人で乗せて心配じゃないか。 安心してね、僕が確実に病院まで連れていくから」とか言って怒ってました。しかもタクシー代が自腹だったので(あとで会社から貰えると思う。)おかしいじゃないか、会社で怪我をしたんだろう、ってそこでも怒ってまして)



いやぁ、今まで色々とオーストラリアの病院事情を聞いていたので、きっと緊急病院行っても数時間は待つんだろうなと思って覚悟していったのです。 しかしですね、血が出てるとすっごい対応が早いもんですね。 受付した時点で、受付のお姉さんが濡れガーゼみたいなのと包帯を持ってすぐ来てくれて止血してくれ、その後受付をして、10分後位に呼ばれまして、即対応してもらいました。



が、ED(Emergency Department)の椅子に座って医者が来てからが遅かったですけどね。
一目見て、手首が折れていないこと、神経が切れていないことを確認したらその後、待つこと1時間以上(笑  

その間にも血だらけの人やら、何の問題のなさそうな人やらが色々と入ってきます。 で、比較的軽症の私はさらに待つ…
その間に、感染症予防の注射をされました。(1回打つと10年持つそうですー)
テレビのERな感じで結構バタバタした現場か??と思いきや普通にノホホーンとしてました。 笑い声やギャグが飛び交ったり…。 たまたま重病の人がいなかっただけかもしれないですけどね。


で、また結構待った後にやっとお医者さんが来てくれて(と思ったら4人も来た)で、色々と説明してくれたあと、5針縫いました。 なんか魚を釣る時の針みたいなのをハサミみたいなのの先につけて縫うんですねー。 局部麻酔をしてくれたので全然痛くなくて、お医者さんと話しながら縫ってもらいまして。 (パキスタン人のお医者さんだったんだけど、パキスタンでは医学生は人を縫う練習を、まずは布から初めて、次に枕、その次に人間の肌っぽく作られた学生用の素材、そして人間の順番でするんだって。 学生でも人間を縫うんだー。 オーストラリアとか日本でもそうなのかなぁ、でもいつかは人間に行かないといけないしねぇ)


私は縫うのは生まれて初めて(だと思う、記憶にないし)。 縫い方なんかも含めてなんか興味深い体験でした。(って思えるのは勿論大したこと無かったからだけど…)



ただ残念ながらおそらく跡になると思うよ、って言われました。 (跡になるのは絶対いや! て言い続けたら切ったんだから跡になるでしょう、当たり前。って言われまして…。 仰る通り。)
丸く切ったんですけど、丸の真ん中の皮膚が時間とともに縮んだので、全部をキチンと覆う感じに縫えなかったので丸く傷になるだろう、と。 そして真ん中の皮膚は壊死しなければ跡にはならないはずだよ、との事で。
しかし、血って結構綺麗な朱色なんですねー。 もっと赤黒い液体、ってイメージがあったから綺麗な薄い赤でアタシの血っていけてるんじゃない?って思った(←自分で言っててバカ、だな、うん…) そして医者に「アタシの血って比較的綺麗な色なんじゃない?」とかバカげたことを言ってみた。 そしたらまじめな顔で「比較的ふつうだ。」って…。  こんなくだらないこと言ってるから緊急性無いと判断されて1時間以上待たされたんだな、もっと痛い痛いって言うべきだったか…。 ふむ。




で、これだけやってもらって、メディケアの無い私で、おそらく総額500~700ドルになると言われました。(注射が278ドル、注射とコンサルティングで200~400ドル程度)
その場ではお金を払わず、請求書が後日郵送されてくるそうです。
本当かどうかは昔の記憶みたいなのでアヤフヤ見たいだけど、カズが日本で切り傷を縫ったときは総額で10万円位掛った、ってことなのでこれで500ドルは安いのかな? カズの傷が大きいからかな?



そして帰り際に先生が、感染予防の薬と痛み止めをくれました。(でも全然痛くないのよね。)
「この薬は隠しておいてね、他の人に見つかったらお金払わなきゃいけなくなっちゃうよ」って言ってたってことは、たぶんただでくれたんだと思います(笑


DSCN1994.jpg




会社の人がカズの職場にも電話をしてくれていたのでちょうど縫い終わったころに青い顔をしたカズが緊急ルームに駆け込んできていました。 ごめんよー 心配させました。 だけど夫を見るとほっとしたってことはやっぱり有る程度緊張してたんだろうなー。 家族って良いなと思う瞬間です。



ってことで、興味深い体験でした。(1回で十分ですけど)
もっと気をつけなきゃねー。 みなさん高い場所にあるファイルを取る時は、クルクル回る椅子にヒールの靴を履いたまま乗るのは危険ですよ!! おやめ下さいませ。  (知ってるか…)




しかし、お風呂入るのが大変なんですよねー。 
夫が「お風呂入れてあげようか」って言ってくれたんですけど、なんか妙な薄笑いを浮かべていたので(←いや、これ絶対私の自意識過剰です。 彼は厚意で言ってくれています。)思わず丁重にお断りしたんだけど、洗ってもらったら良かったかも。 お風呂に置いての右手の役割はかなり大きいものが有ります。







明日は妹の誕生日です。 おめでとー!!! 
めでたい所水を差すようですが、あなた自分のこと永遠の18歳とか言ってるけど残念ながら既に28歳ですからーーーー!!! 非常に残念ですが事実ですから。


でもおめでとう!!! お互いお肌は大事にしましょうねぇぇぇ。

スポンサーサイト



COMMENT▼

おだいじにぃぃぃぃ!

やだ! 大丈夫!!?? 写真みてびっくりしちゃったよ。  縫ったなんて軽症じゃないじゃん!!!!  しかしねぇ、ヒールでくるくる回る椅子に乗るとはさ・・・ もーほんとに気をつけてよー。

でもさでもさ、労災ってことで、会社でこの治療費はらってくれるんだよ・・・ね?(大きなお世話。) それに、確かに血の出ている人をタクシーに一人で乗せるとは・・・  うちの夫なんて、モノモライだけなのに仕事中に会社の車で送迎してもらって病院いってたよ(←これもどーかと思うけど当然の権利なんだといってましたが・・・) きっと皆さんお忙しいのかなー。

指の先をちょっと切っただけでなんか生活が不自由になるんだから、これだったらいろいろ障りがあるでしょう・・・ ほんとにお大事にね。 無理して傷口ひらかないようにね。  

ところで、写真の、腕の下に写ってる黒いマットみたいの、なに?

お大事に・・・

大けがじゃんか、なのに痛くないの?本当に?
さちさんはもしかして鉄人ですか?
多分自分だったら縫うほどのケガしたら血の気が引いて立てなくなりそう・・・ただのビビリ症。
でも神経とか切ってなくてよかったよー。右手だもん。痛くなくても不便だぁね。無理をしないようにね。髪もカズさんにあらってもらい~。
棚の上の物をとる時ははだしで机の上に“仁王立ち”がいいと思うあるよ♪

ちょっと大丈夫??あとさっちん手タレつかった?ねー使ったでしょ?
手がアナタきれいすぎますから!!!
あーいいなー若いっていいな~
ってそんなこと言ってる場合じゃなくて、大変だったね涙
でも大したことなさそうでよかった。運転手もいいおっさんでよかったw
で、EDって言うんだ・・・・び、微妙な略だね笑

私に負けず長文ブログ打ってるところを見ると、多分大丈夫なんだろうと思うけど、ホント気を付けてね~

しかしオージーでヒール履いてるとは驚いた。偉すぎじゃないのさー!!

くんちゃん

ごめんなさい、ご心配をおかけしてしまいました。ありがとうございます。

でもねー全然痛くないんですよね、切った時も今も、一回も痛くないし切ったことさえも忘れちゃう位な感じで…。 血もそんなに出なかったし。アタシって鈍いんでしょうか。ふむ。
でも、ほんとハイヒールでクルクル椅子に乗るって、自分でも苦笑いです。何をやってるんだか。

そう、本当なら間違い無く労災扱いなんですけど今ビザの関係でもしかしたらちょっと手間が掛っちゃうかも?? 来週上司が帰ってくるので相談してみます。 なんとかしてくれるとおもうんですけどね。 メディケアと保険が無いと結構な出費です。。

あ、手の下に引いてある丸がいっぱいついてるマット、ランチョンマットというか、Place matです!! よくぞ聞いてくれました笑 ずっと欲しかったんですけど高かったからあきらめていたのですがお正月のセールであり得ないほど値引きされていたので夫に頼みこんで買っちゃいました♪ うれしーなー。

Meggiちゃん

ありがとうございますー。 
うん、あたしって鉄人かも。 いやぁマジでいたくないんだよー。 切ったところのせいなのか何なのか良く分からないんだけど、切ったのかさえもわからない位な感じで、ちょっとした切り傷とかの方が痛いと思う位。 まぁ、ぶつけたり押したりしたら痛いんだけどさ、普段の生活とかでは全く気にならないの。
なんかさぁ、子供のころから結構怪我だらけの人生なので慣れたのかも。。

関係無いけどオーストラリアで売ってるバイオオイルって傷跡とか妊娠線とかを綺麗にしてくれる、っていうのが売りなの知ってる? ちょっと傷がふさがってきたら使ってみようかなーと思って大量購入してみた笑 これであとは跡にならないといいなーと。

やっぱはだしで仁王立ちだよね。今度からは椅子にも乗らん!! 

たーにゃーんー

あっは、そうなのそうなの、Emergency Departmentなのよ。 あ、ERじゃないんだーってアタシも思った笑 お医者さんとかもEDとか言ってて。 あぁ! Rにして!!って笑

っていうか、手タレって…
確実に無い!(笑 アタシ手が有り得ないほどゴツイので。しかもさぁ、こっちの日差しで表側だけ焼けちゃって手のひら側が白いっていう、モンキー的な手になっちゃってさ、ますますゴツさ増量中。 若いって、あなたアタシと同年代でしょー。あ、そっか、ウチラ二人とも若いんだった。うんうん。若いっていいよねー。うん。


ってか、ヒール…
なんでこの日に限ってハイヒール履いてみたのかわからない。 いつも通りペッタン子にしとけばよかったのになんかしゃれっ気でちゃったの。 そしたらざっくりって…(泣

お大事に.....

縫った傷ですが、抜糸した後もしくは糸が溶けた後で、くっついた傷口が盛り上がってくると思います。
自分の場合は目のふちを縫ったのですが、包帯用テーピングのテープを使って、抜糸後に上から押さえつけるように貼って、これを毎日1年続けました。傷口の盛り上がりを抑えられたので、結構目立たなくなりました。

Kennyさん

おおっ アドバイスありがとうございます。
なるほどー。 私も上から抑える作戦行ってみます。 でも皮膚がくっ付いてからじゃないと恐ろしいことになりそう(怖
傷が薄くなるというBioOilを塗り、テーピングするという2段作戦で行ってみます。

もう子供のころと違って傷とか消えにくいんだろうなぁ…。
良いことを聞きました、ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/178-7f5865af

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク