FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2008. 01. 17

IELTS 2008年1月12~13日

受けてきました、IELTS。とりあえず1回目。
鼻水ズルズル、堰が吐きそうに成るまで止まらない、熱がある、という最悪の状態で…。
会場にはマスク、ティッシュの持ち込みが許可されたのですが、有ろう事かティッシュを持参するのを忘れた私…。 会場のトイレに駆け込みカラカラと山のようなトイレットペーパーを机の脇に置き、常時鼻をかんでいる状態…。 
点数が悪かった時は、この体調の悪さを理由にしよう。 よし決めた。
という事で始まりました。IELTS。
1日目はスピーキング以外のテストで、朝9時から始まり12時15分に終わりました。
 
まずは30分のリスニング。
最初に係りの方がかなり細かく音量チェックをしており聞こえない人が居ないかどうかを
確認していました。 私の席からは音量はばっちりでしたが、夫やその他一緒にテストを受けた方では、音量テストではばっちりだったのにテストが始まったら聞こえ辛くなった、という人が居ました。 音量テスト時に聞こえにくい事が少しでもあれば直ぐに言う必要がありそうです。 テストが始まったら一切の変更をしてくれませんので。
リスニングでは問題に答えを書き込んで行き最後の10分で解答用紙に答えを写すのですが、今回出た問題は、
セクション1; 
 ある人が銀行に行きクレジットカードを作ろうとしおり、そこで名前含め銀行員に問われる、というもの。
 ある人、の名前(スペルを言うので)の書き取り、住所、年収、会社名、などなどを聞き取りが要求されます。
セクション2;
 
…内容忘れちゃった…。 思い出したら追記します。

セクション3;
 インターネットについての問題。
 インターネットを使用する事の弊害等について(ネットアディクト?)について、職場、学業の場、
 オンラインショッピングについて等に分けて問題定義しており、予め配られた問題の中の
 空欄を穴埋めしていくという問題。

個人的には結構聞き取れたかな、と思っていたのですが、放送は1問1回しか流されないので
ちょっとボケーっとしていると直ぐに次の問題に行ってしまいます。
セクション3の部分でそれをやってしまい、丸々問題を聞き逃してしまいました。
なんとか無理やり埋めたけど、あそこは間違ってるだろうなー。

そして、その次が1時間のリーディング。
4問か5問くらいの長文がありそれを読んで次のページのTrue False, not givenの
どれに当てはまるか答える、もしくは3単語以内で的確な語を答えるという問題。
文章の流れに沿って問題が順に出されているので落ち着いて読めば文章中のどこを指しているかが
分かるはずなのですが、True False Not givenについては結構迷いました。
凄くあいまいなところを付いてくるので…。 嫌らしい問題が多かったように思いました。
夫はリーディングは結構自信有るような事を言っていましたが、私は結構自信なしです。
あんまり時間が無かった!
問題数は多くは無いので普通にとけば時間が凄く足りないという事は無さそう。
でも時間配分の大事さは感じました。

最後がライティング、コレも1時間。
問題は2問で、1問目が150文字、2問目が250文字でのエッセイです。
1問目の題は「ニュースペーパーでベストネーバーを決めるコンペティションをしています。あなたはあなたの隣人が優勝すべきだと思います。 そこでこの新聞社に手紙を書きあなたの隣人を推薦してください」というもの。 あなたの名前、隣人の名前、あなた達の住んでいる地域の説明、なぜ隣人が優勝すべきか、を含めた手紙を書きなさい、というものでした。
2問目の題は「一部の人はラジオはテレビに比べより効率的であり且つ娯楽性にも富んでいるといいますがコレについてあなたはどう思うか」というものでした。
1問目に20分程度をかけ、2問目に40分をかけるのが正しい時間配分のようですが、私は
1問目に35分位かけてしまい、2問目は急いで見直しもする暇も無いような勢いで書きまくりました。 
2回ずつ文字数を数えたので確実に指定の文字数は超えているはずですが…。
文字数が少ないと減点が多いとききました。 内容が立派である事よりも文字数が確実に指定数を超えている事が重視される?と…。 両方確実にできているのが良いのだとは思いますが…。


そしてその日はそれで終了。
次の日13日にスピーキングのテストがありました。
15分程度で3つのセクションに分かれています。
1対1で、まずは名前を言う事、天気の事(日本の天気はどのようか説明してください、)
仕事はどのような仕事をしているか、など一般的なことを最初にきかれます。
その後、1枚のカードを渡され、そこに書いてある事項について1~2分のスピーチを依頼されます。 私の場合は題名はあなたが子供の頃していたスポーツについて。
でした。 
スポーツって… 中学生のときのバレーボールしかない… 古い記憶を取り出しつつ、
何とかシドロモドロでスピーチしました。 余りネタが無く、結構黙ってしまったように思います。 反省。。
その後3問目に2問目の題に関係した内容で(スポーツについて)質問されます。
私の場合は、男女は全く同じスポーツをするべきだとおもいますか。国際試合の良い点について、チームスポーツの良い点、悪い点についてなどの意見を求められました。

以上で長い長いIELTS終わりました。
高い試験なので何とか1回で私たちに要求される6.0を取れれば良いと思って望みましたが、
ちょっと難しそう…。 もう一回3月8日のテストを受ける予定です。
今回の結果が来ましたらまたUPDATEします。

                      Written by Sachi

スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/18-826e6097

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク