FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2010. 01. 28

英語の名前

えっと、なんていうか、私って驚異の回復力を持つ女なんじゃないだろうか。
13日に5針縫う怪我をし、6日前に抜糸をしたばかり(まだ傷口一部がパカパカだった)にも関わらず、すでに現時点で傷はすっかり口を閉じてカサブタさえもおととい位に取れて今や、若干の痕が有るのみ。

これって平均的なんでしょうか。 みんなこんな期間で治るもんでしょうか。 久しく怪我してないので覚えてないんだけど、ひそかに一人で私って凄いんじゃないだろうかって思っているのも否めないのです。



そんな驚異の治癒力と比べ、暗記力と脳みその能力は若干劣っていましてですね。 すーぐ色々忘れちゃうんです。 特にお金を借りたこととか、自分に都合の悪いこととか…。
で、やっぱり記憶力の問題なのか、いまだに英語で結構苦労しています。
色々苦労するポイントはあるんだけど、何が一番困るって、人の名前なのです。



うちの事務所で電話での弁護士の無料法律相談みたいなのをやってるんですけど、弁護士に繋ぐ前に一通りの情報を電話をかけてきた人から確認する事になってます。  その際は電話番号とか相談内容の種類(Family MatterなのかCriminal Matterなのか、とか)のほかに勿論、名前を聞くんですけどJohnとかMikeとか普通の名前なら未だしも、聞いただけじゃわからない名前の人も結構いまして。(オーストラリア人じゃ無かったり英語の名前じゃ無かったりする人もおおいんですけどね)、ラストネームはSmithとかじゃない限り大体スペルを聞いたりしてます。(それでも間違えるんだけどね^^;)



で、困るのが、男か女かわからない名前の時。
例えば、Alexとか、DariaとかCharlieとかPatとかJoとかJackieとかDanとか…。


無料相談って、本人が電話をかけてくるのがほとんどなんですけど、たまに友達の代わりに、とか彼の代わりに、とか言って掛けてくる人がいるんです。

彼女が彼の代わりにかけて来てるのに、その子の名前がAlexの時。 彼女自信のことを話してるのか、彼の事を話してるのかわからなくなってきてだんだん混乱してくる。 
散々話してもらった後に、「で、Alexってあなたのこと?それとも彼のこと?」って聞くのって妙に勇気がいるものなんですねぇー。 相手は確実に、「こいつ私の話どこまで理解してたんだろう」って思ってる筈。。 
まぁ実際65%位しか理解してないんで、そう思われても、 

ピンポーン♪  あんまりわかってませーん。

 


って感じなんだけどさ。

やっぱ法律事務所の電話番がこれって、かなりアヤシイと思うんですよねー。
アタシが逆の立場だったらかなり心配になるかも。

 



って、思うんだけど何気に実際はあんまり電話掛けてくる人たちも事務所の人たちも心配してなくて。 普通にゆっくり話してくれたり何回もリピートしてくれたり。大らかだなー。
 

あ、話がそれる予感がする。


(私が今まで会ったことのある)オーストラリア人って優しい人達が多いなーって思う。凄く親切だし話し方も他人への態度も穏やかで優しいし、かなりの割合で笑顔で話をするし。 アメリカ人も優しい人たちが多かったと思うけど、アメリカ人の優しい人とか良い人、ってオーストラリア人のそれとは種類が全然違う気がするー。 アタシの偏見が大いにありそうだけど、なんとなくアメリカ人って正しいこと、とか正義とかを貫くことが良い人であって、別にムカつく話し方をしようと態度が酷かろうとモラルのある正しいことをする、ってことに重点を置いてた気がする。 でもオーストラリア人は、勿論正しいことをする、って言うのも大事なんだけどそれ以上に他人とのコミュニケーションを大事にする気がする、で、コミュニケーションが上手な人がアメリカ以上に好かれる気がするなぁ。


…って、やっぱり話がそれたんだけど、何が言いたいかと言いますとー。

オーストラリアに居ると英語力とかコミュニケーション力って凄い大事な気がする。
勿論オーストラリア人もアメリカ人も外国人に慣れてるし私達のアクセントにも慣れてるんだけど、アメリカ以上にオーストラリアって、会話の中のちょっとしたウィットとかジョークとか言い回しとかが上手なことが大事だとおもう。

どうだろー。私の個人的な意見なんで、そんなこと無いのかも知れないんだけどww   そういえばなんか前にも似たようなこと書いた覚えがあるなぁ。 



 

南米出身の友達が(あ、サラっと書きましたけど、友達です! 友達ができたんです!)、オーストラリア人の男性を口説くための英語コースって言うのに通ってるんです。 かっこいいセクシーな英語を教える英語教室っていうのが有るらしくてですね。 なんかすっごい面白そうなんで興味があるんですけど。  あ、 え? いやいや、 あ…アタシは別にオーストラリア人口説かなくても良いんですけどね、モゴモゴ…。

スポンサーサイト



COMMENT▼

Chrisっていうのも困りますね。ChristinなのかChristianなのか分からない(笑)。

65%分かれば問題ないと思います。私は分からない場合でも勝手にスルーしちゃうケースも多いですし、思い込みで聴き間違えて、妻に指摘されて気がつくことも多いです。

オージーの場合、単に井戸端会議が好きなだけな気がします。自分たちでするのは良いけど、忙しいときに話しかけるのはやめろって思うこともよくあります。(笑)

久々に。

アップしたねー待ってたよ!
名前って難しいよねー
日本人の日本名でもわかんないもん。

あぁ、アタシ簡単な名前でよかったよ。
間違えて読まれることが一切ない。

サバもだね~♪

Kennyさん

あー、確かにChrisって言うのも困りますよねー。 しかも同じ名前でもスペルが違ったりすることがすっごい多くてメールも困ります。
Marieなのか、Maryなのか、とか。 

聞き間違え、私1日に3-4回は有ります…
私理解してないんですけど、この前なんか面白い間違えをしたらしくオージーの同僚が爆笑してました。 いまだに本人は何故かわかってないんですけどね。
バーベキューのBarbieを人形と勘違いしたり、日常茶飯事です。

私も最近井戸端会議結構好きかも♪ 結構話しかけて、逆にウザ柄れてる可能性大です(汗

なお

うん、私の名前なんて苗字も名前もすっごい単純で。
結婚前の苗字好きだったんだよね。 って旦那に一回言ったら、すっごい嫌な顔されたよ(笑
まぁ、絶対間違われないわな。 なおも間違いようがないよね。

っていうかさぁ、ナオっていつブログのコメントしてるのさ、確実に仕事中だべ笑
って、アタシもやるけど…

読みながら「そうそう!」とかうなずいちゃったー。 

アメリカ人とオーストラリア人、違うよねー。
なんつーかさ、アメリカの人たちは良い意味でも悪い意味でもとっても正直で直接的だよね。 オーストラリアの人たちはもっとまろやか、な気がする。 言い方が丁寧なところもあるからかな。 なにか人に頼むときにもとっても気を使った言い方をするし。 いろいろ教えてくれるときもとっても丁寧だし。

AUSの人たちに対しては私もさちさんと同じ「やさしいなー」という印象をもってます☆

くんちゃん

だよねー なんかすっごい優しい人達だなぁって思う!! アメリカ人とすっごい違う。って思ってるし書いたことは私の思ってることそのままだったんだけど…

でもさ、実はこの日のブログを書いた後、ちょっと、アタシの文章ってどうなのかなーって思ったりもしてたんだ。
実際オーストラリアの人でもすっごいヒドイしゃべり方する人もいるし丁寧じゃ無い人もいるのに「オーストラリア人は…」とか書いてるアタシ。 ○○人はこういう人、見たいな書き方っって良くなかったなぁーってちょっと思ってたりした(笑
でもくんちゃんのコメント見て、あー良かったー他にもそう思ってる人いたか!っておもった笑

でも、ステレオタイプって結構、その通りだったりするんだけどねー笑

ほんと、私の会うオーストラリア人は優しくて良い人達ばっかりでビックリ! でもうれしー事だよねー♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/190-4201a9b5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク