FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2010. 02. 04

そりゃルール違反でしょ。

なんか、前にオフィスマネージャーの職をオファーされた、って書いた時、私はマーケティング関係の仕事に興味のあるのでアカウントマネージメント関係の仕事は凄い微妙だ。って書いた覚えがあるんだけど、でもそれはそれで時間とともに結構有りかなーって思ってたんです。 オフィスマネージャー(兼、Principalの秘書)って響きも良いし(笑 アドミンの女の子とかが正式に私の部下になるわけなんでその立場がうれしいというのと、もちろんお給料アップも嬉しいと思い始めてたの。



んで、今年に入って会社が私を外部のトレーニングに行かせてくれたり徐々に会社の経理関係の仕事も増えてきていたので、本人的にはもうそのつもりだったのよ。








そしたらですね。
今週の初めからなぜか、今まで受付をしてた女性がアカウンティング担当になってたのよ。 で、彼女が嬉しそうに私の所に来て

「サチ聞いて-♪ ローリー(ボス)に呼ばれてね、今日から私がオフィスマネージャーになることになったのー すっごい嬉しい♪」

 

って。
勿論私は、「は?」って感じなんだけど、余りにも彼女が嬉しそうだったのと、彼女に聞いても意味が無いと思ったのでおめでとうとだけ言いました。 

 

いやーしかし大人の対応したよ。 

 

でも半分以上はきっと彼女が間違えているんだろうって思ってたんですよ。 だって私がオフィスマネージャーって言われてたもん。 だけどそれから2日間上司が出張で居なかったので実際に上司に確認出来ず今日にいたるんだけど、その間の2日間も彼女がずっと私がやるといわれていた仕事をしていたので、今日朝一で出張から帰ってきた上司を問い質してみた。 その彼女はもうすでにお給料の交渉なんかも始めているみたいでどうやらその決定は確定のよう。 



さっすがに これには久しぶりに めっちゃめちゃ 頭に来たんですよ。
いや、久しぶりにマジで。

 



バカヤロー!

猪木
あれ、画素数わるいね。


って感じで。 

 

 

 



とりあえず冷静に、上司に聞いてみました。

私の英語って、かなり丁寧らしく、私の上司はたまにサチの英語は丁寧で非常に良いんだけど丁寧すぎて感情が無くて凄く冷たく怖く聞こえるんだよ、最初のころはサチと話した後はいつもコーヒーをがぶ飲みしてテンションを上げる必要が有ったよ。 って笑いながら話してた事が有ったんですけど、今回ばかりはそれを最大限に生かさせてもらいましたよ。 

だってあたしは怒ってるんですから。

 



「私の仕事内容のことだけど。 アン(受付だった女性)が最近アカウント担当してるし、彼女は彼女がオフィスマネージャーって言ってます。 私の理解ではクリスマス前にこのポジションをオファーされたのは私だったと思うのですけど、どういうことですか」


「いや、彼女はオフィスマネージャーではないよ。」


「しかし彼女はシェリルとメル(2人とも旧アカウント担当。 シェリルが旧オフィスマネージャー)の仕事を全て引き継ぐと言っています。 それは私がクリスマス前に貴方にオフィスマネージャーとしてオファーされた仕事内容と合致します。 彼女が全てを引き継ぐということは私の仕事内容はどうなるのですか。」


「いや、彼女はマネージャーではない。彼女はそこまでスマートとはおもえないしね。 しかし、所でサチはケイト(同僚の一人)が今月で会社を辞めるのを知っているか?」


「はい」


「彼女の仕事を全てサチに任せたいと思う。 他にうちの会社には適任者がいないからね。 彼女がやっていた仕事はかなり難しいことも含まれている。 これをサチにお願いしたい」


「ケイトの仕事内容については把握しています。引き継ぎをしてもらえれば問題無いと思います。 そして、アカウントの件はどうなるのですか」


「勿論、サチにもやってもらいたい。 僕の秘書としてオフィスの中の事は全て把握していてほしい。 アカウントの管理についてもその一つだ。」


「しかしアンは自身をオフィスマネージャと思っていますしアカウントの管理の部分は、私がオフィシャルにアカウントを扱う、という立場に無い限り私に触らせてくれるとは思えません。 貴方がアカウントの事で聞きたいことがあればアンが直接報告するのが筋でしょうから。 彼女がアカウントをメインで扱うということはすでに彼女と貴方がお給料交渉をしていることからも明らかだと思うのですが。 私はアカウントマネージメントはせずに今のまま秘書とマーケティングということですね?」


「そうだ。 ただアカウントについての知識は付けてほしい。」


「クリスマス前には私にそのポジションをオファーしてくれていました。 何が理由で私ではなくアンを選んだのですか」


「ちょっとリラックスしようね、サチ。」


「…」


「サチは良い人すぎると思う。 アカウントマネージャーはきつい性格を持っていて弁護士がなんと言おうと期日までにやることをやらせるという事が出来ないといけない。 サチは良い人すぎてそれをやるにはきっとかなり大変でストレスがたまることになると思う。」


「私はクリスマス前にも年明け後と同じくらい良い人でした。 年明けになって行き成り良い人になったわけではないのに、なぜクリスマス前にはOKで年明け後の私はNGなのですか」




(頭を抱えてそのまま顔を覆って、その後、顔をあげてですね。)


 



「納得していないことは分かっているがこれは決定事項だ。」









「…分かりました。 給料については変化なしということですね。」


「それについては、サチの仕事内容はこれからも増える事になるから応じて相談する。」


「最後に。 クリスマス前に私に先にこのポジションをオファーしてくれていましたよね。 私よりも適任が居るとの判断は尊重しますが、アンにこのポジションをオファーする前に一言も私に説明が無かったことに非常にがっかりしています。 今回も私から聞かなければ説明も無かったわけで。」


「悪かった。 しかし君の仕事内容からアカウントが無くなったわけじゃないから」






 



って事で。
一応話はおわりました。 っていうか終わらせられたよね、それ以上説明しない、っていう意思表示をしたのでそれ以上聞くのをやめました。 


しっかしさー。
未だにイライラするわ。 


 



一番言いたかったのは、最後に言った一言。 なんで一言も説明がないの? 余りにも失礼だろうって 思うんですよ。 ポジションを撤回するのは仕方ないと思うの、上司の判断するところだと思うんだけどさ、せめて、事前に納得する説明をしてくれるかと思ったけどまったくもって説明もないし、説明聞いても納得してないし。 イキナリ他の人に同じポジションをオファーして私には何にも言わない、っていうこのやり方にすっごい、 正直かなりムカついてます。 

説明も突っ込みどころ結構満載だし。 (でもそれを突っ込むのって大人げなかったりもするんだよね。)


良い人すぎるって…。 なんかさぁ、どうなのよ、この曖昧な説明。 要するに私の性格が適してないって事が言いたかったんだとおもうけど微妙すぎる。 急に優しくなったわけじゃないのに何故いまさら撤回する? しかも実は私あんまり自分の事優しいとか良い人とか思ってないし、どっちかというと(特に英語だと)言うことは言う方だと思ってたんだけど。

 

まぁ確かにオージーとの口論に勝てる自信は、確かにないな。


 

 

 


ムカつくから最後にもういっちょいいですかね。。

 

 


元気ですかー!! 猪木1






  元気じゃねーよ。














いや、こういう負の要素にあふれたブログをムカついてる精神状態で書くのってどうかとも思ったんですけどね、しかしムカつくんですよ。 ってことで、いまいちフォローもオチも無い状態で失礼しますー。 (あ、ギリギリ猪木で許してください - でもさ、最近猪木とジャイアント馬場が被ってしかたないんですよね。 なんか同じカテゴリーですよね彼ら。)

スポンサーサイト



COMMENT▼

最後。

猪木じゃねーし!!あん時の猪木だっけ??
まぁ、いいや。
でも、そういうのをそこまで話せてすごい!英語で!
そして、冷静沈着。
えらいわぁ。
これで上司も見直したと思うよ!!
言うときは言わなきゃね!!
馬場チョーップ!!!

なお

あれ、いつの間にコメント? さっきあたしにメール送ってきたじゃん、もう既にコメントまでしてるなんて奈緒、どんだけ出来る女なんだ?

あれ、ってか何、これ、猪木じゃないの? 猪木でしょ? あれ。 ま、それっぽいってことで。

いやーさー。あんまり頭に来たからセリフ全部考えて全部英語で練習してから話したのよ、ってそーいうオチよ。 ホントはもっと色々言ったんだけどね。 練習かなりしたよ(笑


ってか、ババチョップって(笑

それこそ人が違うじゃないか。 噴き出しちゃったよ

お久しぶりです。

久しぶりに覗いてみれば、これはまた結構マズい事になってますね。オージーは仕事ができるかできないかよりも仲良くやれるかってのを本気で重視してる気がする。しかも、かなりの身内びいきだから外国人がそれを乗り越えるのはなかなか難しい。職場では裏ネゴがとても重要だと思うけど、すでに根回しが終わってる状況で何を言っても火に油。ここは黙って次のチャンスを待つしかないですね。悔しくて仕方がないですが、実力のあるサチさんならこれからチャンスはいくらでもあると思うので、今回の事はさらっと忘れて、前に進んでください。応援しています。

うん、なんだか・・・ 上司の方(←何と呼んでいいのか・・・)の説明は、よくわからないね。 私もさちさんと同じように「どうしてちそれならそれで話てくれなかった?」って思うと思う。 それから「いい人すぎる」とかいうBSはなしね、といいたい。

もしその仕事をするにあたって何かが足りないのであればそうはっきりいってほしいし、あるいはなにか事情が変わったならそれなりの説明ってもんがあるでしょう、と思う。

でも思ったことちゃんといえて、よかったね。 すばらしいと思う。 よく食い下がってがんばったね(こういうときうまくかわされそうになるの、私もいっぱい経験あるから。)

ところで私ね、しょっちゅう夫から言われることがあるんだ。 それは「この仕事だけが仕事ではない」ということ。 

いつも言われるたびに思うんだけどね、これは「執着するな」ということなんだと思う。 もっとリラックスして、いろんな方面からそこを見られるようになれよ、という。

毎日今自分がもてることに感謝して自分のできることを精一杯やっていくのはとても大切なこと。 だけど固執してしまっては、可能性を逆に狭めてしまう。 自分の気持ちに勘違いもしてしまう。

もちろん私たちは外国人として、ここではオージーの人たちより不利な部分もいっぱいあるし自由に仕事を選べる選べないなどの状況も違うとは思うんだけど、でも、さちさんにも同じことが言えるのではないかとなんとなく思った。

認められたいという気持ち、良くわかる。 自分のもてる力を発揮したいのもよくわかる。 もっと学びたいというのも、すごくよくわかる。 だけどもすこし、力を抜いてもよいのではないかな、と。

もしかしたら、今の場所はバリバリと働けるところでは、ないのかもしれない。 実はさちさんがしたいことができる場所ではないのかもしれない。

一度違う方向から今さちさんがいる位置を見直してみる、というのもありかと。 

老婆心ながら・・・・ 余計なお世話でごめんね。 でも痛いほど気持ちがわかるので書きました・・・

ハズ&ワイフさん

私こそご無沙汰してます♪

そうですね、うちも仕事の内容とかって、見て無いことは無いけど、それよりも仲良くするとか、言うときは言うことができるか、とかそういう人間性の方が重要視されてるよな、ってつくづく感じてました。 そういうところのコミュニケーション能力でNGだったのかなとも思ってるんですけどね。
今回のやり方には結構腹が立ってるんですけど、まぁ怒りながらふてくされながら仕事しても良いこと無いですからね。 

これで、やっぱりサチじゃないと駄目だったー位言わせられれば、本望なんですけど。 まぁー 難しいだろうなぁ笑 
でも前向きに行かないとなー。

くんちゃん

くんちゃん、本当いつも、的確なアドバイスありがとうございます。 ホント私の精神安定にはくんちゃんが欠かせないのよー、いやこれ本当に。 お世話になってます!!

でもね、本当、このやり方は無いよな、ってやっぱり納得いかないんですよいまだに。でも、もう決定事項だ、っていうのと、(事前に練習しといたかいが有って笑)言いたいこともある程度までだけど言えたし、だからもうこれは流して、ハズ&ワイフさんの仰るように、次の機会を狙おうと思ってます。

なんかビザのスポンサーになってくれてるってこともあって(ビザの制限があって)後2年は今の仕事を続けないといけないって言う気持ちが有るから、くんちゃんの言うように固執しちゃってるのかもしれないなー。ホントもっと楽に構えてリラックスした方が頭も柔軟になるんだろうね。

確かに、もともと弁護士事務所って社会人の練習、位のつもりで入ったから2-3年したら企業で働きたいなとも思ってたの。 小さな事務所の中だけじゃなくて次のステップアップも企業で働いている感覚、とかそういうことも視野にいれて働くのって凄く大事かも。 

うーん、ただ、現状とかステップアップの企業、とか色々こだわりすぎないで、「まぁ、最終的には山の中で自給自足でもいいかー」って気持ちも同時に持っていた方が人生可能性が広がりそうですよね。 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/195-a9ad5229

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク