FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2007. 08. 15

居住国選定、ビザ等 -その1-

まず一番最初に、
どこの国に住みたいか。
どこの国に住めるか を考えた。

Qどこの国に住みたいか?
A 夫:アメリカ、ベトナム、タイ、インド、オーストラリア、カナダ、
    モロッコ…
 妻:アメリカ、イタリア、スペイン、オーストラリア、南の島…

Qどこの国に住めるか?
A 夫&妻: …???


の状態だったので、
手っ取り早いラストリゾートさんの「永住ビザサポート」(http://www.lastresort.co.jp/permanent/index.html)のセミナーに参加してみました。 
(事前予約要、当時は無料、1時間半程度)
永住権を取るには各国毎にさまざまな規制があるがその中でも、比較的永住権の取りやすい国と難しい国とがある。
米国、カナダなどは比較的難しく、オーストラリア、ニュージーランドは現在は比較的可能性ありと感じた。

その為、私達はオーストラリア、ニュージーランドにターゲットを絞ってセミナー参加後に専門のカウンセラーに希望を伝えた。 
その上で自分達の能力と照らし合わせて判断してもらう事にした。

まずオーストラリアかニュージーランドの選択だが、ニュージーランドは余りにも平和すぎる(田舎過ぎる)と感じた為、
ターゲットはオーストラリアに。 
ある程度の収入は維持したい、ある程度都会であって欲しい、でも自然もある方が良い、
という条件を備えている気がした。

オーストラリアの永住ビザ他はポイント制となっており、一定のポイントを満たす人材の受け入れをしている。
簡易テストは上記ラストリゾートのURLから無料診断可。

この簡易テストの結果、私と夫はともに105~110点取得する事が分かった。
オーストラリアの永住権には数種類あるが、高額投資できず、オーストラリア人との結婚等も出来ない私達には
「技術独立永住ビザ」が最適のように思われた。
この技術独立永住ビザは当テストで120点以上取得を要求されるが(2007年4月現在)内訳としては以下があげられる。


 ・申請時の年齢が18歳以上、45歳未満である事
 ・オーストラリアに悪影響を与えるような健康上の障害を持っていない事
 ・過去に犯罪歴がない事(基本的には交通違反や軽犯罪は該当しない)
 ・充分な英語力が有る事(IELTS試験にて6.0点以上取得)
 ・高卒以上の学位、資格、または同等の実務経験を有している事
 ・専門職業リスト(http://www.immi.gov.au/allforms/pdf/1121i.pdf)に掲載職業である事
 ・申請直前18ヶ月、または36ヶ月(職業により異なる)の専門職業リスト内職業での実務経験があること。
 ・ビザ申請前に技術査定に合格している事。


が条件となり、この中で1つでも条件を満たす事が出来ないと永住権申請が出来ない事となる。

簡易テストでは合格点の120点を取得できない見積りであったが、念の為正式査定をラストリゾートに依頼した。(21,000円/人)
次の書式にすべて記入の上、ラストリゾートに送り返し2週間程度で結果が返送される。
http://www.lastresort.co.jp/permanent/support/skilled.pdf

この返事はかなり詳細で(担当者にもよるのだろうが)事後のカウンセリングもきちんとしてくれる。
21,000円は払う価値あり。

夫と私のポイントはともに105点で現在のパスマーク(120点)に満たない。
120点取得への新たなシュミレーションとしては、

・現地で学校へ行き、ポイントアップを狙う
・1,000万円12ヶ月間の投資
・現地企業にOffer Letter&ビザを発行してもらう→永住権。 
 (しかしもともと就労ビザを取得していないとNG)
・Working Holiday Viza→SIE Visa→Regional Sponsered Visa→永住権

があり、
現在私達の唯一の選択肢としては
Working Holiday Viza→SIE Visa→Regional Sponsered Visa→永住権
という事になります。

Working Holidayビザを使用し渡豪、WHビザ期限の2年間に就職先を見つけ、Offer Letter 取得。
その後Regional Sponsered Visaに変更という過程を経ていく事になりそうだ。

                         (その2へ続く)

スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/2-37f1e27d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク