FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2010. 02. 24

上司と遺言書

今日、上司がボランティアで病院(色々な病気の末期の人が入院する病院)に行きプレゼンをしてきました。 病院が主催する遺言書作成やPower of Attorneyの説明会の講師役として行ってきたのです。  日本の病院も病院のポリシーとか患者家族の意思によって対応が違うのだと思うけど、こうやって末期の人に死ぬための準備を病院が主催しその道のプロを呼んでの講演会をするというのは凄くいいことだと思います。


上司もこういう無償のサービスを毎月1個はやるようにしていて「ビジネスとは関係なく自分の知識によって誰かの役に立つ事が必要なんだ」、といっています。 


今まで8ヶ月一緒に働いて、彼は人間として凄くいい人で正しくあろうとする人だと思います。 誰かを助けたいといつも思ってる。  もちろんビジネスにはシビアだし利益追求を目的として弁護士事務所を経営しているけどそれよりも大本にあるのは誰かの役に立ちたいという気持ちだと思います。 自分の利益に成らなくても誰かを助けられるなら喜んで働く、というのは凄く難しいことだと思う。 でもそれを毎日サラッとやってる彼は凄いと思います。 
(よく自己破産したクライアントに昼ごはんを奢ってあげたりしすぎて奥さんに怒られてるけどね笑)


私のビザのスポンサーになってくれるというのもそのひとつだと思うし英語が上手ではない私を雇ってくれて大事な仕事を任せてくれているのも彼の性格によるところが大きいと思う。 

(って、いや、正直オフィスマネージャーの件はいまだに??なんだけどね。でもそれ以外、今まで見た限り、彼は凄くフェアな人だなという印象です。)

私は日本に居るとき日本語があまり出来ない社員が居たんだけど、私はここまでその人を信頼してあげられてただろうか、って思う。 ただ日本語がうまく話せないというだけで信頼しきってなかった気がするな。 もちろん無意識だけどでもやっぱり何か重要なことを頼むときは日本人に頼んでいたような気がする。

そう考えると彼が上司であることは凄くありがたいことです。






ま、いやぁ、もちろん今回の病院でのプレゼンは無償とは言ってもうちの事務所でも死後に法的に問題の起きないような遺言書の作成の手続きをしていたりするのである程度のビジネスは狙ってるんですけどね。 それにしてもこっちの人って(弁護士事務所に居るからそう感じるのかも知れないけど)若くても結婚して子供が居ると遺言書を作ってるんですよね。 うちの事務所で働いている子持ちの人たちはみんな遺言書を作ってます。 法的に有効なものじゃなくても結構な人が自分で作った遺言書を持ってるみたいです。


夫には何か機会があるたびに、「私が脳死したら臓器は心臓も含めて全部提供してね」とか「もし私が生命維持装置がないと生きられない体になったら、カズの心の準備が出来た時点で維持装置ははずしてね」とか色々言ってはいるけど、この際、私もまずは自分で遺言書を作ってみようかな。






どうでも良いんですけど、今日は職場で妙に忙しくて8時半から4時過ぎまでトイレに行きませんでした。(行きたくも無かったの!) 自分でびっくりしちゃいましたとも。  んで、4時過ぎに死にそうにトイレ行きたくなって小走りでトイレいったらさー、そういうときに限って誰か入ってるのよー しかも 臭いし!! あたしだと思われるジャン! でも匂いがなくなるまでなんて待てないし!!!
こまるよー

 

スポンサーサイト



COMMENT▼

遺言書

同じ国の人でも信頼できない人はいるし、違う国の人でも、すごく信頼できる人もいる、とよく感じることがあるのだけれど、国籍や言語を越えたところで、やっぱりサチさんの上司はサチさんのことを信頼してるのだと思う(良い話だぁ~涙)。良いことばかりではないかもしれないけれど、それでも恵まれた環境と感じられる職場に出会えて良かったですね♪なぜか私まで嬉しいです(笑)

遺言書。。いざ書くとなると、どんなことを書いたら良いんだろう。。私もサチさんと同じで、臓器とか健康な部分は全てそれを必要としてる人たちに提供したいと思っているので、そういうことを綴っておくとよいのでしょうかね。ちょっと真面目に考えてみようと思います。。

ハズ&ワイフさん

ワイフさんかな?? こんにちはぁ

ほんとう、良い人ってどこの国にも同じくらいの割合で居るのだと思うけど、私の周りにはラッキーにもいっぱい良い人が居てくれます。 ありがたいことです、本当。
納得いかない、ってことも有るけれど、でも信頼されてるなって思うことのほうが断然多いですし。

遺書、本当難しいですよね。
誰に当てて書いたらいいのか、とかそういうきっと基本のことからしてわからないんですけど、でも財産があるわけでもないし、きっと夫とか家族宛に書いたらいいのかな、って思ってます。 私の夫はともかく、きっと私の親とかは自分のした判断が正しかったのか、とかずっと悩んじゃうタイプだと思うので、そういう思いをさせないためにも私はこうして欲しいんだっっていうことが文字にされていたら親のためにもいいことなのかな、と思ったりします。 あと夫と、私の親の意見が分かれてお互いにいやな思いをしちゃったりすると申し訳ないし…。 
あぁー財産無くてよかったぁ、これでお金とか絡んできたらめっちゃ面倒臭いんだろうなぁ~。 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/207-47d7bee1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク