FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2010. 03. 01

泥棒

ええ、っと。
かなり親しい人が空き巣に入られました。 彼女の家も私と近いし心配が続いています。 
まだどうなるか、どうするか、わからない状態ですけど私の仕事場が弁護士事務所ってこともあって近況を教えてくれるように言って有ります。 

少し前に、彼女の旦那さんが仕事から帰宅すると玄関のドアの鍵がかかっておらず、バックヤード側のドアは全開の状態だったそうです。でも、ぱっと見ではあらされている雰囲気も無く直ぐには泥棒に入られたことに気づかなかった様。 でも、ベッドルームやそのほかの部屋に洋服が散らばっていたり、しまっているはずのドアが開いていたりしたので、なんとなくおかしいな、とおもってきちんと部屋を確認してみると、色々となくなっていたそう。

取り急ぎ、警察に(000番)に電話してBreak Inのレポートをしたところその場で色々な詳細を聞かれ(何がなくなっているか、何時に家を出て何時に帰ってきたか、窓は割れているか、などなど)Police Reportを作ってくれました。 それから近所をパトロールしている警官をすぐに家に寄越すから、といわれ、あまり待たずに警官2人が家に来た様。  しかし警官自体はあんまり何をしてくれるでもなく、家の入り口で立ったまま、家の中も見て回ろうともしなかったようで、旦那さんが警官を引っ張るようにして家の中をいろいろ案内したとのこと。
しかし指紋を取るまでもない、との判断で(彼女の家は新しい電子機器が取られなかった結構あって、それらからきっと指紋が取れたはず、と言ってましたが)ほんの10分くらいで紙1枚をおいて去っていってしまったよう。

この紙には盗まれたものを書いて警察署に提出する必要があるのだけど、彼女達がぬすまれたのは

 PC2台
 プレステ
 プレステのソフト
 日本のID
 カメラ
 切手
 現金105万円
 旦那さんのシェーバー
 
その他小物(だけど高価なもの)が盗まれていて総額17Kドル(150万円くらい?)の被害だそう。



それを持って警察署に行きこの2枚重ねの紙の1枚を返してもらい、以上。




で、何をしてくれるんだ、って聞く彼女たちに警察はもし犯人を見つけたら知らせます。とだけしか言わなかったよう。 指紋を取って欲しいとか色々説明しても人が足りないんだから泥棒に入られた家すべてに警察官を送ることは出来ない、といわれたとか。
ったく頭に来る話です。

で、とりあえず警察はなにもしないらしい、ということが判って彼女たちは本当がっかりしていました。
この人たちは保険にも入っていないので(うちも入って居なかったけど、この話を聞いてうちも保険にはいり、セキュリティーに目覚めたのです)、今回盗まれたものたちは保険を請求することも出来ない。
完全な泣き寝入り状態です。


警察が何もしてくれない以上、本当この国では自分の身は自分で守らないとダメなんですよね。。





弁護士事務所に勤めていていいなぁと思う瞬間。
弁護士のアドバイスが雑談で聞くことが出来ます。 彼女のこともどれくらい助けられるか判らないけど役に立てるかな。 
いつも「この私のくだらない雑談で350ドル/時 チャージされるところだった…」って思っちゃいます。あ、でも日本の弁護士は1時間4万円だったなぁ。
スポンサーサイト



COMMENT▼

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

なお

本当そうだよねー!!
だってさー 100万円とかってほんと、あたしのレベルだと1年かけて貯金する額だよ! それを1日でとって、しかもそれを返してもらえないって… もうやったもん勝ち、って言うのもむかつくけど、何よりもさ、ほんと泥棒って頭来るよね!!

あ、そっか奈緒も旅行でカメラとか色々取られちゃったんだっけ! 本当自分で働いて買えよ!っておもうよね。 一生懸命やってるうちらからとるなんてほんと間違ってる!!

はぁはぁ
つい 熱くなってしまった…。

くんちゃん

そうなんだ、やっぱり多いんだね。 
この人のおうちも家の前木がいっぱい茂ってるんだよね。 だからこの人も木を切るって行ってたよ。 入られたのはバックヤードから見たいだけどね。 

なんか日本に居たとき、賃貸で財産保険に入るって言う感覚が無かったので私たちもこっちに来ても最近まで財産保険入ってなかったんだけどそれを事務所の人たちにいったらびっくりされたよ。 オーストラリアでは保険は当たり前なのかなぁ。

ほんと、盗んだものを安く買う、とか売る、とか本当頭くるよなー
奈緒のところにも書いちゃったけど、自分でがんばって働いてお金貯めて買いなさい、って思うよ!!

なんか泥棒に入られた人の了解も取って書いてるんだけど、こういうことシェアできたら他の人も気をつけようって思うかもだしね、、 いやぁホントあたしたちも気をつけなきゃって思うよ…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/210-14092729

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク