FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2010. 03. 04

警察官からのメール

警察でステートメントを取ったその後の彼女たちご夫婦。

とりあえず警察が裁判所に提出する書類の結果を待ち、その後、盗難品の補償があるのかなどの説明を受けるはずで居たのですが、最近、こんなメールが警察から来たそうで… 
警察官のどうしようもないフラストレーションも手に取るように判るメールだけど、それでも被害者である彼女たちの気持ちを考えると、読んでるだけで頭にくる! 


警察より、「彼らがあなたの家に空き巣に入ったという証拠は何も無い、あなたのIDカードを持っていただけではその証明にならないので、あなたに対する補償は何も出来ません。」


というメールが送られてきたそう。

それに対してキレた彼女が、即、「まったく持って理解できる内容ではありません。 私のIDはお金と一緒の封筒に入れてあったものだし、IDがあるならお金もあるはず。 IDを持っていること自体が彼らが私の家に入ったということの証明でしょう。IDが盗まれたという警察レポートも出しており警察のサインももらっている」と返事を書くと、

「Their possession of the stolen goods is not enough to say that they broke in or to assume that they stole the other goods. I wish it was. 」と。 要するに盗まれたものを持っていても実際に盗みに入ったのかは証明できない、誰かに預かったとか拾ったとか何とでもいえるから。 ってことなんだけどさ。

確かに容疑者は確実にやったという証拠が無ければ無罪、っていうけど、これがまさにそうなんでしょうね。



しかし、彼女たちの家のほかにも泥棒に入ったらしいのですが、そちらの案件では不誠実な回答をした、ということでもチャージされているようです。 なので警察も、彼らがほぼうそを言っていることは判っている、だけどそれを証明できない、という状況のよう。



これは、被害者側からするとこれ以上ないフラストレーションだな、と思うんですけど確かに証明できる罪以外は無罪になるということであれば彼らは無罪なんでしょう。



彼女たちは、空き巣に入られた当初、指紋採取をしてくれない警察に対し、近隣の警察署まで赴いて指紋採取をするように強く依頼した経緯があるのですが、その際に人員不足を理由に却下されているのです。 (だいぶ指紋採取をするしないで口論したようなのですが)
だけどあの時もし警察が人員不足なんてBSな理由で指紋採取を拒否しなかったら、彼らが彼女たちの家に押入ったっていう証拠が取れていたかも知れないのに。 
本当にフラストレーションです。



現状では、とりあえず事務所の弁護士に警察と彼女のやり取りのメールを見せてこれ以上何か出来る可能性は無いのか相談している状態です。 
しかしどうやら、何も出来無そう。


ほんと、ひどい話だよ!!








今日、妙に上司の機嫌がよくて、朝イチから30分位シェークスピアについて話されました。 何がなんだかさっぱりピーマン(あ、死語ですかね?) なもんで、ろくな返答もできなかったんですけど、、、 ハムレット位しか判らないけど、語れるほど知らない… やっぱオーストラリアとか英語圏に住むってことは彼らの古典も知らないとだめですよね… 英語が聖書の英語みたいでさっぱりパーマンだよ。
スポンサーサイト



COMMENT▼

なるほどね・・・ もしかしたら最初の段階で指紋を取っていたとして、それが犯人のもの!となっていても、段階を追わないと断定しないのかもね。 なんか日本でも「そいつだっ」ってわかっていてもしばらくは「容疑者」って呼ばれて、犯人が認めてもさらに証拠をいっぱい用意した上で「犯人」になるじゃない?(←よくわかんないけど) くやしいけど警察も今の段階ではきっと独断ではそうだ、とはいえないのかもね。。。「I wish it was」が物語ってるようにおもう・・・(だったらそのように言えばいいとも思うけど。)えー!とは思うけど、盗んだ人にも「人権」が守られるもんね・・・理不尽だけどさ。

でもこのつかまった人の経緯が経緯だけに(刑務所から保釈された後、とか)ちゃんとマークされてるから、そんなに簡単に「証拠がないから無罪」ってことにはならない気がする。 昔前夫が車を盗まれたことがあるんだけど、警察がそのように言っていた(やはり盗んだ人達はマークされている人だったのよ。)

このご夫婦はやれることはいろいろやっているし、本当にえらいと思う! 私だったら次の日から、忘れる努力しかしてなかったと思うよ・・・ 

くんちゃん

そうだよね
そう、私と近い人の話だからなんか凄い自分のことのように怒ったり嘆いたりしてたけど、冷静に考えると、人権ってことなんだろうねー。

盗まれたほうからするとムッキー!!!ってなるけど、でもやっぱり自分が冤罪の容疑をかけられちゃったら、とか誰かを冤罪にしちゃったら、って考えると、確かに怪しくても証拠がないとNGって言うほうが正しいのかなってきもするよね。

っていうか!!!
車盗まれるって、それもまた頭にくるねー!!! パーツとかにして売るってことなのかなぁ!? 

でも過去に犯罪歴がある人、そうだよね、警察もマークしてるだろうしね。。 何とか成ることを願ってます!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/212-caf0cd4e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク