FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2010. 03. 18

Migration Agentは誰だ。

私はシドニーに、お世話になっている移住エージェントが居て、とても細やかなサービスやフォローをしてくれて頼りにしているのですが、今日会社に行ったら上司から、移住エージェントを私にやらせてくれないか。といわれました。
彼曰く、私は彼のオフィスで働いているし彼は私の雇用主だし、雇用主が自ら移住エージェントをするということは真剣みが移民局にも伝わるだろうし、何かあればアデレード同士なので彼が出向いて説明することも可能なのでシドニーのエージェントを使うよりも色々とメリットがあるだろう、とのこと。

非常にありがたいことです
勿論彼は私にお金を要求はしないしただで助けてくれようとしています。 
(ビザ申請時に発生する費用については勿論私が払うけど)
本当ありがたくてお礼をどれだけ言っても足りないくらいです。

彼が直接、今回私のビザを却下したImmigration SA事務所に電話してくれてにこやかに話をしてくれて「どうなのよ、で、可能性はまだあるわけ?」って言ってくれるのを見ていたり、普段の彼の弁護士としての敏腕振りを見ているだけに彼が見方についてくれることは本当に心強いことです。



ただ、勿論今お世話になっているシドニーのエージェントも非常にきちんとしてくれており(事務の女性としかやり取りをしていないのだけど)今のところ大きな不満は何も無い状態です。
こちらのエージェントは昔からの移住エージェントとしての実績もあり書類処理を手伝うスタッフも大量にいるしマニュアル等も揃っていて何よりもスピーディーに対応してくれることと、実績と経験が有る事が安心材料です。
(今の上司は去年移民エージェントとして始めて登録し、まだ誰一人ビザを取らせたことが無い。)
そして、シドニーのエージェントには全額費用を支払い済みです。 ここでエージェントを変えたい、といった場合どのくらいの金額が返金されるかは不明-おそらく半分も戻ってこないはず。



この二人のエージェント、どちらを選ぶか、今日あさからずっと悩んでいますがまだ決められません。
夫とも先ほどからずっと話し合っていますが、決められない。

ただ、今の雇用主はどちらにしても私を助けてくれると思う。 だけどシドニーのエージェントは今、契約をきってしまうとここで縁が切れてしまいこれから助けをもらうことは出来なくなる。
今の雇用主がビザのプロセスやシステムを本当に把握しているかは、失礼だけど、経験が無いし不明で心配。 今の私たちの状態では失敗が許されない状態だからなるべく間違いの無い方法をとりたい。

そうするとシドニーのエージェントにこのままお世話になるのがいいのかな、とも思います。
ただ、シドニーのエージェントはImmigration SAのオフィサーと喧嘩したらしい。(今回の私のビザ却下の件で即電話して文句をいってかなり揉めたらしいので)人間関係はどうなんだろう? と思ったり(私の上司はニコニコしながらいい感じで話をしていた)。 ただ、即電話して怒ってくれる様な情熱を持って仕事してくれてる、とも考えられるし… だけど確実にImmigration officerの印象は悪い。



さぁどうしよう。 
本当に決められない。 人生がかかってる選択な気がしてきたよ。
どちらも選んでも結果は同じなんだろうか、それとも移民エージェントの力量によって私のビザの結果は変わってしまうのか…。 
これから一緒に働いていくことを考えると、上司にお願いしたほうがいいのか。とか打算的に考えたりもしたり。


あーどーしよー。
どーしよー。






そんなこんなで迷ってたら料理したくなくなって(夫と議論してたら時間もたっちゃって)、そんなわけで今日の夕飯はドミノピザです。 ダイエットはどこへいった。 さぁどこだろうか。 おらしらね。

あ、関係ないけどこっちの新聞はこんな感じで配達されるみたい。 サランラップでぐるぐる巻きです。 おもしろいな、とおもって写真。

DSCN2357.jpg 

スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/222-8ac67c74

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク