FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2010. 03. 21

再申請資料

今日は午後まるまる資料作りでした。

RSMSビザ再申請のために、前に提出したよりももっと詳細で、絶対に私が今の事務所に必要!ってアピールする資料が必要なんですけど、思いっきりうそもつけないし、ただ正直なところ、私がそんなにすっごい必要、ってわけでもない現状なもんで、結構資料作り大変でした。 ほんと5-6時間くらいかかった! 

でもコレが結構楽しかったりもしましてね。

前回の資料では、「なぜオーストラリア人/永住権のある日本人」ではなくて私が必要なのか。というところの説明が弱かったみたいでしたのでそこを強調するようにしました。



いやーさー、日本語を武器にすればなぜ現地のオーストラリア人ではなくて、私が必要なのか、って説明するのは結構簡単なんだけど、なぜ永住権を持っている日本人ではなくて私なのか、は結構難しいですよね。 っていうか、いや、永住権を持っている日本人で、十分じゃないですか?って思ってたりもするので、そうするとねぇ…。

それでもウーンウーン言いながら何とか説明文を作ってみました。 かなり危うげな説明だけどね笑 後は明日会社に言って相談してみて、もっと別の資料が必要そうであれば追加していこうと思っています。


なお、迷っていた移住エージェントは上司にお願いすることにしました。
上司は今まで誰もビザを取らせた実績が無いので(始めたばっかり)そこが心配だったのですが上司と一緒に働くことになる新しく採用された弁護士が今までずっと移住エージェントとして働いていたそう。
シドニーでお世話になっているエージェントさんも本当に良くやってくれている事と、彼らはかなり実績を持っているだろうことがあったので変更にはだいぶ迷いましたが、(今も迷いは若干あるのですが)、近くに居ること、それと、私がシドニーのエージェントを使うことになると、私たちの競合となるエージェントに私たちの会社のビジネスプランを全部明かすことになってしまう、ということがネックで、上司にお願いすることにしました。

今日、シドニーのエージェントに電話して、エージェントを変えたい、と説明してみます。
彼らに落ち度は無いので非常に心苦しい電話ではありますが、私の状況を説明しようと思います。 
そして、返金はどれくらいして貰えるのか、コレも心配です。(私たちは最初に一括ですべての料金を支払い済み)ビザ申請には3段階ある中で、1段階目までしかお世話になっていない状況なので少なくても半分以上は戻ってきて欲しい…と思いますが、契約書内での明記は無いので、こちらも交渉になるのでしょうか。


何はともあれ、本当早くビザの件は落ち着いて欲しいです。






それにしても久しぶりにビジネスプランなんて書きました笑 相変わらず下手でございます。 昔の会社のときは月1くらいでプレゼンがあったり無かったりだったので、結構書いたりしていましたが、今はパワーポイントを使うことさえ久しぶりの状態。 いやぁ これで大丈夫なのかなぁ。あやしすぎる。
スポンサーサイト



COMMENT▼

いろいろ大変そうですががんばってくださいね。サチさんのスーパーぶりを見てもらえば代わりがそうそう居ない事ぐらいすぐわかってもらえると思うのですが、書類だけで説得するのは大変ですね。

南オーストラリアでは、日本人は、中国、ベトナム人と異なり、こちらで生まれた、もしくは幼少の頃から育った世代で成人してる人はまだほとんど居ない上に、自分も含めて日本からやってきた技術移民の人たちは特定の技術分野で働けてもマーケティングや秘書業務の出来るレベルの人となるとほとんど居ないと思いますのでその辺も説得の材料になるかもしれませんね。

Trancosoさn

やさしいコメントありがとうございます♪
代わり、たぶんすっごいいっぱい居ちゃうんだと思います(汗 でも居ません、って言うことをアピールしないといけないのが結構つらいところでして笑 でも頑張らねばっ。

そうですね、確かにご指摘のとおりこちらで生まれて育った日本人はほとんど聞いたことがありませんのでその点は他の国籍の方とは異なって説得はしやすいのかも知れません。 いかんせんアデレードに居る(登録されている)日本人の数が少ないのと(1700人だそうで)オーストラリアに移住する人数も劇的に増えてるとは言え、まだ結構少ないのが説明の中で難しいところなのですが、、今度はうまくいくといいと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/225-6462db74

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク