FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2010. 04. 06

オーストラリアの移民

オーストラリア政府が人口問題担当相を新設し農業相のトニー バーク氏を大臣に任命したとのニュースを読みました。 2050年までに3600万人に増えると予想される人口を養うために対策を立てる事が目的とのことでしたが、過去にも移民受け入れ拒否の立場の議員が温室ガス削減目標達成のためにもこのまま移民が増え続けると達成不可能だ、というような話をしていたり、技能移民がオーストラリアの高齢労働者を労働市場から追い出してしまっている事が問題に成ったりしていたのでその辺も絡んでいるのかと想像しています。
移民削減だけが対処法ではない、というようなことをバーク氏は発言していたけど、同時に「技能移民はそれぞれの国のためにもっと貢献できるはずなのにオーストラリアが彼らを引き取ってしまっているので彼らの技術/生活水準向上を妨げている」見たいな事も発言しているので要するに移民数を減らすってことだろうな、と理解しています。

(↑移民はそれぞれの国に貢献できるはずなのに…っていう説明はちょっと説得性にかけると思うのですが。そんなに優秀な人物だったらオーストラリアだって欲しいはずなのにその他の国の発展のためにオーストラリアはそれらの国からの優秀な人たちを受け入れるのをあきらめます、なんて思いっきり綺麗事じゃないかな)

移民の中でも特に技能移民を削減の対象にしているようで、まさに私たちが日本から申請していたSRSビザなんかはコレにあたります。(まだ申請を取り下げては居ないんだけど) この変化は私たちにとってまた逆風なのだけど法律や政府関係なんかは特に私達個人ではどうにも出来ないレベルなので私たちはとりあえず出来ることを探して何とか居座るだけなんですけどね。




私達には逆風なんだけど、ある意味では、この選択って国としてそこまで間違っては居ないんじゃないかなという気持ちもあったりします。
(私が有る意味保守的なせいもあるんだろうけど)移民が増えるとその国の文化や習慣なんかが廃れていくと思う。 今回のイースターや少し前のクリスマスなんかも私とカズにとってはたいした意味を持たないんですよね、だから私たちはただ単に休みが増えた、嬉しい、としか受け取らないのです。 キリスト教の多いオーストラリア人にはとても意味のある休日なのに。 私たちみたいな移民が増えたらこういうオーストラリアの文化もだんだんに廃れて行っちゃうだろうし。 それに外国人を受け入れて仕事を与えるくらいなら自国のオーストラリア人を優先に考えるというのもオーストラリア政府としては当たり前な政策だと思います。



だけど同時にオーストラリアってまだまだ発展の余地があるし海外から優秀な技術者等を受け入れることで自国の技術も発達するし国としても発展していく(アメリカなんかはその良い例だし)わけだから、まったく移民を取らないというのも世界レベルから遅れてしまう危険性もあると思う。 それにそもそもオーストラリアってもともとが移民の国だし220年くらいの歴史しかもって居ないわけで失う文化って失礼だけどそこまで無いのかも知れないって思うんです。(アボリジニー文化は抜かしてだけど。 でもコレは移民の多少に関わらず何かしない限りドンドン廃れてしまいそうに思う)
それに海外から学生やワーキングホリデーや研究者などを受け入れて彼らからの授業料や彼らの家族が遊びに来たときに使うお金などによる収益がオーストラリアの国の第3の収入源になってることを考えても、移民が増えてきたからじゃぁちょっと削減しようか、って安易に考えるのもフェアじゃないとも思うのです。



で、両方のメリットを取るとしたらオーストラリア政府がしようとしているみたいに、移民のレベルを上げるってことしかないんだと思う。
アデレードに居る日本人は別なんだけど、ここで会う非英語圏の国出身の人たちの中には何十年も住んでいても、もしくは永住権を持っていても英語が一切話せないという人も多く居るし教育レベルなども低い人たちがいっぱい居ると思う。 

まぁ私の若干の僻みもあるのだろうけど、でも私たちが今申請しているRSMSビザって、英語レベルや学歴、職歴やその人自身の才能、親や家族なんかも全部トータルで審査された上でビザが下りるか下りないかが決まるので、コレを通るのって凄く難しいと思う。 だけど既に今永住権を持っているこういう人たちはオーストラリアの文化も余り理解せず英語も話せないと思われる人たちが多すぎて、なんか凄く不平等に感じたりもするんです。



いまからビザを申請しようとしている私たちには凄くキツイ話なんだけど、でも自国の文化とかオーストラリア人を守りつつ国の発展も考えるとなると、やっぱり移民の出身国を選んだり、英語テストを厳しくしたり、オーストラリアの文化をどこまで理解しているかのテストを受けさせたり、そういうのって必要なんだろうなと思うのです。




とはいっても、勝手なもので、自分のビザは早く下りるといいなぁ…と思うのです。







日本はオーストラリア以上に移民には気を配る必要があるんじゃないかなと思うのです。 日本の文化って2700年弱の歴史があるし守っていかなきゃいけないと思う-。 自分は移民なのに日本への移民には保守的なのは矛盾してるんだけど…どうも問題山積みに見えてしまいます。
スポンサーサイト



COMMENT▼

この辺やっぱり、選挙投票義務化が関係してるような気がします。支持率大暴落の労働党が中間や保守層の支持挽回を狙ってじゃないですかね?国民に不満がたまると新規移民へ矛先が向くのはどの国も同じだと思います。経済の方はバブル再びと言うような予兆なので、次の選挙が終わって政権交代したらそれほど後を引かないんじゃないかと思ってます。ただ、大都市は本当に人口増加にインフラが追いつかなくなってるのは問題でしょうね。

「既に今永住権を持っているこういう人たちはオーストラリアの文化も余り理解せず英語も話せないと思われる人たちが多すぎ」

ものすごい上から目線。
ご自分は英語も能力もハイレベル、オーストラリアの文化(って?ミックスカルチャーが文化では?)の理解も深いからビザをくれるべきって意味ですよね?

移民局スタッフに裏口を匂わせてみたり(仮にも法律事務所勤務ですよね「何かしてくれないか」なんて考え方する人が法律にかかわっていていいんですか)、ワーホリで1年も働いてみたり(これ、思いっきりブラックですよね、たとえビジネス「ネーム」が変わっても「ビジネス」が基準の6ヶ月ですよね、そちらの法律事務所大丈夫ですか)、命からがら故郷を追われた人たちをこうしてインターネットでばかにする資格があるんでしょうか。疑問です。
アデレード在住の日本人向けに広告出されたようですけど、そちらの法律事務所はまっとうなお仕事していただけるのか不安です。

Trancosoさん

返信が遅くなってしまいました。
今は時期が時期だけに支持率稼ぎのキャンペーンばっかりなんでしょうね。 ラッドさんでしたっけ、少し前はある程度移民を取ることが国の発展にいい、とか言っていたけど最近になってやっぱり反対人口が多いからこんなものを作ってみたり…。 ある程度仕方ないことなのかもしれないですけどビザが下りるまではちょっと振り回されそうです。

でも今でも家が足りなかったりするのに、現状のままで人口だけ増えると家の価格はまだまだ上がり続けて私たちが家を買えるお金が溜まったころには大変なことになっていそうです。。。

確かに仰るとおり「既に今永住権を持っているこういう人たちはオーストラリアの文化も余り理解せず英語も話せないと思われる人たちが多すぎ」という書き方はこのような誤解を生むと思います、この文章で気分を害された方がいらっしゃいましたら謝罪いたします。

勿論ご指摘のようなRefugeeをターゲットにしたものでは一切ありません。(その辺は前後の文章で分かって頂けると思いますが私の文章力の問題があったかと思います) 
ただ、実際日々生活するに当たり現在永住権をもちこちらで生活されている方の中には明らかにビザに必要とされているIELTSに必要なスコアを持たずまた郷に入ってもまったく持って郷に従わなずトラブルになる例を見ていましたのでそれを指摘してのコメントです。

またビザの申請にかんして裏口なるものが存在するのか自体も疑問ですが、勿論私たちはそのようなものには一切関わって居ないのは前後のエントリーでも理解頂けると思いますが。 ビザ申請に関しリファラーが必要でありその際により有利なリファラーを得ることはビザ取得に必須でありその努力をするのは必然と考えております。 

ワーホリに関しては、6ヶ月の時点で退職しており、その後別の会社に勤務しております。これについてはきちんと法と照らし合わせた上で問題ないと判断された上で勤務しております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/237-0dcc17f4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク