FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2010. 04. 23

ジョークのセンスよ いつまでも。

うちの事務所は、社員のやる気度に応じてだいたい金曜日前後に全員宛に誰かが誰かからもらったジョークのEmailをオフィス全員に送信し、それに対して2-3人がまた全員にコメントを送信して、そのコメントにたいして今度は立ち話がはじまるという光景が良くみられるのです。

で、今日送られてきたものは教会の貼紙に実際に書かれていた面白い文章、っていう題名なんですけど、その中にこんなものがありまして。



Please place your donation in the envelope along with the deceased person you want remembered..



私はこのジョークを、


亡くなった人(の入っているお棺)にその人向けの寄付を(封筒にいれて)入れてあげてくださいね。


って意味と取りまして。
- 亡くなった人に寄付してもしかたないやんっ - っていうオチなんだと思ったんです。
(良く考えれば結構つまらん。) 



で、ちょうど日本の習慣なのか違うのか???ですが、亡くなった人が三途の川を渡るのに渡り賃として6文(でしたっけ?)をお棺にいれる、見たいなのがあるじゃないですか。


たまには私も全員あてにジョークの返信をしちゃうもんねっ



と意気揚々で全員に

「いやいや、日本では死んだ後にこの世とあの世の間を流れる川を渡るための通行費としてお金をお棺に入れるのよ。 日本人は死んでも利益追求の精神を忘れませんともっっ

みたいなギリギリのギャグセンスで一番乗りで全員に返信してみたんです。




そしたらいつもなら誰かが返信して、それに誰かも返信して、そこから笑い声やら立ち話やらが始まる、っていう光景がみられるんですけど、今回は妙な沈黙がありまして。



で、
耐えかねた(?) 隣の席のうら若き女子(20歳)が

「あ…あのね、」
と、説明してくれたのには。




教会なんかで、よくお祈りの最後に大きめのお盆みたいなのがまわってきて(あ、お盆といわず、若者はトレイと言えという声が私の中で聞こえますが)その中に教会に対する寄付を入れて次の人に回すんですけど、そのお盆にいれる封筒に寄付と亡くなった人を入れてください、って書いてあるのよ。 
- 封筒に死体は入らないよ! - っていうオチなんだけど。


って説明してくれまして。
あー、そういえばそんなお盆が回ってきたのを昔どこかで見たことあるような。


ってか
ギャグを説明させてしまうとはっ
まぁ私の英語ってこんなもんなんですけどね。
それにしても、じぶん、もっと色々な面で頑張ります。





せっかくなので、今日回ってきたジョークの一部をどうそー。
私の日本語訳なんで微妙なセンスですみません。
もしまた訳が違ってたら…
もうギャグの通じない年になったと判断してくださいませ。

(あ、こういうのって著作権的なものってあるんだろうか? 誰のジョークかわかりません…。 ブログに載せちゃいますが…)


The sermon this morning: 'Jesus Walks on the Water.' The sermon tonight: 'Searching for Jesus..'
午前中の説教‘水の上を歩くキリスト’。 午後の説教‘キリストの捜索’


Ladies, don't forget the rummage sale. It's a chance to get rid of those things not worth keeping around the house. Bring your husbands.
お嬢さん方(って、みのもんたか?)、慈善バザーをお忘れなく。 家の中の不必要なものを無くしてしまういいチャンスですよ。 旦那様をつれていらっしゃい。


Remember in prayer the many who are sick of our community. Smile at someone who is hard to love.. Say 'Hell' to someone who doesn't care much about you.
社会の嫌われ者の為にも祈りましょう。 愛しがたい人達にも笑顔を。 アナタの事を愛していない人達に‘死んでしまえ’といいましょう。 ‘死んでしまえ-Hell’ じゃなくて‘ハローHello’と言いましょう、のタイプミス。


Next Thursday there will be tryouts for the choir. They need all the help they can get.
来週の木曜日はコーラスのリハーサル(と訳していいのかしら?)があります。 彼らは全面において助けが必要です。


At the evening service tonight, the sermon topic will be 'What Is Hell?' Come early and listen to our choir practice.
夕方の礼拝では‘地獄とは何か’について説教します。 早めに来て私たちのコーラス隊の練習を聞いてみてください。



なんというか、
とりあえず訳にセンスが感じられなくてすみませぬ。







金曜日と言うことでテンション上がってケンタッキーフライドチキンでテイクアウトしてビデオを見ながらの夕食だったのですが、アレだけたくさん食べたにも関わらず、既にお腹がすいている私ってなんなんでしょうか。 ギャグのセンス以外にも色々頑張らないといけないことがありそうでございます。
スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/246-9327b7eb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク