FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2010. 08. 13

本日は愚痴100%です。愚痴以外何でもありませぬ。

ええーと、最近オーストラリアに到着したときよりももっとカルチャーショックというか文化の違いを強く感じておりますーー。 
うーんー、文化の違いなのか私の性格なのか微妙なところでは有るんですけどね。今日は上司が一日中めっちゃ細かい数字の処理の仕事をしていて大分ストレスが溜まっていて機嫌が悪かったこともあり、んでもって、私は親知らずが若干成長気味で歯ぐきがいたーーーいので機嫌が悪かったこともありですね、若干上司にキレ口調で接してしまったら、倍になって返って来ました。

ってなわけでストレス発散のため、と自分自身に言い訳しながら金曜日の夜にマルガリータピザとハワイアンピザのLサイズを食べながらお送りしております本日のダイエット日記でございます。 ピザダイエット、なかなかやせませーん。 (これくらいのギャグは結構痛い自虐になるんでしょうか。 コレ位自分自身に言っておかないとピザを食べ続けると思うんです。ってことでサラッと流して頂ければ…)




いやーーー
なんか、オーストラリア人がのんびりなのか私がせっかちなのか。

毎朝上司とその日やることの打ち合わせをするんですけど、ここのところ2-3週間ほど毎日上司に「そろそろやらないと、」ってせっついてる事があるんです。
て、シドニーの弁護士にお金を送金するだけなんですけどね。
シドニーの弁護士が私たちのクライアントのために仕事をしてくれて、クライアントからは一部の支払いは既に貰っているのです、で、その貰ったお金をシドニーの弁護士に支払いをしないといけなくてね。

でもここ3週間位、放って置いているんです、ワタクシの愛すべき上司。



シドニーの弁護士からは毎日のようにメールや電話がきて、まだかまだか、って聞かれていて、今日の朝は「オレの銀行口座には3ドル45セントしかない。すぐに払え。」っていうなんともなんとも、、、ええと、なんともいえないメールが来てて。

3ドル45セントて! お昼ごはんはどうする?? 午後のおやつはどうする???? チョコレート買えないぞ。あ ギリギリ買えるかな。 いや、違うか、それ以前の問題だろ。

んでもって、私の上司はそのお金をまだクライアントから貰っていないから支払えない、ってシドニーの弁護士には説明をしていたんです。
でもね、痺れを切らしたシドニーの弁護士が私たちのクライアントに直接電話したところ、クライアントが「え? 4000ドルは既に払ったよ」、って言ったらしくて… 

シドニーの弁護士爆発っっ。
そりゃそうだよな。
うちの上司は忘れていたのか?? 基本的に嘘をつかない人なので多分忘れてたのか、クライアントからの入金に気づいてなかったのか、だと思うんだけど…。


で、その後電話とメールの嵐。今日のメールの嵐と夏の台風とどっちがヤバイか。
勿論秘書にも問い合わせの嵐。 ほんと10分おきに… って、アンタ、ドンだけせっつくんだっ!?


いやーでもね。
私の上司お昼ご飯も食べずずっと細かい仕事をしていて、機嫌悪いなんてもんじゃない。まぁ元々おじいちゃんなんだけど、なんか妙にヨボヨボになってまして、髪の毛ポヨポヨしちゃってまして、こっちがギャグを言おうが無表情で見返してきて無言を貫く、的な挑戦的な態度を取ってましてね。

そんな上司に「シドニーの弁護士に金払おうぜーー」って言うのも結構ね。 勇気がね。


でもね、1回伝えて、2回メール送って(社内なのに笑)みたいんだけど、彼、何もせずに帰ろうとしましてね。 さすがに、「相手に何もせず、電話もせず、メールも送らず帰るんかい!!」って思って「私が一言、来週まで待って、って伝えておこうか?」ってヨボヨボと帰りかけの上司に声をかけたら


「その件はもう知ってる。オレが何もしないという事は何もしないんだ。サチは相手が電話を一杯してきたからってすぐに反応しすぎだ、無視しておけばいいだろう」

っていうので、おい、いや、違うだろ。うちらはお金を持っていてもう3週間も相手に送らずに持ってるんだからせめて連絡位するのが当たり前だろーーー このままじゃ、ただ単に忘れてたんじゃなくてワザとお金を送らないんだ、って勘違いされるよ!? っておもって、、、

そして奥歯が痛くてイライラしてたんで(何度も言っちゃうけど、これ私の言い訳ね。)

「いや、上司のアナタは何もしなくてもいいけど、私はあなたにイラつかれてもあなたのやることをフォローする事が仕事ですから無視はできませんから!」 

って言ったらキレた顔で ハァッッッ!!!! ってでっかいため息ついて何も言わずにそのまま帰りました、ヤツ。帰ったよ、ヤツ。 しかも無言で。
ったくーーー。 


きっと直後に私が同僚に言った「What was that??(なんなわけ?)」ってのは上司に聞こえてたと思います。

ってか、私も大人気ない。 
大人気ないけどさ、なんか3週間も自分の手元で仕事を止めちゃってて、相手方から催促の電話があったら速攻やるのが日本でしょ。 私は相手を待たせている事が分かっている状態で相手から催促があったらその日中に絶対何かしらの返信をするよ!!



オーストラリアスタンダードで考えると、私は細かすぎるんだろうな。 上司も疲れちゃうんだろうな、毎日のように私に、あれやってない、これやってない、って言われるんだもんね。 でもさ、メールに3日経っても返信しないって、、、 やっぱり私が考えると、ダメだろーーー って思うんだけどね。



いや、やっぱりのんびりの上司にウザがられても催促し続けるのが私の仕事だとおもうんだよなーー。 貰ったメールはその日のうちに返信! 催促される前に仕事する! そうじゃないと忘れちゃうでしょ。 それに基本ゆっくりのオーストラリアだからこそ早く、というか時間通りに約束どおりに物事を進める会社はすっごい信頼して貰えると思うんだけど。 どうなの??


でも、此方もそうだけど仕事の相手方も大体ゆっくり仕事なんだよね。。。
私がオーストラリアのペースに合わせていかないとこれからは上手くいかないのかなぁ。


とりあえず一人で考えても分からないんで来週上司に仕事の進め方についてちょっと直接聞いてみます。
「もしや私ってうざい??」って聞いたらどんな顔するんだろ、なんかちょっと想像すると面白いかも♪


br_decobanner_20100813203225.gif
ヤバイ、親知らずが生え途中なので一杯歯磨きしたら歯ぐきが腫れて来て大変です。
ここ2-3日、ご飯はあまり噛めずほとんど飲み込んでおります。 
ピザもほぼ丸呑みっーーそれでも食べちゃう私。 痛いから食べない、のであればやせるんだろけどなぁぁーー
スポンサーサイト

COMMENT▼

No title

間に入るものとしてはつらいよねぇ~。 事情もしっちゃってて、催促の連絡が10分おきにくる、両方の立場がわかる(3ドル45セントとかさ)、はがゆい・・・ そりゃーいらっともくるしピザもがっつり食べたくなるわなー。

私がさちさんの立場だったら、あくまでこれは上司とそのシドニーの弁護士の問題として取り扱うかなー。 シドニーには私も再三上司に伝えてるのよ、でもそれ以上私にはなにもできないのよ、だからもう私の域をこしてるから直接話してちょうだい。 上司にはシドニーにそのように言ったけどそれでいいかしら?と。 それで上司がいいというなら、それまで。 個人的には上司が再三いってもやらないことは上司の責任であって、それをやらせるのはさちさんの責任ではないと思うなー。

どこで線を引くかは、なかなか難しいところだけどねー。 人や会社のことを思えば、ってとこもあるし、自分の責任感、ってところもあるし。 特にさちさんのように頭の回転が早くいろいろ出来る人の場合、もっともっと色々細かい部分まで見えちゃうんだろうなー。 

つまるところ、上司さんはさちさんのような人がいて幸せってことだね☆

お察しします

そのお気持、ものすごくよくわかります。

当地フィジーでは、もう絶望的に皆いい加減でスローで、メールを送っても返事はこない、電話でメッセージを残してもまず折り返しかかってくることはない、安請け合いばかりして、頼んだことはちゃんとやらない(使命感、責任感という言葉が彼らの辞書にはないらしい)、という、もうどうしようもないような状況が日常茶飯事で、それでも私は、そういった現実を決して理解していないであろう日本人や日本企業を相手に仕事をしているので、日々板挟みになって苦労すると同時に、イライラしなくなったら日本人としておしまいだと肝に銘じ、でもあまりカリカリしてうるさいことばかり言っていても当地の人間から疎まれて物事がうまくいかないので、日頃から、そのバランス感覚を維持するのにすごくエネルギーを使います。大分慣れましたが。

ここにいる白人(ほとんどオージーやキーウィ)も、いとも簡単に郷に入れば郷に従ってしまうのか、スローだったり、いい加減だったりする人が多いのですが、でも、現地人ならまだしも、白人であまりにいい加減というか、仕事に対してきちんとしていない人に遭遇すると、つい私も、文化の違いというか、私達(日本人)が異常なのかと考えさせられてしまいます。でも、いつも思うのですが、例えば、新幹線は他の国の人でも作れても、新幹線をあれだけの過密スケジュールで時間通りに事故なく運行できるのは世界で日本人だけだと思います。

相手が上司ともなると、それはまた大変ですね。親知らずお大事に。

くんちゃん

くんちゃん、なんか愚痴100%のエントリーだったのにコメントありがとうございます。
うん、昨日の帰り道、くだらない事なんだけどね、って言いながらもカズにグチグチ言ったら同じこと言われたよ。 こっちが良いと思ってやっても上司にとっては面倒かもしれないからね、上司が忘れていたらリマインドするのは秘書の仕事だけど、上司が分かっているのに何度も同じ事を言うのは違うんじゃない、って。
それを聞いて、くんちゃんからのコメントを読んだら、なんか確かにそうだよなーって思った。 私と上司の責任の域を私の中でしっかりしたほうがいいのかもなー。 
ありがとう。

いやーーー
ピザ食べ過ぎて、(昨日の夜だけじゃ食べきれなくて今朝も・・・朝からピザ!してみた)気持ち悪いよーー。何事も限度を確認しながらだねー。

南十字★けんけんさん

私が乱雑に書いた文章で自分自身がこんがらがってた感じだったんですけど、南十字☆けんけんさんのコメントを読んで、「そうそうっっ まさにそういうこと!」ってすっきりしてしました笑 すっごく的確にまとめて頂いてコレが言いたかったのよっってすっきりしたりしてww

私の中で日本人の細かさをこの会社にもう少し入れたほうがいい、日本のやり方のほうが絶対いい。って思ってる自分と、でもオーストラリアでオーストラリア人と仕事をしていくうえでは彼らのやり方で上手くやったほうがいい、とも思って板ばさみの状態だったので。 私ももうすこしうまくオーストラリアのやり方に慣れていかないといけないのかな。

どこの国と比べても日本人が細かすぎるのですかね??
私は、日本みたいに仕事ばっかりしたくない、ゆっくりした生活がしたい、なんていってオーストラリアに来たのになんかどこまでも日本人魂満載です(汗
ある意味良いことなんだと思うんですけどね。 でも私の場合はもうちょっと上手くやらなきゃなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/312-b2e08dbc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク