FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2010. 09. 07

捕鯨

毎朝起きるとテレビの前のソファを陣取って化粧をしながら(あ、ベラは必ずひざに乗ってきます。重いのよ、これがまた)ニュースを見るのですが、今朝はグリーンピースジャパンが調査捕鯨船の船員が自宅に送った鯨肉を盗んだ窃盗罪の懲役1年、執行猶予3年の判決が出た、というニュースをやっていました。

グリーンピース側は、捕鯨船の船員の鯨肉横領を摘発するためにやった正当行為と言っているようですけど、裁判所の結果は、鯨肉が船員が不法に入手したものとも断定できないし、そもそも、その鯨肉を盗むって違うでしょ、っていう判定だったよう。
ええと、なんていうかさぁまえまえから思っていたんですけど、




グリーンピースとかシーシェパードって、ちょっとやることが、なんていうか。 
うーんと、オブラートに包んだ言い方ってなんかありますかね、なんていうか、アレだと思うのです。 
とはいっても今回のケースは捕鯨船の船員の鯨肉管理に不透明な部分があるらしいことも明らかになっているみたいなので、彼らにも非はありそうとは思うのですが。

以前もグリーンピースが日本の捕鯨船に火炎瓶を投げつけた、とか酪酸だかの薬品をかけた、とか色々有ったけど、今度は捕鯨船の船員が鯨肉を盗んだでしょ、っていう疑いをかけて、その特定の鯨肉を自分達が彼らから盗む?? うーん、きっと色々と彼らにも理論が有るんだと思うのですがイマイチ、ニュースだけでは私には意味が分からないのです。

まぁ彼らもカナダとかアメリカとかの先住民達に対して日本に対してやるほどの妨害をしないので文化として捕鯨をする事は認めているとは思うのです。 日本が遠くまで出かけすぎ、そして規模が大きすぎ、って事なのかも知れないんだけど… それにしても捕鯨に対してプロテストしたいのであれば他のやり方があるでしょーって思うのです。



     *     *     *     *     *


どうしてもオーストラリアに居るとたまに鯨漁の話題を振られたりするのです。私の出会った多くのオーストラリア人は捕鯨反対。 よく聞く理由は、鯨が絶滅危惧種だから、とか鯨は知能指数が高い動物だから殺すなんて残酷だ、とかオーストラリアの環境産業であるホエールウォッチングに影響するから、等で反対している様に思います。

でもね、日本が捕獲している鯨ってクロミンククジラ、ナガスクジラ、ミンククジラ、イワシクジラ、ニタリクジラ、マッコウクジラの6種類だけでこれらは絶滅危惧種には指定されていないし、年に3万頭位ずつ増えているというデータもある様。 だから絶滅危惧種を取っているわけではないよ、といつも説明しています。

確かに鯨は知能指数が高いと聞くけど、じゃぁ、知能指数が低い牛や豚や鳥は食べてよくて頭の良い鯨はダメなの? どこからが頭がいいから食べてはいけなくて、どこからがバカだから食べていいの? そんな理論はありえないよなぁ。どこの国の誰が決めるの? この決断には神様が必要だよ、と思う。

ホエールウォッチングについても、確かにオーストラリアの観光の一つだし日本が捕鯨をしたら影響が出るかも知れない、、、けど、(日本側曰く)鯨の生態をしりきちんとした保護等をするための調査なわけで長い目で見たらオーストラリアにも利益があるかも。

日本の調査は全てIWCで決められていて捕る量なども全てIWCでの決定事項に則っているのに、なぜオーストラリアがダメというのだろう、イマイチ今の所、納得できる回答をどこからも聞いたことがありません。
鯨を食べるのはダメ、といわれても日本には12世紀から鯨を食べる文化があったわけだし何を食べるかというのは日本の文化なわけだし、日本外の国の人にこの文化はダメと言える権利は無い。 確かに凄くポピュラーな食べ物ではないので私も過去に鯨肉って食べた事あったかなぁ?って考えちゃう程度なんだけど(むかし父が鯨ジャーキーを食べながらビールを飲んでいたのは覚えています)でもさ、鯨を食べたい文化からしたら、いやいや、これは私の国の文化で鯨を食べたいもん、って言う権利あるでしょーって思う。

勿論絶滅するまで食べちゃダメだけど。


でもね、鯨調査の理由の一つにマグロの生態調査っていうのも含まれているみたいなんですけど、マグロについては絶滅危惧種なので、こちらは文化だもん、とは言って居られないかな、と思うのです。かなり日本は真面目に考えて暫く食べないように我慢する、位の対処が必要だと思うのです。 日本が全マグロの8割を食べていて絶滅しそう、っていう現状では日本人が何とかしないと。これに関しては責任があると思うのです。
   だから、鯨の問題とマグロの問題を一緒に扱っちゃうと口論は負けちゃうとなんとなく思うのですけどね(汗





でもさ、日本にはかなりの調査捕鯨の歴史があるのに、その調査結果があまり発表されていないような気がするのは私だけでしょうか。 今までの長年の日本の調査の歴史のなかで43個前後の調査報告だけしか発表されていなくて、そのうち実際に鯨を殺してやらなければならなかった調査は3個だけという話もオーストラリア人から聞いたことがあります、が同時に、日本側はIWC等に多くの調査は鯨を殺さなければ出来なかった調査(内臓から食生活を調査したり、環境汚染を調査したり)だという事を調査報告書として提出している、という話も聞いたことがあるのです。 

調査捕鯨という名目なのであれば日本側はその結果をきちんと分かる形で反対派の多いオーストラリア国内にも広報の担当等を置いてきちんと説明をオーストラリア人にもしたほうがいいんじゃないの?とも思ったりするのです。

たとえネット上などで合っても構わないので説明資料がオーストラリア人、日本人に見つけやすい場所にあればオーストラリアに住む日本人としては少し捕鯨の時期に生活しやすくなるのですけど(笑





人気ブログランキングへ br_decobanner_20100813203225.gif

オーストラリア人もカンガルーを食べるし、サルを食べる文化もある様だし、国によって犬はペットだったり食用だったりするし、何を食べるのが正しいか、悪いか、とか各国の文化って外の人間がなかなか何もいえない部分でもあると思うのです。その文化が正しいとか間違っているとかって言うのはおかしい、けどそれぞれの国で政治的な意図があったり、資金の流れがあったり、色々な関係維持の必要があったり、そういう色々な裏の意図で良い悪いが決められちゃうことも結構あるんだろう、と分かるんですけど。 でも話題によってはそれってかなりもどかしいです。
スポンサーサイト



COMMENT▼

アタシもそれ・・・

結構オーストラリア居た時に言われたー。
同じく、あなたは、カンガルー食べるでしょ、日本人、クジラ食う。何か問題??みたいな。(日本にカンガルーが居ないだけっちゃーそうなんだけど)
ま、確かに人の嫌がることやると嫌われるけどさ。ある程度の尊重は必要だよね。
日本では当たり前のことが海外では違うし、またその逆も然り。
それを頭に置いて居て欲しいよね。
なんか、もーここまでくると皆、へんな先入観とかもあるからそれを取っ払うのって難しくなっちゃってるよね。どーすんだろう。

最終的に動物が居なくなってしまい、残りはクジラしかない!!ってなったら和解か?!
よくわからん。

クジラでカナリアツクなってるけどさもっと違うことに力を入れてくべきなのかも。日本も、オーストラリアも。。。

奈緒

確かに日本人って言う事で結構この話題振られたりするよなぁ。
なんかさ、カンガルーを食べるってなんとなくちょっとびっくりするけど近くにあるものを食べるって言うの環境負荷は少ないから正しいのかなぁって思ったりもするんだよね。 
本当、何を食べるかとかって、絶滅が掛かっていたりあまりにも環境負荷が掛かりすぎとかだと他の国から文句を言われても仕方ないのかなぁと思ったりもするけど。
文化が絡んでくると難しいよなぁ。

なんかさぁ色々と経済的なこととか政治的な裏とか色々有りそうで…

反捕鯨の理屈

お邪魔します。

1.いるかや鯨が知能が高いと思っているのは1970年代あたりの「ニューエイジ」と言われる人(ヒッピーなんかも含まれる)の影響だそうです。実際科学者が熱心にいるかとコミュニカーションすることを研究したそうですが、実際はいるかの軍事利用くらいしか成果はなかったそうです。脳がでかいだけで知能が高いとはいえないのも事実で、海中の生活では脳をコンパクトにする必要もなかったんでしょうが、脳細胞の数は、類人猿より3割がた少ないとか、細胞の質も劣るので、犬や豚とそう変らん知能だというのが現在の価格的な見解です。
2.そもそも知能で食えるか食えないか決めるのも変です。
3.調査については、フランス等が非致死調査をやったけどろくな成果がなかったそうです。日本は毎年報告を出しています。ICR(日本鯨類研究所)のHPでも見れます。しかし、環境保護団体は価値を認めません。
4.>先住民達に対して日本に対してやるほどの妨害をしないので
昔はやっていたけど、カナダは沿岸警備隊に撃退されたし、マカー族(ワシントン州)も、やりすぎるとFBIが出てきたり、NPOの免税募金の資格を失ったりすればやばいので、妨害しません。
5.>なぜオーストラリアがダメというのだろう
政府としては環境問題をマニュフェストにして当選した以上、しょうがないです。また、オーストラリアは南極条約を批准しているにもかかわらず、領有権を主張しており、その領海(EEZ)での捕鯨禁止を国会で決議しています。今回ハーグに提訴したのも国内向けのポーズであろうと思います。オーストラリア国内にも、この提訴が国益を損なうという批判(対日関係悪化や、公の場での南極海領有権の否定)もあります。

Ednakanoさん

はじめまして。

なんか教科書みたいなコメントありがとうございます(笑

確かに、細胞だけみると人間に近いのは豚なのに豚は食べるじゃない、とか、知性はやはり猿のほうが、でも猿を食べる文化は? とか色々な意見がありますよね。

こういう事って、良い、悪いの意見が分かれるのは当たり前で、それで良いと思うのです。 
色々な国の利害関係と政治の意図でこういうことって使われてしまう部分なのだろうとも思うのですけど、でも政治で上手いように使われていたり、マスコミに良いようにあらつられたような形で日本に対してステレオタイプ的な考えを持つ人が居る事は残念だなと思います。

良い、悪いにこだわり過ぎて頭が堅くならないようにしながらも、日本人としてある程度の意見を持っていたいな、と思うのです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/331-f77cf4fc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク