FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2011. 08. 26

新ビジネス

私の上司が新しく始めた会社、今、まだ問題抱え中でしていまいちビジネスが始められてない笑 いや、笑 って、笑ってる場合じゃないんだけど。。 おかげで上司がいっつもイライラしてて面倒くさいよー。

でも、なんかうまーくスル―出来るようになった。 
上司が、愚痴言ったり、ちょっと文句言っていても、「あはははは、 …んじゃ、なんか有ったら呼んでねー。(笑顔)」 で、その場から去る。 

とりあえず、適当にスル―して去る。



愚痴は人間を醜くします。


って、誰か偉い人が言ってた。気がした。 いや、わからない、言ってないかも。  
ただでさえ30を超えたワタクシ、シワとかお腹とかいろいろ気になってきているっていうのに、これ以上醜くなるわけにはいきませぬ。 

愚痴ダメっす。 うん。



何がうまくいかないかというと、海外からオーストラリアに食べ物を輸入する仕事なんだけど、検疫が厳しいオーストラリア、いろいろと政府の決まりが厳しくてほとんど輸入できる製品が無い…。 

なんとか政府から特例を貰おうと、いろいろ手を打ってるんだけどいまいちうまくいかない、って感じ。 オーストラリア海外から卵とミルク系の原材料を使った食べ物を輸入する制限がすっごい厳しくて。 その製品1個に10%以上の卵成分が入っている場合は輸入不可能、ミルク類は10%以上有ってもOKだけどいろいろと面倒臭い規定が有ったりして。。。

もう、上司、かなりお金を費やしているんだけど売り始められない、ってことでイライラ。うちらが輸入しようとしている製品たち、ほとんど牛乳と卵がつかわれてるんでっす。



もう、上司は、金曜日に政府に手紙を書いて
「あなたたちが使っているこの規定は非常に矛盾があり、文章をプロとする私から見ると意味不明な部分が多すぎます、この文章や規定を作成時に弁護士が関わっていたとしたら私は非常にびっくりします」とかいう手紙を書き始めて… 

さすがに止めました。

この文章、本当に本当に必要? って言ったら、だめ?やりすぎ? って聞かれたんで、はい。 って答えてみました笑 

さすがに上司もだいぶイライラしているようで。 はぁ。 弁護士と政府とのやり取り、、、めんどうくさーーーー。 どっちも頭かたーーーーい。 でも、両社とも頭が良いんで、適当な事は出来ないし・・・  でも関わってて面白いんだけどね。 妥協したりあきらめたりしない上司と一緒に働くのは面白いでっす。 会社の立ち上げって言うのもすっごい面白いし。 勉強になるわ。うん。





私たちの商品はダイエットプログラムなので、輸入しようとしている製品はダイエット食品がメインなのです。 半年間位のダイエット期間を設定して、この間に食べる物を供給したりいろいろなサポートを提供したり、っていう感じのよくある商品で。 まぁいろいろ他にもユニークな特徴は有るんだけど。

んで、上司と、上司の奥さんと、娘2人と娘の旦那がすでにこのダイエットを試していまして。  これがすごいのさ。 上司は15kgs、奥さんは17kgs、娘1は20kgs、娘2は13kgs、娘1の旦那さんは20kgs痩せたの。 

20kgsとか痩せると見た目が全然違うわけで。 本当みるみる痩せていく… もともとこの人たちは結構でっかい人なので痩せる割合も大きいって言う事もあるけれど、顔かたちがみんなすごい綺麗な人達なので痩せるとめっちゃ素敵なのだ。 洋服もおしゃれだし。  うらやましーーー。 このプログラムの特徴の1個は、体の筋肉量を減らさずに脂肪分を減らす食事を提供、ってことらしく。痩せた後もブヨブヨにならず引き締まった体になる、みたいな。


まぁ、小学校高学年からかれこれ20年位万年ダイエットをしているのに、1個のダイエットが続かず、体重が減ったことが無い私にはちょっと、半年も続けるって無理かもだけど。気持でまけそう。 半年間の食事制限とか聞いた瞬間気持が萎える。。 しかも値段がたけーーーーので払えない。 ちょっとさ、上司の考えている値段設定も高すぎでちょっと、大丈夫? って思ってるんだけど…。 まぁ今さら。。。なんだけど。

ちょっといろいろ心配なんだよねぇ。
やってみないとうまくいくかどうか分からない部分もあるんだけど、、まずこの期間が長いこと、後値段が高いことが大きな心配事で、 もっと安く売って量を稼ぐっていう方が結果的に良いんじゃない?って思ったりもするんだけど・・・ 

ただ、このプログラム本当に質は良さそうなのでやる気のある人にはすっごい良いかも。効果も出そうだし。でもなーお金がなー。 普通の人ここまでお金はらうか??っていう金額なんだよね。

まぁオーストラリア人口が少ないので売り上げを一定以上狙うとすると売る金額を高くしないと、、なんだろうけど…。 オーストラリアはダイエットの市場は結構あって、競合も結構いる代わりにニーズも結構あって。 だからハイクオリティーで、高価格って言う設定のダイエットが有ってもいいんだろうな、ともおもうんだけど。

でもさ、

オーストラリアでは人口の54%が体重オーバー、若しくは肥満に分類されるらしくて。 ってか、人口の半分以上がデブて!! 体重オーバーは男性に多く全体の62%が、女性は全体の45%が体重オーバー、若しくは肥満。 BMIを指標にしているみたいなのでBMIっていうもの自体がどれくらいが正しいのかどうかは別にしても(筋肉質の人とかさ)かなり凄い数字なんだけど。

55-65歳の年齢層が男女ともに肥満のピークで男性の70%弱、女性も55%前後が体重オーバー、もしくは肥満とされてる、と。

確かに、バス通勤していても、バスの2人掛けの席にやっと一人で座れる人とか、お腹が出っ張りすぎて下にダラーって垂れてる人とか、、 なんか自分がすっごい細く思えるときが結構有るのさ。 (いや、うん、この細く見える幻覚がすっごい危険だって事は、、、、承知してますですますです)


なんかね、大学卒業者やそれ以上の学歴保持者には肥満は少ないというデータもあるらしい。 勿論、高い学歴を持っている人達は、それ以外に比べて就職率も高いだろうし、収入も多いので、たとえば野菜の多い食事やバランスの取れた食事をする余裕があったり、ジムに行ったり、病院等で肥満に対応して貰ったりすることができる可能性が高いと思うんだけどね。

実際、これらの肥満の人口は収入の低い層に多く固まっていて、自炊をしてバランスの良い食事を作るよりも安く上がるファストフードの影響もあるだろうと言ってる。

ってことは、ダイエットが必要な層は結構な低所得層ってことで。 私たちのダイエットプログラムは結構高価格なんですが・・ うーむ。



でもさ、そう言ってるんだけどさ、低所得層が食べている、というファストフードって結構値段は高くつくよね?って思った。 だって私とカズ、1週間分の野菜を市場で買うんだけど30ドル有れば1週間分の野菜って買えるもん。うちら結構野菜食べる方だとおもうけど… でもファストフードだと1回二人で10ドル以上はかかっちゃうし。。 ってことは、ちゃんとした食事に払うお金はあるわけで。ねぇ。

ってことは、うちらのプログラムに払うお金も、、、ある?



ちなみに、肥満は低所得層に多い、って言ってるんだけど男性に関してはFulltime(正社員?)で働いている人たちのほうが肥満率が高いってデータもあった。 (女性は無職が一番肥満率が高い層だけど) 正社員の方が所得はパートタイムとかカジュアルよりも有るはずだけどねぇ。 正社員の方がデスクワークの割合が多いのかなぁ?パートタイムだと結構肉体労働が多いから太らないのか??


ってことは、うちらのプログラムも正社員の男性を狙えば、、、お金もある??


2008年には世界一体重オーバーと肥満が多い国がアメリカを抜いてオーストラリアが1位になったし(今も1位かな??たしか) 20年前に比べて一人当たりのソフトドリンクの消費量は2.5倍、ファストフードの消費量も2倍、一人分量の基準も1.5倍になったのに運動量は70%減ったって。 そりゃ、肥満も増えるよな。


あっは、すごーー。

とか言う私もオーストラリアに来て体重ふえたしなぁ。



それにきっと日本でも昔の食事と比べたら、同じ傾向なんだろうな。
でもそれでも日本の肥満率はアメリカの10分の1だし普段の生活で感じるいわゆる、デブって人、オーストラリアと比べると確実に少ないし。 そういえば日本人の平均1日カロリー摂取量は2000だか2200キロカロリーだかで、発展途上国の人の平均1日カロリー摂取量に近い、って何かで読んだことが有ります。オーストラリア人の平均1日カロリー摂取量はたしか3300キロカロリーとか、なんかそんな感じだったような。 アメリカとかヨーロッパとかも結構摂取量が高かったと思う。


オーストラリアに居て感じるのは日本にいる日本人の女性一般的に(私の周りにいた女性たちだけど)美意識がすごく高いと思う。 洋服も綺麗にしているし、ダイエットしたりエクササイズしたり、エステに行ったりネイルやったり、化粧もきちんとするし、それが当たり前って言う女性がほとんどだったような。 でもオーストラリアではうちのオフィスの女性はほとんどノーメークだし(ファンデーション位だな、してるの)髪の毛は結構良く切ってるけど、ネイルしている人は一人もいないし(マニュキュアは結構しているけど、、、、禿げてたりもするけど。)洋服もカジュアルだしぽっちゃりもしてる(けど、ダイエットは気にしてるなぁ、ちゃんと運動もしているし、食事も気をつけてる)。 

まぁ、日本女性が厳しすぎるのかもしれないけれど。(もしくは日本男性の日本女性への美の基準が厳しすぎる!) たしかにオーストラリアのうちのオフィスの女性たち、みんな綺麗だもんな、化粧してなくても洋服がカジュアルでもぽっちゃりでも、なんかはつらつとしているからか、なんなのか、綺麗な人たちだなーって思う事が結構あるわぁ。

行きつくところ、ちょっと位ふとってても健康ならそれが一番なんだろうけど。
まぁ健康じゃない位太っちゃってる人が多いのもオーストラリアの問題の一つで。

ってことで、私も太らないように気をつけなくちゃ… 太ったら、このダイエットやってみたい、けど、高いなぁ、やっぱり。 私はまずは運動しなくちゃいけないんだろうな。



って、、なんか話がそれたけど。
早く問題がなんとかなるといいのですけど…政府が絡んでるといかんせん厄介です。早くビジネスが始まって有る程度利益が出るようになってほしい、って思います。

そうしたら、給料の交渉するんだーーー♪ むふふ


あぁ、その日はいつ来る事やら。。 かれこれもう1年強、このビジネス立ち上げの準備してるけど…。 後一歩なんだけどなっ。 








スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/373-5709725f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク