FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2010. 12. 13

裁判員制度

あぁ。英語は難しい。

今日上司と弁護士と3人で会話中に、昔会社にいたあの子は今どうしてるかな?っていう話になったので、クリスティーナならロバートの下で働いているよ、と言いたくて、日本語をそのまま英語にして

Christina is working under Robert.

って言ったら、オッサンたち、急になんか目配せしてニヤニヤし始めましたが。
どうやら、すこーしこの言い方には下ネタフレーバーがある様で。

いや、どうなんだろ。 いま、愛用している英辞郎で調べてみたけど、普通に使うような??? ま、とりあえずオッサン弁護士2人だったので下ネタ的に取ったのかも。 てかShe works under himだったらOKなのか? 進行形だからダメ? うむ。わからん。 とりあえず若干の下ネタだったらしきことのみ理解してみた。


いや、しかしね、31歳、オッサンが下ネタ言ったからって別に動揺しませんでね、Working underならたいしたWorkは必要ないでしょ?とかコメントしたら、、、、 

調子に乗りすぎたらしい。 部屋中の空気が、一瞬確実に固まりましたけどね。 
まぁそこはオッサン、直ぐに笑ってくれましたが。





英語は難しいです。
日本語をそのまま訳しちゃうとなかなか、うまくいかないようでございます。 うん。




   *   *   *






ところで、
上司のところにこんなものが着ました。

DSCN3533.jpg


州長官から(って、訳して良いのかな、Sheriff's officeから)発行されている来年2月に行われる犯罪案件の裁判へ、裁判員として参加を依頼する召集書。 結局上司は参加を免除されたのだけど(弁護士は裁判員にはならないらしい)興味深かったので上司宛に届いた依頼書と説明パンフレットを貰って帰ってきた。

そのパンフレットによると、

* 裁判員には特別な理由(英語を理解できない、海外旅行の予定がある、宗教上の理由、医療上理由、等)が無い限り必ず参加しなければなら無い。 また、弁護士、警察官、犯罪捜査を取り扱う公務員、他)は参加できない。また過去3年以内に裁判員として召集された事が有る場合は免除を依頼できる(が、もう一度参加してもOK)

* 裁判員はランダムに選ばれる。 一生の内なんども召集される事もあれば一度も召集されないこともある。(正当な理由なしに参加を拒否すると罰金の可能性がある)

* 雇用主は社員が裁判員に選ばれた場合は参加を許可する法的義務がある。が、次回以降に回してもらうよう依頼することもできる(最初の召集から12ヶ月以内の裁判にあてがわれる)

* 裁判員として召集されている間、給与が払われるかどうかは会社によるが、州が$137/日までの金額を給与として保証し、$20まで交通費として補償される。裁判員&雇用主は$117まで追加の費用申請ができる(チャイルドケアなどもコレに含まれる)。 (参加時間は通常10.00AMから4.30PMで、1.00PMから2.15PMまで昼食ー昼ご飯は出ない。)

* 裁判員は4-5週間の間は必要に応じて12人が召集されるが、もしその後の公判にも参加する事になる場合はその公判の終了まで召集され続ける。 期間中も数日は召集されない、もしくは短時間だけの召集の場合があるがその日は通常の仕事に戻らなければならない。(裁判員候補者は12人より多くいて、その中から12人だけが選ばれる)




勿論オーストラリアに市民権の無い私やカズにこの召集が掛かる事はないけれど、そして日本に住民票のない私達が日本の裁判員制度に参加する事はないのだろうけど、私だったらどうしただろう、と考えてみた。


オーストラリアの裁判員制度で、一番気になったところは「宗教上の理由による裁判員召還を拒否する権利がある」というところ。 (ただ宗教上の理由で公正な判断が出来ないことを証明しないといけないけれど。)

個人的には、拒否しちゃ、ダメなんじゃないの?って思うのです。
宗教上の理由が有る上で参加すべきなんじゃ、って思うのです。



日本では宗教上の理由は認めていない、らしい。(身体、精神、経済上に重大な不利益をもたらす場合は辞退OKとされているが宗教上、とはしていない。 でも宗教上、死刑を信じていなくて、でもその人が死刑以外の刑では軽すぎると感じた場合、、精神上重大な不利益なのか?)。 逆に宗教上、死刑は認めないとしている人たちを裁判員として認めてしまうと、裁判の公平性がなくなるということで、裁判員を選別時にはじかれたりもする、らしい? 
裁判員をランダムに選んでいるはずなので、選別時に何か作為されているのかどうか、真偽のほどは良く分からないけれど、“世間の常識”を裁判に取り入れたいのなら色々な考えの人が居ることが平等なのでは、と思うのです。 死刑だけが刑ではなくて、死刑に反対なら死なずにどうやって罪を償う事が妥当なのかを考える、という場なのだと思うのです。 弁護士や裁判官だけに偏らないよりフェアな裁判をする事が目的なのだから。


宗教の自由は守られるべき。 
だからこそ、その宗教の下、裁判に参加すべきだと思うの。 それがその人の意見なんだから。



同時に宗教と自分の感情を混同しちゃダメなんだとも思うのです。司法に関しては感情よりも理が重要視されるべきとも思うのです。でもコレって難しい線引きなのかも。 怖い話を聞きたくない、気持ち悪いものを見たくない、というのは大抵の人には共通なのだろうけどただそれって、宗教ではなくて、自分の好みとか個人的な信条、というのならやはり辞退する理由にはならないのかも。その信条の元、参加すべきなのかと。 宗教ってある意味信条でもあるんだけど。



私自身は何の宗教も信じていないし、宗教って所詮世界の紛争の原因になるもの、と思ってる(けれど、アメリカのホストファミリーは本当に敬虔なクリスチャンで彼らの考えや行動の一貫性には頭が下がる。負けても(命を落としても)フェアプレイを貫く、っていう信条の家族だ))。 頭が下がるけれど、あそこまで一貫して、恐らくその信条のために死ぬことも厭わない人達だからこそ怖いなとも思う。 でもコレこそ宗教なのであって、なんとなくイヤだから、人を裁きたくないから、という信条、というか感情、とは別物だと思う。


ちょっと話はそれるけどアメリカの大学に在籍中は良くこういう話題が授業で取り上げられた。 人間が人間を裁いて良いのか、まして死刑にするという判断をしていいのか。 何度取り上げられてもいつまでたっても答えの出ないディベートだった。 信じる宗教が死刑を悪とする人達は絶対に死刑は良くないと主張する中で、その他の人たちは、たとえば、自分の身を守るため、生活するため、その他自分勝手な理由で一緒を刑務所で過ごしたいと思う犯罪者たちが、その目的のために殺人等を起こす場合もある。 その人たちの目的達成のためだけに善良な人が殺されて、その犯罪者の刑務所内での生活保障のために私達は税金を払うのか。という意見。死刑がないから悪質犯罪が増えるのだ、という意見。


こういう話題は色々な国でずっとディベートされてきたのにいまだに結論が出ていない、どちらが正しいかなんて分からない、結論なんて神のみぞ知る、で、人間には分からないのかもしれない。
 
オーストラリアは死刑廃止国だけど宗教上の理由がある人も裁判員制度に参加するべきなのかもしれない、とも思うのです。人を人が法の元殺す事は良くない、という人達を、宗教上の理由で死刑判決はだせないから裁判員制度から外す、というのは実は凄くおかしなことなのかも、と思ったのです。 それこそフェアじゃないでしょ、と。

宗教の自由を保障しているのか、それとも、裁判の結果を不公平なものにしてしまっているのか??




でも、言論の自由、とか、人権、とかそういうことも関わってくるのでどこまで強制的に裁判員を召還するのか、難しいところだと思うのですけどね。












スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/384-395ba8c4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク