FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2011. 01. 12

オーストラリアの洪水

ここの所連日、オーストラリアではクイーンズランド州のブリスベンや、特にToowoombaという地域の洪水、ビクトリア州やニューサウスウェールズ州の洪水の様子がトップニュースになっています。 既に死者も13人、ブリスベン川は明日の朝4時に5.2m、Charley's Creekでは7.5mでピークを迎えると予想され、今夜には20,000世帯が洪水の危険地域に入るという(ABCニュース)


5.jpg


これから洪水が来ると予想されるエリアでは、砂袋を積み上げたり(これも市や州から砂袋を貰うために3時間以上並んでやっともらえるらしい。 しかもなんども往復をする人たちも多いとか)避難の準備を始めたりしている様。 スーパーマーケットも閉まり始めていたり、開いているスーパーにもパン、牛乳、お肉、その他食べ物などはほとんど売り切れになっていたり、パニック買いが見られるらしい。 

連日テレビで放送される映像を見て、乾燥しているオーストラリア、と思っていたのに現実とのギャップにいまだに、毎日おどろいている感じ。


6.jpg



今回の災害は世紀最悪の洪水といわれていて、昨日も総理大臣がテレビで救援資金を準備していますというスピーチをしていたので政府や州、市や町からの援助金は出るのだと思うけれど、それでも私がオーストラリアに来てヒシヒシと思うことは、自分の身や資産は自己責任で守る必要があるということ。 当たり前に聞こえるけど、泥棒に入られても警察はコンピューター上にこの人は泥棒に入られました、という入力をするだけ。 盗まれたものを探す事に力を入れるよりも偶然紛失物が発見されたときのための入力というイメージ。 あとは財産保険に入っているでしょ、保険会社と話したらどうせ返ってくるでしょ、といわれて終わり。  病院に行って5時間待ちたくなかったらプライベート保険に入って。 救急車に7000ドル払いたくなかったら、自己責任で保険に入って、って言う感じだと思います。 政府が援助する、といってもなんとなくあまり公の援助は宛てにならないのでお金を払ってイザに備える必要がある、と日本にいたとき以上に思うのです。



imagesCAK3NMHH.jpg



オーストラリア内で一番乾燥しているらしいアデレード。
だけど、自然災害っていつどこで起こるかわからないし、避けようもない場合もある。 もし今回の洪水がクイーンズランド州、ビクトリア州、ニューサウスウェールズ州ではなくてサウスオーストラリア州で、アデレードだったら。 

私の場合は、家は賃貸なので最悪壊れても流されてもOK(じゃないけど、私に掛かる費用は無し。 住むところはなくなるけど)。 家の中身は全て合計で$20,000まで請求できるような保険に入っているし、今ある家具を全部洪水でダメにしたとしても大方のものは$20,000でカバーできると思う。 だけど。 洪水の被害はカバーされたんだっけ? もしされたとしてもアデレード中の人が保険会社と交渉に入るだろうから、実際に私が保険金をもらえるのはいつになるんだろう? それまでの当面のお金は? もし銀行口座のカードを洪水で紛失したら? お金がなくなっちゃったら? ドサクサに紛れてカードを悪用されたり何かの犯罪に巻き込まれたら?  もし、私の入っている保険会社がこの洪水で請求が殺到して払いきれなくて倒産したら?


flood1.jpg



でもこの保険は車は補償外。 車の保険は自分の車も相手の車も人身も全てカバーした場合1年で(日産マーチ2009年モデル、走行距離20,000キロ程度なのに)安くても$800位かかるので(しかも修理は全額負担されない。 去年サイドミラーを直した時の総額が600ドル掛かったのに対し、保険では200ドルしか出なかった。のに今年の保険料は跳ね上がった)、今年から法律で規定されている最低限の保険しかかけず、自分の車の修理は自己負担にしている。 って事は、車が壊れたり、流されたり、修理が必要だったりした場合は全額自己負担。




私達にとっては知り合いが多いわけではないオーストラリア。イザというときに頼れる人はほとんど居ない。自分も困っているときに私達にお金を貸してくれたり、家を貸してくれたり、食べ物を分けてくれたりする知り合いはオーストラリアにどれ位いるんだろう?





flood2.jpg



犬は? 洪水が起こった場合、犬2匹にリードをつけて、彼らの餌を最低でも1週間分以上もって(小町は凄く食べるのに)逃げなくちゃいけない。 犬が洪水にビックリして興奮したり暴れたりして、もしそのときカズが傍にいなかったら? もし走って逃げちゃったりしたら? 水に落ちちゃって流されたら? 私は助けに水の中に入れるのか? もし犬と一緒に避難しても避難先で犬は吠えるだろうし、ウンチもする、迷惑がられるかもしれないけど洪水が落ち着くまでは肩身狭く、謝りつつ、気を使いつつ生活しなくちゃいけないかもしれない。



もし、数年後に自分の家を買った後での洪水だとしたら、これプラス自分の家の修理代が掛かる事になる。



ただでさえ、自分が今まで住んでいた家を出なければいけなくて、愛着のある家具や持ち物を洪水で失ってストレスになっているところに更にこういったことを心配しなくちゃいけなくなるなんて。 もしアデレードで、私だったら、ってちょっと考えただけでもこれだけ思いつく。 単純なシンプルな生活をしている私達だけでもこれだけの心配事があるのに子供がいたり、赤ちゃんがいたり、介護している人がいたり、英語が分からなかったり、なにか私達以上に複雑な事情を抱えている人たちはどれだけ大変だろう。自分が持っていたものを全て取り返すまでに何年も待たないといけないかも知れないし、本当、楽観的なオーストラリア人だけど、それでも精神的な負担はどれ位だろう。



flood3.jpg



今回は町や市、州だけではどうしようも無いんじゃないかな。テレビを見るたびに心が痛みます。 国も援助するみたいだけど必要な人みんなに援助がいくこと、本当早く水がひく事、これ以上死亡者が出ない事、これ以上の家等々が被害にあわない事を願います。







スポンサーサイト



COMMENT▼

災害

怖いよね、予測できないことでさ。
保険だ何だっていっても、やっぱり結局は自分で自分の身は守れってことなのね。。。
確かに、ハノイ住んでるときって、かばん持ってても必死だし、何度も中身が盗られてないかとか確認しちゃうし。日本にいると平和ボケもいいとこだわ。
保険に入ったり準備をしたりすることってチョー大事だけど、その前に国の対策によって防げる災害ってのもあるから多少なりとも対応していって欲しいよね!

本当に、オーストラリアの人々にこれ以上災害が降りかからないよう、早く対処が取られることを祈ります!!

本当ですね。。

さちさん、かずさん、こんにちは。
私も長年オーストラリアに住んでいますが、こんなにひどい水害は今まで聞いた事がありません。。おまけにブリスベンには去年初めて訪れて、なんて素敵な街なんだろうなぁ、また絶対に近いうちに遊びに行きたいなって思ってたんです。非常にショックな出来事です。。TVで毎日報道番組を見ながら、ただただ息を飲む日々です。
これ以上被害が拡大しない事、クイーンズランドの人々の安全、そして早い復興を祈るばかりです。。

なお

本当だよね。私日本のことを考えるとき、富士山の噴火とかを考えるとすっごい怖いと思うー。自然災害とか地震もやばいよね。

本当、保険をかけていないとどうしようも無いけど、保険をかけても対象外だったり少ししかカバーされていなかったり。 なんか難しいよねぇ。 
自分の身は自分で、守らないと、なんだよねー。 でもさ、自然災害に関してはもうどうしようも無いところも多いよね、だから怖いんだよなぁ。 自分だけじゃどうしようも無いことも多いよなー。 堤防を築いておくとか、その他いろいろ国の対策も必要だよねぇ。 難しいね。

ほんとう早く復旧作業に入って、避難している人が家に帰り始められたり復旧しはじめると良いのだけど。

マトリさん

世紀最悪の洪水といわれていますが、まさにそのとおりなんだろうなと思うような光景ですよね。 私がオーストラリアに来る前の年にはビクトリア州他で大きな山火事が有ったし凄く乾燥していると思いきや、今度はこんなに酷い洪水なんですもんね、異常気象のせいも大きいのでしょうか。

大分水位は下がり始めたようですけれど、本当に大変なのはきっと復旧作業がはじまるこれからなんでしょうね。行方不明の方もいらっしゃいますし被害が思った以上に酷くない事を願います。 こんなに大変な中、それでも大きな混乱もパニックも今の所無いようですし、現地の方々は本当にたくましいと思います。

これからハエや蚊が増えたりして病気等が流行ったりしないと良いのですけれど。

NoTitle

うちは直接被害がなくて幸いだったけど、既に食料品の値段が上がったり、品切れを起こしてたり、ガソリンスタンドのガソリン備蓄がヤバい状況だったり。(長蛇の車の列を初めてここで見ました) Briの復興には2年かかると言われています。
QLDのPMのAna Blighの'We're tough Queenslanders!'には何だかつい感動してしまいました。
1日も早いQLDの復興を願って、微力でも何かしようと思います。。。。

Kennyさん

Kennyさん宅には浸水しなかったようで本当に良かったです。 
でもご指摘のように食料品等の値上げも問題になっているみたいですし、本当初期の清掃だけでも気が遠くなりそうな感じですね。 清掃だけでも数ヶ月かかるとか。 でもたくさんのボランティァの人たちがQLDに行っているみたいですし、こういう助け合いの様子を見るのって感動的です。 

現地の方々は本当大変だと思いますが、私も微力ながらSAから協力しようと思っています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/408-5d75e504

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク