FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2011. 01. 27

洪水からその後

今日ネットをみていたらこんなニュースが。 オーストラリア首相がクイーンズランドの洪水の被害再建に協力した企業がスポンサーをした海外からの技術移民の申請書類は優先的に審査する(審査を早める)と発表したみたい。

どこにチャンスが転がっているか分からないものねぇ。
復興に協力したらその会社の移民申請書類の審査を早めます、とは、さすが移民の国というか、なんというか。面白いなぁ。


移民申請をこれからする人にとってはチャンスになりえる洪水だけど、やはりダメージが大きくてこの洪水の補填費用としてオーストラリア全土に2011-2012年は年間5万ドルを超える所得者に0.5%、年間10万ドルを超える収入には1%の税率で所得税が課すことになるみたい。 これで18億ドルの収入を見込んでいるみたいだけど、復興には56億ドルが必要でGDPは0.5%下がることになる予定とか。

私も微力ながら出来る事はやりたいなと思います。税金も仕方ないかな、と思うのです。
私はまだオーストラリアに来て日が浅いから(あまりまだ税金を払っていないから)そう思うのかもしれない、オーストラリア人からは、「いままで散々、こういうときのための税金を払ってきたじゃない、なんでそれがないの」とか「既にかなりの金額を寄付してきたのに、こんどは政府から強制的にお金を取られるの?」という不満の声が上がってるみたい。

週1回のカプチーノをやめる位の金額だと思う、とかビール1杯辞めればいいだけよ、とかっていう楽観的な声もある様ですけれど。


反発もあるけれどそれにしても先日の洪水を受けて、既にもう今年の税率引き上げを決定させている、って凄く迅速な判断だなと思うのです。


いや、先日の、っていうのは間違いだなぁ
まだ毎日のように朝のニュースでは洪水の様子が放映されていて、場所は変わっても新たな土地がどんどん洪水の被害地になっていくのだからなぁ。 あの大量の水はどこかに流れないといけないわけで、水が流れていく地域が浸水し始めている。 本当大変です。



そんな中、政府では上の移民の受け入れについてもそうだし、その他の今後の対策も検討され始めていて、洪水危険地域の土地を政府が買い戻す制度も検討されているみたいです。 一部メディアの調査ではジュリアギラードもトニーアボットも洪水への対応はイマイチ、とか言われているようだけど、結構きちんと対応してくれているんじゃない?って思っています。 とはいっても現地の方々の感情としては一刻も早く対応して欲しい状態だろうからこれでも遅いって思うのかもしれない、というのも分かるのです。


普段お昼ご飯を食べるようなお店のレジ横に募金の箱が置かれるようになったり(そして既にかなりの額の募金が入っていそうに見える)道端に寄付や基金の募集をする人が立っていたり小銭があるときはちょこっとだけ寄付するようにしています。


そういえば昔勤めていた会社、アメリカでカトリーナの被害が出たとき、社長が1か月分の給料を寄付していて感動した覚えが。



災害って嫌な事だけどこういう風にみんなが少しずつ協力していくのは見ていて感動的でもあります。








     *     *







災害時のオーストラリアのこういう迅速な対応を見ていると(迅速だと、私は思うんだけど反対意見も多いだろうなぁ)若干日本が心配になったりします。 日本の政府は何かあったときどれだけ迅速に動いてくれるんだろう?? 日本は政府よりも企業のほうが対応が早いような気がします。
 

なんか信憑性については不明だけど、なんか、富士山がそろそろ噴火するかも!?っていう説だったり、関東にそろそろ大きな地震がくるかも!?っていう説だったりを聞くと、ある程度予測できる科学があるとしてもやっぱり関東にすむ母や妹、カズの家族が心配になります。 人間の引き起こす災害や犯罪も怖いけれど防げるものも多いのに比べて、自然にはやっぱり勝てないよな、って思ったり。 それでも政府が迅速に対応してくれたり、被害を最小化するための準備をしてくれていたり、供えがあったりすると大分結果は変わってくると思うのです。 




あとは私の母のように災害が起きたときのための準備をしておくことが必要だなぁ、と。


そういえば我が家には何の準備もありません。

明日災害が起きたら食べられるものも数日分あるのみ。(火が使えなければ1日も持たないかも)水も溜め置きもないし。 それに、急に逃げなくてはならなくなったら、私のパジャマ、結構恥ずかしいかもww それに貴重品等もどこにあるか探さないと分からない、って事も。




こりゃちょっと気持ちの準備からやり直さないとダメかも。









      *       *


















スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/417-4c9f9ad2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク