FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2011. 02. 16

くだらなくてゴメン。 でも書いちゃう。

おこんにちは。

ええと、警告。
本日は若干グチ風味付けされております、、っていうか、原材料=グチ。以上。 みたいな感じなんです。

なんかね、グチってマイナスの影響しかないので言わない方がいい。と、思っているのだけど… と思ってるだけで結局、こうやって書こうとしているんだけど、アタシったら。
書いて体から出す。ブログで解毒。 
読む皆様に毒が移動する可能性大。 先に謝っときます、ごめんちゃい。



というか、ここ2週間ほどカズには色々と聞いてもらっています。
ごめんよ、私のマイナスの気を受け止めつつサラーっと逃してくれる夫は私のライフセーバーです。マジで。






いやぁ、なんというか、考えられないような子供っぽい、、というかどちらかというと子供という無邪気なイメージよりは、ただ単にアホっぽい、っていう事が往々していまして。







具体的には。
ええと、ある日誰かが、上司に


「Miaがサチを嫌っていてあの二人は仲が悪い」


と、言ったらしく、上司がMiaを呼んで、「サチが何かしたのか? 問題があるのか? 嫌いなのか?」と問いつめたようです。 

が。

私とMia、実は結構仲良いのです。
Miaはもう辞めちゃったのだけど(解雇になっちゃって)いまだにメールのやり取りやらFacebookでのやり取りやらをしているしご飯も行ったりしているのです。勿論Miaがオフィスにいる時から仲もよくて。



ってことで。

意味わからねーーーー。
し、とりあえず、無視してみた。大人の対応あたし。 (っていうか、ただ単に面倒だった)






とりあえず面倒クセーのオーラを出せるだけ出して、完璧に無視していたのに
そのほかにも色々ありましてね。

たとえば

Annが私のオフィスに行き成り入ってきて、
「サチ、あなたは誰にも嫌われていないのよ、Don't worry」って言われたり




いや、なんていうか、ごめん、話が見えない。

また誰かが何か言ったらしい。

が、全然みえない。当人が置いていかれてる。







その他にもね、くだらない小さいことなんだけど、次々と色々なんか意味分からない事がここ2-3週間ほど他にも相次いで結構Miaと私は「いい加減にしてよーー」って状態になっていて。 1個1個はくだらないのだけど積もってくると結構ウザイ。



なんども続いたのでMiaが何回目かに
「誰がそんな事上司に言ったの!?」っていって怒っていて、オフィス内の色々な人に聞いてまわったりして大騒ぎいたのだけど、なんか、私は面倒クセーーーっておもってここでも完全スルーしてみた。(無視するほうが体力使わないし) 
(あ、しかしカズには「ガキくさすぎる。アホらしすぎる」って言いまくったけど。 拝啓旦那様。その節はお世話になりました。)




そんなん言っている間に色々あってMiaは会社を辞めてしまったけど、くだらない、って思っているのだけど、でもやっぱりこういうことが相次ぐとなんかやっぱり色々と面倒くさくてさ。 オフィスの仲間も微妙な気を使ってきたりとかしたりね。 わかるかなー なんか気を使われています、的な微妙な雰囲気。






あぁ
しかし、ここまで書いたことを読み返してみたけれど、しかーしくだらない。 くだらん。くだらん。 小学生のいじめかなにかか?っていう幼稚さだなぁ。 
とりあえず、色々な人に色々いわれていたのでそのたびに、「私は興味がないし面倒くさいので巻き込まないでーーー」って言っていたからか

今週は何もまだ起こっていなかったのです、

今日までは。



このまま平和なまま日本に帰れるかなぁ、と思って居た矢先。







今日ちょっと怒ってしまいました。っていうか、あきれた、というか。
Miaはもう会社を辞めちゃっているにも関わらず、今朝上司が

「サチ、君にアドバイスがあるのだが。」と。

なにかと思ったら「Miaとは関わらないほうが良い。良い子じゃないから」



え? パードン ミー??




って、あんたーーーーー


あんたーーーーーー



あんたぁぁぁぁーーーーー





60才のオッサンが何をっっっ
なにをっっ!!!

@#^%$&()*(&^%$#!!!!!!!!!!  (言葉にならんっ)



なにを小学生の女の子のいじめみたいな事をいってるのだ!? 

なんか情けなくなったよー。 


そういえば仲良かった子の一人が少し前に、「うちのオフィスの人間はレベルが低いから辞める」って言って辞めていったけど、うん、わかる、わかるよ、今ならすっごい分かる。


仮にも(いや、仮じゃないけど)会社の経営者が、従業員の事を、他の従業員に対して(しかももう辞めちゃった従業員に対して)、「あの子は良い子じゃないから関わるな」って。



てか、60才。 60年生きてきて、それッスか。


今まで働いてきて1番がっかりした瞬間かもしれないわぁ。。。






上司には、
「貴方がそんなことを私に言うのはおかしい(Weird)し、私はMiaが好き。私がMiaと関わるかどうかは私とMiaがお互い決めることだ」と言って

なんかもう、どんな顔していいか分からなくて、意味分からない半笑いとか浮かべちゃったりとかしながら私、言ってみたりしましてね、



でも、この際だから今までMiaにかけられていた私嫌いの容疑(?)についても触れて

「何がなんだか良く分からないけど、Miaは完璧にフレンドリーだったし、今まで私にたいして変な行動をしたことも言った事も無い、よく分からないけれど、とりあえずアホくさい(It's just too stupid)で振り回される価値はないと思う」

と。




私が気にしていなかったからか、Miaの事を好きだといったからか、それとも私の不気味な半笑いにビビッたか、いずれにしてもそれで私と上司との話は終わったのだけど

なんていうか、上司のオフィス出るときも、いや、なんていうか、会社出るときまで、がっかり感がズッシーと。 ズッシリと。





いや、正直なところ、若い頃は(あ、いや、今も若い。若い。若い。)学生の頃は他人に好かれる事が大事だったのだけど、なんというか、この年になると、会社で多少何をいわれようと、っていうか、好かれようと嫌われようとブッチャケどうでも良いし(あ、カズ以外。 彼に嫌われたら、私マジやばい。)、どうでもいいから好きにやってくれ、ってかんじでたいしてなんとも思わないんだけどさ。


しかし、今日の上司のこの一言は打撃だったわ。
なんか、なんていうか、自分を棚において言うんだけど、あんた、もしかしてレベル低いだろう、と。


いや、ね、こんな事いって、私、オマエは何様だって言う感じではあるんだけどさ、少なくとも私は陰口を言ったり、他人にたいして、「アイツはイヤなヤツだから連絡とるな」とか「話すな」とかは口が裂けても言わないわけです。






なのに、よりによって私の上司が、そういうことを私に言うとは。

一応さ、友達としてのフレンドリー警告なのかな、とか、気を許しているから言ったのかな、とか私のために言ってくれたのかな、とか色々考えてみたけれどさ、

ちげーだろー

と。

私が誰と友達だろうと、それは私のことであって、上司は上司でMind your own business。もう私も31歳なわけですしぃぃぃーーー 子供じゃないんでーーーー



あぁ、
それにしてもこの脱力感。 どうしたらいいだろうか…







スポンサーサイト



COMMENT▼

超、同感なのだー。

なんか、わかる。
私も上司たる立場の人が、自分の仕事仲間の事をいかなる理由があっても「あいつはダメだ」と発言するのが許せないのっ。どーーーーーーーーーーしても許せないのっ!!!
そりゃ、人間だから個人的にそういった意見を持つのは分かるけど、家でこぼすかせめて上司同士の内輪な話にとどめておけ、こらぁ~、っと思う。
と熱くなってしまったわ。失礼。なんか、色々と思い出してしまってね。ほほほん。

Meggiちゃん

あ、熱いコメントありがとーー。わかってくれるー!!?? おかしいよね、なんなんだろう、これって日本人的なものなのか、個人的な性格的なものなのかわからないけど、私も同じく、上司が自分の仕事仲間を(特に部下を)他の人の前で使えない、って発言するのはおかしいよね。あなたの立場でそれを言ったら、あなたっ 他の人がなんて思うかっ 本人がなんて思うかっっ ダメでしょ!って!!! Meggiちゃんのコメントに100%同感っっ 
あとさ、逆にさ、上司が他の人に、サチは僕にとって他の社員よりも大事だ、って言ったらしくて。それもさ頭にくるというか、、おかしいだろう、って思うんだよね。 好き、嫌い、とかさ、、、言うか!? 

でも大事ならいい加減給料あげてぇぇぇーーーー笑

NoTitle

上司さんはきっと家族のようにおもっているのでしょうね、さちさんたちのこと。 ご自分の事務所、なんだよね? だとすると余計そういう思いも強いだろうし。 だから立ち入った(こみ入った? あれ?)話もするんだろうな、と思ったりする。 しかしながらMiaさんを「良い子じゃない」と彼が判断した理由はなんだったの? そう思った彼なりの理由があるはずだよねぇ・・・

どこにもこういうことってあるよねー。 でもさ、ばからしいことなんだけど、その発端(?)みたいのは、つかんだほうがいいように思う。 もしかしたらなにか誤解があったのかもしれないし。 理由が完全にばからしいことなら、スルーすればいいし、でもたまには「こういうバカなこと、やめなされ」っていう必要もあるときもあるよねん☆

追加っ!

あーねね、聞こうと思ってたこと思い出したっ!

こまちちゃんの名前って「太陽のKomachi Angel」からきてる?

くんちゃん

うん、そうなんだよねー きっと突き詰めて聞いたりすればなぜそういうのかの理由って分かると思うのだけどね、そこを面倒がってしまう私もいかんよなーと思うのです。 なんだけど。。。 きちんとしたきっかけって聞き出すのが結構時間がかかったり、結構色々突っ込んだ質問をしないといけなかったりしない?? うちだけかなー。 くだらないから辞めようよ、ってみんなに言う事も大事なんだよねぇ。 ついつい、関わらない、という簡単なほうを選んじゃう私なのだけど…。 なんか上司がちょこっとでもそういうことを口に出しちゃうと結構影響力が大きいんだよねー

所で、
太陽のKomachiエンジェル!! 
わらったーーー カズも爆笑してたっっ 考えた事なかったけど、すっごい良いっっ
小町は、小野小町の小町なの。美人になるように、っていう親ばか。 でも太陽のKomachiエンジェルなの!って言うほうが良いかもっっ♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/427-31cce965

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク