FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2011. 04. 03

幸せなんだけど、、、Port Adelaide

P1010390.jpg




今日から冬時間にもどりました。
時間が1時間遅くなったからかなんか今日は時間がゆっくり過ぎたような気がします。

すっごーーかった虫さされがだいぶ回復し松葉づえなしで片足をひきづりつつ歩けるようになりました。あぁ歩けるって素晴らしい。 本当、健康が一番だわ。 今日は天気もすっごく良くてしあわせ。 健康を満喫するには最適の日。 





犬達は昼寝日和。ぽかぽか。



P1010378.jpg









犬が日向(トランポリンの上)で昼寝を楽しむ間、飼い主たちは松葉づえなしで歩けるというその健康を堪能すべく?朝7時前にはもう起きてそのまま海沿いの市場に行って野菜や果物を買いました。あ、今日、来ていた漁師さんマグロを丸ごと一匹売っていた(って言っても小さい子たちだけど)思わず買おうかと思った、、、けれどなぜか、何となく買いませんでした。

今になってちょっと後悔。 



で、そのあと恒例のブランチ。これがまたー気持ちいいんだっ 昨日も今日も天気が良くて日が当っている場所は暖かいかちょっと暑いくらいだけれど日が当らない場所は涼しい、最高の気候でした。いつも行くマーケットの近くのCafe Foreyouというカフェ。 車のほとんど通らない裏道に面していてテラスで食事。 

今日はハッシュポテトの上に、レタスとレッドオニオンとクリームチーズとスモークサーモンがのっているものを食べました、が、写真なし。。 夫はクスクス入りのトマトスープとガーリックブレッドを頼んでいました。 働かないでお金が入ってくると良いよねー、最小限の労働で最大限のお金を稼ぐにはどうしたら良いか、みたいなくだらない話をしながら食べきり。 その後、紅茶とカプチーノまでちゃんと飲みほして食事終了ー。


P1010393.jpg




その後ポートアデレードをお散歩しました。
ポートアデレード近くの雰囲気が好きなのです。古い建物が多くてレンガのかわいい作りだったり、ガラクタしかないじゃないかっっ見たいな不思議なお店が有ったり。 今日はそのまま歩いて港沿いのFisherman's Wharfという、、これもなんだろ、市場と呼んでいいのかな、家具を売っていたり、食器があったり、洋服や靴下や絵とかベッドまで売っていたり、本やマニアックなコレクター品が有ったりのみ市見たいな感じかなぁ。


むかーし、まだアデレードに住む前に、どんな場所に住む事になるんだろう?って下見に来た時にもFisherman's wharfに電車に乗ってそのときは来たことが有ったのだけど、その時は、うーんー 大したものないね。って思ったのだけど、ちゃんとここに住んでから来ると色々とほしいものが見つかるものです。 見て回るのはおもしろかったしほしいものも結構あったー。 今回は何も買わなかったし相変わらずガラクタ??みたいなものも結構あったけど、それも含めて面白いっ場所です。



P1010399.jpg






なんか、すごく平和なのです。
まだ若いのにこんなにのんびり平和に過ごしていて良いのかなぁ、って今日カズがチラっっと言っていましたけど、本当にそれくらい平和。 


P1010404.jpg





日のあたる気持ちいいテラスでおいしいブランチを食べたり、ポートアデレードをゆっくり散歩して歩いたり、市場をブラブラ歩いて、これ、キッチンに置いたらかわいいね、とか、こういうのが似合う家にすみたいね、とかくだらない話をしたり。 本当に幸せです。


P1010407.jpg






でも、こうやって平和だなーって思うたびに、幸せだなーって感じるたびに、なんか罪悪感も同時に感じています。日本が大変なのに私はここで他人事のように平和にお茶を飲んでいる。 福島の原発もまだまだ危機状況だし排水処理についても、ひび割れからの水漏れについても、二進も三進も行かないような状況が続いている。 深刻さは一切変わっていない。

のに、ここオーストラリアのニュースが日本の地震、津波、原発からリビア情勢に移ってきつつあるみたいに、私とカズもこの異常事態になんか慣れ始めてしまって深刻さは一向に変わっていないのに私たちにとって異常事態が日常化しちゃっているんじゃないか。って思ったり。


被災地の人たちにとっては慣れる事のない毎日なはずなのに。


もしかしたら私とカズはオーストラリアに住んでいる人たちと同じようにまるで他の国の出来事かのように、ニュースは聞くけれど他人事として考えているのではないか、と思ったり。




自分が幸せでいる事は感謝すべきことなのにそれがなんか悪い事の様な、申し訳ないようなそんな気持ちになったりします。 自分が今飲んでいるこの暖かいカプチーノを避難所の人たちにあげられたらきっと自分以上に美味しく飲んでくれるんじゃないか、カズのスープを食べるべきなのはカズではなくて別の人なんじゃないかとか、考えても仕方ないような無意味な事を考えたりして。



P1010400.jpg






でも。
ちゃんと分かっているのです。 ちゃんと頭では。 やる事をやって、義援金をこれからもちょこっとずつ送ったりして、私たちはここから出来る事をして、毎日が平和で幸せである事をありがたく思って感謝して生きて行くしかないのだって分かっているのです。

でも、頭で分かっていても感情が付いていかない感じです。


分かっているのです、きっと日本の被災地以外に居る人達は感情に逆らって多少無理をしてでも明るく日本を支えていかないといけないんだろう、被災地以外の人たちまで「今は浮かれている場合じゃないから」、とか「楽しんだり幸せを感じるなんてもってのほか!」みたいになっちゃったらきっと日本が暗い国になっちゃう。景気も悪くなっちゃう。 妹が言っていたみたいに少しでも明るく幸せでいられる状況の人たちが日本人をひっぱっていかなくちゃいけないんだろうな。きっと義援金だけが今日本に必要なものではないのだとおもう。


(だからこそ色々な国のセレブだったりゴルフの遼君だったり、イチローだったり、ソフトバンクの孫社長だったり(この人凄すぎっ!)そういう人たちが義援金だったり前向きなコメントだったりをくれる事の意味はすごく大きいと思うのです。そういえば、天皇皇后両陛下が被災地を訪問されている映像を見ました。付け焼刃では出来ない優しさと穏やかさが滲み出ていてとても素敵だと思いました。 そういう精神的な支えも被災地には義援金と同じくらい必要なのだと思うのです。)



海外にいる私たちもきっとそういう役割を担っているのだと思います。 私達にはお金も影響力も無く、何が出来るわけでもないかもしれないけれど、そんな中、さらに暗いブログを書いて読んでくれる少数の家族や友達を暗くしても全く意味のない事だと思うのです。




でも書いちゃってる私ー。 言ってる事とやってる事ーーーちがうんじゃないのー??? でもそうなの、今そういう感じなの。 頭で分かっている事と感情が合致してないのーー。  がんばろー。 

毎日を感謝して、出来る事をきちんとやっていこう。

また足を虫に刺されていつ松葉づえが必要になるか分からない、自分の足で歩ける事の凄さを松葉づえをついて再確認したみたいに、何が起こるか分からないけれど今日は私もカズも犬もみんな幸せに居られる事を忘れず感謝していよう、って思う。



P1010408.jpg






スポンサーサイト



COMMENT▼

優しい心が伝わります。。。

日本の人を想う気持ちも、

今ある幸せに感謝して
暮らしてらっしやる姿も。

本当に優しい人柄が伝わってくる記事ですね。

私は日本を出るまでのあいだ
不安な日々ですが、
それでも身近にある幸せを大切にしようと
思います。

MAYAmekiraさん

うーんー、なかなか今の幸せに感謝して暮らしつつも日本の役に立つ事がイマイチ出来ずにいます…。なんか私は口だけになっているなーって思っちゃう日々なのです。

おっしゃる通り、みんながまずは身近な人たちから幸せにするように努力していったらきっと平和になると思うんですけどね。 

でもやっぱり現在の状態だと自分の身の回りだけではなくてもう一歩外側にいる人達ももうちょっと幸せに出来たら良いのにな、とも思うのです。せっかく日本ではなくて海外に居て何も不自由せず暮らしているので少しでもその幸せをわけてあげられたら、、とも思うのですけれど、でも無駄に心配ばっかりするのも良くないのですかね。。 難しい。

やっぱり基本の事、募金とかを少しずつ続けていくのがいいのかなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/438-d66334cc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク