FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2011. 04. 13

回答Fail。

先日、チラッと夫に

「私といてどんな時に幸せを感じる?」

って聞いてみたら
   (私、夫に対してこういう質問たまにする傾向にあるのです。私のどこが好き?とかどこが嫌い?とか)


20秒くらい固まった後に

「…いつもだよ。」

と答えていました。



はい ブッブーーーー ブブブブブブブーーーーーー。  
妻にとっては正しい答えではございません。しかも20秒も固まるとは何事であるか。



いつも幸せ、とか全部好き、とかって言う回答って要するに、具体的な答えが無いってことだよね? だよね?って問い詰めてみたところ

(この辺で私はかなり面倒くさい妻であることは自負している。)
いやぁなんっていうか、これ、やめられないんだよねー。 
夫の回答も昔よりは大分合格点に近くなってきたのですけれど(←私が気に入る答えが分かってきている。 感情に関して、女性は複雑で男性は単純って聞くけれど扱い方を分かっていれば女性も結構単純だよなぁと思う今日この頃なのです。とりあえず私は結構単純に扱える…と、思われる。)


「結婚してもう5年だよ。具体的に何が幸せ、とか直ぐには出てこない
とぬかした。



ってことで。私は非常に不機嫌でございます。いや、そんな事いわれたら不機嫌になっても良い、と思ってます。 いや、もし思わなかったとしてもYou don't wanna mess with me now.


いやー、だってさ、私、カズと居て幸せを感じる瞬間って、5個くらいはそっこー出てきますけれども。サラサラと回答出来るわよ。 なのに20秒固まった後に、「いつも」だとーーー。 要するに無いってことだ、え?無いってことだ?? そういうわけだ?? 

なんなんでしょ、男性ってこういう回答って苦手な気がします。それともカズと私の周りの男性だけでしょうか?? 女性って女友達と結構こういう会話したりする経験があるので(とくに高校生のころとか笑)免疫が有るんですかね。 


いや、まてよ。


私のオフィスにいる女の子達の彼は付き合い始めた記念日、月記念日、3か月記念日、半年記念日、彼女の誕生日、バレンタイン、等々、事あるごとに花束を贈ったりするような細かな人たちが多くて、カードに書かれている言葉も短いながらなかなかロマンチックなものが多いのです。 何なんでしょ、これって文化の違いなんだろうけれど、、、

ふと思ったのです。
文化の違いってことは。トレーニングの違い(←!?)


ってことはカズも、そして私の周りの男性もトレーニングによって甘い言葉を囁く男性になるってことだ! よね!?  (いや、カズだけで良いけど、あたしは)



とはいっても、個人の性格もあるとは思うのですけど・・・。 そういえば「男は多くを語らず背中で表現」By西郷どん。 みたいなオージー男性と付き合っている女の子も、一人オフィスにおりました。うん。


いや、この際個人の性格、とか面倒くさい事は置いておいて。。。少なくともオフィスにいる女の子の彼達の大半が甘い言葉を囁く男性、ってことは、これは文化=過去のオーストラリア人女性からのトレーニングの成果。

なのではないだろうか!?



トレーニングで、成果がでるなら。。。でるなら、ねぇ。
むふふふふふふふ。


まぁ、カズは良く、「なんで男性が色々気を使わないといけないのだー。 最近は女性だって男性と同じくらい稼ぐ人たちも居るし、男性より強い人もいっぱいいる。女性もしっかりしているし自分で出来るでしょ。 それだったら男性だって同じくらい気を使ってもらいたいよ!」と言うんですけど。


いや、理論ではそうかもしれない。 
まぁ、正しいんだけどさっ


でもさ、理論じゃないんですよ。ねぇ、女性のみなさん←と、問いかけてみた。
出来る、っていうのと、やってもらわなくても良い、っていうのは別物というか。ねぇ。

こういうところが女性は我がままだ、とか言われる原因の1個なんですかねー。 いや、でもさ、何なんでしょ、ちょっと特別扱いしてもらいたいっていうのは、なんなんだろ、もうさ、女性の細胞の中に組み込まれてしまっている感じなんだよなぁ。


女性の皆さまー トレーニングがんばりましょー笑







スポンサーサイト



COMMENT▼

いいじゃん、「いつもだよ」ってー。

質問された時、具体的な答えが100個ぐらいポンポン浮かんじゃって、浮かび過ぎちゃって総称して「いつも」って答えちゃったのかもよー・・・とフォローになってない? 
あ、でも直ぐには出てこないって言っちゃってるのか 苦笑

ちなみに今、夫に同じ質問してみた。
そしたら「質問の意味が分からない」だってさー。どーよ、この答えっ!! 

Meggiちゃん

あ、そっか、いっぱいありすぎて…、って思って読んだら、そうだったよ、そうなんだよ、出てこない、って本人言ってたんだったよ! あいつめーーー。

っていうか、Meggiちゃん夫の回答っ 笑っちゃったよっっ。 質問の意味が分からないって、、笑 意味って、そのまんまじゃないのー笑  それにしてもさぁ、私働いているときに言われて一番カチンとくる言葉が「おっしゃっている意味がわかりません」だったなぁ笑 いやいや、言ってる意味そのままだろうよー なんでわからないかなー って思ったんだけど笑 いやいやいやいや、それにしてもMeggiちゃん夫! いやいやいやいや笑  おもしろすぎーーー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/441-693f578a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク