FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2011. 04. 16

ナンパ(?)とジョーク

あぁ、びっくりした。
人生初のかつあげをされたのかと思ったよっっ

ええとね、今日一人でバスに乗ってCityまで出かけてそこでブラブラしていたのですけれど、同じバス停からバスに乗った男の子(注:子供料金)に、Cityについてから



「良かったらお茶しませんか。」



って言われましたけど。


一瞬何の事だか分からず、え? お腹すいてるの? とか、え? まさかかつあげ? とか、え?まさか新種の何かしらの嫌がらせ? 日本に帰れとかいうつもり? とか、色々な事が頭をよぎりましたけど。

っていうか、その男の子、子供料金ですから。
どう見ても10歳以上には見えない。


でも何となく、「お腹すいているの?」とか「ぼく何歳よ?」とか言うのがかわいそうに思えてしまってまじめに


「ありがとう、でも私は結婚しているから、他の男性とお茶を出来ないのよ。」

って言ってみました。 

っていうか、まぁ、結婚していてもお茶くらいは。。。いや、っていうか。 ええと、あれだよね、この場合やっぱりお茶代は私が払うんだよね? やっぱりお腹すいてたのかなぁ、あの子。

なんか、何度か思い出しては微笑んでみました。 かわいーーー出来事でした。なかなかのハンサム君だったけど、10歳はなぁ。 私、あなたの年の3倍は生きてるよ。 みたいな。 うーん。

何歳だろうと、おねーさんは光栄でした。 
ありがとーーー
ありがとーーーー。









ところで。
話は変わりますけれども。


うちの会社では週末近くにね、色々な人からジョークメールがまわってくるのです。 で、今週のはこれ。 

これは上司から送られてきたのだけど、たまたま私がスッゴーク忙しい時だったので読まずに無視していたら上司が「サチ、あのメールは読んだか?」って聞くので「まだ、ちょっとバタバタしていて(あんたの案件でバタバタしてるんだよ。)」って答えたのですが、その10分後に「さち、あのメールは読んだか?」って、あんた。

はいはい、読みますよ。 

って思ったら、上司が私のオフィスまで来て私が読む間、にやにやしながら横で立ってる。 それじゃ、なんか気になってゆっくり読めないよ←気弱。 とりあえずそれくらい上司イチオシのジョークです。 

それにしてもさ、アタシ、英語読むのがオージーよりだいぶ遅いから笑うタイミングがだいぶ遅いんだよね。上司は私の隣の席の女の子の反応のみに満足して無事自分の帰って行きましたが、、、アタシ読み終わってないから!



という事で、以下、私の上司お勧めのジョーク。なんていうか、若干頭の良い感じがするジョークなんですけど。。 あ、後ろにすっごい適当に訳された日本語版もありまっせ。


The English are feeling the pinch in relation to recent terrorist threats and have therefore raised their security level from "Miffed" to "Peeved." Soon, though, security levels may be raised yet again to "Irritated" or even "A Bit Cross."

The English have not been "A Bit Cross" since the blitz in 1940 when tea supplies nearly ran out.
 
Terrorists have been re-categorized from "Tiresome" to "A Bloody Nuisance." The last time the British issued a "Bloody Nuisance" warning level was in 1588, when threatened by the Spanish Armada.

The Scots have raised their threat level from "Pissed Off" to "Let's get the Bastards.″ They don't have any other levels. This is the reason they have been used on the front line of the British army for the last 300 years.

The French government announced yesterday that it has raised its terror alert level from "Run" to "Hide." The only two higher levels in France are "Collaborate" and "Surrender." The rise was precipitated by a recent fire that destroyed France 's white flag factory, effectively paralyzing the country's military capability.

Italy has increased the alert level from "Shout Loudly and Excitedly" to "Elaborate Military Posturing." Two more levels remain: "Ineffective Combat Operations" and "Change Sides."

The Germans have increased their alert state from "Disdainful Arrogance" to "Dress in Uniform and Sing Marching Songs." They also have two higher levels: "Invade a Neighbor" and "Lose."

Belgians, on the other hand, are all on holiday as usual; the only threat they are worried about is NATO pulling out of Brussels .

The Spanish are all excited to see their new submarines ready to deploy. These beautifully designed subs have glass bottoms so the new Spanish navy can get a really good look at the old Spanish navy.

Australia , meanwhile, has raised its security level from "No worries" to "She'll be alright, Mate." Two more escalation levels remain: "Crikey! I think we'll need to cancel the barbie this weekend!" and "The barbie is canceled." So far no situation has ever warranted use of the final escalation level





ってことで、以下、すっゴーい適当な訳。あたしのレベルではこんな訳っす。




イギリス人は最近のテロリスト危機に不安を抱えており、国家危機レベルを“イラっ”から“ちょいムカつくよ”に引き上げたが、近いうちにさらに“かなりイライラしてきたけど?”か、もしくは最高レベルの“ちょっとキレますけど?”への引き上げが予想される。  テロリストは“うんざりなんだけど”のカテゴリーから“めちゃくちゃ迷惑”のカテゴリーに引き上げられた。 イギリスが“めちゃくちゃ迷惑”レベルの国家危機に達するのは1588年にスペインの無敵艦隊に攻められたとき以来である。

スコットランドの国家危機レベルは“ちょーうんざり”と“あのアホ捕まえようぜ”の2段階だけである。 これがスコットランド人がイギリス軍の最先端として300年以上使われてきた理由である。

フランス政府はテロリストレベルを“逃げろ”から“隠れろ”に引き上げた。フランスのこれより高い国家危機レベルはあと2段階あり、次が“協調”、一番高い危機レベルは“降参”である。この引き上げは最近の白旗工場での火災事故により引き上げられたものであり、この火災は国家軍に戦慄を与え機能をマヒさせた。

イタリアも国家危機レベルを“とりあえず大声ではしゃぎ騒げ”から“綿密な軍隊行動”に引き上げた。イタリアのこれより高い国家危機レベルはあと2段階あり、次が“うちらの軍事作戦いけてないジャン”、一番高い危機レベルは“相手側に寝返り”である。

ドイツも国家危機レベルを“やたらと横柄”から“同じ制服を着て軍歌を歌う”に引き上げた。 ドイツのこれより高い国家危機レベルはあと2段階あり、次が“近所を侵略”、一番高い危機レベルは“敗北”である。

そのころベルギーでは通常通り休暇中であった。 彼らの唯一の心配ごとはNATOがブリュッセルを不参加にさせないかという事だけである。

スペインでは彼らの新しい潜水艦が配備された事で盛り上がっていた。とても美しいデザインの潜水艦で、床がガラスの新しい潜水艦から古い潜水艦が良く見えるようになっている事が売りである。

一方そのころオーストラリアでは、国家危機レベルを“問題ねーよ。”から“そのうち何とかなるっしょ”に引き上げた。 オーストラリアのこれより高い国家危機レベルはあと2段階あり、次が“もしかしたら週末のBBQはキャンセルになるかも知れないよ”、一番高い危機レベルは“マジで週末のBBQをキャンセル”である。過去にオーストラリアの国家危機レベルが最高レベルに達した事は無い。



ってことで。
若干皮肉な…。


困るのはさぁー、こういうジョークを送ってくるのは良いのよ。だけどそのあといつも上司がどう思う?って聞くのよ。 こういう回答って、、なに? 良かったよ。とか言えば良いわけ? いつも困るんだよねー。 かといって気の利いた事もねぇ、即出てくるわけでもないわけで。 ねぇ。











スポンサーサイト



COMMENT▼

すばらしきナンパ

うらやましい限りだけどね~♪
でもお茶代をこっちで払わなきゃいけないって嫌だわ。

ってか、そんなジョークメール。アタシ、そんな長文で日本語で送られてきても理解できなそう・・・頭いいんだな。
短文なのかと思ってたよ。大人のジョークって難しい。
そして、サバすごいなぁ~。日本語訳ありがとう。。。

NoTitle

これ面白い!

私も逆ナンされてみたいなー。ストーカーまがいなら去年経験あるんですが。。。。怖いです。

なお

うーん。 素晴らしいナンパ、といえばそうかも。 ナンパしつつ、ただでコーヒー、みたいな。
彼、たしかにイケ面(死語?)だったけどね。だけどさ、若すぎるだろう、いくらなんでも!って思ってさぁ。どうなのよ。 まぁ光栄なことにはかわりないんだけどさ、それにしても…。 アタシ持ちですか、コーヒー代?みたいな(←ここ、こだわる笑)。 で、飲んだ後はまさか、プラモデルショップとかに連れて行かれて買って、って言われたりしませんよね?みたいな不安が。 

ジョークメールねぇ。
これはこれで良いんだけどさ、読んでるときに後ろに上司が立っていて私の反応を待っている、ってさ。 面白くても面白くなくなっちゃうよ・・・

Kennyさん

えぇぇぇ!!??
ストーカーは困りますっっ。 もう大丈夫なのですか? こわいなぁ。なんかKennyさんは色々と波乱万丈な人生を送られているようなイメージが出来上がってきつつあります・・・笑

ナンパ、、、笑 ありがたい事なんですが(ありがたい、とか言っている時点でダメか、アタシ。。)それにしても。。。せめて年齢、二桁で有って欲しかった、、、っていうのは我がままでしょうかww

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/442-91cfa3c8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク