FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2011. 05. 02

オサマ・ビンラディンの死亡ニュース

やっと。
今日の仕事中にオサマ・ビンラディンが死亡したニュースを聞いたのです。
パキスタンの首都イスラマバードから約100キロ北部にある邸宅で家族と一緒だったビンラディン容疑者をアメリカ軍が頭を撃ち殺害したという。
アメリカは秘密裏にこの作戦を結構しており、オバマ大統領はビンラディン攻撃を許可するサインをしたのち、パキスタン等の他国に知らせず、情報が漏れないようにゴルフをするなどして緊張感を出さないようにした、と。 なんか頭脳ゲーム見たいで映画っぽいなぁなんてのんきな事を考えちゃった。

私がまだアメリカで大学生だった時に9.11が起きたのだからもうかれこれ10年位。アメリカが戦争を始めるきっかけになった出来事の首謀者がやっと排除された事で、やっとアメリカにも戦争から撤退する大義名分ができたのでは、というのがまず最初の感想です。 実際はなかなか直ぐに撤退は難しいのだろうけれど。

それにしても長くかかったよなぁ。ここまで来るのにアメリカ人、その他色々な国の人がが何人なくなったのだろ。一人の人を殺すまでに。 オサマ・ビンラディンは一人の人であっても大きな存在ではあるけれど、若者何人の命と引き換えにやっと一人を殺したんだ、だいぶ苦しんでやっと得た結果なんだ、と思うとアメリカ人がグラウンドゼロで手放しで喜ぶ、という映像はなんか見ていて複雑でした。 それにリーダーを殺したからと言ってもアルカイダが消滅したわけではないしまだまだ先の長い話なんだろう。

先の長い話、ではあるけれどアメリカはもう10年も戦争している。 いい加減長すぎるしアメリカの負担も犠牲者の数もどんどん増えてきていて、なんか傍から見ていたらアメリカ人大変だし、可愛そう、っていう気さえしてくるような。 

軍事予算に663.8 Billion Dollarsって、どれくらいの額なのかもイマイチ分からない位の金額、アメリカのGDPの5%弱を軍事予算に費やして、世界中の他の国の戦争に首を突っ込むのならアメリカ人の国民保険とかを先に何とかしてあげれば良いのにー。と思ったり。 アメリカ人はもどかしく思ったりしないのかなぁ。それだけのお金が有るなら、他の国を救うまえに自国の国民を、私達を救ってよ、って思ったりしないのかしら。 それとも、アメリカは世界のリーダーだ、っていうプライドと自負と、世界を救うんだ、っていう正義感で過半数が戦争を認めているのかしら。 

アメリカは強くなければいけない、弱気な事は言えない、どれだけ時間がかかっても、どんな事が有っても
妥協しない、あきらめない、とことん悪い人達を追い詰める、という態度を貫かなければいけないようで、あの国も大変だよな。 動けない日本と比べたら、そして該当の国の苦しんでいる国民からしたら有りがたいのかもしれない、とも思うけれど。 

アメリカが戦争に参加する理由は表向きから裏向きまで色々あるのだとしても、ここまでアメリカ人の税金を使って、税金以上に人命まで掛けて居る事は事実なのに、そしてそれによって一応はアメリカ人や世界に有る程度の説明がつく結果を出しているのにもかかわらず、世界からアメリカは傲慢だ、と言われたり、今回のように結果を出す事によって世界中に反米勢力が沢山出てきたりもする。 こうやって世界からテロリストを一人減らすことに間違いなく貢献したにもかかわらず、アメリカ外にいるアメリカ人は反米暴力の危険性が高まっているから注意しなくては、という状況になったり。

なんか、アメリカは報われているのかしら。と思っちゃうよ。



私がアメリカ人だったら(ってこの設定自体無駄だけどw)誇りに思う気持ち半分、10年は長すぎる、アメリカも犠牲を出しすぎたしもうそろそろ撤退しようよ、っていう気持ち半分なんじゃないか、って想像する。

でも同時に誰がなんて言おうと、傲慢だと言われようと、きっとアメリカがここまでやらなければ紛争が起こっている地域の人たちは人権も与えられず食べ物さえままならない状態に(アフガニスタンの酷い男尊女卑だったり)日の目が当らず改善の余地さえも生まれなかったはずなので、アメリカが世界をリードしてくれる事は頼もしく有りがたい事なのだと思うけれど。


それでもオバマ大統領の落ち着いた声のアナウンスの中で彼が言った“Justice has been done”が印象に残りました。



でも、やっぱりいつもこの質問に戻ってきてしまうのだけど、アメリカが(もしくは主に先進国が)正しいと思っている事に基づいて他の国の状態に口出ししても良いのか。 アメリカが正しいと思っている事でも他の国の人からしたら正しくない可能性も有るしね、私達の物差しで全部図るのはおかしいだろう。

って、思う。 

でも、でもやっぱり無差別テロは間違っているし、アフガニスタンで行われていた究極の男尊女卑も間違っているし、オサマ・ビンラディンを殺した事は正しい事だ、としか思えないけれど。





何はともあれ、世界からテロリストが一人消えた事は歓迎すべき事だと思う。







スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/450-2db4cf3d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク