FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2011. 05. 03

なんだろーこの違和感

P1010504.jpg


今朝の一面のニュース。

これしかないだろう、位の勢いでどうやらすべての州のニュース一面がこの記事だったよう。新聞各社によって言葉遣いが違うものの今日見た新聞の数社がKilledとかその他、非常に直接的な強い口調の言葉遣いをしていたのが彼の死を歓迎している様で印象的でした。今朝のテレビのニュースもこの話題がメインで、オーストラリアのギラード首相も彼の死はWelcomeだ、とアナウンスしたし今朝のニュース番組でも同様の事を言っていました。

アメリカが長年追い求めてきたテロリストを排除した記念すべき、歓迎すべき日だったと思うのですけど、なんかこのニュースに喜ぶアメリカ人の映像を見てから、ずっと後味の悪さが私の中に残っているのです。


実際、私の周りにはアメリカがオサマ・ビンラディンを殺した事を支持しない人達も多くいて。 特に私の知り合いのアメリカ人は身柄確保で良いじゃないか、殺さなくても、と言っている人が多くて少し驚いています。 その人たちは「勿論9.11を起した犯人グループで何人も犠牲になっているのだけれど・・・」と言いつつも、どんなに悪い人でも殺してはいけない、人が死ぬ事を喜ぶというのは理解できない、と。

彼らのほとんどが敬虔なキリスト教徒だったりする事もあって、どんなに悪い人でもチャンスを与えれば更生するしそのチャンスを与える事が良い人間がすべき事だ、殺しちゃったらその機会が無くなるでしょう、とか、人が人を殺す権利は無い、人が死んでWelcomeという事なんて一切無いという考え。


うーん、確かに私もアメリカ人がオサマ・ビンラディンの死を喜んでUSA,USAと叫んでいたりする映像には違和感を覚えたけれど、それって何となく「人が死んだ事を喜んでいるアメリカ人」に複雑な感情を持ったというよりも(それもあるけれど)、どちらかと言うと、彼一人の死にここまで喜ぶなんて・・・今までアメリカはどれだけの犠牲を出してきたのよ、それを考えると10年もかかって一人を殺しただけなのに、ここって喜ぶところなの?っていう若干皮肉な気持ちから来ていたような。 私は彼がアメリカに殺された事への反感は全くというくらい感じなかったな。

そこが分からないところなのだけど。 私は(たぶん)本気で、彼はアメリカに殺されても仕方ない人だ、と思っていたし、そのうち殺されるんだろうな、とも昔から思っていたと思う。 だからそういう意味では、グラウンドゼロで喜んでいたアメリカ人と類似の考えを持っている、って思う。

それでも、なんかあんなふうに手放しに喜んでいる映像を見ると反感に近い気持ちになるのはなんでだろう。別に死刑に反対なわけでもないのです、アタシ。





むしろ、「人が死んでWelcomeって言う事なんて一切無い」、「悪い事をした人にももう一度チャンスを与えるべき」、って本気で思っている人達って凄いな、って思うのです。 いや、嫌味じゃなくて、心から、凄い人達だな、って思う。


いや、さ、もうどう考えてもビンラディンには死刑以外無いだろう、って思うし殺害された、と聞いても、私は、おぉ、そうなんだ、良かった。としか思えなかったし。 

きっとビンラディン殺害に反対な人と私の間ではきっと死刑制度に反対か、賛成か、というところで意見が分かれているんだと思うのです。死刑制度に反対の人は、誰が何をしようと人を殺すという判断は間違っている、と考えるだろうし、オサマ・ビンラディンもそこは殺害じゃなくて身柄確保でしょ、っていうことになるのだと思うけれど、私は彼は思いっきり死刑に値する、いやー値するっていうか、もうそれ以外無いでしょ、って思うし、こういう形で殺されても、まぁそれはそれでしょうがないんじゃない?って考える。

人が法の下、他の人を殺す権利なんて無い、人の生死にかかわって良いのは神様だけ、生きて償ってこそ意味が有る、殺人者を裁くためにまた新たな殺人をするなんて無意味、殺人は(たとえ法の下であっても)新たな憎しみを生むだけで良い事なんて何もない・・・って言う意見も分かる、分かるけれど、それでもやっぱり死刑以外あり得ない人っていると思うんだよなぁ。 

悪い事をした人でももう一度チャンスを。死刑にしてしまったらダメだろう、っていう人たちが凄いなと思うのは、いや、こんな事書くだけでも不吉な感じだけど、まぁ私は不吉とか運とか信じないので良いけど たとえばさ、私の家族が、とかカズが誰かに酷い殺され方をして、さらに情状酌量の余地も無いレベルだとしたら、私は、その人にもう一度チャンスを、なんて死んでも言えないし、許すなんて絶対無理、何が有っても死刑、それが無理なら私が自分でその人を殺す、ってそれくらい思うと思うのよ。 でも、そこで、私みたいな短絡的に感情的にならない彼らの思考は尊敬する。(尊敬するけど同調はたぶんこれからもできないわ)

何か取り返しのつかない犯罪をやってしまったら、後からどんなに反省しても更生の余地が有るとされたとしてももう遅いと思うんだよな。その犯罪の残虐性とか凶悪性とかによっては後からどんなに反省しても死刑に値する、って思う。 そんな人達が刑務所の中で生活するためのお金を私が一生懸命働いておさめた税金で賄うなんてもっての外だし、絶対嫌だ。それだったら死刑にして終身刑でかかるお金を浮かせて、もっと別の有意義な事に使ってくれ、って思う。



そんなわけで、私はビンラディンの死に疑問も感じてはいないし、死刑で良いって思う。


思うんだけど、さ、なんなんでしょうー、あのアメリカ人がオサマ・ビンラディンの死を喜んでいる映像を見た後の後味の悪さ。 理屈では私は、死刑賛成、ビンラディン死亡しても仕方ない、って思うのだけど、なんか、あのアメリカの映像だけは、凄く後味が悪いのです。

でもこの後味の悪さがなんなのか、考えても分からなくて、あの映像を見てからずっとモヤモヤしているのです。 ブログを書く事でもしかしたら頭の中が整理されてこの後味の悪さの原因がなんだかわかるかなぁと思ったのですけど、やっぱり分かりません。 

一応、今の時点では、死に値する人物が死ぬ、という事は受け入れられても、誰かが殺された事を喜ぶ、という事が理解できず受け入れられないから後味が悪い反感の様な感情を持ったっていうことなのかな、と思っているのですけど・・・。 なんなんだろな。

















スポンサーサイト



COMMENT▼

そうだねー

喜ぶのってなんか違和感だよね。死刑以外ないんだけどさ。
お国柄なのかし??

死刑以外ないんだけど死んだらOKってのもなんだかなーって思おうよね。
詳しくは知らないんだけど、昔の中国では一人犯罪者がいるとその7親等だか9親等まで全部死刑ってのがあったらしいよ?!
それくらいの覚悟してほしいよね、罪を犯す人はさ。

ちょっと詳しく調べてみるー。不適切だったらこのコメ削除してね☆

NoTitle

いつもAUからみています。
私も死刑制度反対は出来ない派です。これ理屈じゃなんですよね。人間の中に存在する倫理と、動物に存在する本能というか。何処までも更生されない人はたくさんいます。更生されない人の方が多いと思います。ただ、国家としてはどうなのかな。こんな、ゲームのような感覚で報道されるのは違和感がやっぱりありますね。子供が生まれるまでは、死刑制度反対にあんまり違和感持っていなかったけど、生まれてからは考えというか、感情の持ち方が変わりました。世の中で害をもたらしていない大きな宗教は仏教くらいで、他の宗教は、紛争の根源にしか思えません。そもそも一神教という教えに同感できません。
一神教じゃなくて、他の宗教を批判しない仏教わたしは意外と好きです。ちなみに仏像が庭に飾るために、ディスカウントショップで売られていても文句いわない仏教徒意外とすきだな。これイエスが庭に飾るために売られてたら、AUはどう思うんだろうって思います。話しそれましたがこれからも楽しみにしています。ご夫婦お幸せに

オージー掲示板

はじめまして、こんにちは、突然のお邪魔で申し訳ありません。「オージーパートナー掲示板」というサイト管理するhippoと申します。

当サイトは、以前オージーパートナーをお持ちの方々が利用されていた掲示板が突然の閉鎖により、急きょ立ち上げた掲示板です。現地での生活や結婚とパートナービザに関する疑問やお悩みを語り合える広場を目的としておりますが、生活全般の質問も多いため、オーストラリアで社会人生活を送る長期在住者さん・永住者さんのご参加も大歓迎でございます。

同じ豪在住者さんでお困りの方々の質問にご回答・アドバイス等いただけましたら幸いでございます。もちろん逆にご質問されたいことがあればいつでも当掲示板をご利用くださいませ。

Q&Aサイトにおきましては、まずは皆様にお集まりいただくことが肝心ですので、こういった形で宣伝させていただきましたが、指し使いないようでしたらこのままコメント表示してなるべく多くの方にお知らせいただければ幸いです。またもしご迷惑なようでしたら、こちらはもちろんご削除くださいませ・・。。また二重投稿になっておりましたら重ねて失礼いたしました。以上、お読みいただきありがとうございました。

http://aussiepartner.bbs.fc2.com/

俺も、もう一度チャンスをって思える人はすごいと思う。どっかで許さないと、結局報復の連鎖は続いてっちゃうから、必要な考えだと思うけど、実際に当事者になったらどう思うかはわからんわな。

なおー

うん、すっごい違和感が有ったよ。確かにね沢山彼のせいで死亡したのは間違いないのだけどさ、違和感有るよね。 死刑で良いんだけど、それを喜ぶか?? みたいな。しかもさ、なんかチャンピオンのスポンサーが付いていたAFLの選手だかが、ツイッターで「人の死を喜ぶとはどういう事だ」みたいなコメントをしたら、アメリカの判断を支持しないのか、アルカイダを支持するのか、みたいな理由でチャンピオンのスポンサーが外されたり、謝罪しなくちゃいけなかったりしたらしいよ。それもすっごい違和感。

うーん、その中国の親族まで処刑、っていうのはアタシは反対だわー。 だって関係ないじゃーんーバカ親から生まれたすっごい良い心を持っている子供、とか居ないとも限らんし。 っていうか最近の空爆でカダフィーの孫まで空爆で殺されたりしたじゃん、あれは違うよなーって思ったりするのよ。だって孫って・・・関係あるんか? なんかフセインのときとかもそうだったような。複雑。。

はなこさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
私も、きっと何処までも更生されない人は居るんだろうな、って思うのです。それに後々すっごく反省して更生したとしても、やった事が死刑に値するような事なので有れば更生してもやっぱり恩赦は無くても良いんじゃないか、と思ったり。それでも、あんなふうにアメリカはお祭り騒ぎになっています、国として喜んでいます、っていう報道は違うよな、って思っちゃいます。

知り合いのアメリカ人の中で、同じ宗教の人達の中でも反応が違って興味深かったです。人が死んだ事を喜ぶ事に違和感を持っているアメリカ人も居るし報復の連鎖になりそうな感じもしますもんね。難しところです。

ひろ

そうなんだよね、すっごい悪い人を殺しても、そのすっごい悪い人にも家族がいたりする場合そこから報復の連鎖が続く可能性はあるしね。 

でも考えかたとして、悪い事をした人にももう一度チャンスをって言うのは本当に凄いなって思うのよ、皆がそういう風に考えられたら良い世の中になるよな、って思うんだよね。相手の反省の気持ちを信じたり、自分との考えの違いを認めたりできたらきっと良い世の中になる、と思うのよ。でもさきっと私にはできないんだろうな、って。で、私みたいに相手を信じない人が自分の他にも居るだろうからここで相手を信じたらまた同じことをされてまた自分が傷つく、って思って、そこで抵抗するから世の中から争いがなくならないんだよな、って思ったりもするんだよね。。。

あ、所でヒロ、全然話変わるけど、ヒロのPCかFacebookたぶんウィルスいるよ?? なんか変なコメントがいっぱいアップされてるの、、知ってる??? あはは、、ありゃー早めにチェックしたほうがいいぞー

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/451-b27b7d31

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク