FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2011. 05. 26

日本が(恐らく)ハーグ条約に加盟

いま、菅首相がG8サミットの為にフランスに行っていますけど



あ、フランスともG8とも全く関係ないんですけど、菅首相↓



5080485_m.jpg


最近見たのですけど、日本ではこういう感じなんですか? こんなん流行ってるんですか?
かなりニヤけたのですけれども、あたし。

え、なに? ブリティッシュ英語? みたいな。 

イエス ウィー カン

って!
でもさ、なんかアメリカの影がチラついてちょっと、日本の首相のT-シャツとしてはどうなのよ、って思うのは考えすぎでしょうか。ま、面白ければいいのか。 どちらにしても私は着ない。 うん。 自分のお腹に菅首相の顔写真を貼るほどまでは崇拝してないw




って、初っ端から話がずれましたけど、


菅首相がフランスに行った際に核の話のほかにハーグ条約も締結する方向で話を進めてくる予定です、ってあのNHKの夜7時のお兄さんが言っていました。 (っていうかあのお兄さん、顔はイマイチだけど本当に良い声ですよね。って、まぁアタシも顔についてはどうこう人の事言えるアレでもないんですけどね、まぁ自分の顔は自分では見えないっていうか、ねぇ)日本議会でもハーグ条約に加盟する事が可決していて次の国会で決定される予定だそうで。


ハーグ条約では子供誘拐を防ぐ為の国際条約で国際結婚した夫婦が離婚した際に片親だけの判断で勝手に子供を連れてその国を出る事は出来ない(もしくは第三者が親権保持者に無断で子供を連れ出す事はできない)と規程されている。万が一勝手に子供を連れて出国した際は誘拐犯として国際手配されて、ハーグ加盟国に入国した際に、強制逆送還(元々住んでいた国に)される。

日本はまだハーグ条約に加盟していないので、ハーグ条約に加盟している国出身の外国人と結婚し外国で暮らしていた妻が離婚して日本に子供を連れてこっそり帰ってきた場合でも、日本の裁判所と法律に基づいて離婚が出来るし親権についても日本で決定される事になる。 日本がハーグ条約に加盟していないが為に、外国にいる外国人親は日本人の元妻/夫に勝手に子供を連れて日本に戻られちゃった場合にも日本に居る妻と子供は日本の法律に守られて居て連れ戻せず泣き寝入りになっちゃう場合が多い、と。


でも逆に、日本で外国籍の人と結婚し生活している人にとっては、離婚後も相手に勝手に子供を連れて出国されない、(されてもつれ戻せる)という保証になるので締結は利益だとは思うのだけど。

元夫/妻が離婚後にある日いきなり子供を連れて消えてしまわない、って意味で、すっごい意味のある条約だと思うのだけど、、、 だけどさ、なんとなくシックリこないのです。 どうなんでしょ、これって。





確かにハーグ条約が有る事で、子供が両親と一緒に居たい、今まで育った国(日本以外)に居たい、という希望の場合は、日本人親に、たとえば、彼女/彼一人で日本以外で生活していくのが難しいからという理由などで日本に連れて帰られちゃうっていう事は防げるわけだし、子供の利益には沿っているって思う。 いくらなんでもそれって子供の人権も意見も無視だし親が勝手すぎる、って思う。(まぁでも生きていくため、とか子供に良い生活をさせてあげたいから、とかって言う理由も分かるのだけど)


でもさ、(子供を連れて帰っちゃうのは母親側が圧倒的に多くて全体の68%、父親側が子供を連れて国外に出ちゃうのは29%だそう)なので女性側の行動を規制する色の強い条約って事を考えて言うなら、例えばさ、日本人女性が結婚したハーグ加盟国出身の男性が、DVをする男性の場合、とか、娘に性的暴行をする父親、とかだった場合にもハーグ条約が適応されて、子供は父親の許可なく国を出たらいけない事になっちゃう。


ウィキによると

「子を肉体的精神的な危害にさらす」または「子を耐え難い状況に置く」重大な危険がある(本条約13条b)
子が返還に反対の意思を示し、子の意見を聞くだけの年齢に達している(本条約13条2項)

場合は適応されない場合もあるみたいだけど、

「子を耐え難い状況に置く」という特例は幅広い解釈が可能であるが、「子の利益に反する」より限定された極端な場合にしか適用することはできない。
子の意思に関して、何歳から子の意見を聞くべきかについては、条約起草段階でも議論されたが結論が出ず、個別の事案について判断することとされた。 ただし、アメリカでは、「子の意見を聞くことは、子の心に負担をかける。親のうち一方を選び他方を捨てる判断を子にさせるべきではない。」との意見から、子は自分の意見を返還裁判で言うことすら許されない運用をされる場合がある

って事は相当極端な例にしか適応されなくて、16歳までは子供の所在は親が決める事が出来るってことだと思うのだけど、(普通の、問題の無い家庭ならそれもありかもしれないけれど。)でもさ例えば暴力等の問題のある家庭でも相当極端な例以外は16歳までの子供は両親の許可が無いと何処にも行けないわけで。 

暴力父親/母親を恐れながら暮らすよりも、いっそ違う国(父親/母親の出身国)に行って暮したほうが何の心配も無く安全に暮らせるという事もあるかもしれないのに。だってこれだと気弱で何も言えない子供とか父親/母親を恐れていて話しだせない子供を保護出来ない可能性が有るってことでしょ?? 勿論、社会福祉とか周りの大人とかが気付いてあげられて保護してもらえる事も多いとも思うけど。

「子の意見を聞くことは、子の心に負担をかける。親のうち一方を選び他方を捨てる判断を子にさせるべきではない。」のなら、両方の近くに居ると言う選択肢を、片親だけと居るという選択と共に提示して子供に希望位はせめて聞いたらどうなの?って思うのだけど。 

例えばオーストラリアでは離婚した後は、相当特別な理由が無い限り、というか、私が知る限り全て、子供は両親と時間を過ごすことになる気がするけど子供の意見は聞いて居るのかしら。例えば月曜、水曜、金曜は父親、火曜、木曜、土曜は母親、第一と第三日曜は父親、第二と第四日曜は母親と過ごす、とか(もしくは奇数月の第一と二週目は父親、第三と第四週目は母親)とか、色々と決め方はあるけれど両親と過ごす時間を取るようになるケースが多いみたい。


「ハーグ条約って子供の利益は考慮に入れない」、とされている事ってすっごい問題だと思うのです。
「子の利益は曖昧な概念で法的判断に適さないこと」および、「連れ去られた先の裁判所が子の利益を判断すると、その国の文化的、社会的価値観を反映した子の利益になり、連れ去られた元の国の価値観と会わない」ってことが理由の様なんですけど(ウィキより)、、、でも考慮しないって、怖いよなぁ。 元の国の価値観に合わせて判断する、って事なんだけどさ、子供に親を選ぶ権利を与えない場合、母親が知らないうちに娘が父親から性的暴行を受けていた、とかいう場合、子供を父親から守る事が凄く難しくなるっておもう。 確かに居住地の法律が自分の国籍を置く国の法律より優先する、という考えは理解できるんですけど、、、でもさこの場合、子供の意見位はせめて聞いてみてもどうなのよ。自分の生活の事、自分の親の事について16歳以下の子供には発言の権利さえないって、、どうなのよ。



そこまで極端な例でないとしてもハーグに加盟する事で子供の権利をだいぶ制限する可能性がでてくる。 例えば15歳で子供が母親が育った国を見てみたいから留学をしたい、って希望したとしても、父親が反対すればパスポートさえ取れないわけで。 旅行さえもできないかもしれないわけで。

日本では転居の自由は保証されているけど、ハーグ条約に加盟したら自分の意志だけでは転居できなくなったり裁判所にパスポートを差し押さえられたりする場合もあるらしいし、引っ越しをする際に国家の許可(裁判所とか)を取らなくちゃいけなくなったらもう子供が居る状態で離婚したら転居の自由は無くなるってことだよな。 そんな法律ってどうなんだろ。

それに、例えばオーストラリアでDe Factoビザ(オーストラリア国籍や永住権保持者と1年以上交際し住居をともにし、経済面で相互依存が有る場合(銀行口座が1つで二人の名義の場合など)は、オーストラリア人と同等の権利(裁判権は無い)が与えられて交際が続く限りオーストラリアに滞在することが出来る)を取得し、滞在中に子供が生まれた場合。 その後その二人が別れた場合、De Factoビザが失効しオーストラリア国籍ではない元De Factoビザ保持者はビザが無くなり出国が余儀なくされる。 って、これ、どうなのよ。 事実上オーストラリア人優先の法律じゃないの??? オーストラリア国籍ではない人の人権は? 子供の人権は??




うちの事務所にもよく

「子供に世界を見せてあげたいので海外旅行に連れて行きたいが元妻が許可しない」

とか

「子供と旅行に行きたいのに元夫に子供のパスポートを取り上げられた。」とか

国内旅行さえも元夫/妻が許可しないといけない、とかっていう相談が来る。 オーストラリアでは(というかきっとハーグ加盟国では)子供がいる夫婦は離婚しても一生深くかかわって生きていかなくちゃいけないってことだよね。 もし相手が凄く自分を憎んでいたら、とか凄い性格が悪かったら、とかした場合、意地悪をしようと思えばどれだけでも出来ちゃうわけで。(っていうか意地悪のレベルじゃなくて人権問題に近い気もするけど)

外国人と結婚しても、自分の国籍のある国で暮らしている限りは守られているって言う事だと思うけれど、外国人と結婚して、その人の国に行って暮す場合には不利になる法律だと思うのです。難しいな、確かに居住地の法律が優先されるのは分かるけど、居住地に国籍を置く人に優先的な条約で、外国人には不利な感じで個人的にはちょっと平等ではない恐ろし条約だな、と思うのです。

オーストラリアで暮らしている外国人の私。 結婚している夫も日本人なのでハーグ条約自体は私達には関係ないけれどなんかこういう条約とかってなんか私達のような外国人を不利にしている感じがしてなんとなく怖いのです。







スポンサーサイト



COMMENT▼

NoTitle

> 外国人を不利にしている感じがしてなんとなく怖い

同感です。
ご存知かもしれませんが、オーストラリア人が元夫のケースで有名なサイトがあります。あそこまで行くとホラーです。
ハーグへの加入で一体どうなってしまうのだろうと、他人の私まで胃の辺りが重くなります。

国際法は必要な場合もあるでしょう。子供の福祉に役立つこともあるでしょう。
でもそうじゃない場合(やむを得ず帰国の場合)が恐ろしすぎる。守ってもらえないと思うから逃げ帰るわけですもんね。
時に本当の被害者が守られない場合がある、ということが一番怖いです。

>もし相手が凄く自分を憎んでいたら、とか凄い性格が悪かったら

少し前に福岡で元妻から子供を連れ去ろうとしたアメリカ人男性がいましたよね。あの後アメリカで裁判を起こし、相手の日本人女性には5億円だかの損害賠償支払い命令が出たというニュースがありました。(日本人女性は裁判には欠席しました)
どんな人達かは知りません。知りませんがこの男性の行動、「子供のために」やっているとは到底思えません。
私がこの女性だったら、ハーグ加入によってものすごく追い詰められた気持ちになるだろうなと思います。
(この男性黙ってなさそうなので)

そして、こんなとき、アメリカは自国民の肩を持ちそうですが、日本は国民を守ってくれ・・・ないような気がしてしまうのです、残念ながら。

今回の加入も、世界(欧米ですね)のご機嫌をとるために、G8 に合わせて急いで加入を決めてしまったのではと個人的には思います。

そしてハーグに入るといっても、裁判自体は連れ去る前の居住国で行われることになりますよね。
それってどこまで公平なのでしょう。

言葉の違いもあります。文化(特に裁判文化)の違いもあります。
嫌な話ですが、現実問題として欧米やオーストラリアでは人種差別も考えられるでしょう。

そしていつの時代も被害者は弱者です。

1番の被害者は、発言権もないままそのど真ん中に放りこまれる子供達です。

よかった、加入して正解だった、と素直に思えません。

うまく言葉でまとめられず、だらだらと頭に浮かんだことを書いてしまいましたが、私ももやもやしている人の一人です。

Aiさん

基本的には、勝手に別れた相手に子供を連れ去られる事を防ぐ、という意味では必要な法律だとは思うのです。思うのですけど、、なんかあまりにもリスキーな案というか・・・考えられる不安材料がいっぱい有りすぎて心配になります。。

アメリカ人男性と結婚されていた日本人女性の件は大きな問題だと私も思います。アメリカに居る元彼女だかと不倫の揚句、アメリカに帰ってしまった夫を追いかけてアメリカに行った日本人女性が、アメリカに着いた日だかに離婚届を出されて、アメリカの法律が適応されて彼女がアメリカを出国した時点で誘拐犯になった事と慰謝料も適応されちゃったみたいですね。 あり得ない!と思います。 こういう事が起こらないようにする法律が設定されない限り日本は加盟しちゃいけないんじゃ、って思ったりするのです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/458-6c9faf21

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク