FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2011. 07. 25

Pre-Purchase Building & Termite Inspection

お家購入のその後。

先週水曜日にもホームローンブローカーと話をし、先週のうちにBank SAにローン申込書を送りました。 元々の案としてはCiti Bankだったのだけど、ローンの利率が良いので、Citi bankよりも若干審査の厳しいBank SAからあたってみる事に。 

現在もとりあえずBank SAからの返事待ちなのだけど(ブローカー曰く、私達はカズの職歴が足りない事でローンが通常よりもちょっと難しいケースなので時間がかかる、と)とりあえず今日またブローカーから連絡があり、追加書類の提出要求がありました。

カズの職歴を証明する2種類の書類(前にも提出しているのだけど、追加で更に必要)を明日にでも提出してさらにBank SAの審査を仰ぎます。 ブローカー曰く、今のところ順調に進んでいるけれどまだ何とも言えない、と。

とりあえずこれに関しては私達が何か出来る所では無いので結果待ち。





まぁ、これは待ち。

なので、とりあえず出来る所からやってます。




今日は建物検査と白アリ検査に立ち会ってきました。
私達はこの検査をパスすることを購入の条件に記載していたのですけれど、この検査はForm1と呼ばれるContractをサインした後に貰える書類を貰った後2日間与えられるCooling Off期間内にやらなければならないのです。 私達は先週金曜日にContractにサインをして送り返していたので(相手方は未サインのままの状態)今日とか明日にはForm1が届くかな、とは予想していました。 

予想通り今日不動産やさんからForm1を貰い(Land titleとかも一緒に貰える)ましたので、水曜日の真夜中までがCooling Off期間。 これが終わるとDepositを支払わなければなりません。

ってことで、大急ぎで先週金曜日に手配した建物検査と白アリ検査の会社のオジサンと今日朝に会い建物検査の結果を実際に家を見ながら確認してきました。

基本的にはとてもよくメンテされている家だ、って事でした。


白アリ無し。
家の中にもひび割れ無し。

玄関のドアと家の中のドアが若干開きにくく閉まりにくい。 けどこれは家が歪んでいるわけではなくただ単にドアの木が膨らんでいるんじゃないか、って。 これは業者を呼んでちょこっとドアの端っこを削ったりすれば問題解決なので大きな問題は無し。

一番の問題はバスルーム。 (バスルームは修理に一番お金がかかると聞いていました)
サウスオーストラリアでは1990年以降に建てられた家はシャワーの水が壁側にしみこまないようにする加工が施されているけれど私達の家は1983年築でこの加工がされていない。 なのでシャワーの水が壁側にしみこんでしまっている。

って、聞いてちょっとビビったけど、検査員のオッサン曰く、これは凄く普通に有る事ですぐに問題になる事ではない、きっと彼が10件の家を建築検査したらうち9件はこういう症状が見られるくらい普通の事、と。 それでも修理はしたほうが良くて、恐らく修理には3000ドル位掛るのでは、と。

ベッドルームは3個あるのですけど、どれも壁のひび割れ等の問題はないけれど備え付けのクローゼットのドアがちょっと閉まりにくかったり端っこが欠けていたり30年使っていたらこうなるよ、と言うくらいの小さな欠陥との事。 

キッチンの水回りはすべてOK。 キッチンキャビネットのドアのペンキが少し禿げていたり傷が有ったりするので紙やすり等で削ってもう一回ペンキを塗り直したりすれば綺麗になる程度。 キッチンのファンや電気なども問題なし。

家の中はバスルーム以外は問題も無い状態。

家の外もSalt Dumpなどの問題も発見できずレンガのひび割れも無しでよい状態。 柱や屋根に木が使われているので、家を長く持たせるために購入後1-2年とかの間で良いのでペンキを塗り直したほうが良いかもね、と。

屋根と壁との間の雨水を流すための配管なども問題なし。 ちょっと木の葉が入ったりしている所があるのでそこは自分たちで小さなほうきとかで綺麗にすればOK。 あとはちょこっと屋根に雑草が生えてる笑 なのでそれは同じくほうき等で綺麗に履いて土を取ればOK。

玄関横とキッチンから外に出たところに小さなレンガに囲まれた花壇があるのだけど、家側のほうにはレンガが敷いていないので土が直接家の壁に触れている状態。 これは土から水分が家の壁にはいるので白アリを寄せる事になりえるので家の壁からは土を放したほうが良い。 (レンガを1層入れるだけでOK)



家の周りのフェンスはまだ悪い状態ではないけれどそのうち取り換えたほうが良いかもね、と。
フェンス自体はそこまで問題ないけれど、フェンスを支えている木がそのうち状態が悪くなるので5-10年位を目途にフェンスを張り替えかな? まぁ今のところすぐに何かが必要になる感じではないかな。





と、こんな感じ。
検査自体は2時間位で終わり、その建物検査が終わった後に20-30分位掛けて検査内容を説明してくれました。今日中に(もしくは明日の朝までに)検査報告書がメールで届きます。 建物と白アリ検査の両方で540ドル。 



特に目立った問題も無く、凄くよくメンテナンスされている家だよ、という事だったので安心しています。 ただ、やっぱり気になるシャワー部分。 この部分を直すのに大まかには3000ドル位かかるとの事だったので、私達が買うと提示した価格からこの3000ドルを引いてほしいと交渉してみます。(本当に3000ドルで直せるかどうかちょっとネットで大まかな値段を調べてみたいと思いますが、たぶん3000ドル前後で交渉かな。






と、そんな感じです。
なんかちょっと安心してきました。 サウスオーストラリアの家の2/3は白アリが居ると聞いたことがあるので(でもオフィスの人の情報なのでどこまで正確か??でもネットにも似たような事が書いてあった)きっと今度買う家にも居るんだろうな、って思ったのだけど何処にも白アリは発見できなかったのでラッキー。

家の中もすぐに直さなくちゃいけない所も無いし(シャワーも値引き交渉はするけれどきっと1-2年後にちょっとお金に余裕が出てから直すだろうな)、とりあえずまずまずの結果にほっとしています。



後はローンが組めるかどうか。
ここが最大の難関です。 

今の家、ドアを開けて入った瞬間に私もカズも「あ! この家だ」って思った。天井が三角に高くなっていて所々に木が使われていて、石のタイルがちょこっとだけ有ったりキッチンの窓がすっごく大きくて裏庭が良く見えるところも全部一目惚れした状態。

最終的には自分たちの第一印象とか、ここだっって言う感じが大事なのかな、って思っています。


前回のインスペクションできちんと見られなかった細かい部分も今日の検査員の人と一緒に見られたし、舞い上がらず冷静に見られた事もよかった。



まだお金の問題が残っているけれど、その他は問題無さそう。
この家だ!って言う感じがするんだけどな、これでローンが組めなかったら残念すぎるなーーーー。




まぁ、家はいっぱいあるし、その場合はカズと二人でメルボルンまで慰安旅行に行く事にしてるの笑 
慰安旅行に行って、気持ちを切り替えて、また1から家を探すんだ。 やっぱりちょっとローンは組めるか微妙なのでバックアッププランも用意しておかないとね笑 



よっしゃ。
てな訳で今日まで会社を休んじゃったので3連休。
明日からまた4日間、がんばるぞーーー。





スポンサーサイト



COMMENT▼

ちょいまって!

ドア、木製なんだね?!
確かに、木は膨張しやすいから湿気とか含んで型にハマリにくくなるんだけど、逆に湿度が落ちた時に隙間が出来ないようにしなきゃ!!

ある程度過ごしてみて経過見た方がいいかも!?

NoTitle

ありゃ?しばらく見てないうちに、家買ったんだね~♪行くと言ったからには1度は遊びにいかんとな。

NoTitle

weep holeは大丈夫でした?
外壁にないと、多分買った後で湿気の問題が出てくると思います。うちは最初に買ったときに、知らなくてmissしてしまってちょっと悔しい思いをしたので。但し、後で開けることも可能ですが。(Handymanでもできる工事)
ローンは、政策金利が下がりきったと思ったら、変更かけてfixとvaluableにsplitするといいと思います。そうすると金利上昇時のリスクをある程度回避できます。

初めまして☆

初めまして☆ ネットをブラブラしてて見つけました。

家の購入、ストレスが多いですよね。
オーストラリア人でもストレスだ…って言うのだから、オーストラリア国外から来た者にとったら、たまったもんじゃないと思う私です。

私も去年末に家を購入したのですが、ローンや家のことで悩みは多かったです。さちさんも早く家が購入できることを願ってます☆

なお

そうだね。
うん、玄関のドアは木製。純正のドアじゃなくて後から取り換えたヤツみたい。 たしかに今オーストラリアは冬で雨の降る時期なので湿気で膨らんだりしてるのかな。ちょっと夏位まで待って見るかな。夏は乾燥してるから、ドアを削ったりする時期ってやっぱり夏のほうが良いんだよね? そしたら冬に隙間があいちゃうって事無いもんね???

なおーー うちに来てよー。建築が分かる人に色々見てもらいたいー。

ひろ

あ、いや、まだ買えてないんだ。。。
一応ね購入の過程には入ってるんだけど銀行からお金が借りられるか??って言う状態。 

お金かしてーーー将来の社長さん!!
勿論友達価格の、利子なしで! 豪ドルで! 

うん、ヒロは絶対遊びに来ると確信して待ってるよ。

Kennyさん

早速Weep Holeについて確認しました、ありがとうございます。 外壁に有ってレンガ他で覆われてもいない綺麗な状態になっている様です。よかったー。
なるほど、ローンはそういう事も出来るのですね。 確かに下がり切ったローンでFixにすればとりあえずFixの期間は安泰ですもんね、半分Valuableにしておけば、万が一読みを間違っても有る程度リスク回避ですね、フムフム。

なんか、クールオフするつもりは無いのですけれど、クーリングオフ期間が終わってしまう直前って緊張します。

みかんさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
家購入は今のところ大きな問題も無く順調に来ています。 不動産屋さんが若干ムカつくのですが笑 まぁ、許容範囲ですw ローンも元々の金額が大きいだけに、変な選択をしちゃうと捨てる金額が多くなっちゃうって思うと、何の選択が良いのか分からなかったりするのですが、今のところ私達にあまり選択の余地が無いので迷えないというのが本音(汗

私達も早く家が買えると良いなと思います。 お家ほしーーーー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/482-032290ff

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク