FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2011. 07. 27

クーリングオフ期間が終了

本日の夜中の12時を持って家購入のクーリングオフ期間が終了します。

うっひょーー なんか緊張するー。 
今日中に必要な事は全部メールするなり確認するなりして私達なりに問題無い状態にしているはず。 はず。 でもなんか緊張するー。

家の検査の結果で気になって値引きを交渉していたシャワールームの水漏れ、フェンスのレール部分、壁の小さい修復、その他に関しては何とか交渉成立しました。 相手側の完全譲歩で!! ヤッピー。

やっぱり今は買い手市場なのね、こんなところで実感。


不動産屋さんのオッサンは、むかついたーーーーーーー。
いろいろと、むかついたーーーーーーー。

もうさ、電話で値引き交渉したんだけど、結構けんか腰だったさ、相手も私も。


もうさ、そのオッサン、「じゃぁクールオフする? する? じゃぁしちゃえば?」とか言うさ。 私はちゃんと見積もりを取った上でこれくらいの修理費用がかかるからこの分は値引きして、って言う交渉をしたんだけど、オッサン、相手に聞きもせず「いや、無理。 それならもう相手にされないよ」とか「ほかにもお宅と同じオファー金額を入れた人がいたから、もうその人と話するよ」とか(←じゃぁ、なんでうちらに購買権があるのさ、絶対うちらのオファーが一番高値でしょう)とか「もういいよ、じゃぁ相手にはお宅との仮契約は破棄してもう一回市場に出て他の買い手を探すように言うよ」とか。

なんかさ、まぁ、仕事なんだろうし、それがその人の交渉方法なんだと思うけどあまりにも大胆というか、強引というか、ある意味なんかウケる。 危険すぎるだろ、その交渉w


もうさ、私も「夫と二人での買い物だから私の一存では回答出来ないけど、クールオフする可能性も含めて検討します」とか答えて。

そしたら、20分後、オーナーと交渉しました、可能性ありそうだよー。 みたいな電話がかかってきたり。


いやいや、まぁ良いニュースなんだけどさ、


おっさーーん!!

おっさーーーん!!! 

あんた、あれだけ可能性ゼロだ、むしろマイナスだ、とか言ってたじゃんっ。 みたいな。 




いま、買おうとしている物件、凄く可愛いし建物検査の結果も基本的には良好だったので凄く欲しいんだけど、でも、私もカズも、値引きなしでは絶対買えない、それならクールオフして別の物件を探す、って思ってました。 

それが良かったのかな。 私はなかなか吹っ切れてなかったけど、カズは、いや、無理してこの物件じゃなくても、今は良い物件いっぱい有るしね。っていう感じで冷静だったので助かったー。 結果的にそれが良い方向に作用したのかな。

オフィスの弁護士なんかも、もう、クールオフしな。 そうしたらそこで相手のAttentionを得られるから、そこから再度交渉だよ。なんて言ってました。



でも、結果、相手が、シャワールームの修理、フェンスの修理、あと、頼んでも居ないのにドアの修理もしてくれると。


やったよーー。





で、とりあえず、メールで
「シャワールームの検査では建物検査員はxxxという検査報告を出しているのでその部分が全部改善されるように有資格者のプロによって修理をお願いします。 修理が完了したのちは、修理会社から発行された領収書と、何を直したかが書かれているレポート(もしくはその類似書類)の提出をお願いします。 この内容に沿った修理が契約完了日の前までに完了される事を書面にて再確認を頂いたのちにDepositを入金します」とメールを送りました。


何も忘れてないよね???

なんかやる事忘れてないよね???


心配―。



でも、凄く満足です。
家検査の結果が良かったのに、すぐに修理が必要でも無い部分(シャワーの不具合も凄く小さな物。でも放っておくと大きな問題になる物だけど)も含めて、現在のオーナーが引っ越し前までに修理してくれるって事で、嬉しい。 良い買い物だな、って思ってます。



これで、銀行ローンが借りられなかったら、めっちゃ、めっちゃショックだなー。
いや、まぁ借りられない可能性あるんだけど。。。




って事で、一応着実に進んではいます。
早く銀行からの連絡来ないかなー。




スポンサーサイト



COMMENT▼

クーリングオフ

アデレートから、いつも楽しんで見ています。家探し楽しいですよね。いろいろ面倒で大変でしょうけど頑張ってください。あの、ひとつ素朴な質問をして良いでしょうか?クーリングオフってのは、銀行からお金が借りられなかった場合は、期間が過ぎた後でも取り消しできるのですか?借りられなかったから、やっぱりいらないって言うと、クーリングオフの意味がないのかな???とシステムがよくわかりません。教えていただけると嬉しいです。
PS:あの不動産への内容、英語で言えるなんてすごいです・・
尊敬・・・・。私ならすぐだまされそうです。でも私も早く家かって落ち着きたいです。

NoTitle

今は金融機関の住宅ローンの成約数は減少気味ですから、なんらかの追加条件をつけてくる可能性はありますけど、じっくり待つしかないですね。基本的には貸したいはずです。

後は引越し等の手配や準備、シミュレーションは一応始めておいたほうがいいかもしれません。犬を連れての引越し、結構大変ですよ。うちは引越しだけは、日本人の会社を使いました。物を壊される心配がないし、ティータイムがないからチャージも安く済むし......

はなさん

こんにちは、コメントありがとうございます。返事が遅くなってしまってすみません。

クーリングオフは、通常はForm1という書類に両者がサインをしてから2営業日内までなのですけど、コントラクト内に“Subject to satisfactry termite/building inspection”とか“Subject to finance”とかって書いておくと、シロアリ検査や建物検査に満足しなかった場合や銀行からローンが借りられなかった場合(これは幾らの金額をこのローン利率で借りたい、て書くところがあるので希望の金額が借りられたとしてもローン利率が希望どおりでなかった場合も契約を破棄できてDepositは全部返ってきます=クーリングオフと同様。 でも売る方からするとSubject toFinanceとかって書いてあると、途中で契約がだめになる可能性があるのでUnconditionalって書いてある人の方を取る可能性が強い、とは聞いたことが有ります。

私の周りに弁護士がいっぱいいるので(笑 家を買うとか一言言うとみんな妙に張りきってくれて、これは言っておいた方がいい、とかこれは書面で残しておいた方がいい、とかいろいろアドバイスをくれるのですw ビバ弁護士の知り合い、です。 一人じゃ分からなかったなぁ、ってことだらけです・・・

Kennyさん

返事が遅くなりましてすみません。
私たちのアプリケーションも一度却下されたようですがなんとか粘ってOKが出たみたいです。 でもこれから家の査定に入るのでまだ安心ができません。。 こっちも同じくらい難関な気がします。。

引越しの準備は大変そうです。。 今日だけで段ボール4個分の荷物を詰めてみましたが、家の景色は全く変わっていません。先は長そう。 しかも今回は冷蔵庫とか洗濯機とかでっかいものたちがいっぱい居るのでやっぱり業者を雇わないといけない気がします。 というか、ティータイムがあるのですか??ありえない。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/483-33a6d10a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク