FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2011. 08. 13

家購入の手続き - 前篇

家購入の手続きをまとめてみました。


「家探し」
Www.realestate.com.au のウェブサイトで希望の条件にて物件探し。
ウェブサイトだけではなく、地域のフリーペーパーや新聞などにも売り出し中の物件が出ているけど、私たちはウェブサイトのみで探しました。 これで十分な気がするー。

大まかな予算を決めて、家を買うか、タウンハウスを買うか、アパートか、などの種類を決めて、Cityに近めの物件かもしくは遠くても広めの物件か、などを決める必要あり。 私たちは最初から家のみで探していて、Cityから遠くてもある程度通勤の便が良いところ(バスで40分以内くらい、乗換なし)で広い敷地の家を探していました。

かわいい家でも敷地が狭い、とか広いけど古い、とか、値段との兼ね合いとか、その地域の治安だったり、川が近くにある場合は氾濫は、とか山が近ければ山火事は、とかも気にする必要があるかも。 私たちは一軒家でSolidな家を探していたので粘土土のエリアだと、地面が乾いたり湿ったりを繰り返すことで壁にひびが入りやすいと聞いていたので、なるべく粘土土ではない土地で家を探しました。 粘土土だと花とか野菜が育たないし。

ネットで家探しをして、いい家が見つかった場合は、Inspection日が決まっていればその日に見に行ってもいいし、決まっていなければ不動産屋さんに電話またはメールをしてInspectionをお願いします。 私たちは仕事終わりに5時半から、とか6時から、のInspectionをしてもらいましたがなるべく明るいうちに行った方がいいカモな。 でも夜は夜で周りの治安が見られたり、雨が降っている日は雨漏りをしていないかなどが分かったり(特に裏庭のエンターテイメントエリアなど)していいかも。



「オファー」
見に行って、もし物件が気に入れば、その場で口頭で幾らで買う、っていうことを伝える人もいるようだけれど、私たちは不動産の担当者の名刺をもらってきて、そのメールアドレスに物件の住所と幾らで買いたいかをメールで送りました。 その際にメールの最後に“I understand this is just an expression of interest and not a formal offer”と書きました、不動産屋さんも分かっていると思うけど、一応。。

オファー金額は、その物件のウェブページに幾らで売りたい、という価格が書いてあるのでその価格を参考にオファーを入れます。 金額に幅が有る場合は、その幅の間でオファーを入れるのが一般的と聞きましたが、私たちは売り手の提示金額よりも安めのオファーを入れたりもしました。(通らなかったけど)。  ちなみに今現在(2011年8月)の時点の景気の状況ならば買い手市場ということもあるけれど、オフィスの弁護士や同僚たちいわく、もし、家の価格が$350,000~$380,000と書いてあった場合、どんなに良いと思っても$360,000以上のオファーは入れないな、っていう人たちばかりでした。 でも、その家がどれくらい市場に出ているか、売り手は売り急いでいるのか、ほかにもいっぱいオファーが入っているのか、などそれによって違ってくると思います。

大体、家を見に行ったその日か次の日くらいまでにはオファーを入れて、私たちの場合は3件の家にオファーを入れましたが3件ともオファーを入れた日の夕方までにはすべての不動産屋から連絡がありました。 私たち以外にもオファーを入れている人がいる場合は、その旨を教えてくれました(これは不動産屋さんの担当者によって違うみたいです、私たちの場合は、担当者が競合が居ることを私たちに伝えて、きっともっといい条件を私たちから引き出そうとしていたのかも。)その電話の際、貯金は幾らあるのか(銀行から幾ら借りるつもりなのか)などを聞かれました。 

オファーは何の縛りもなく、興味があります、ということを伝えるだけの書類なので興味があればオファーを入れてみるのもいいかも。 通っても、やっぱりやめます、でOK。 でも、「え?なぜ?」 とか聞かれたりするけど。 私たちは「ほかにもっといい家のオファーが通ったから。」で十分でした。

Realestate.com.auでは、その物件がどれくらいの期間掲載されているかが分かるようになっているので、もし長い期間掲載されているような物件の場合は低めにオファーを入れても通るかも??  同僚は長い間市場に出ていた物件を売り手の希望価格よりも安く購入できたそうです。

このオファーを送る際、自分が買いたい価格のほかに、Depositは幾ら払えるか(大体$5000-10,000くらいが相場かな)を記入します。 またその際に自分が買う条件が有る場合はそれも記入 (私たちの場合、

Subject to satisfactory building and termite inspection、と、
Subject to finance

の二つを書きました。
Subject to financeは銀行からローンが借りられることが条件なので、すでに銀行から幾らまでならお金を貸します、というPre-Approvalを取っている人達よりも悪い条件になるので、競合した場合ははじかれる可能性はあり。

私のお世話になったローンブローカーも、会社の弁護士もみな、Pre-Approvalを先に取る方がいいよ、って言うんだけどさ、私は個人的には時間がかかるしハラハラするけど、Subject to Financeが条件の方が安心な気がする。 Subject to financeだと、「どこの銀行から、幾らを、どれくらいの利率で」借りるかを提示することができて、万が一お金が借りられることになっても、希望の利率で借りられなかったら契約を遂行しなくても良いの。

でも結構銀行の査定には時間がかかるので(私たちは借りる前は大体1週間半くらいかかるよ、って言われていたけど、実際は3週間かかった)確かにPre-Approvalを取っておいた方が精神的にはかなり不安が減りますw 私たちはFinanceの締切日1日前まで、ローンが組めるかが不明だったし…。


「契約書」
こちらのオファーが通った後、お互いに売買の意思がある場合は、不動産屋さんからContractが送られてきます。すでに売り手がサインした状態で送られてくる場合もある、と聞きますが、私たちの場合は未サインの状態で私たちが先にサインしました。

Contractは不動産協会とかオークション協会(こっちはちょっと古いバージョンだとか。 私たちはこちらのタイプでした)とかのフォーマットを使うのできちんとチェックしなくちゃいけないのは最初の2-3ページの自分たちの詳細が記載されている部分。 金額、Depositの金額が有っているかや、Settlementの日付はいつになっているかなどをチェックします。 また銀行のFinanceが条件の場合は借りる金額、利率などは自分たちで書き込むことになるはずなので、コントラクトをサインする前に不動産ブローカーや銀行と話をして、ローンが組めるかどうかはいつまでに分かるかを確認して、期限に余裕を持ってFinanceの締め切り日を決める必要があります。私たちはコントラクトを受け取ってから3週間半の期間を設けました(私たちはちょっと難しいケースだったみたいだったので長めです。大体は2週間くらいみたい)。

不動産屋さんが契約書をすでに記入した状態で送ってくるので、もし変えたい部分や付け足したいことが有れば書き換えてOK。 その場合はもとの文字を二重線で消して、書き換え、自分が変更した部分すべてに自分とその他契約者のイニシャルサインをする必要があります。 私たちはSettlement日と、Subject to building inspectionとしか書いてなかったところに、Subject to satisfactory termite inspectionを書きくわえました。



「FORM1」
契約書を送り返し、売り手側もサインをしたのち、不動産屋がForm1と呼ばれる書類を作成します。 このForm1に両社がサインをした時点から2営業日がクーリングオフ期間になります。 Form1も定型書類のようなので、自分の情報が載っている部分を重点的に間違いがないかを確認すればOK。


「建物&シロアリ検査」
建物検査とシロアリ検査をする場合は、Form1をサインしてから2日以内のクールオフ期間内にやります(が、契約書に建物検査とシロアリ検査はクールオフ期間中に、と記載されていない場合、もしくはその部分を書き換えて7日以内、等にした場合はクーリングオフ期間外でもOKです。

私たちはネットで5社ほどに見積もり依頼をだし、返信の内容がよさそうなところに決めました。 建物検査とシロアリ検査で650ドル。 検査は2時間くらいかかり、検査の最後に私たちも現場に行って、家中、裏庭、前庭などを一緒に回りながら説明をしてくれました。 この説明は30分くらいかな。 この場には不動産屋の担当者と元家のオーナーも立ち会います。 気になるところ、修理をお願いしたいところなどが有ればこの時ににおわせておくといいと思います。 

私のお願いした建物&シロアリ検査の会社は検査終了後その日に建物については写真付きの20ページのレポート、シロアリ検査については15ページのレポートをメールで送ってくれました。

私たちはこのレポートをもとに、不動産屋さんに私たちが修理をしなくてはならない場合の値段を提示し、その分の値引きを要求しました。(実際の修理の見積もりも取りました)が、売り手が私たちに引き渡す前に修理をするのであれば、値引きは不要、との旨も伝えました。

結局、売り手が自分たちの費用で修理をすることになり、私たちはきちんとした業者が修理をしたことが分かるような書類をもらうこと、またレポートが出されるのであればレポートももらうことを条件に了承しました。 売り手に直してもらう場合は、きちんとした業者に修理を頼みレポートのコピーを貰うことを条件にすることが大事みたいです。 私たちはそれを了解してもらってメールでその旨を一筆書いてもらった後にクーリングオフ期間後に払うことになっていたDepositを払いました。






・・・やばい、めっちゃ長くなってきた。
後篇に続いていいっすか?




スポンサーサイト



COMMENT▼

NoTitle

いや、そりゃ長くなりますよ(笑)。

多分引っ越した後でも、いくつかは不具合が出ると思います。Bulderも100%チェックは不可能ですし。うちの場合は電気系統でした。後は引越し初日にガレージのレールの故障。

前オーナーが室内で動物と生活していた場合などは、入居前にカーペットクリーニングとペストコントロール。

あと、これやらない人も多いですけど、個人的には両隣には引っ越したときにSay Helloしておいたほうがやはりいいと思います。(昔チャンネルセブンのサンライズでも言ってたけど)

Kennyさん

そうですね、引っ越し後には両隣りにあいさつに行こうと思っています。 私たちの隣の家もちょうど私たちと同時に引越しなので楽しそうだなーと思っています。 

なんかまだ本当に引っ越せるのか心配なんですが・・・本当仕事が遅いし、書類が出るまで安心できない。。本当無事に引っ越せるか分からなくなってきましたけど(汗  ちゃんと引越しができたらこれ以上は自分たちで少しずつ直していこうかなと思っています。 買った家は30歳なのでそろそろちょこっと問題が出てくる頃だと思いますし。 でもそれも含めて楽しみです。 

引っ越してすぐにPest Controlもやろうと思っています。
楽しみですーーーー♪♪ もう最近それしか考えられないです(笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/487-aab3c9ab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク