FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2011. 10. 04

30代後半での妊娠は我儘?

今日のWest Australian(ウエスタンオーストラリア州の新聞) http://au.news.yahoo.com/thewest/a/-/newshome/10391604/you-are-selfish-senior-doctor-tells-old-mums/に載っていた記事の題名を聞いた時から内容が気になっていました。 

Barry Walters博士が、「30代後半で赤ちゃんを産もうと考える女性はわがままで自分の事しか考えていない」と発言した、と言う記事で、Walters博士は30代後半の母親は子宮外妊娠やその他、糖尿病や高血圧など病気やリスクを抱える可能性が高く、年齢が上がることにそのリスクは上昇する傾向にあるという事を理由に、また、生まれた子供が大きくなり結婚や家購入などの忙しい時期に高齢の両親の面倒も見なくてはいけなくなるというのはかわいそうだ、という事を理由に出産を遅らせる女性をわがままで自分の事だけしか考えていない、と批判したという内容。



最初に読んだときは、


あーあ、きっとこれ、批判が来るんじゃないの。


って思ったのですけど、ネットでいろいろ検索してみた限りでは思った程の批判は来ていないらしい。この記事にコメントを寄せている人たちの意見は、

「私のママは30代後半で出産したけれど子宮外妊娠でも糖尿病でも高血圧でもないわ」 とか

「高齢の親に迷惑するって本気で言ってるの? 家族が家族を支えるのは当たり前じゃない」 とか

「高齢出産ってしたくてするんじゃなくて、どうしようもない場合もあるじゃない」 とか

「30代前半って、まだ今の旦那様に会ってないし。」とか、比較的落ち着いた意見が目立つ様。



通常は30代前半であれば20代後半とほぼ同等に妊娠、出産が可能であるけれど30代後半になると妊娠まで通常のカップルで半年以上かかるのが平均的で、流産、子宮外妊娠、前置胎盤、早産、低体重出産などの危険性が高まるとされているようで、出来れば35歳位までの妊娠、出産が推奨されているらしい。


オーストラリアは特に肥満の問題が目立つ様に感じるけれど、確かに若い人(20代前半とか10代後半とか)は健康的な体系の女性を多く見るのに比べて、年齢が上がるごとに肥満の女性の率が増えているように感じる。 確かに30代前半でも後半でも多くの人が日本人の私の感覚からしたら肥満だし、実際に体重のせいで出産時や妊娠中に問題が有った友達やリスクが高いと医者から警告されていたの、という友達も多い。

肥満でなければ良いっていう問題ではないけれど、30代、特に30代後半の妊娠、出産のリスクが高いというのは肥満の問題とかなり関係が有るんじゃないのかしら。 とはいっても、35歳位を超えると卵子が古くなってきて色々な問題が起こりやすくなるとは言うけれど。


私は来月の誕生日で32歳。
35歳までに妊娠って、あと3年しかない。


あと10年位考える時間が有ればいいのに。



今すぐ子供が出来たら困るな、とも思うけれど、このまま一生子供が居ない生活をする覚悟も出来ていない。 子供を産む決断も産まない決断も出来ない感じ。 あと3年以内に決断ができる気もしない。


結婚してから既に5年以上、いままでカズとの子供はどんな顔をしているんだろう、きっとかわいいんだろうな、とか、子供が産まれたらきっとこんな感じの生活になるのかな、とかいろいろ想像したことは有るし、カズはいつかは子供が欲しいって言っているし、きっと私やカズの親は孫の顔が見たいって思っているんだろうな、って思うのだけど。

カズの事は大好きだし、カズが子供が欲しいと思うのならいつかは、と頭では思うのだけど。



子供が居る友達や知り合いなどは、皆揃って、子供は良いよ、子供から学ぶことは多いし、子供に対しては今まで感じたことが無い愛情を感じるんだよ、って言うしきっとその通りなんだろうなとはおもうのだけど、じゃぁ私も、っと今まで一回も思った事が無い。  本気で子供が、将来的にでも欲しい、って思った事が無いかも。


何が原因でこういう風に思うのか、さえも良く分からない。



妊娠することも、悪阻も、お腹が大きくなることも、出産することも怖いし、仕事ができなくなって、収入が減って、自分の好きなものが買えなくなったり、旅行に行けなくなったり、子供にお金がかかるのでその分、自分の洋服や化粧品に構わなくなったりする事も嫌だなって思うし、仕事をやめて、社会とつながっていないような感覚に陥る様な気がする事も、その後子供が生まれてから、夜眠れないくらい夜泣きをするだろうことも、話せるようになったら我儘を言うようになるんだろう、ってことも、思春期には反抗するんだろうな、って事嫌だなって思う。


30代後半まで赤ちゃんを産まない女性、には色々な種類が居て、好きでそこまで妊娠、出産しなかった人だけではなくてそれぞれ色々な理由が有るのだと思うので、一概には、30代後半で妊娠を我儘で自分の事しか考えていない、って言いきっちゃうのはどうなのかな、って思うのだけど、(きっと男性側が子供が欲しくないって言っていて、妊娠した時には30代後半って事もあるんだろうから、女性だけの問題でもないし)

だけどきっと、私のような女性はWalters博士の言うとおり、我儘で自分の事しか考えていない人、ってことになるんだろうな、とふと思ったり。


もし、私は妊娠出来ない体質です、って分かったら、急に凄く子供が欲しくなったりするのかな、私はいつでも妊娠出来るって根拠ない自信が有るからこんな事言ってるのかも。女だしもし私も子供が産める様に出来ているのなら、その能力を無駄にするのは罪深いような気もするし。

結婚した以上仕方ない理由も無く私だけの我儘でカズの人生までも子供無しって決めるわけにもいかないし。





でもさ、我儘だけど、私の人生、産むと決まったのなら、自分の子供の事を考えなくちゃいけないんだろうけど、今の時点でそろそろ産まないと、とか35歳までには、って全く私に関係のない他人や社会に言われる筋合いは無い。(カズは別)

私は肥満ではないし、健康だしと、誰もが思うような根拠のない理由でこの博士はドクターとしての、おそらく正しい意見に反抗してみたくなったり。 まぁこのドクターは彼の意見を言ったまでで根拠のある正しい意見なんだってことは勿論分かっているけれど。



もうちょっと、もうちょっと、迷ってみるわ。
スポンサーサイト



COMMENT▼

No title

私も子供って欲しいって思ったことなくって、今の彼と出会ったときも将来子供産まないと思うって言ってたんですよね。
考え方もさちさんと同じ感じ。
でも、33歳になって最近とっても子供が欲しくなりました!なんで?って聞かれてもわからないんですけどね。
でもやっぱり周りのあおりとか、35歳までに産まないとやばい?っていう焦りの気持ちもあるきがします。
なんで女しか子供産めないんでしょうねぇ~男も産めたらいいのにって思いません??
私の場合、今欲しくっても経済的にムリなんですけどね。

みかさん

そうかー、やっぱり時間がたつと感覚が変わったりするんですかねぇ、将来的に私自信がすっごい子供が欲しい、って思ったときに既に子供が出来ない位高齢になっていたりしたら後悔するのかなぁとか思ったりもします…。 まぁでもきっとタイミングとかいろいろ有るんだろうな。 まぁあまり考えないで行きます♪ うちも家を買っちゃったら、もう犬を養うお金位しか残ってませんわ―笑

ほんと、男性が産めればいいのに。 私もカズが子供を産めるのなら子供が居ても良いかも笑 痛そうだし子供のご飯とかミルクとか世話とかいろいろ女性位、男性にも出来ればもうちょっと考えるのになぁ笑

No title

妊娠7ヶ月ピッコロです。

うーん。。。難しい問題ですよね。
私も同じようなことを日々考えていました。。。
お金を貯めたくて、好きな洋服もいっぱい買いたくて、仕事も充実していてすごく幸せな日々を送っていた矢先のことでした。

妊娠が発覚。正直はじめは嬉しいよりもなぜいま?って気持ちが強く色々人生設計が狂うなと思いました。
でも結婚したからにはいつかは子供は欲しいと思っていたのもありますし、旦那がすごく喜んでくれたっていうのが一番の決め手になりましたし、うみたくても産めない、欲しくても出来ない人だっている、そう考えると私のお腹にいる赤ちゃんを産まないなんて選択は絶対できませんでした。

今は色々と考えてしまうかもしれませんが、よくも悪くも変えるのも変えられるのも自分次第だと思いますよ!
あまり深く考えないでくださいね。

仕事もしたいしお金も欲しい気持ちは私は今でも変わりません。
むしろ強くなりました。

産んでから絶対仕事もするしオシャレだってするしお金だって貯めてみせます。気合だ気合。笑

妊娠中の妊婦様

妊娠、おめでとうございます。 無事な赤ちゃんが生まれますように♪

きっと普通に気づいたら妊娠していた、って言うのが自然で幸せなんだろうなー。 私も妊娠したら勿論産むつもり、だけど、、、そこまでの決断が。って感じです。 でも自然にそうなって、妊娠したら旦那様が喜んでくれたり自分でも何気にすっごいうれしかったり、って事が有ったらそこから迷いが無くなるんだろうな―なんて思います。 きっとやってみれば大したことじゃないのに、やるまでが怖い、って事の一個なのかな―なんて。

会社の保証もきちんとしていたり、旦那様の理解が有ったり、きっと環境次第でどうにでもできるんだろうなー。

No title

俺は最近、一生結婚しない気がしてきた。

ひろりん

はいはい…。
とか言いながらいきなりパパっと結婚しちゃったりしてるんだよね、きっと。 まぁでも、最近の日本はなんか年下婚が流行ってるみたいだし、男性は何時でも結婚も子供も可能だしねん♪

それにしても、彼が、もし俺は一生結婚しないな、とか言ったらアタシだったらブチ切れるレベルだわ笑 

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/499-0f1ea054

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク