FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2011. 11. 16

オフィスの危険

本日でっかすぎる花がオフィスに2花瓶届きました。

良くあるんだよねー こういう事。


私の上半身位あるデッカイ花束が入った花瓶っていうか、なに、アリババの子分が隠れられちゃう位の壺に入った花束。 めっちゃ綺麗で匂いも凄いっ めっちゃ良い匂いだし、あんなでかいバラの花束みた事ない。

うちの事務所で取り扱いのある家族法の分野でよくこういう事が有るのです。 
うちの女性クライアントで旦那さんと離婚をしたいのだけど、かれこれ2年位揉めてる…けどいまだに解決せず。うちのクライアントは離婚したいけれど、旦那さんは離婚したくない、っていうパターンで、この旦那さんが離婚交渉が始まって以来2年間、全くあきらめずにチョコレートを贈ったりカードを送ったり、でかい花束を贈ったり、ハート型のマジパンの乗っているピンク色のカップケーキが届いたり。 でもことごとくうちのクライアントからは拒否され続けるわな。

で、今回もうちの事務所にでかい花瓶2個を送って、なんとかクライアントに送ってもらいたいんだ、って言われました。 勿論電話でお断りしたのだけど、1時間後、ピンポーンと、花屋のオッサン。 おい、オッサン来たよ…。
で、弁護士がクライアントに電話し確認した後に、デッカイ花瓶の2個中、1個はクライアントが引き取り、もう一個はうちの事務所で貰っちゃった。




この旦那さん、家庭内暴力の問題があって何度も警察沙汰になっていたり、ストーカー気質でクライアントをつけまわしたり、いきなり殴ったり、レイプとかの心配が有ったりして、うちのクライアントはDVとかに悩む女性専用のシェルターに匿われている…から直接会えないんだよね。



ってか、元妻はもう完璧にビビってる。

のに、どこをどう間違えたら、I love youのカードと花束を贈ってくるっていう発想になるのか。 なぜ、どこを間違えてもう一度彼女とやり直せると思ったのか。 どこをどう間違えたら「彼女も本当は僕が好きなんだ、でもちょっと今は怒っていて僕を困らせたいだけなんだ」っていう発想になるのか。 困らせるっていう目的だけで、あんな大金を弁護士に払わないし、2年間も離婚手続きをし続けないからっ。 


この人からの電話をたまたま取っちゃうと大変。 いきなり、彼女が好きなんだよね僕、っていう一言から始まってどれだけ二人が幸せだったか、どうやって出会ったのか、どこにデートに行ったのか、ベッドではどうだったのか、とか、途切れなく話し始めて。

こっちが話しかけても、キレ気味で話しても、電話切りますよ、って言っても、何を言っても話し続ける、ってかこっちを一切無視。 で、大体そのまま、静かに、ごめんなさい、切りますね、って言って相手が話している間にソッと電話を切る、って事しかできず。

しっかしどういう思考回路だ!?



うちの事務所にいきなり来て、いきなり暴力的になったり、うちの弁護士をストーカーしたり、色々怖いのさ。まぁ裏方だけの私には全くリスクは無いんだけど。 でも弁護士はたまーにちょっと危険な事になっています。 うちの事務所の電話の脇にはいつもセキュリティ会社の電話番号が書いてありまして、今まで私も2-3回電話をかけてセキュリティ会社の人に来てもらった事が。

ほんと、事務所には色々と危険が有りまして。




危険って言っても、こういう実際の身体的危機っていう場合もあるけれど、それより私にリスクが高いのは、精神的危機でございます。


弁護士事務所って、いろいろな案件が有ってですね。

っていってもうちの事務所は小さいので決まった案件以外はあんまり受け入れてないんだけど(たまに上司の気分でなぜか受け入れられている案件があるけれどね)うちの事務所はメインで事故とか人身事故(医療事故とかも含む)、家族法、犯罪法、ビジネス法、移民法関係をメインで取り扱っているんだけど、色々と興味深い案件が有ります。 結構怖い案件も結構あって、交通事故とかだと事故後の怪我を写した写真が色々あったり、結構パックリとかザックリとかグッチャリとか。 写真が怖いのさー。


医療事故とかも結構怖い…。
焼死体とか。 内臓とか。



書いているだけでグロい。
いやーいやーいやーいやぁぁぁぁぁぁーーーーーー。


クライアントファイルを見るのが日々、恐怖です。
でも、見ないと仕事にならないわけで。はぁ。



一応過去の経験から学ぶことのできるサル科人間の私としては、自分にとって精神ショックを引き起こしかねない危険クライアントは名前を覚えておいて、その危険ファイルを取り扱うときはなるべく危険部分を見ないようにするテクニックを取り入れているのですが。


でもたまに不意打ちが有って。



今日上司からメールが来て、「メールの添付ファイルをカラーコピーしてくれ」って書いてあったので、何気なくその添付ファイルをあけたら…。


なんでこんなグロい写真を昼ごはんの直前に送ってくるのっ。
どんな嫌がらせよ。 


これをプリンターでカラープリントして、そのまま暫く取りに行かず、5分くらい人目に晒した後に取りに行く私はつくづく性格が悪いと思う。

アタシだけがこのグロい写真を見て昼ごはんが食べられない、っていうのはフェアじゃない。ない。 誰か他の人も苦しめ…笑 ってね、こういうときに限って誰も見てないんだけどね。


まぁ、とか言って、普通に10分後に昼食を食べ始めるんですけどね、アタシ。 
でもたまに夜にシャワーに入っている時、洗顔中、目を閉じていたりすると思いだして怖くなったりするんだな。まぁ、すっごい事務的に処理するからそこまで怖くないんだけどね。 でも写真は直視できませぬ。









色々見ちゃうと病院に行くのも、ネイルサロンに行くのも、マッサージに行くのも、エステに行くのも、何もかも怖くなるよ―。 めっちゃ疑ってかかる傾向になるわ。 ちょっとした手術とか(盲腸とか、腕、足、とか手とかのちょこっとした怪我の手術とか)、あ、あと、産婦人科とかがめっちゃ怖いって感じるようになるわぁ。。

なんか完璧に医者とか病院側が悪くても、法律上どうしようもない事とかも多くてモドカシイ。 でも医者は病気になったら行かなくちゃいけないし、なるべく病気にならないようにするのが一番だけど、、不可抗力だったりするしなぁ


健康が一番でっす。

今週も後2日。 明日と明後日はグロ写真は見ずに過ごしたいなー。











スポンサーサイト



COMMENT▼

やー、楽しそう~。グロい写真はちょっとやだけどこういう事件簿みたいなのを読むのけっこう好きよ♡珍事件だとなおさら。って私性格悪いね(笑)

でもこのストーカーっぽい人怖いかも。そのうち「妻に会わせろ」って乗り込んできそうじゃない?気を付けてね~。

DVとI love youが同居する神経ってよく分からないなぁ.....

他の人探したほうが時間の節約になると思うけど......

病院の件はよく聞きますね。やはり思うのは、「医者と弁護士と会計士には友達がいたほうがいい」。取りあえず医者は友達に主治医になってもらっている、会計士は妻だからいいとして、問題は弁護士だな....

Meggiちゃん

うん、わかる笑 何気に面白い、、とか言うのは失礼かなーとか何時も思いながら面白くてケースノートとか呼んじゃうなぁ。なんかあまりにも現実離れしていたりとかして、ドラマみたいな感覚で見ちゃうかも。でも巻き込まれている本人はドラマじゃなくて現実だから大変なんだけどねぇ…。

このストーカーの人、何度かオフィスに来てるんだよね。幸いうちのオフィス、鍵がかかっていて勝手に外部から入ってこられないようになっているので今のところ被害なしだけど、、怖いよね、何時来るかわからないし。一応同じビルの中にセキュリティ会社が入ってて、マッチョ強面の人が出入りしては居るのでいざとなったら…。

Kennyさん

お庭完成おめでとうございます、素敵ですね―、和風があるとやっぱり和むんだろうなぁなんて思いながら見ていました。庭で緑茶、とかよさそうっ。やっぱり日本庭園には、カコーンっっていう音!って思うのですけどおっしゃる通りはオーストラリアで見つけるのは大変ですよね笑

本当、DVとI love you、この人思いっきり同居していて。結婚している時から殴った次の日は泣きながら誤ってきてチョコレートとか花束とか、、、って感じだったらしいのです。でもある時、なんか結構ひどい事があって奥さんはシェルターに入る事になって。 本当、弁護士というより精神科の方が必要有るんだろうなぁ。

病院、本当に怖いわーって思います。 一生体に残る怪我とか障害が残ってももらえるお金ってたかが知れている感じですし、、こちらが言わなければそのままっていう事ばっかりだったり、、健康が一番です、ほんと。 最近怖かった案件では歯医者で歯以外のところを削られて、、、っていうもの。 怖すぎる…。おっしゃる通り、本当、弁護士、医者、会計士、必要ですねぇ。。。 うーん、弁護士以外いないわぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/513-b4cc1495

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク