FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2011. 11. 17

案件あれこれ

職場には色々とグロい写真があったり、面倒くさい人間関係が有ったりで、たまにダァァァァァ――――! (猪木)ってなるんだけど、それでも結構役に立つ情報も有ったりして。 まぁ普通の一般常識な事もあるらしいのですけれど、法律なんて全く知らず、オーストラリアの常識もあんまり分かってない私には有りがたい情報も有って。




たとえば。

大した事じゃないけれど、隣の家の木の枝が塀をこえて自分の家の方に入ってきたら勝手に切ってもOK。

とか。 

あっは、まぁ大したことじゃないんだけど笑 現在の我が家、隣の家のデッカイ木の枝がモリモリ入ってきていて日陰になっちゃったりしてる。 他人の木だし勝手に切るのもなぁ、、、と思っていたら、どうやらうちの敷地に入ってきたらもうどうしても良いらしい笑

今はうちの敷地に生えている木が隣の家の木の枝に絡みついて綺麗に花を咲かせているので、切らないけれど花が終わったら切っちゃおうかな―。 まぁ、法律的には勝手に切っても問題ないって言っても、私たちも大人だし、良いお隣さんだし事前に一言、「切っちゃうけど良いかな―?」って声かけようとは思うけれど。





とか、

ある、一定金額以内の支払いは踏み倒してもおそらく逃げ切れる、、って事が分かったり。 って、言っても色々と条件が有ったり、こういう状況の下、っていう条件が付くんだけど、、、詳しくは書きませぬ。





とか、

自己破産してもリッチな生活を送る事は実は可能、とか。 法律上、取り立ての出来ないお金っていうものが有る、とか。 うちのクライアントの一人、ビジネスでお金を借りまくって損しまくって色々有って結局自己破産したのだけど、いまだに世界を豪遊して美味しいものを食べました、とか新しいビジネスを始めました、とか言ってる。 なんか納得できないわ―。  でも法律なのよねー、

とか。




子供が居る夫婦は、ほとんど、どんな理由が有っても完全に縁を切るって事は難しいだろうな―

とか、





確たる証拠が無い場合は、どんなにクロに近い灰色っていうか、確実にクロだろ!っていう場合でも犯罪者として起訴する事は不可能(って、これは日本も同じか)だけど、証拠が無くても、怪しいよね、っていう場合はCivil Claimとしてなら起訴ができて、おそらく有罪にする事が出来る、

とか、






交通事故とか何かしらの事故で怪我をしたら、ほとんどの場合は勝てるらしい、

とか。





あとは、

変な弁護士を雇っちゃうと、絶対に負ける!っていうケースの場合は、「時間を稼いで逃げ切れ!」っていうアドバイスを出す事もあるらしい…って事が分かったり

 ---- いまうちのクライアントが有る人をある一定の金額の損失を出したとして訴えようとしているんだけど、裁判をせずに示談にした方がクライアントにはお金はかからないし良い場合が多々あって、この件もそのケースなのだけど、相手方の弁護士が、「とりあえず時間稼いでみるから、そのうち相手方の弁護士料が高くなってきて裁判をする前にあきらめるって事があるかもよ」って言ってるんじゃないか、って匂いがプンプン。

ある一定金額の保障を求めようとする場合、相手がゴネてくると裁判をするしかないのだけど、裁判にかかる費用を弁護士から聞かされると、そこで、じゃぁもういいや、止めておく、っていうクライアントもいるみたいで。 といっても、裁判で勝てば、相手方の弁護士費用も含めて負けた方が負担することがほとんどなので、どちらにしても、絶対勝てる、っていう自信があればそのまま訴えられちゃうんだけどね。

・・・とはいっても、負けた相手にお金がなければ、結局お金は取れないわけで。 裁判所はお金を払いなさい、って負けた相手に言うけれど、その人にお金が無ければ、無い袖は振れないって事で、あやふやになる場合も多いみたいで。 その相手が持ち家とか何かしらの資産が有れば抑えられるけれど、本当に何もない場合は泣き寝入りしなくちゃいけない場合もあるみたいで。

なので、弁護士も時間をかけて勝訴したとしても、相手にお金が無ければ結局弁護士料にさえもならないって事が分かっている場合は裁判をしたがらないって事も有ったりして。

 


色々ともっと、複雑な法律が有るんだろうし、私は弁護士の書いた手紙を読んだり弁護士が話しているのを聞いたりしているだけで得た知識なのでどこまで有っているか不明な部分もあるけれど。 でもなんとなく、お金の無い人は何をやってもアリ。みたいな感じがして納得いかない事も結構あるわー。 正直者が損をするような場合を何度か見たような。 まぁその辺、個々の弁護士の能力の問題なのかなぁ。 でも、なんか何につけても保険をかけておく事は大事なんだな―って気付いたり。



なんか自分の身は自分で守れるように事前に保険をかけたり、書類を用意したりする事が大事だわ、ってことがヒシヒシ。




とりあえず、明日の自分の為にサボらず仕事してある程度お金をためておかなくちゃ…。







スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/514-c1ef7f4a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク