FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2011. 12. 04

イラっと英語

いやー日本語にも色々なニュアンスがあって、語尾を「~ね、」にするか「~よ」にするか「~だ」にするか、とかちょっとした事できつくなったり柔らかい表現になったりするけれど、英語の表現でも何の悪気も無いのに私個人的には妙にイラっとする表現があったりして。

まぁ、たぶんネイティブスピーカーじゃない故に妙に気になってしまう部分なんだろうな。慣れてくればなんでもない表現なんだろうけど、仕事場で言われると妙に引っかかる言い回しもあって笑

夫に言ったら、考えすぎでしょー 英語の表現ってだけだからーー笑 って笑い飛ばされて終わりました。まぁそうよね、そういう言い回しなだけよね。うん。

でも、書いちゃう。





ある日。
誰かが忙しそうにしているので、「手伝おうか?」って声かけると、「Yeah You can do that if you want」見たいに言われるのだ。 

はい、きたー You can if you want

あれ、どうなんだろね。 相手は、やってくれる気あるならお願い―って位なんだと思うけど、なんか、「あぁ、やりたいならやってもいいわよ」みたいに聞こえて、

いや、別にやりたいからじゃなくて、あなたが大変そうだから手伝ってあげるって言ったのに、やりたいならやっていいよ、ってどうなのよ って言いたくなるんですが。 心が狭いかしら。 うん、狭いんだろうな。うーん 日本人的な発想なのか。






あとは、
Do you want to go out? とか、Do you want to...?って言うもの。
なにかをしたい?って聞かれているのではなくて、何かをして、ってお願いされているんだけどなぜ、○○○したい?って聞くわけ? Do you want to go out and get lunch for me?って私の上司。 いや、私が自分から進んであんたのランチを買ってきたいと望むわけは無い。 無いのだけれどこれにYesと答えている自分にむしろ腹が立つ(笑 一度Noと行ってみたいと何時も思うけれどきっとこの会社を辞めるまで言う事は無いであろう笑

同じ事を頼んでも、Can you...とかPlease...とかであれば喜んでやりますが(でもなんて言われても人のランチを買いにパシられるのは喜んではできないなぁ。なんかいじめられっ子みたいで。。 おーい― さーちー、お前、学食でクリームパン買ってこいよ――― みたいな感じがして。 いや、そんなニュアンスではないとおもうけれどw)なんとかならんかね、この言い方。 いや、分かってる、分かってるのよ、英語の言い回しなだけって事は。うん、分かってる。






あとはー。
○○をしたらどう?っていう軽ーい提案の場合に使われるWhy don't you xxxって言うのもなんか嫌。 なんでxxxをしない?って言われているようで。 クライアントの案件に問題があってどうしたらいい?って弁護士に聞いた時に、Why don't you call him and tell him xxxって言われたりするんだけど、「クライアントに電話してxxxって伝えておいて」って言われるんだけど、どうも、じゃぁ電話してみればいいじゃない、なんでそれくらいできないのだ。って言われている様な気になる…。 そんな事ないんだろうけど。

Why don't youで、なぜそれをしない?って問い詰められている様な(笑  







後は、、、まぁこれは英語の問題っていうより、言い方の問題なのかも知れないけれど、会話の途中に何回もAlright? って言われるのが嫌なんですが笑 あっは、まぁこれはあたしが気にしすぎなんだろうな。うん。

別に、良いわね?分かってるわね? みたいな確認じゃなくて、あなた大丈夫?でもなくて、話をしている途中で1文が終わるたびにAlright?って言われるの、、、なんか、あんた大丈夫? 私の言ってる事分かってるの?みたいに聞こえて嫌、、、っていうのは、、、うーん、これはちょっと違うか。 これはただ単に英語が出来ない人間の被害妄想だ。はい。すみません。





あぁ、こういう英語独特の言い回しにイチイチ反応しない位英語に慣れたいものだ…。
明日は月曜日。

土日はカズと二人で日本語のみで生活するので月曜日はイマイチ英語が出てこないのだ。 オーストラリアに来てもう2年半経つっていうのにいまだに月曜日は英語がしどろもどろ。 っていうか、まぁ何時でもしどろもどろ…。 今年ももう終わりに近づいてきたけれど、年初に立てた英語をなんとかしたい!っていう目標…うーん、あんまり変わっていないような。

今年の出勤は22日のお昼までです。
あと14日出社すれば夏休み(クリスマス休み)。 もうちょっとだーー なんとかがんばるぞーい。








スポンサーサイト



COMMENT▼

You can if you want はめっちゃイラっときます(笑 ぜってーやってあげねえ!って思いますよね。日本生まれの人ならほとんどそうだとおもいますが。 Why don't youは自分はなぜだか平気です。たぶん脳内の処理経路が違うんだと思います。

わかりますよ!!その気持ち!!
まったく同じ事思ってました!!
Do you want to~とIf you wantこれね~別にやりたくねーよ!!ってね?
でもこれ、彼にも言われるんですよ。
なんなんでしょうねぇ

そうなのかー

アタシだったら、Do you want to~で来られたら普通に断っちゃいそう!間違えて。したくないですけど。みたいな。いや、アンタがwant っていうから。。。って。
言葉って難しいよね。日本語もそうだけど、ちょっとした言いまわしと言い方によって全然変わるもんねー。
アタシも今その言葉の壁にぶつかり中。海外で仕事ってつきものなのかもね。
いや、日本でもそうか。

Trancosoさん

あっは、やはり日本人の感じ方なのでしょうか、You can if you want 笑
CanとWantがいけないんですよね、きっと。 
アタシもいつも、
じゃーいーよー、やらないからー。 
ってなります笑

こういうちょこっとした言い回しが気にならない位ネイティブに近い感覚になれる日は来るのでしょうか…? 

みかさん

おっ。新たな仲間発見っ笑
そうなんですよね、やりたくはない。って一度断言してみたいって思うのですけど、やっぱこれ言ったらいけないよねーーー? って思っちゃって笑
きっと、やる気ある? やってくれる気ある? みたいなニュアンスなのかな、って自分を納得させています、、、いや、させようとしています笑

なお

うん、あたし、初めてアメリカに行った時、ホストファミリーにDo you wantで聞かれて、いや、I don't WANT to but I canって答えた笑 やりたくないけどやってやっても良いよ、と笑 

ほんと、言葉って難しいよね。何となく私の感覚だと、英語で話すときに日本語と同じ感覚で丁寧な言い方を選ぶと、すっごい慇懃に聞こえたり、おかしなことになったりするっぽい気がする。英語デ話すときは結構ザツな方が良いのかなぁとか思う今日この頃。 ほんと、ニュアンス、って母国語じゃない人にはすっごい分かりにくいよねぇ。むずかしい。 

奈緒もことばの壁ぶつかってるかー。ベトナム語とか本当全然わっかんないしなぁ。3ヶ国語話せる奈緒はすごいよー。 

あ、確かに、あたし日本でも結構言葉の壁にぶつかったなぁ。母国語でも言い方とか難しかったなぁ。母国語ゆえに。 そうか、って事は外国人だから言葉で得してる部分も・・・・ あるのかなぁ。

私はまた違った感想です。所詮ネィティヴではないので、あまり言い回しがどうかを考えないほうがいいんじゃないかと。言葉よりその人そのものに、フォーカスしてどうなのかでいいと思います。
多分言葉でイラッとくるのは、うらをかえすと周りの人たちに期待しすぎと言えると思います。

このさちさんの経験というか感じたこと、実は昔の自分も感じたことなんですよ。今はもうないのですが。

Kennyさん

うーん、それは気づきませんでした。 確かに周りのオーストラリア人に日本人が日本人に接するように自分が選ぶ言葉のニュアンスを考えて相手に不快な思いをさせないように最大限の努力をしつつ接してほしい、って思って期待しているのかも知れないなぁ。ここはオーストラリアで、日本とは価値観が違うのだから、って頭で分かっていてもこういうところにイラっと来るのはそういう事なんでしょうかね。 

きっと仕事の細かさとかやり方、とか言葉づかいとか、今違和感を感じる事も含めて私が日本で培った価値観に基づいているんですしね。

Kennyさんの仰る自分という人そのものにフォーカスしてもらう、っていうのはその通りだと思うのですけれど、きっと私は個人的に言葉に興味が有るんだろうな、言語って奥が深くて面白いって思うのです。ネイティブじゃないんだからちょっとのニュアンスは大目に見てよ、って思う事も良くあるし、日本語でおあまり考えずに発言する事も多々あるので偉そうなことは言えないのだけれど、個人的にはこういう微妙なニュアンスも含めて英語をマスターしたいなとも思ったり。


でも長くオーストラリアに住んだら、もっと私の頭も柔軟に変わっていくのかもなぁ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/515-f486a293

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク