FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2012. 02. 04

英語と日本語

P1020328.jpg

あの、たぶん知っている人はなぜそうなるのか、って分かるのかもしれないんですけど、日本語って孤立言語で英語とは全く別の言葉なのに似たような言い回しを良くするな―と思うんです。 人間の感覚って基本的なところは国や文化が違っても感じ方は似ているんだ、なんか面白いって思うんだな。 

たとえば… 

なんだろ。

ええと、たとえば地所とか土地とか、Real estate とかって日本語だと不動産。 Realで本物、Estateで財産、資産って、日本語の不動の財産、って同じ感じだし。




うーん、
たとえば日本語で押しつけがましい、は英語でPushyだったり。

相手の以降に構わず意見などを強要する、っていう事を言いたい場合に日本語でも英語でも実際に物理的に押されるわけではないのに「押される」って言葉を使用するのは面白いな、って。 強要されるっていう精神的な事に対して“押す”っていう物理的な言葉を日本語も英語も使っているってことは、英語圏の人でも日本人でも強要されている時は、相手から押されている感覚になるって所が共通しているなーって。

まぁ両方とも人間の心理を言っているので、当たり前といえば当たり前なんだけれど、文化も言葉も違うのに全く同じ言葉を使って同じ表現をしていること、同じ感じ方をするのがなんか興味深い。




P1020330.jpg



普段話をする際もたまに表現が見つからなくて適当に日本語と似たような表現をしても完璧に相手に伝わる事が結構あるんだよね。 やっぱり文化が違ったり言葉が違ったりしても、たとえば、人間がサルだった時の名残で落ちるのが怖い、とか暗闇が怖い、とかっていう本能の部分の人間としての基本の部分は同じだからなのかな―なんて思ってみたり。




文化や言葉って表面的には違っていても似ているところもあるな、って思う。

と、同時にやっぱり西洋の肉食、狩猟文化と日本の農耕文化って根本的に違うな、って思う事も結構あって。 


なんていうか、、、 おじいちゃん、おばあちゃんがランチにデッカイステーキとベイクドポテト+チーズを食べているところを見た瞬間、とかも、うぉー 流石に肉食民族w っておもうし(笑 

他にもたとえばオーストラリア人の友達が、将来はどこに住むか分からない、って言っている事も不思議だなっておもう(日本人の友達のほとんどは今も将来も日本に住むって信じて疑わないし、それって農耕文化の名残なんだろうな、私もあんまり引越しばっかりってしたいとは思わないし。)でも獲物が居ないと移動する狩猟文化は、住みやすいところを求めて引っ越す人たちが多いのかな、なんておもったり。 こちらでは家を買う=一生その土地に住むっていう感覚はほとんど無いに等しいんじゃないかな。

何となくの私の周りの人たちを見て感じる私の感覚なだけなんだけど。




文化って似ているって思ったり全く違ったり、見る方向によって色々違って見えるんだよね。

皮膚の色が違ったり文化が違ったり言葉が違ったりする、パっと見のうわべで自分と違う人ってやっぱりなんかちょっと怖いというか不安があるというか、、で、それがきっと差別につながったりするんだと思うけど、人間っていう基の部分は大して変わらないのかも、って考えられればきっと、自分とそんなに違わないって思えるんじゃないかな。


昔読んだ本で、
「誰もが二人の両親を持っていて4人の祖父母と8人の曾祖父母を持っている。世代を遡るたびに2倍の数の直径の祖先をもっている事になり1世代を25年とすると64世代前は18.5クィンティリオン(ってどんだけでかい単位だ!ゼロが18個)の祖先をもっているっていう計算になるけど、地球上の当時の、そして現在の全人口をはるかに上回っているし人類上存在した人類の総数よりも多い。 これは地球上のどの2人を取っても祖先を遡れば共通の祖先が居るという事になる」って読んだ事がある。

いま、差別している人と自分は血縁者だ、って考えたら自分と完全に違う人ではなくなるわけで。


と、言ったところでなかなかそんな簡単な事でもないんだろうし、誰にも平等に接したいって思っているつもりの私の中にも差別の心はきっとあるわけで(気付いている、意識している、居ないは別として)。 でもそれって口に出して言っちゃダメなんだろうな。



スポンサーサイト



COMMENT▼

いつも楽しく読ませてもらってますが、コメントするのは久し振りです。

まったく同感です。

こっちの人が何か失敗したとき、Sxxtって言うじゃないですか。
日本語だと「くそ」って言うなと思ったとき、何か関係があるんじゃないかって思いました。

MARAさん

ご無沙汰しています。コメントありがとうございます。

そうですねーたしかにそれもありました。 なんかゴロゴロありますよね、こういう例。 面白いですよね、同じように感じるんですよね全く違う言葉で違う文化なのに。 英語と日本語って知る限りでは全く関わりが無いはずなのになぁ。 やっぱり人間として同じように感じる部分なのですかねぇ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/531-4efec65b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク