FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

2012. 02. 11

移民弁護士

先日仕事で凄くうれしい一瞬が有ったのだ。

…ていっても実際仕事をしたのは同僚なんだけどね。 移民弁護士が引き受けたちょっと難しいなーっていう永住権ビザ申請の案件が有ったんだけど、その人にビザがおりました。

その人はマレーシア出身の男性で(私と同い年)過去に2度、2社のうち以外の弁護士を通してビザを申請していたのだけど、条件を満たさなかったのでビザが下りず申請却下されていた人でした。でもその人はどうしてもオーストラリアに住みたい、という事で3度目の申請をうちの事務所を通して行う事を決めていたのだけど、その案件をお受けするときに、やっぱりちょっと厳しいかも、うちがやっても結果は同じになってしまうかもしれない、と伝えてあったのですけれど、色々と移民局に、条件を満たしていないが永住権をあげるべき理由を書いた手紙を送ったり、出来る限りの書類を集めたりしながら3度目の申請をしました。

そのクライアント、すっごい明るい人で、電話でしか話した事のない私やオフィスの子達の名前を覚えてくれていたり打ち合わせで来る時には何時もニコニコしていたりして大きな声で話す感じのいい人だったので覚えてたんだけど、やっぱり本人もきっと無理だよね、ってたまに弱気な事を言ってたのもなんか印象に残っていたんだよね。 ただ簡単に「大丈夫だよ」とも言いにくかったので、なんて答えよう?って一瞬迷った事が有って。


でもなんだかんだいいながら、3段階ある申請プロセスのなかでなんとか順調に2段階目まで申請が拒否される事なくすすみ、なんとか最後の申請にこぎつけて、あとは結果を待つだけだったんだけど、先日やっと結果が来たの。


結果をみて、担当弁護士も凄いホッとしていて「あぁ、良かったっ!!」って言っていた。 あんまり案件に関しては不安やその他の感情を表に出さない彼だったのでちょっとびっくりしたんだけど、その後、担当弁護士がクライアントに電話して、

「結果が移民局から来ました」ってところまで言った直後にクライアントが「たとえ悪い結果だとしてもあなたがやってくれた事に感謝しています」って言われたんだって。 ここで既に担当弁護士はちょこっとウルッっときたらしいんだけど、

そのあとに弁護士が

「永住権がおりました、おめでとうございます」


ってクライアントに伝えたら、その後クライアントはずっと黙ったまま何も言わなかったんだって。 それで弁護士が聞こえなかったのかなっておもって、「あの…聞こえる?」って言ったらクライアントは泣いていたらしい。

絶対ビザが下りるわけがないと思っていた。

って。

でも同時に、この担当弁護士がここまでやってくれてダメなら他の誰がやってもダメだって思って、ビザが却下されたらおとなしくマレーシアに帰ろうと思ってた、って。


それを私に伝えてくれているときの弁護士の目がうるんでいてなんか私まで感動しちゃった。 彼は自分がやった事でここまで喜んでくれる人がいるのは弁護士冥利に尽きる、って言ってた。


ビザが欲しい人の気持ちも、必死さも私も経験済みなのでクライアントの気持ちは凄く分かるのだ。彼がどれだけこの移民弁護士に感謝しているかもわかるので、なんかこういう風に人にここまで感謝される仕事って素敵だなって心から思ったわ。 こういう仕事ができるのって幸せだろうな、って。




さーって、私は、どうすっかなーーー。







あ、ところでうちの移民弁護士は今のところすべてのクライアントのビザを取得しています、却下ゼロ。 凄いわっ。





スポンサーサイト



COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/533-55a4a70d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク