FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012. 09. 16

若輩者が結婚について生意気に語る(笑)

私は夫の事が大好きなんだけど(←って、いきなりどんなカミングアウトだ汗??)

うちの夫、私にとってはこれ以上無い位、本当に素敵な夫なのですよ。 こんなに良い人と結婚出来て凄く幸せだなぁって毎日(もしくは1日置きくらいに笑)思うのだ。 



そりゃー人間同士だし、違う環境で育ったし、私と夫って気が合うなーとは思うけれど、結構色々と価値観も違うし、お互いイライラする事もたまにある。 しかも、私も夫も価値観が違うくせに正解の無い話題(日本情勢あれこれ、とか、オーストラリアの価値観、とか、男と女の違い、とか、美味しいチョコレート、とか、次に旅行に行くならどこが良いか、とか)について話をするのが好きなので、最初は軽ーい話題だっただけなのにいつの間にかどちらかが機嫌が悪くなるまで喧嘩?議論? しているって事も結構あったり。



けど、こういう事って結構普段の生活の中では小さい事で、そういう小さなイライラも含めて私は幸せだなぁって思うのよね。 

この幸せは何もかも夫のおかげだと思う。 
私はいろいろとショーガナイ人間でして、本当に我儘だしすぐ怒るし機嫌悪くなるし、好きな事しかしたがらないし、いろいろザツだし面倒臭がりだし(笑 ほんとしょーがないなー。


まぁ彼も基本的にノホホーンとしているのであんまり考えて何かをしているわけではないと思うし彼なりにやりたいようにやってるだけなんだと思うんだけど。 でも感情的にすっごく安定している人なので本当にありがたい。 彼が理不尽に怒ったり落ち込んだりって事、出会ってかれこれ10年経つけれど一度も見た事無いわ。 できた人だわ。


まだまだ結婚して6年、子供も居ないし夫婦を語るなんて100万年早いけど、ひよっこはひよっこなりに、何となく夫や妻とうまくやっていくためには大事な事が2個有る様な気がする今日この頃。


1個目は「夫が(妻が)これをするべき」みたいな期待をしない事なのかなぁと思ったりする今日この頃。 

…相手に期待をしないって、なんか妙にネガティブですけれど笑





夫は結婚する前も結婚した後も、私が思い出せる限り一度も私に

女性はこれをしないと

とか、

「結婚したらさっちゃんが○○をしてほしい」


とかは言った事が無い。 というか、むしろ夫も妻も何もかも平等で行きたいという希望の持ち主で、

「俺も料理もするし掃除もさっちゃんと同じだけする、家事は全部ぴったり半分ずつやろう」

って言ってくれていた。 ま、とはいっても、本当に色々と平等で、

仕事も俺と同じくらいしてください、給料も俺と同じくらいは稼いでください
って言ってたけど笑。



でも、それって私には凄く居心地が良くて(だって、一人暮らしの時と変わらないじゃん? 自分が生活出来る分だけ稼いで自分のお皿は自分で洗って掃除もして。 でも自分の銀行口座には相手のお給料も入ってくるし自分と同じ割合で相手がお皿を洗ってくれて掃除もしてくれる





こういう夫と結婚したから、自分がしたいように生活してこられたし、独身の時のような我儘も贅沢もできた。もし夫が、さっちゃんが毎日料理をしてください、とかさっちゃんが請求書類の支払いをしてください、とか、さっちゃんが仕事をしてください、とかって、「さっちゃんが○○をしてほしい」、って言っていたらきっと私にとってストレスになっていたんじゃないかな。

色々な夫婦の形があるだろうし、私にはこの100% 2分割の生活が凄く合っているっていうだけだけど。





なんかさ、私の感覚だと仕事をするのって結構大変で(毎日起きて決まった時間に出社する、って言うだけでも怠けものの私には大変!)大学卒業後から40年以上もそれを毎日やり続けるって、相当凄い事だって思うの。

で、そんな大変な事を夫だけにそれをやってもらうって言うのは、夫にフェアじゃないなぁって思ったの。  

いや、私たちの環境では共働きがフェアかな、って思ったというだけで、勿論世の中には「俺は仕事が大好きでお金もモリモリ稼いでいるから妻には家に居てほしい」って言う男性もいるだろうしそれが一番良いとする妻の形って言うのも勿論有ると思う。 

逆に女性がバリバリ稼いで男性が主夫って言うのだって全然有りだって思う。 たまたま私たちは共働きが一番フェアだな、って感じているだけで。



でもさ、仕事って大変だけど、大変なだけじゃなくて凄く楽しくもあって、毎日外に出て色々な人に会って色々な刺激が有って怒られて、褒められて、嬉しくて頭に来て、美味しいものを食べられてお給料で可愛い服とか靴を買えて、やっぱり仕事って楽しいって思う。 だから仕事を夫だけがしていて私が家っていうのも私自身も嫌だったって言うのもあるし。





どんな形にしろ、こういう所の価値観が合う人って言うのは大事だな、って思う。一緒に生活をする人だからどちらかが我慢を強いられたりしたらストレスがたまりそうだし。 

そして、たとえ価値観が一緒だったとしても、相手に○○をしてほしい、って言うのではなくて、どのような選択をするにしても、お互いが「自分が○○をする事を選択したんだ」って思えるような状態が一番いいんじゃないかな、って。 

長い結婚生活、相手に、「君は○○をして」、って言われてそれする事にしたら、たとえ言われる前から自分がそれを望んでいたとしても、何かふとした時に、相手に○○をして、って言われたから私はこれをしているんだ、本当は自分はもっと違う事を望んでいた/出来ていたのかもしれないのに、とかって思っちゃう様な時が来るんじゃないかな、って。










んでもって、

2個目は、相手の失態を見逃せる事。

…ってまたこれかなりネガティブなのかもしれないけど笑





いや勿論、結婚を決めるほどの相手だし、何も問題が起こらなければこれからも一生一緒に生きて行く人なので相手の事は大好きだし、何を妥協したわけでもなく私にとって100%、というより、私にはもったいなわ、って位の120%、いや、マジで身分不相応だわ、って位の素敵な夫なんだけどね、





相手の失態を見逃せるって、


例えば、



ちょっと良いレストランに行った時に夫が全く現金を持っていなかったので私が払う事になった


とか、


ロマンチックな気の利いた事を言えなかった


とか、


私が車の運転をしている時に、助手席で爆睡していた


とか、



要するにどーでもいい事でいちいちイライラしない、というか、見過ごせるかどうか。

こういう事って本当にこうやって文字に書くとどーでも良いんだけど、なんかたま―に周りのお金払の良く、歯が浮くようなセリフをバシバシ(しかもカッコよく)言えて、車の運転は常に俺がするぜ、みたいなオーストラリア人男性を見た後に、財布に5ドルしか入っていない夫を見るとあぁ…って一瞬思う事も正直なところ無い事も無いわけで。 

でも、私自身が完璧かって言われると、夫の1割も完璧ではなくて、かなーり面倒臭いし気も効かないし、社交的でも無い性格をしているわけで笑、第3者的に自分を見ると「お前、何さまだよ」、ってわけなのよ。



わかってるんだけど、やっぱり、テレビのスターとか、付き合いたてのオーストラリア人のカップルと夫を比べちゃうこともあって。 

そういう時に、イラっとしたり、一言チクっとした事を言ったりしないで、「お前はどうなのよ」って自分を見直せるかどうか。なかなか人間が出来ていない私には難しい事も多々あるんだけど。

でもね、どんな男性を見ても、トータルで見て私にとって夫以上だ、って思える人は居ないんだけどね。





私が思う夫(妻)とうまくやっていく為のポイントはどちらも相手に対して完璧に公平なフェアプレイをしているか、って事なんだと思う。 結婚とはスポーツマンシップにのっとって正々堂々とフェアに戦う事よ。


と、思う今日この頃なのであります。






…って、まだ若輩者ですし結婚年数も少ない子供も居ないワタクシのたわごとなので、こんな風に書くのもちょっと憚れるというか、結婚歴長い方々が読んだら怒られそうだわ笑 



ま、現在の私の結婚に対しての正直な感覚で有りますー。 結婚10年目、20年目にはどう思っているんだろう。 「あらー6年目の私はこんな事書いてたの、青いわねー」とか言ってそうだわ。



さぁ、どう変わっていくのでしょうー♪

どう変わっていくにしても私は夫の心の広さと安定感にこれからも支えられてこそ成り立っていくのでしょうー。 本当に出来た夫で私は幸せ者です。





スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/585-12fc07bc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。