FC2ブログ

The Adelaide Face

2010年にRSMSビザでオーストラリアの永住権取得。 プチ田舎のサウスオーストラリア州のアデレードで夫とフレンチブルドックとボクサーと一緒にのんびり暮らしています。

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 

プロフィール

さち

Author:さち





presented by 地球の名言

カズとサチは、2006年9月3日に結婚し2010年7月28日にオーストラリアの永住権(RSMSビザ)を取得しました。オーストラリアでの毎日、仕事、フレンチブルドックのベラとボクサーの小町、その他34歳の独り言を書き綴っています。

永住権取得までの道のり…

2007年11月末
  AUSへSRSビザで移住を
   決意、エージェントへ
   正式に依頼する。
2008年3月23日
  IELTS必要ポイントに合格
2008年6月7日
  ベタセス合格
2008年6月20日
  銀行残高証明取得
2008年8月22日
  SA州スポンサーシップ
   取得
2008年10月4日
  Aus政府へONLINEにて
  移民申請する
2008年12月12日
  ベラ輸入許可書取得
2009年2月17日
  健康診断書取得
   →移民局へ送付
2009年2月24日
  犯罪経歴証明書取得
  (日本&アメリカ)
   →移民局へ送付
2009年4月22日
  ベラ、シドニーに
   無事到着
2009年5月29日
  サチ、検疫所から
   ベラを引き取り
   WHビザで滞在開始
2009年6月18日
  サチ弁護士秘書の
   仕事開始
2009年8月7日
  カズがアデレードに
  到着
2009年9月23日
  DIACがSRSビザの
  実質3年凍結を発表
2009年10月27日
  SRS→RSMSへ変更
2009年12月2日
  Vetassess(Mkt)申請
2010年2月22日
Vetassess
  -marketing officer合格
  SA州Nomination申請
2010年3月16日
  SA州Nomination却下
2010年3月17日
  FBI無犯罪証明書取得
2010年3月25日
  日本無犯罪証明申請
2010年4月15日
  SA州Nomination再申請
2010年4月28日
  SA州Nomination認可
2010年4月30日
  DIACにNomination申請
2010年5月7日
  DIACにビザ申請
2010年5月19日
  DIAC Nominatio認可
2010年5月21日
  Bridge visa認可
2010年6月1日
  健康診断完了
2010年6月2日
  健康診断&
  日本無犯罪証明
  DIACへ送付
2010年7月28日
  永住権取得
2013年1月18日
  法律事務所退社
2013年1月21日
  通訳&翻訳の仕事開始

 

--. --. --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012. 10. 03

血液検査 - 1

ふと思いついて、血液検査に行ってきた。

何も自覚症状のある問題があるわけでもないのだけどね。 

私はたぶん凄く体が強い。 


…脳みその方は、最近、若干、ギャグのセンスが衰えてきた、とか、記憶力が悪くなっていた、とか、人の顔と名前が一致しない。 とかその辺の自覚症状はあるんだけど、身体的な問題はないのだ。 

…と、思う。




私は風邪もほとんどひかない。 
ひいても1年に1回位冬に体調が悪くなる事が有る位。 風邪をひいても熱が出る事はほとんど無くて、若干気分が悪いなーダルイなーっていう日が数日続く位。 頑張れば会社にも行けるんだけど何となくだるくて、何となく行きたくないから休む、でもその後、咳が出る日が少し続く。 高熱が出るような本格的な風邪をひく事はほとんどない。


歯も強い。
子供のころ虫歯に何度かなったけれど、アメリカの大学に留学して帰ってきた後に、親の勧めで歯科医に検診に行った時も4年近く放ったらかしにしていたのにも関わらず1本も虫歯が無かった。夫方の祖父は98歳?だかの高齢で無くなるまで虫歯がゼロだったと聞いたのでたぶん家系かな。


歯が強い、に関連して骨もたぶん強い。
昔、箱型のブランコ(危険だからもう今は無いのかも?)の床と椅子の間に足が挟まった時も軽くヒビが入った程度だった。 と、言っても凄く痛かったし治るまでに2カ月弱の時間がかかったけれど。 確か医者が、その時「良く折れませんでしたねー」って言っていた様な気がする。

親は、扁桃腺が弱い、とか喉が弱い、とかって言うけれど(確かに風邪をひくと咳が治るまで長い時間かかるけれど)こんな風に強い体に産んでくれて感謝している。健康って本当にありがたいわ、ってこの年になってヒシヒシと思うわ。


だけど、日本の会社を辞めてから健康診断もしていないし、そろそろ検査をしておこうかなーなんていう軽い気持ちで血液検査の予約をしてみた。私の勤める会社では社員の健康診断はしない。 オーストラリアでも大きな会社だと福利厚生の一環として社員の健康診断をしてくれる会社もあるみたいだけれど、日本みたいにスタンダード化はしていない。 小さな会社に務める私はオーストラリアに来てから3年、健康チェックを全くしていないのだ。

体は強いのだと思うのだけど、なんとなく私は病気がちだった父と同じような病気になるんじゃないかなーって気がする事がある。 なんの根拠も無いのだけどね。 


               *


夫もほとんど風邪も引かず体も強い方だと思う。 

付き合っていたころから数えるとかれこれ10年一緒に居るけれど夫が高熱を出したのは2回。 1回目は就職したての頃 - 知恵熱??  2回目は日本で勤めていた会社を辞める直前、連日の送別会と午前帰りが続き熱を出したらしい(私は既にその頃オーストラリアに居たので夫から聞いたのみ)。 でも夫は私と違って、風邪をほとんどひかないのだけど風邪をひいたときは高熱が出る。 

そして歯が凄く弱い。 
最近は半年に1度必ず夫婦そろって歯医者に行き、クリーニングと虫歯チェックをしてもらっているので虫歯にはなっていないけれど、一度、私が会社から帰宅したらベッドの上で歯痛で丸まって唸りながら前後に揺れていた事が有った。 ひどい虫歯にはなった事が無い私は、歯が痛いのはこんなにつらいのか、と夫を見て知ったのだけど、それ以来、夫も定期健診には必ず行くようになった。


それでもやっぱり、血液検査をしてみよう、とか、花粉症か何かのアレルギーかもしれないから医者を予約しよう、とか歯医者を予約しよう、とかは全部私がやっている。 やっぱり男性は、なのか、うちの夫は、なのか、症状が劇的に悪くならない限り、自分から医者を予約しようとはしないような気がする。 それでも私が予約すれば文句を言わずにちゃんと言ってくれるのでありがたい。


夫には長生きをしてもらわないと。
なんの根拠もないのだけれど、なんとなく、なんとなく、私の方が夫よりも長生きをしてしまうのじゃないかな、って気がするの。 なので、夫の健康管理は私がキチンとやるつもり。 夫が私よりも先に居なくなっちゃうなんて考えられない。 夫が居ない生活なんてきっと50年一緒に暮らした後でも、寂しくて耐えられないと思うわ。 なんとしても夫に私より長生きしてもらうために(という事は、恐らく90歳以上まで生きて貰わないといけないと思う)健康チェックは定期的にやりたいな、と思う。




と、血液検査について書くつもりだったのに、前置きが長くなっちゃったので、血液検査については改めてまた書きます。



スポンサーサイト

COMMENT▼

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

TRACKBACK▼

http://bera0302.blog103.fc2.com/tb.php/587-3e25d2e4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

 | ホーム | 

いくつになったの

 

いくつになったの

 

今日までのアクセス数

(2008/9/8以降のアクセス数)
 

カテゴリー

 

最近のコメント

 

リンク

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。